第63回 不忍ブックストリーム「しのばずくんからのお知らせ」

3月6日(水)22:00からスタートです。

不忍ブックストリーム、第63回のテーマは、「しのばずくんからのお知らせ」です。
毎年改訂版を発行している「不忍ブックストリートMAP」ですが、今年は大リニューアルを行ないました。
この件についてのゲストをお迎えして、発表します。

また、霧のタンスさんの「ラリホウ部」もあります。
お題は「9文字回文」。ゲスト審査員は、落武者ことイラストレーター(兼乳首研究家!?)の武藤良子さんです。エロ回文の嵐……にならないように気をつけてほしいものです。

お楽しみに!

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream
#sbsUST

不忍ブックストリート week 企画募集のお知らせ

今年も、一箱古本市の前後を含めた期間を「不忍ブックストリート week」と題して、さまざまな催しを行ないます。

不忍ブックストリート week 2013

期間 2013年4月20日(土)~5月6日(月・祝)

たくさんの人に足を運んでいただけるよう、地域のお店やギャラリーなどでのこの期間の関連企画を募集します。

内容については、広い意味で「本」につながりのある企画を歓迎します。といっても、その辺はある程度ユルく解釈していただいても大丈夫です。ただし、参加企画は1店につき1つとさせていただきます。名乗りを上げてくだされば、チラシや公式ブログ・サイトで告知します。

なお、企画参加費として2000円を頂戴します。これは、チラシの制作などに使用します。(一箱古本市の大家さんおよびMAPの広告主さんの企画は半額にさせていただきます)

また、出版社やアーティスト、ライターの方などからの持ち込み企画も歓迎します。不忍ブックストリートweekで行なうのにふさわしいと判断されたものは、実行委員企画として扱います。開催場所の選定・交渉も実行委員会で行ないます。ただし、ご希望に沿えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

<お申込み・お問合せ先>

◎メールでのお申込み
宛先:shinobazu@yanesen.org
件名:「不忍ブックストリート week 企画」
※ 3月11日(月)までに以下の項目を記入のうえ、ご連絡ください。

1.企画のタイトル
2.内容説明(100字以内で)
3.期間・時間(何時から何時まで)
4.お店の住所・電話番号・メールアドレス・サイトのURL(あれば)

※以上の情報はチラシ、サイトにそのまま掲載させていただきますので、なるべく訂正がないように、確定してからお送りください。何か不明の点がございましたら、どうぞお尋ねください。

◎下記の店頭でもお申込みいただけます
古書ほうろう 千駄木3-25-5 TEL.03-3824-3388
往来堂書店  千駄木2-47-11 TEL.03-5685-0807

昨年のweek企画はコチラ
☞ 実行委員会企画
☞ 参加企画

店主募集のお知らせ

谷中・根津・千駄木エリアの書店、雑貨店、ギャラリー、カフェなどの店舗や施設の軒先をお借りして、一人が一箱分の古本を持ち寄って販売する青空古本市、それが「不忍ブックストリートの一箱古本市」です。誰でも参加できて、一日だけの「本屋さんごっこ」を愉しめるイベントです。今回で通算15回目となりました。

15 不忍ブックストリートの一箱古本市

【日時】2013年4月27日(土)& 5月3日(金・祝)
【時間】11時〜16時(両日とも) *雨天決行
【募集箱数】2日間で合計100箱予定。
この一箱古本市に出品される方(店主)を募集します。箱の数は2日合わせて合計100箱を予定しています。
今回も各日10ヵ所前後の大家さんでの開催を予定しています。開催スポットについては、3月中に発表する予定です。

受付は、先着順となります。

会計の方式は「フリーマーケット方式」に統一します。

フリーマーケット方式とは
店主(一箱)ごとの会計です。つり銭も店主が用意します。基本的に、店主が一日を通して店番する必要があります(助っ人のサポートはあり)。
ただし、雨の場合、一部の大家さんで「集中レジ方式」(1スポットの会計を交代で担当する)に変更する可能性があります。

打ち上げイベントは、両日とも販売終了後に近くの公共施設で行ないます。プレゼンターが選んだ箱の表彰などがありますので、店主さんはぜひご参加ください(入場無料)。

なお、店主・スタッフ参加の飲み会は今年は行ないません。

応募期間 38日(金)22:00より受付開始
※先着順。定数に達し次第、受付を終了します。
※昨年と開始時間が変わっていますのでご注意ください。

応募方法 3月8日(金)22:00より、以下のメールアドレスで受け付けます。
hitohako@yanesen.org
申し込み時に、下記の項目を記入してください。
(3.以外は、すべてご記入ください。記入もれがあると、受付できません。)

