『猫のミーラ』(堀之内出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

井上奈奈
『猫のミーラ』(堀之内出版)


猫のミーラ [ 井上奈奈 ]

「きょう、フリーダは眉毛をそりました。」

昨夜、1週間前、半年前、5年前……。

過去に遡るほどに立ち現れてくる、フリーダとミーラの関係性。

時間を巻き戻すほどに強まる、ふたりの絆。

15歳の少女と一ぴきの猫は、確かに唯一無二の愛で結ばれていた。


『ウラオモテヤマネコ』の作者・井上奈奈さんによる、美しくも切ない物語。

印刷、製本、装丁。
その全てが愛に溢れている。

https://hiruneko.thebase.in/items/26545061

『わたしの外国語漂流記』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

松村圭一郎、佐久間裕美子、丸山ゴンザレス ほか著
『わたしの外国語漂流記』(河出書房新社)


わたしの外国語漂流記 未知なる言葉と格闘した25人の物語 (14歳の世渡り術) [ 松村 圭一郎 ]

世界には一体どれだけの言語が存在するのだろう。
その数は3,000とも7,000とも、それ以上とも言われている。

それらを全て身に付けるのは不可能だが、勉強した人の話は聞いてみたい。

チェコ語、ノルウェー語、サーミ語、ヤノマミ語。
アカン語、プナン語、ブルシャスキー語。

なぜその言語を選んだのか、どうやって学んだのか。

未知なる言葉と格闘した、25人の物語。

言葉の奥深さと面白さに、目が覚める。

https://hiruneko.thebase.in/items/26610974

『餃子のおんがえし』(晶文社)

じろまるいずみ
『餃子のおんがえし』(晶文社)


餃子のおんがえし [ じろまるいずみ ]

ラーメンと餃子を注文したら、「普通は」餃子に先に来てほしい。
確かにそう思う。でも、おじさんが怒ってお金を払わずに出て行ってしまったら……。

“あの時の餃子”は、事あるごとに私を助けてくれる。

ひみつの味噌汁、ニコニコのハンバーグ、煮える寿司。
食エッセイでこんなに笑えるのは、著者が根っからの食いしん坊だから。

なぜかレシピ付き。

この感触、この味、今までには無かった。

『猫には負ける』(亜紀書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

佐々木 幹郎
『猫には負ける』(亜紀書房)


猫には負ける [ 佐々木 幹郎 ]

半野良三毛猫「ツイラク・ミーちゃん」。
それが、詩人と暮らす猫の名前だ。

臆病で、どんくさい。
でも、たまらなく愛おしい。
なぜなのか。
なぜ、こんなヤツが可愛いのか。

猫を見ながら、撫でながら、
考え、綴る。

--
猫のように
足を投げ出して 寝る
それだけでいい
愛するというのは そういうことだ
眠って 眠って
この世が無くなってもいい
忘れることにした
でも 愛している いまを
--


かけがえのない、猫との日々。

猫を愛するということ。

2020年2月20日、本日最終日

この12年間「喫茶・ギャラリーりんごや」を支えてくださった本当にたくさんのみなさま、どうもありがとうございました。日差しに春が感じられるこの頃、2008年に開店した頃のことを思い出します。一日ずつ「今日」を重ねていったら、いつの間にか12年。そして明日からもまた、一日ずつ「今日」を重ねていくまでです。今日まで展覧会を開催してくださった方々に特に感謝いたします。貸ギャラリーとしての「りんごや」はこれでおしまいですが、今後もまた新たな形でお付き合いしていければうれしいです。明日21日金曜日から28日金曜日までの8日間、改装のためお休みさせていただきます。29日土曜日から、「紅茶専門喫茶+ギャラリー」として「りんごや」を再開いたしますので、どうぞまたお訪ねください。2月29日〜3月11日までは「山猫あとりゑ+かわうそ兄弟商會二人展」を開催します。営業時間は13時〜19時に変更になります。定休日は平日の月曜日から毎週木曜日と金曜日に変わります。どうぞご注意ください。喫茶のメニューおよび価格も改訂させていただきます。初めのうちは、何かと至らないことが多いかと思いますが、何卒どうぞよろしくお願い申し上げます。

DeuchuLab.開催のお知らせ

 今年度のDeuchuLab.(デンチュウラボ)で選出された3名のアーティスト・大谷陽一郎、澁木智宏、嘉春佳による作品展示を行ないます。

■期間=2019年2月21日(金)~3月1日(日)11:00~17:00 ※会期中無休

    オープニングイベント 2月21日(金)17:00~19:00

    澁木智宏「裾を眺めいる」ワークショップ 2月23日(日)24日(月・祝)14:00~15:30

    嘉春佳「ふく守りをつくる」ワークショップ 2月22日(土)2月29日(土)14:00~16:00

■会場=旧平櫛田中邸アトリエ(東京都台東区上野桜木2-20-3)

