「petit main」サイト〈4月のおすすめ絵本〉更新されました。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

子ども服ブランド petit main での絵本紹介、4月分が更新されました。

15B69AFA-1485-4AA5-9D55-AC6B3ED4D02E.jpg

今月は
『おしゃれになあれ』(パイインターナショナル)
『フルーツポンチ』(ニジノ絵本屋)
『夜のあいだに』(ゴブリン書房)
の3点です。

よろしければご覧ください。

http://petitmain.jp/diaries/4%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e7%b5%b5%e6%9c%ac

展覧会延期のお知らせ

現在の社会状況を鑑み、事態の早期収束および出展者と来場者の安全のため、5月20日まで予定している展覧会をすべて延期することに致しました。各展覧会の延期時期については未定です。今後の状況を見て、出展予定の作家の皆様と相談して決めていきたいと思います。なお、「りんごや」自体は時短営業とし、13時から18時(木・金定休)で今のところ開けております。お問い合わせがございましたら、電話かメール、インスタグラムのDMなどで受け付けております。くれぐれもわざわざ遠方からのご来店がないようにと思っております。皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

 

延期する展覧会は下記の通りです。

4月4日〜15日 タカハシカエ展・冨樫尚美展

4月18日〜29日 稲垣順子展・みなとくにこ展

5月2日〜6日 こいずみたかこ・マツムラミホ二人展

5月9日〜20日 佐藤ふき子・進藤加代二人展

水族館劇場「乾船渠八號」4月10,11,12日中止のお知らせ

花園神社からの要請を受け、4月10,11,12日の公演を中止することが決定致しました。
4月13日(月)から19日(日)までは、今のところ、予定通り毎日公演を行う予定でございます。

4月10,11,12日のチケットをお持ちの方は、以下の連絡先までご連絡くださいますようお願いいたします。

080-2117-6154
ticket.suizokukangekijou@gmail.com

オンラインSHOP “COUZTごっこ”open!


2020年4月現在、新型コロナウィルス感染症により、世界でも日本でも大きな影響を受けています。
日本ではつい先ほど、緊急事態宣言も出されました。
最前線の医療現場(従事している皆さまには感謝申し上げます)、感染された皆さま、そのご家族はもちろん、街にいるひとりひとり私たちみんなが当事者です。

コーツトは飲食店…飲食業界も漏れなく日々悩み、葛藤と共にあります。
そんななか、多くのお客様から、お店を心配し、乗り越えた先の継続を願う応援の声をいただいています。
応援してくださるお客様がいなければ、飲食店は大事でなくたって継続は難しい……そんな大切なお客様へ、私たちがご来店を望むことで感染のきっかけになってはいけません。
電車でのご来店は控えていただくよう、3人以上(同一世帯を除く)でのご来店はされないよう、引き続きお願いいたします。

コーツトでは店内除菌、窓を全開にし換気扇をつけ空気の通り道をつくる(雪の日は寒かった!)、店内でのご利用滞在人数は席数24席に対し10名までとする、スタッフは手洗い徹底とマスクをするテイクアウトを推奨し強化する…ということを実施しています。
店内営業は感染拡大防止を第一に、利益のためというよりも、日々の食事の手助けと、小さな灯火・ほんの少しの息抜きの場として開けさせていただきます。

 

 

直接テイクアウトをご利用できない距離のお客様へお届けしたい。
お家で”COUZTごっこ”をしていただき、その言葉の響きにふっと楽しくなりながら、いつも過ごしていただいているこの空間を思い出していただきたい。
鬱々となりがちな今の日々の、ご自宅での過ごし方がより豊かなものになったら。。。
そう思い、オンラインショップOPENと相成りました。

COUZTごっこ
https://couzt.stores.jp

まずは4/10発送のアイテムを受け付けています。
お好みのBOXをお選びください◎
また、今回は初回ということであまり多くのBOXをご用意できないかもしれません。
狭いキッチンなため、一度に大量に製造するのが苦手なコーツト。。。
ですが、お家でCOUZTごっこ(ああ、この言葉の響きいいなぁ)をしていただくために!
日々のテイクアウト中心営業と共にスタッフ一同、重々気をつけながらも前向きに頑張って参ります。
(低空飛行も出来ずどうしようもなくなって水面沈没する際には、きっと必死になってオンラインを宣伝させていただきます!が、それはきっとまだ先のお話…)(と、願いたい…)

