『しあわせなハリネズミ』(講談社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

藤野恵美 作、小沢さかえ 絵
『しあわせなハリネズミ』(講談社)


しあわせなハリネズミ [ 藤野 恵美 ]

ハリネズミには、ともだちがいません。でも、ひとりで静かに森を歩くのが好きだし、背中には身を守る鋭いハリがあるので平気です。

思ったことをそのまま口にするので、言葉や性格までチクチクしているよう。

「こころでおもっていることと、ちがうことなんて、ぼくはいいたくない」

「ぼくはわるいことはしていない。ゆえに、あやまるひつようもない」

他の動物たちは悲しみ、呆れてしまいます。

そんなハリネズミはある日、道でもぐらと出会いました。
もぐらは「たべられないし、やくにもたたない」ものを作っているそうです。

実はハリネズミにも、そんな楽しみが一つだけありました。

ふたりはそれを交換することに……。
-
-
イラストは『岸辺のヤービ』(梨木香歩・作/福音館書店)の小沢さかえ氏。
森で暮らす小さなどうぶつたちの姿が、生き生きと描き出されます。

ガラス二人展終了しました

藤吉真理さんと高取崇子さんのガラス二人展は、本日無事に終了いたしました。来てくださったみなさん、お気に入りを見つけてくださったみなさん、どうもありがとうございました。この二人展は4回目でしたが、回を追うごとにクオリティーもあがり、いろいろなアイテムも増えて、楽しさが増しました。お二人の作品をまたりんごやで見ていただく機会があるようにしていきたいと思います。今後のご活躍にもご注目ください。明日18日月曜日はお休みです。そして来週の展覧会は木曜日から日曜日までの4日間となるため、19日火曜日、20日水曜日もお休みとさせていただきます。

「Reve a la Lumiere de Noel」GrenieriDecoさんとEric Petrさんの写真とアンティークの展覧会です。

フランスからいらっしゃいます。詳細は追ってまたお知らせしますね。どうぞ見に来てください。

 

森本ナオコ 似顔絵やさん

個展「Let's play together」にあわせて、似顔絵イラスト企画を開催します。

IMG_4798.jpeg

IMG_4810.jpeg

IMG_4799.jpeg


「お客さまとライブで作り上げていく共同作業であり、コミュニケーション。
私はインタビュアーになりますので、お話しを色々聞かせてください。
クリスマスのサプライズギフトなどにもぜひ!」 森本ナオコ


04AEB200-5AF7-44E9-B8B5-C4E6DAFA21D9.jpeg

C6926282-46C0-43EC-9C6C-E54879546706.jpeg


●開催日程

12/19(木)
12/22(日)
1/6(月)

*いずれも、下記の時間帯からお選びください。
12時〜12時半、12時半〜13時、13時〜13時半、13時半〜14時、
14時〜14時半、14時半〜15時、15時〜15時半、15時半〜16時


●料金、サイズ(4パターン)

① 1人1枚の場合 1,500円
② 2人で1枚の場合 2,000円(動物も含む)
③ 2人同時で、それぞれ1枚ずつの場合 1,500円×2枚=3,000円
★いずれもポストカードサイズ

④ 3〜5人で1枚の場合 3,000円
★15×20㎝程度のサイズ


●所要時間

①、② 30分
③、④ 60分


●お申し込み

下記メールアドレスまで、
〈お名前、ご連絡先のTEL、ご希望の日時(第1希望、第2希望)、パターン①〜④のいずれか〉
をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「似顔絵やさん 参加希望」


*個展「Let's play together」の詳細は〓️
http://hirunekodou.seesaa.net/article/471585176.html



☆プロフィール

森本ナオコ

HAPPYをテーマに活動する絵描き
子どもの頃は目的なくその瞬間を遊んでいたのに、大人になるにつれていつのまにか苦しく、悩みをもつようになるのは何故だろうと考えていました。悩んで1日過ごしても、笑って1日過ごしても同じ1日。いまこの瞬間を笑って過ごしたい。私にとって、絵を描くことは仕事であり遊びです。こんがらかった謎が少しでも解けたら良いなという願いを込めて、絵を描いています。
instagram @naoko_morimoto_

森本ナオコ・トランプの展示「Let’s play together」

イラストレーター・森本ナオコさんの個展です。

森本ナオコDMビジュアル.jpg


森本さんの絵を初めて観たのは、同じ根津にあるタナカホンヤさんでのことでした。
幻想的なイラストと世界観に惹きこまれ、それ以来お互いに「いつか個展をやりたいですね」と話していました。
そしてついに、満を持しての開催です。