1. 出店日(いずれかを選んでください。両日とも出店することはできません)
a. 4月27日(土) b. 5月3日(金・祝) c. どちらでもよい
2. 屋号(かならず付けてください)
3. 自分のサイト・ブログ・Twitterのページなどがあればご記入ください(掲載できるのは1つだけです)
4. 氏名(本名をお書きください。複数参加の場合、代表者のお名前だけで結構です)
5. メールアドレス(携帯アドレス不可)
6. 電話番号
7. 住所
8. 参加人数(予定で結構です)
9. 品揃えや販売のしかたについてのPRを200字以内で(かならず書いてください)

※2、3、9以外は実行委員会で管理するためのデータであり、外部には公表しません。
※住所は「店主マニュアル」や「不忍ブックストリートMAP」改訂版を発送するのに使用します。
受付後、hitohako@yanesen.org より返信メールを差し上げます。「迷惑フォルダ」などに入って見つけられなくなってしまうトラブルが予想されますので、かならずご確認ください。
※48時間以内に返信メールが届かなかった場合は、再度ご連絡いただくようお願いします。

参加費 : 2000円
応募受付後に口座をお伝えしますので、321日(木)までにご入金ください。 同日までに入金のない場合、参加が取り消しとなりますので、ご注意ください。
また、当日の出店をキャンセルされても、返金はできませんのでご了承ください。

【実行委員会からのお願い】 不忍ブックストリートの一箱古本市は、狭いスペースに多くの店主さんが出店されます。そのため、一箱の大きさを決め、その範囲で本を展示するようにお願いしています。同時に、一箱という空間の中での創意工夫を愉しんでいただきたいという意図があります。しかし、この数年、店主さんによっては箱の周りにたくさんの本を積み上げたり、複数の箱を並べるなどの行為が見られました。うるさいことは云いたくないのですが、他の店主さんにとってはあまり愉快なことではありません。今一度原点に戻って、「一箱の宇宙で遊ぶ」気持ちで参加いただくようにお願い申し上げます。

その他、詳細は、下記のサイトにて、順次アップされます。
不忍ブックストリート公式サイト
しのばずくん便り

第62回 不忍ブックストリーム「マツジュンの部屋2」

2月21日(木)22:00からスタートです。

不忍ブックストリーム、第62回のテーマは、「マツジュンの部屋2」です。
旅ベーグルの店主にしてリトルプレスtabi booksのオーナー、谷根千イチの自由人、マツジュンこと松村純也さんがホストとなり、この界隈でお店を営む人や注目の人にお話を伺うコーナーです。

第2回は、classico(クラシコ)の高橋隆さんと、浅草在住のデザインジャーナリスト・加藤孝司さんをお招きします。

マツジュンのコメント
「高橋さんとこの界隈のつながり、加藤さんと谷中とのつながり、それに僕とお2人とのつながりなどを中心に、気付いたらたぶん、みんな最後は号泣してるいい話で終わる予定です」

素敵ですね! ぜひ皆さん聴いてください。お楽しみに!

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream
#sbsUST

2月の茶話会「川の字:カウチサーファーと暮らす」

不忍ブックストリートの茶話会、2月は20日(水)に開催します。
場所はいつもの<ブーザンゴ>です。
いつも通り、気軽に参加して、自由におしゃべりしてください。
21時から編集者の秋元麦踏さんにお話しいただきます。
テーマは「川の字:カウチサーファーと暮らす」です。

各国からの旅行者、百数十名を自宅に泊めてきた秋元さんが、彼らの写真を見せながら、経験を語ってくれます。秋元さんからのコメントです
「カウチサーファーとは他人の家のソファーを寝床に旅をする愛すべき不届き者。ただただ節約したいケチもいれば、本当に現地の人の生活に興味津々、かつちょっと太っ腹な人もいる。疲れるけど、飽きない、失うモノは睡眠時間と寝床とちょっとのお金、得るモノは……」

2月の茶話会 秋元麦踏さん「川の字:カウチサーファーと暮らす」

日時 2013年2月20日(水)20:00~23:00頃(出入り自由)
場所 ブックス&カフェ・ブーザンゴ
〒113-0022 東京都文京区千駄木2-33-2
TEL & FAX: 03-3823-5501 http://www.bousingot.com/
参加費 各自オーダーのみ
お問合せ 不忍ブックストリート実行委員会 shinobazu@yanesen.org

第15回 一箱古本市 助っ人さん募集します!

