埼玉県行田の「イサミコーポレーション足袋工場」

行田は日本一の足袋の生産を誇る町です。行田足袋の始まりは約300年前、最盛期は昭和初期から昭和30年代、全国の約80%の足袋は行田で作っていたとのこと。

町を歩くと足袋を保管する「足袋蔵」があちこちに残っていました。いまも10軒ほどが足袋をつくっているそうです。このノコギリ屋根はその一つ、「イサミコーポレーション足袋工場」。この工場ではいまも「イサミ足袋」がつくらる、現役のノコギリ屋根でした。生産を拡大した昭和初期の建築と思われます。

(撮影:やまさきのりこ)
(撮影:やまさきのりこ)
(撮影:やまさきのりこ)
(撮影:やまさきのりこ)

株式会社イサミコーポレーション http://www.isamicorp.co.jp/

フランス、サン・テチエンヌのリボン織機

長崎総合科学大学で建築学を教える山田由香里さんから、 フランスのサン・テチエンヌ 博物館を訪れたときの写真とレポートが届きました!


2012年にフランスのサン・テチエンヌに行ったときに産業芸術博物館でリボン織機の展示を見ました。そのときに撮った展示の写真です。

サン・テチエンヌは、水力と石炭に恵まれた町で、それを動力にしてリボンと猟銃と自転車の一大産地でした。16世紀からフランス王侯貴族のファッションや文化を支えていた町です。

19世紀にリボンと猟銃が斜陽になると、自転車を産業として興し、ツール・ド・フランスに代表される高速自転車を作ります。

マニュフランス社というヨーロッパ初のカタログ通販会社が1887年に設立された場所でもあります。目玉商品は、猟銃、自転車、ミシン、タイプライターでした。他にあらゆる生活用品を扱っていました。ヨーロッパ内だけでなく、世界中に飛び出したフランス人宣教師たちの生活も支えていました。

なぜこの町まで行ったかというと、マニュフランス社の大工道具が、長崎の教会堂をつくった鉄川与助の大工道具に含まれていたからです。長崎にいたフランス人神父が1910年頃にカタログ通販で購入したものと思われます。この話にご興味のあるかたは、『鉄川与助の大工道具―長崎の教会堂に刻まれた知恵と工夫』(山田由香里、2018年、長崎文献社)をどうぞご覧ください。

リボンの展示も大変美しかったです。幅広の、体にまとう布のようなリボンもありました。

産業芸術博物館などのHPはこちら。http://www.mai.saint-etienne.fr/https://madamefigaro.jp/travel/feature/171214-saint-etienne-museum.html

この話を山崎範子さんにしたところ、なんと、谷中のリボン工場、「千代田リボン製織」の技術者でのちに社長になった渡辺四郎の集めた資料の中(リボンの見本帳)にサンテチエンヌの1898年のリボンがあるとのこと。びっくり、つながりました。(そのリボンはhttps://nokoyane.com/wp-content/uploads/2015/06/B.pdf の見本帳No.27に)

サンテチエンヌは、長く、労働者の町でしたが、近年は、コルビュジェ設計で工事が途中になっていたサン・ピエール教会を2006年に完成させるなど、デザイン・シティとして生まれ変わっています。サンテチエンヌの町は、のこぎり工場のあるどの町にも可能性があると背中を押してくれます。


山田由香里さんには昨年、2019年10月6日に記憶の蔵での谷根千学級で、「長崎の世界遺産と登録文化財 ~潜伏キリシタンは谷根千にもつながっている」のお話をしていただきました。森まゆみさんが『地域人』で連載する「暮らすように町に泊まる」の49号、50号の長崎紀行(前・後編)で案内と撮影で協力もしていただいています。元気な二人の男の子のお母さん。このサンテチエンヌ行は新婚旅行だったそうです。

山田由香里さんの教えてくださったサイトの

https://madamefigaro.jp/travel/feature/171214-saint-etienne-museum.html には、

「 20世紀半ばまで、職人たちは自宅で作業をしていた。リボン織りに使われていた機械が会場に展示されているが、なかなかの大きさ。これが入り、作業に必要な採光を得られる家をリボン職人は必要としたため、窓が大きく、天井が高い家に住んでいた。いまもそうした家の名残りを市内で見つけることができるそうだ」とあります。

行ってみたいなぁ。ありがとうございました!  やまさき

森まゆみ 「のこぎり屋根の工場で見つかった文明開化のリボン」 (『考える人』2017年冬号)