※発送の日程までもうすぐなのですが、まだクレジットカード支払いの申請受理待ちのためそれ以外の支払いしか対応していません。ご不便をおかけします。
※来週、再来週と続ける計画ですので、追々はカード払いも可能になる予定です。

※コーツトカフェ店頭販売と在庫を共有しているため、ご注文を頂いた時点では在庫有りと表示されている商品でも、システム上のタイムラグや同一商品への注文集中により、ご注文後に在庫切れとなる場合がございます。
※在庫切れの場合はキャンセルとさせていただきますのでご了承下さい。

 

 

“COUZTごっこ”というネーミング、お店を営業することが素直に楽しめなく辛くなっていた私たちにとって、まるで救いのような響きでした。
誰のアイディアだったかや、お家でこんなティータイムしたよ等のお話は、またいつもの日常が戻ってきたときに。
直接顔を合わせて!マスクもない状態でお会い出来ることを!心より楽しみにしています。
それまで皆さま、どうかご無事で!

最後に、配送という手を使ってしまいましたが、物流・配達に携わる方々への負担が大きくなること……お詫びとお礼を申し上げます。
コーツトカフェ椿

水族館劇場「乾船渠八號」の前売券を購入されたお客さまへ

水族館劇場「乾船渠八號」の前売券を購入されたお客さまにメールにてご案内をお送りしております。
WEBで購入したがメールの来ていないお客様、前売券販売所などで購入されたお客様、以下のアドレスまでご連絡ください。お客様のお名前と、どこで、いつのチケットを購入したのかをお書き添えください。
ticket.suizokukangekijou@gmail.com

『ちょこっと、つまみ』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『ちょこっと、つまみ』(河出書房新社)


ちょこっと、つまみ おいしい文藝 [ 伊丹 十三 ]

どんなつまみがあるかによって、酒の時間は格段に変わる。

料理屋の味、安い肴、自分でさっと作る一品。
そのどれもが愛おしい。

ポテトフライ、干物、シウマイ弁当……。
呑兵衛たちのアンソロジーを読めば、自然とグラスに手が伸びる。

「酒がすすんで困ります」。

18時までに短縮します

季節は、春なんだなあ・・・という、暖かな日差しと青い空のとても穏やかな午後でした。世界中が、まるで想像もつかなかった難局に面しているというのに、なんとも長閑。でもそれは、誰も来ないからでもあるのです。冬中放置していた外回りのいろいろを今日は整え、古くなったプランターを新しくしたり、いつもの花屋さんで花を買ってきたり。ともすると脆く崩れそうな世界を、そっと丁寧に扱うように。世界と共に、何かの一突きで壊れそうな気持を、どうやって明日まで連れてゆこうか。どうすれば、灯を点し続けられるのか。ずっと愛してきたものを愛し続けるように。

みんなできるだけ早く家に帰ろう、ということで、しばらく時短営業に致します。18時には閉めますのでご了承ください。でもそれも明日には変わるかもしれません。日々刻々と変化する状況に対応していくことになります。みなさん、当面は自由な外出は控えておられると思いますので、ただ遠くから、灯が点っているということだけ感じていただければ幸いです。

『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』(晶文社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』(晶文社)


野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る (シリーズ《日常術》) [ 野中モモ ]