今年も助っ人さんを募集します。

不忍ブックストリートでは、事前の準備から当日の運営まで、できる範囲で「一箱古本市」を手伝ってくださる「助っ人」(ボランティアスタッフ)を 募集します。ふるってご応募ください。

一箱古本市は1日に50箱・約100人が店主として参加され、500人以上がお客さんとして訪れます。それが2日間あります。今回は通算で15回 目という大きな節目でもあります。

その告知のために、不忍ブックストリートMAPをはじめ、さまざまなチラシ、ポスターなどの印刷物の製作・配布も行います。

また、4月20日(土)~5月6日(月・祝)までは、「不忍ブックストリートweek」として、地域内のさまざまな場所で、展覧会・ライブ・トーク等のイベントが開催されます。

実行委員会はわずか15人ほどですので、助っ人の皆さんのお力がなければやっていけません。MAPの配布から一箱古本市当日のスタッフまで、さまざまな機会に助けていただいています。その労力に対して、われわれはお金で報いることはできません。しかし、みなさんに「助っ人やってよかった な」と思っていただけるように、ひとりひとりにとって楽しく、やりがいのある場所にしていきたいと思っています。お友達やカップルでの参加も歓迎します。

今年も2日開催なので、「店主」(出店者)と当日の「助っ人」の兼任が可能です。たとえば、初日は「助っ人」として「一箱古本市」を裏側から眺め、2日目は「店主」としてお客さん相手に楽しい時間を過ごす、なんていかがでしょう。

もちろん、「事前の準備しか手伝えないけど」という方も大歓迎です。とくに4月に入ってからはいろいろな雑務があれこれ押し寄せてくるので、一日だけでも手を貸していただけると大変助かります。

そんな「助っ人」として一肌脱いでやろうという方は、下記の要領でメールにてお申込みください。

まだ予定が決まってないという段階でも結構ですので、今年も手伝ってやろうという方は以下に連絡いただけますか。

《助っ人参加申し込み》

【あて先】 suketto@yanesen.org
【件名】 「助っ人」参加希望

*お名前
* 助っ人用のメーリングリストに登録可能なメールアドレス(いつでも登録解除できます)
*電話番号(差し支えなければで結構です。急な呼びかけが生じる場合があります)
*4月27日(土)& 5月3日(金・祝)の古本市当日に、スタッフとして参加可能かどうか(わかる範囲でかまいません。どちらか1日でもOKです)をお書き添えください。

また、今年も「助っ人顔合せ会」の開催が決定しています。

「今年のゴールデンウイークは一箱古本市に命を懸けている」という方はもちろん、「助っ人に興味はあるけど、わからないこともあるので直接話を訊 いてみたい」、あるいは「実行委員と飲んでみたい」という方まで、 ちょっとでも一箱古本市に興味をお持ちでしたら、どなたでも参加できます。

《第15回 一箱古本市「助っ人顔合わせ会」》

日時:3月9日(土)15時30分~
場所:汐見地域活動センター(本郷図書館2F)洋室A
会費:なし(17時より、近所の居酒屋に場所を移しますが、そちらは割り勘となります)
* 当日、突然いらっしゃっても大丈夫ですが、なるべくメールにてお申し込みください。

【あて先】 suketto@yanesen.org
【件名】「助っ人顔合わせ会」参加希望
お名前、飲み会への参加の可否をお書き添えください。
15時30分からの「助っ人顔合わせ会」には都合がつかないけど、17時からの飲み会には出られそうという方も歓迎です。「飲み会のみ出席」と書き添えてください。

今年も一緒に一箱古本市を楽しみつつ、成功させましょう!

第61回 不忍ブックストリーム「最近の書店、どうなってます?」

2月6日(水)22:00からスタートです。

不忍ブックストリーム、第61回のテーマは、「最近の書店、どうなってます?」です。

千駄木の出版社・羽鳥書店の糸日谷智さんと、昨年『わたしのブックストア』(アスペクト)を上梓されたライターの北條一浩さんをお迎えし、大型新刊書店から町の本屋さん、ブックカフェまで、最近の書店の状況をお伝えします。

近頃、新しくできた書店に行くことが少なくなったなあという方は、ぜひご覧ください。

お楽しみに!

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream

#sbsUST

第60回 不忍ブックストリーム「ぱんとたまねぎの谷根千パン屋さんめぐり」

1月22日(火)22:00からスタートです。

不忍ブックストリーム、第60回のテーマは、「ぱんとたまねぎの谷根千パン屋さんめぐり」です。

フリーペーパー「ぱんとたまねぎ」発行人で、パンをこよなく愛すデザイナーの林舞さんが、谷根千にある注目のパン屋を歩いた印象をお聞きします。

林さんとともにフリーペーパー「雲のうえのしたで」のスタッフである、モビール作家のよしいいくえさんも出演します。

また、2月9日開催の「ビブリオバトル×一箱古本市×ブクブク交換 in 西荻夕市」のスタッフも告知に来てくれます。

お楽しみに!