2017年2月発売『考える人』59号(新潮社刊)に森まゆみさんの執筆する「『のこぎり屋根』の工場で見つかった文明開化のリボン」が掲載された。新潮社から許可をいただき、全文をご紹介します。


特別企画 「のこぎり屋根」の工場で見つかった文明開化のリボン文:森まゆみ 撮影: 菅野健児協力:山﨑範子、谷中のこ屋根会

東京下谷・本郷に広大な土地を持っていた実業家・九代目渡辺治右衛門の四男、渡辺四郎が、明治の終わり頃から大正にかけて谷中で営んでいた「千代田リボン製織」。その工場の解体にあたり、四郎が欧米で集めてきた華麗なリボンと、東洋一をめざした国産リボンの「見本帳」が見つかった。明治大正期の日本の欧化の歩みを示す貴重な資料でもある谷中のリボンと渡辺四郎について、谷中・根津・千駄木の歴史と今を書き続けてきた森まゆみさんが解説する。 

7.昭和18年11月「公私境界査定願」と図面、および昭和19年2月「土地返還承諾書」

昭和2年より東京市から借りている土地の一部に交番(谷中派出所)ができることになった。借りている土地と市有地の境界を査定し、交番用地として一部返還している。

この時つくられた「谷中初音町巡査派出所」は1990年頃まであり、その後、三崎坂に面した千代紙の「いせ辰」並びに移った。跡地は花壇となり地図の掲示板がある。

6.昭和2年(9月)市有地借地ニ関スル書類(認定外道路敷占用願)

リボン工場の表通り(本郷区との区境)は東京市の所有する市道になっている。工場に接した道路の敷地、24坪4号7勺をリボン工場建設用として東京市より借りている。占用期間は1年、毎年の更新書類が残されている。

韓国ののこぎり屋根情報

撮影は池本達雄さん

2019年519日撮影はKTX クヮンジュソンチョン(光州松汀)駅。


2019年5月21日撮影は、クヮンファド(江華島)のおしゃれカフェの外観と内部です。

元の紡織工場が変身したものだそうです。「平日だったので、この程度のお客さんの入りでしたが、土日は大勢のお客さんが訪れるそうです。内部は、光の洪水でした」とのレポートでした。

2019年1月24日,25日 群馬県繊維工業試験場 「東京・谷中のリボン工場に残された見本帳」 特別内覧会のご案内(申し込み要)

2018年年2月16日、桐生にある群馬県繊維工業試験場に谷中ののこぎり屋根に残されていた織物・リボン資料をお預けして、まもなく1年です。

現在、専門家の手により、見本帳に貼られたリボンの分析・研究が行われています。その途中経過として、見本帳の中から約120点のリボンが桐生で特別公開されることになりました。

今回は、専門家に向けての内覧会ですが、「谷中のこ屋根会」からの紹介といっていただければ、特別に入場ができるそうですので、この時期に桐生に行かれる方は、お申し込み、お問合せの上ご来場ください。

また、今後一般向けの内覧会の予定もあるそうです。

日時:2019年1月24日(木)15:30~17:00、1月25日(金)14:00~16:00

会場:群馬県繊維工業試験場(2Fオープンイノベーションホール)

   群馬県桐生市相生町5-46-1     http://www.pref.gunma.jp/07/p20210013.html

お申込み/お問合せ:企業連携係(久保川、斎藤)

TEL:0277‐52‐9950  FAX:0277‐52‐3890

主催:群馬県繊維工業試験場 協力/谷中のこ屋根会 監修/新井正直(染織史家)

・・・・・

「東京・谷中のリボン工場に残された見本帳 特別内覧会」を開催します(繊維工業試験場)

明治27年(1884)に、東京・谷中に設立された日本初のリボン工場・岩橋リボン製織所(千代田リボン製織所に社名変更)は、東洋一のリボン工場と言われましたが、昭和41年(1966)にその幕を閉じ、再開発のために解体されました。同工場の草創期には、足利(小俣)出身者が工場長となり、織子や染色の職人等として多くの両毛地域の人々がリボン作りを支えました。

今回、同工場が解体される際、戸棚の奥に保存されていた貴重な見本帳や書籍が発見され、現在、調査を進めています。今回は、同工場で発見された貴重な見本帳の中から収集品を中心に約120点を特別公開します。

※なお、この見本帳や書籍は、東京・谷中で地域作り活動を進める「谷中のこやね会」が管理・保存しています。