IMG_6441 (1280x1280).jpg

IMG_6326 (1280x1280).jpg

IMG_6323 (1280x1280).jpg


〜〜
一枚一枚手描きのトランプカードを展示します。
こちらに描かれたものは現実と空想をフワフワ行き来し、ただただ遊んで描いた脳内旅行のお土産です。
そうして出来たトランプで遊んでいただけたら幸いです。

似顔絵やさんも行います。
お客さまとライブで作り上げていく共同作業であり、コミュニケーション。
私はインタビュアーになりますので、お話しを色々聞かせてください。
クリスマスのサプライズギフトなどにもぜひ。
〜〜


P1090070 (1280x854).jpg

P1090091 (1280x854).jpg

P1090064 (1280x854).jpg



●会期:12/18(水)〜1/10(金)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます) 
*最終日は15時まで

・会期中の休業日:
12/24(火)
年末年始【12/29(日)〜1/3(金)】
1/7(火)
1/8(水)

営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料

・似顔絵やさん:12/19、12/22、1/6
 詳細は⇨http://hirunekodou.seesaa.net/article/471585308.html

・森本さん在廊日:12/18、12/25、12/28、1/10

(いずれも12:00-16:00)



☆プロフィール

森本ナオコ

HAPPYをテーマに活動する絵描き
子どもの頃は目的なくその瞬間を遊んでいたのに、大人になるにつれていつのまにか苦しく、悩みをもつようになるのは何故だろうと考えていました。悩んで1日過ごしても、笑って1日過ごしても同じ1日。いまこの瞬間を笑って過ごしたい。私にとって、絵を描くことは仕事であり遊びです。こんがらかった謎が少しでも解けたら良いなという願いを込めて、絵を描いています。
instagram @naoko_morimoto_

ガラス二人展17日まで

開催中の藤吉真理さんと?取崇子さんのガラス二人展は、明日17日日曜日までです。明日は最終日につき、12時から17時の開催となりますのでどうぞご了承ください。穏やかな土曜日、いろいろな方々に作品を見ていただくことができました。明日もお待ちしております。うさぎのガラスオブジェは藤吉真理さんの作品です。これまでもたくさんのガラスのうさぎを見せてくださっている藤吉さんですが、今回はクリスマスを意識した本当にかわいいうさぎたち。?取崇子さんはクリアなガラスのポットがメインです。実際にお茶に仕える小さなポットからとっても小さなミニチュアのポットまで。そのほかいろいろ。

市田邸からイベントの紹介です

Performance & Exhibition『Eclipse』

 来る12月5日(木)~9日(月)の5日間、市田邸にて、たい歴主催により開催するイベントが開催されます。

 今回のイベントのタイトルは「Eclipse(エクリプス)」

 芸大大学院映像研究科在学生・卒業生を中心とした気鋭の若手アーテイスト6人によるアート・パフォーマンスです。

企画概要:

 本作『Eclipse』は、身体、絵画、音楽、映像、ファッション、彫刻、文芸といった複数の分野を横断するアーティストたちによるマルチメディア・プロジェクトです。

 制作にあたっては、現代アメリカ文学を代表する作家、ドン・デリーロの著作『ボディー・アーティスト』(上岡伸雄訳、ちくま文庫)をから「不在」や「声」といったコンセプトを引き継いでドラマトゥルクを立ち上げ、アーティストたちがそれに応答するかたちで一つの世界観を模索しました。

 本作のタイトルである『Eclipse』は、日食や月食といった天体現象を意味する言葉であり、その語源はギリシャ語のεκλειπσισ(ekleipsis、力を失う)にあると言われています。

 ドラマトゥルクでは、男女の日常的な対話と宇宙的なスケールを巡るSF的な世界観の往還を軸に、生と死、現前と不在、見えるものと見えないものと 本作『Eclipse』は、身体、絵画、音楽、映像、ファッション、彫刻、文芸といった複数の分野を横断するアーティストたちによるマルチメディア・プロジェクトです。

 12月に行われるパフォーマンスでは、古民家という歴史と記憶が堆積する特徴的な空間を舞台に、「蝕(むしばむ/むしばまれる」というキーワードをもとにパフォーマンスを行います。自らの身体をメディアとして扱うアーティストと音楽家が古民家の構造を利用しながら『Eclipse』の世界観に鑑賞者を誘います。