*JR鶯谷駅より徒歩10分、JR日暮里駅、千代田線根津駅より徒歩13分、JR上野駅公園口より徒歩18分

■観覧料=500円 http://okatte.info/denchu/

 DenchuLab.(デンチュウラボ)は、日本の近代彫刻を拓いた彫刻家・平櫛田中(ひらくしでんちゅう)の旧居兼アトリエを新たな創作と交流の拠点として再生することを目指し、アーティストの創作活動を応援する公募企画です。

 今年度は、大谷陽一郎、澁木智宏、嘉春佳の3名が選出されました。約一か月半の滞在制作を経て、それぞれの独自性と旧平櫛田中邸の特徴を活かした新たな試みをご覧ください。

■アーティスト紹介

大谷 陽一郎 Yoichiro OTANI 桑沢デザイン研究所卒業。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。2017年に作品集「雨」(リトルモア刊)を出版し、アーティスト活動を本格化。漢字が持つ意味性や精神性に着目し、制作活動を行う。主な受賞にJAGDA学生グランプリ、IAG奨励賞、サロン・ド・プランタン賞など。現在、同大学院博士後期課程在籍。

https://www.instagram.com/yoichiro_otani/

今回の作品「計に景」

アトリエ壁面の大部分を覆っている本棚のガラス扉のグリッドを、デザインソフト上でオブジェクトを配置する際の目安線に見立て、無数の漢字をレイアウトした作品を制作する。 田中の膨大な蔵書から抽出した漢字を媒介とし、この地域の木々を取り込み、森を描くことで、アトリエ空間を一冊の詩集とする。

澁木 智宏 Tomohiro SHIBUKI

北海道小樽市出身。武蔵野美術大学卒業。

主に羊毛を素材に用いて、制作活動を行う。

人と物との関係性や日常の裾の方に広がる物事に目を向け、 「存在とは何か」「その物に宿る記憶」を探求しつつ、 立体作品を中心に視覚と触覚に働きかける作品を制作する。 https://www.tomohiroshibuki.com/

今回の作品「頃日ただ眺め」

建物にある「傷」や「しみ」などの痕跡を手掛かりとして、そこにあったであろう営みを想像し、羊毛の立体作品を制作する。平櫛田中邸の空間に身を委ね、現在/過去/未来に思いを馳せ、無限に広げられる想像の中で自問する行為を表現する。 2/23,24 14:00~15:30は建物をじっくり見てストーリーを作る「裾を眺めいる」ワークショップも開催。

※予約優先 各回10名まで 予約フォーム https://forms.gle/ejW9ZnVQyCWFtziA6

嘉 春佳 Haruka YOSHI

茨城県生まれ。 2019年 筑波大学芸術専門学群総合造形領域卒業。現在 東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修士課程在籍。 最近の主な活動に「中之条ビエンナーレ」「瀬戸内国際芸術祭秋会期SOKOLABO」展示参加など。

金網に毛糸を編み込み〈意識としての他者との境界〉を表す立体作品の他、個人の生活の記憶や痕跡を残す古着を用いて〈記録されない日常の蓄積とそのゆくえ〉を想起させるインスタレーション作品を制作する。 https://h27yoshi.wixsite.com/harukayoshi

今回の作品「日常の帰る場所」

  家を出て家に帰ることに始まり、家には、生活や暮らしの気配が蓄積される。私たちが着ている衣服には、日々の記憶や痕跡が残される。今回は、近隣に暮らす人々から古着を集め、同時代に過ごされたそれぞれの日常の断片を繋ぎ合わせたこたつ布団を作る。 2/22,29 14:00~16:00は古着の端切れを使った「ふく守りをつくる」ワークショップも開催。 ※予約優先 各回7名まで 予約フォーム: https://forms.gle/zD4PXSZYxDQeiayC6 【お問合せ】 DenchuLab.事務局 dencyu@taireki.com ーーー 主催:でんちゅうず(NPO法人たいとう歴史都市研究会 一般社団法人谷中のおかって) 助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 協力:井原市、平櫛弘子氏、東桜木町会 皆様のお越しをお待ちしております。 たい歴ホームページ http://taireki.com/ たい歴フェースブックページ https://www.facebook.com/taireki/

  家を出て家に帰ることに始まり、家には、生活や暮らしの気配が蓄積される。私たちが着ている衣服には、日々の記憶や痕跡が残される。今回は、近隣に暮らす人々から古着を集め、同時代に過ごされたそれぞれの日常の断片を繋ぎ合わせたこたつ布団を作る。 2/22,29 14:00~16:00は古着の端切れを使った「ふく守りをつくる」ワークショップも開催。 ※予約優先 各回7名まで 予約フォーム: https://forms.gle/zD4PXSZYxDQeiayC6

