ヒッチコック (2013)

ヒッチコックって奥さんと一緒に映画を作っていたのかあ。とか。
「サイコ」は家を抵当に入れて自費で作ったのかあ。とか。
金髪美女好きキャラなのね。とか。
あの時代にフランスからフォアグラを空輸させてたんだあ。とか。

映画好きな人なら知ってるんだろうけど僕は知らなかったことがあちこちに。

最初の試写でダメだったあとに再編集するところ。シャワーシーンに音楽を入れるのに最初は抵抗するけど、音楽入りを見せられるとあっさり受け入れる素直さ、そういう点でのこだわりの無さは天才らしいなと思った。

僕にとってアンソニー・ホプキンスといえば「羊たちの沈黙」だけど、ずいぶん太ったのは役作りだけなのかなあ。ちょっと心配になった。
シャワーシーンの撮影描写でアンソニー・ホプキンス演ずるヒッチコックがナイフを振り回してみせる場面。「羊たちの沈黙」の脱走場面のレクターが警備の警官を奪った警棒で殴り続ける場面を思い出した。怖かったぞ。

そういえば、スカーレット・ヨハンソンって名前はちょいちょい聞くけれど初めて顔を認識したのはこの映画でした。

映画「ヒッチコック」公式サイト