 また、パフォーマンスと並行して、同タイトルの絵画の展覧会が行われます。パフォーマンスと展覧会のふたつの形式を同時に採用することで、本作は、『Eclipse』の持つ「重なり合う」コンセプトのもと、異なった表現手法を持つアーティストを異なった場所で共鳴させるという実験的な提示を試みます。いった二項対立について思考しました。

参加アーティスト: 阿部真理亜/小野龍一/酒井直之/佐藤友理/敷地理/柴田悠/花沢忍

企画・総合演出: 阿部真理亜

──────────

○パフォーマンス『Eclipse』 ○

日時:

 2019年12月5日 (木) 19:30-  2019年12月6日 (金) 15:00-/19:30-

 2019年12月7日 (土) 13:00-/16:00-/19:00-

 2019年12月8日 (日) 13:00-/16:00-/19:00-

 2019年12月9日 (月) 17:00-

 ※開演15 分前より受付開始

入場料:2,000円(要予約、各回20名限定)

 ※一部、建物の保存活用協力金とさせて頂きます。

会場:上野桜木・市田邸(国登録有形文化財)

〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-6-2

 JR上野駅より徒歩15分、東京メトロ千代た線根津駅より徒歩12分

主催:NPO 法人たいとう歴史都市研究会

特別協賛:Case Publishing、がりばるでぃ

協力:Studio HB、(東京藝術?学)

パフォーマンスに関するお問い合わせ・ご予約方法:

 NPO 法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)

 FAX:03-5834-8044 E-mail:ichidatei@taireki.com 携帯電話:090-3347-9472

お申込み方法:お名前、ご住所、電話番号、参加?数をご記入の上、FAXもしくはE-mailにて、お申し込みください。

──────────

展覧会に関するお問い合わせ

info.eclipse@gmail.com

企画: 阿部真理亜

たい歴フェースブックページ https://www.facebook.com/taireki

D坂文庫2019-2020先ほど冊子が届きました!頒価300円。フェアについては後ほど改めて告知いたしますが、取り急ぎご報告まで。また、昨晩帯巻き・陳列作業にご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。頂戴いたしました原稿も、編集作業をしながらもついつい読み入ってしまうほどの魅力的な紹介文で、毎回感動しておりました…!お力添え頂きました皆さまには足を向けて寝られません…!本当にありがとうございました!(ご)

ガラス二人展開催中

藤吉真理さんと?取崇子さんのガラス二人展を開催中です。毎日、外が暗くなるのが早くなりましたね。昼間の明るさと夜の感じと作品の見え方もまた違ってきます。普段なにげなく手に取り、使っているガラス製品ですが、手作りしているとなるといたいどうやって?・・・とわからないことも多いかと思います。この機会にどうぞじっくりとご覧ください。美しい食器や花器、お部屋が和む置物、身に着けて楽しいアクセサリーなど二人それぞれの作品がいろいろ・・・。プチポアン刺繍の作品もあります。17日日曜日まで、みなさまをお待ちしております。12時〜19時・最終日17時。

MELODY KOGA詩集第3弾『むし』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。


あの頃に 戻りたいけど

あのコオロギには 戻りたくない

あのコロニーで 声を殺して泣きながら

小躍りしていた コオロギには


天才(と思っている)MELODY KOGAさんの詩集第3弾『むし』、本日発売です。


B164F3E4-C6A3-4EB3-9748-2C1FC1324B70.jpg

26D7053F-041A-4A94-B415-0AC88D121E7D.jpg

D91E63C3-77D2-4A26-892F-3BD76779B446.jpg

51E100F4-0E94-421E-AA7E-1347969F1197.jpg


相変わらずの小気味良いリズム、抜群の言葉選び。

この才能は無視できない。
もうひたすら無心でむしゃぶりつきたい。

不思議な、む詩の博物館へようこそ。
要チュウ目。


第1〜2弾の『やさい』『おかし』も再入荷。


☆WEBSHOP〓️
http://hiruneko.thebase.in/items/24658899


「それでも、母になる」刊行記念 徳瑠里香さんのトークイベント、ありがとうございました。身近にいる人の体験を聞くことで、新しい価値観に触れ、想像力を広げていくことができる。聞き書きの可能性についてもお話いただきました。徳瑠里香さん、税所篤快さん、お越しくださった皆さま、ありがとうございました!