【お問合せ】 DenchuLab.事務局 dencyu@taireki.com

主催:でんちゅうず(NPO法人たいとう歴史都市研究会 一般社団法人谷中のおかって)

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

協力:井原市、平櫛弘子氏、東桜木町会 皆様のお越しをお待ちしております。

たい歴フェースブックページ https://www.facebook.com/taireki/―

『谷根千のイロハ』(亜紀書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

森まゆみ
『谷根千のイロハ』(亜紀書房)


谷根千のイロハ [ 森 まゆみ ]

古代から江戸。明治、大正、昭和。
それぞれの時代の、谷中・根津・千駄木。


森鴎外や夏目漱石などの文豪、遊郭、弥生式土器、寺町、坂、商店街……。

かつて地域雑誌「谷中・根津・千駄木」を創刊し、「谷根千」という愛称で呼ばれるきっかけをつくった著者が、虫の眼で見るこの小さな町の歴史。

ここに暮らし、店を営んでいても、当然、知らなかったことがまだまだある。
目で見、耳で聞くだけではわからない。
実際に歩き、食べ、話し、嗅いで理解できる町の姿がある。

そして、この本は、それをコンパクトかつ愉快に読ませてくれる。片手に持って、あちらこちらを巡りたくなるのも必然だ。

町の歴史は、人の歴史。
そこに生きる人々の声や暮らしが、町の文化を創り、その風景を成り立たせる。

今また、夏のオリンピックを前にして、再開発圧力と地価高騰が続いている。
私たちの暮らしを脅かす大きな力が働いている。

国家に巻き込まれず、徹底的にローカルであること。
この町には、それができると思うのだ。

〓️ http://hiruneko.thebase.in/items/26528588

にがおちぎり絵展2 ~不忍ブックストリートの本屋編~

ちぎり絵ライター・渡辺えみさんの個展を開催します。

にがおちぎり絵2展(DM表).jpg

—-
池之端から谷中、根津、千駄木にかけて点在する新刊書店、古書店のある一帯は、通称「不忍ブックストリート」とよばれています。

今回の「にがおちぎり絵展2」では、不忍ブックストリートにある4軒の本屋、古書ほうろう、タナカホンヤ、往来堂書店、ひるねこBOOKSの店主のみなさまのにがおちぎり絵を展示いたします。

店主のにがおちぎり絵とあわせて、各店のご紹介文とともに、今回の本屋編ならではの企画「店主おすすめのたべもの本」を収録した冊子も販売いたします。
また、昨年、千駄木の檸檬の実で開催した「にがおちぎり絵展」で展示した作品もいくつか披露いたします。

尚、展示期間中は、にがおちぎり絵のオーダーもたまわります。
(オーダー料金/1名9000円)

春のよき日に、ぜひぜひ町歩きとともにお越しいただけましたら幸いです。
 —-

渡辺えみ作品1.jpg

渡辺えみ作品2.jpg

渡辺えみ作品3.jpg


●会期:3/26(木)〜4/4(土)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます) 
*最終日は16時まで

営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料




☆プロフィール

渡辺えみ
ちぎり絵ライター
1981年生まれ。流山児☆事務所にて俳優3年、新潮社出版企画部で編集アルバイト5年を経たのち、ちぎり絵ライターに。2016年~2019年、フリーペーパー『山歩みち』にて、連載「山の上ごはん」の料理ちぎり絵を担当。
HP*http://emi--watanabe.jugem.jp/
 
渡辺えみ.jpg

~渡辺えみよりひとこと~
2013年に出産後、ちぎり絵を始めました。人の顔、料理、風景など、ちぎり絵で作っています。
にがおちぎり絵については、向かう相手がどんな人柄なのか研究するように作っています。できあがりを見た相手の喜ぶ姿を見ることがこれまた好きです。自分がちぎり絵化されると、どうやら笑ってしまうようです。イラストも作品に応じて描きます。好きなたべものはきくらげです。
 
**これまでの作品**
『気球で鍋』(2010年/エッセイ+創作)
『気球で鍋2』(2013年/エッセイ+創作)
『縁側から1、2の3』(2014年/イラストエッセイ)
『産むまでに食べていたもの日記』(2014年/エッセイ)
『山のメルヒェン市』(2017年/ちぎり絵+創作)
『にがおちぎり絵~谷中・千駄木・根津のお店の人たち編~』(2019/ちぎり絵エッセイ)
『気晴らし1000円買い物ノート』(2019/イラストエッセイ)
『八丈島ちぎり絵旅日記』(2019/ちぎり絵エッセイ)
『にがおちぎり絵~不忍ブックストリートの本屋編~』(2020/ちぎり絵エッセイ)