リトルプレス、ミニコミ、インディペンデントマガジン。
一口に「ZINE」と言っても、それを定義するのは難しい。

ここで紹介されるのは、いわゆる商業出版でもなければ、企業や著名人が販促のために作ったものでもない。

誰にも頼まれていないけれど、作らずにはいられない。そんな、個人の意思と情熱の集合だ。

「出したいから出す」。
その思いさえあれば、あなたはいつでもメディアになれる。
発信し、届け、「場」を作ることだってできる。

世界の片隅の僅かな震えが空気に作用して、社会をやがて変えていく。

小さな声の豊かさ、面白さ。

https://hiruneko.thebase.in/items/27521307

2020野戰攻城に関する重要なお知らせ

最悪の時期に公演をかまえたわたくしたちを心配してくれている全国の皆さま。いま、本日現在で水族館劇場が取り組んでいる姿勢をお伝えします。
まず、桃山のほうから強い要望で地方在住の役者に上京して芝居への参画をあきらめて欲しい通達をしました。これにより、翠羅臼(静岡)津田三朗(博多)と安部将吾(博多・南無サンダー)山本紗由(京都)の出演が不能になりました。彼らの登場を楽しみにしていた皆さま、こころよりお詫び申し上げます。
つぎに、水族館劇場は多くのひとの無報酬での協力でなりたっていますが、これらお手伝いのかたがたを、丁重にお断りしました。とくに木戸関係は全員に自重してもらいます。前売券も、水族館劇場関連販売所はストップするよう指示をだしました。
げんざい、前売りの最大集客日が約30名、平均で5~20名です。これ以上は観客を増やしません。当日券も販売しません。その他、関連する三密対策をすべて手配しています。
最後に野戰攻城をあきらめない役者全員、すこしでも体調に変化があらわれたら、十二分に体力が回復するまで家で休むことにしています。公演をするといった内部の黙契(お客様にたいしてもですが)をかぎりなくニュートラルな自由参加にきりかえました。これによって準備作業人員が大幅に少なくなります。舞台装置も完成しないままに幕を開けざるをえません。すでに前売券をお持ちのお客様にはスタッフがひとりひとり対応することをお約束します。それでも例年とちがい、今年は乾緑郎の台本が完成しています。稽古だけはこれまでの数倍の量をこなしてきました。自信はゆるぎません。不測の事態で役者の交代劇がありましたが、昨日より遜色のない新配役で稽古を開始しました。いましばらくこの状態で歩を進めることをご静観してくださるとありがたいです。
なお、現況を特別深刻な事態と受け止め(当然ですが)、自粛のいっせい合唱を声高にさえずる〈こころあるひとびとの〉の頭の片隅に、路上生活を余儀なくされてきた棄民ともいえる日雇い労働者、それゆえこんなときこそまっさきに手をさしのべられなくてはならない「この世に用なき者」のことがカウントされていることを願ってやみません。さすらい姉妹は、社会の最底辺に追いやられたひとびとに希望の螢火をともすように芝居を続けてきたのですから。

コロナウィルスの影響により、しばらくイレギュラー営業とさせていただきます。


コロナウィルスの感染拡大を少しでも抑えるために、イレギュラー営業(時間短縮&テイクアウト強化)を実施いたします。
ご不便をおかけしますが、街全体で意識を上げるため、しかし生きるための日々の小さな楽しみは忘れないように!……どうぞよろしくお願いいたします。
OPENしている限り、スタッフ一同心を込めて営業いたします。

※谷中キッテ通りに面する老人ホームにて、感染者が発覚しています。その事実と、従業員への休業手当に対する国の助成金条件緩和が4/1〜あり短縮営業へと踏み込むことを決めました。これにより店内を混み合わない席数で営業し、遠くからのスタッフ出勤をなるべく減らし、疲労による免疫低下なども防ぎたいと思います。そして全てが落ち着いた頃に、またいつものコーツトへ戻れますように…。
※状況により変更がある場合は、HPやSNSで周知させていただきます。

 
——————–

期間:4/4土〜14火
※延長の可能性があります。状況により、変更がありましたら再度お知らせいたします。

< 平日 >
12:00 – 16:00 OPEN
16:00 – 18:00 一度カフェはCLOSEし、テイクアウト&物販のみの営業となります
18:00 – 21:00 OPEN

< 土日祝 >
12:00 – 18:00 OPEN
18:00 – 21:00頃 テイクアウト&物販のみの営業となります

< 定休日 >
木曜

※店内利用ラストオーダーは各30分前です。
※テイクアウトは電話とLINEにて予約注文できます!
[使い方] http://www.couzt.com/archives/8915

——————–

< 営業するにあたって下記のことにご協力ください >
*席数24席に対し、10名様までのご利用滞在人数とさせていただきます。
3名以上のお客様をお断りさせていただきます。(同居されている方々は除きます)
*ご注文後、お召し上がるになる前にトイレでの手洗いをご案内させていただきます。

*窓は常に全開にし換気扇をつけ、空気の通り道をつくり充分な換気を行います。
*手の触れる箇所、可能な限り除菌を行います。
*スタッフの手洗いを徹底し、営業中もマスクを付けさせていただきます。
*いつもよりテイクアウトを増やしますので、ご自宅で過ごされることを推奨しています。

『ヴァイキングの誓い』(ほるぷ出版)

ローズマリー サトクリフ 作
金原瑞人・久慈美貴 訳
『ヴァイキングの誓い』(ほるぷ出版)


ヴァイキングの誓い[新版] [ ローズマリー・サトクリフ ]

舞台は十世紀末から十一世紀初めにかけてのヨーロッパ。

孤独な少年ジェスティンの運命を変えたのは、ヴァイキング・トーモッドとの出会いでした。

ヴァイキング同士の復讐の戦いに巻きこまれ、ジェスティンが最後に辿り着いた場所は。

「なんにでもはじまりのときがある。友情にも、愛情にも。そして最初の友情は初恋とおなじ、二度とない経験なのだ。」

葛藤を抱えながらひたむきに生きる一人の少年の姿を描きます。

壮大なロマンと、登場人物たちの細かな心の動き。
『第九軍団のワシ』で知られる、サトクリフによる冒険物語。

美しい装画は、平澤朋子さん。

https://hiruneko.thebase.in/items/27521407

小平彩見木版画展終了しました

みなさまの応援、ご理解ご協力のおかげで、小平彩見木版画展「もうひとつの世界へ」は本日無事に終了いたしました。いろいろと難しい状況の中、見に来てくださったみなさん、そしてSNSで楽しんでくださったみなさんも、どうもありがとうございました。小平彩見さんの今後のご活躍が楽しみな展覧会でした。また安心してみなさんに会える日を楽しみにしています。明日3日金曜日はお休みです。4日土曜日からは、とりあえず13時〜19時までで営業する予定ですが、日々世の中の動向を見て決めていきたいと思います。予定していた展覧会は延期になっております。しかしながら、手元にあるさまざまな作家さんたちの作品を展示販売する予定です。みなさんどうぞ気をつけてお過ごしください。

石井ゆかりさん「メッセージ入りサインカード」企画【2020】

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

毎年恒例となった、こちらの企画のお知らせです。

今年もまた、「12星座シリーズ」などで知られる
石井ゆかりさんの「一言メッセージ入りサインカード」をプレゼントいたします。

E4D5ADAF-BB78-483A-A962-933B289E1BEF.jpg


対象書籍は、以下の通りです。

『青い鳥の本』
『薔薇色の鳥の本』
『金色の鳥の本』
『黒い鳥の本』
(いずれもパイインターナショナル)










『愛する人に。新装版』
『愛する力。』
(いずれも幻冬舎)






『月で読む あしたの星占い』
(すみれ書房)



以上7点です。
いずれかをお求めのお客様に、カードを差し上げます。

冊数に限りがありますので、「お一人様一冊限り」とさせていただきます。
またタイミングによっては、ご希望のタイトルが品切れの場合もございます。
ご了承ください。

4/6(月)12時より販売スタートします。
それまで楽しみにお待ちくださいませ。
(火曜、第二水曜定休です)


現在のように外出が難しい状況で、例年通り開催するかどうか迷いましたが、
こういう時だからこそ、石井さんの言葉を必要としている方がいるであろうこと、
4月からの新生活にあたり、背中を押す何かがあってくれればという思いから、
今年もまた同じように開催いたします。

ただし今回に限って、以下のように対応させていただきます。


お取り置きについて

普段から当店に通ってくださっているお客様、SNSのフォロワーさんを優先するため、
今年も店頭での直接購入を原則としておりますが、特に初日の混雑を避ける目的で、
4/22(水)までにご来店いただける方のみ、お取り置きを承ります。
hirunekobooks@gmail.comまで、「お名前とお電話番号、ご希望の書籍名」をお送りください。


通販について

通販対応はございませんが、もし可能になった場合には、
4/24(金)以降、Twitter:@hirunekobooks にてお知らせいたします。



現在私たちが置かれている状況は、とても信じ難いものではありますが、
世界がこれまでとは全く違う段階に移行しつつあるように思います。

今、何を感じ、何を考えればよいのか。どう生きていくのか。
石井さんの著書やカードの言葉に、そのヒントがあるかもしれません。


☆石井ゆかりさん

https://star.cocoloni.jp/t.cgi?t=f/top&zspid=w999999999&cpno=1300765488&z_rand_page=c
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/
Twitter:@ishiiyukari


※当店へのアクセスなどは、HPをご覧ください。
https://www.hirunekobooks.com/

※販売状況などは、Twitter @hirunekobooks にて随時お知らせします。

※営業日程は随時変更になる場合がございます。必ずSNSをご確認ください。