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream
#sbsUST

1月の茶話会 矢部登「私家版よろずひかえ」

不忍ブックストリートの茶話会、今年もよろしくお願いします。
1月は30日(水)に開催します。場所はいつもの<ブーザンゴ>です。
いつも通り、気軽に参加して、自由におしゃべりしてください。

21時から矢部登さんにお話しいただきます。テーマは「私家版よろずひかえ」です。
自身でも小冊子『田端抄』を発行されている矢部さんが、これまで手にしてきた私家版について語ります。日暮里にも縁の深い作家・結城信一の私家版『文化祭』など、貴重な本が見られる機会です。
みなさまお誘い合わせのうえ、お越しください。

1月の茶話会 矢部登「私家版よろずひかえ」
日時 2013年1月30日(水)20:00~23:00頃(出入り自由)
場所 ブックス&カフェ・ブーザンゴ
〒113-0022 東京都文京区千駄木2-33-2
TEL & FAX: 03-3823-5501
http://www.bousingot.com/

参加費 各自オーダーのみ
お問合せ 不忍ブックストリート実行委員会
shinobazu@yanesen.org

第59回 不忍ブックストリーム「名画座かんぺ、渋谷に参上!」

1月10日(木)22:00からスタートです。

不忍ブックストリーム、今年も谷根千から本や地域の情報をお届けします。よろしくお願いします。

今年最初となる第59回のテーマは、「名画座かんぺ、渋谷に参上!」です。
好評「名画座かんぺ」のコーナーでは、1月19日・20日に渋谷で開催されるイベント「キノ×コン!」について、スタッフの村木さんと神原さんを迎えてお聞きします。久しぶりに瀬戸さんも来ますよ!

また、霧のタンスさんの「ラリホウ部」もあります。
今回のお題は「新語発見!」です。事前の投稿を募集しています。
ゲスト審査員は、古書ほうろうの宮地健太郎さんです。

お楽しみに!

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream
#sbsUST

第15回一箱古本市(2013年春)の日程発表!

今年もあと一週間を切りました。春の一箱古本市へ、ご参加、ご協力してくださった皆様、ありがとうございました。今年は「秋も一箱古本市」がお休みでしたので、次回2013年の春の一箱は一年ぶりとなります。どうぞみなさま奮ってご参加ください。
まずは、日程の発表です。来年の手帳に、いまのうちから予定を書き込んでおいてください。

不忍ブックストリート 第15回 一箱古本市
2013年4月27日(土)と5月3日(金・祝)2日間開催です。

また、この2日間を挟んだ前後に、不忍ブックストリートweekも予定しています。

不忍ブックストリート week
2013年4月20日(土)から5月6日(月・祝)の17日間。

店主、助っ人の募集、開催場所はこのサイトやブログ「しのばずくん便り」あるいはツイッター( @hitohako )で順次発表していきます。どうぞ次回の不忍ブックストリート一箱古本市もよろしくお願いいたします。

第58回 不忍ブックストリーム「年忘れ! ブック鍋ストリーム」

12月23日(日)21:00からスタートです。

不忍ブックストリーム、第58回のテーマは、「年忘れ! ブック鍋ストリーム」です。
通常と曜日も時間も異なるのでご注意ください。
今年最後の不忍ブックストリームは、昨年末に続き鍋の実況中継!
十数人が鍋を囲みつつ、「今年の一冊」を語ります。
どんな放送になりますやら。

そして、今回より謎のスカイプコラム、「今月の廣谷さん」がスタート。陶芸家の廣谷ゆかりさんがお届けする高知のあんな人、こんな話です。

お楽しみに!

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream
#sbsUST

12月の茶話会

不忍ブックストリートの茶話会、今年最後の回は12月19日に開催します。場所はいつもの<ブーザンゴ>です。いつも通り、気軽に参加して、自由におしゃべりしてください。

年末最後の茶話会は、DJ大会の第3弾です。テーマは今回も「本の出てくる曲」。タイトルや歌詞に本が出てくるものから、「この部分はきっとあの古本屋がモデルに違いない!」という推測まで、自由に選んでください。かけられるのは一人2曲まで。CD(CD-Rも可)でお持ちください。 時間に限りがありますので、1曲しかかけられない場合もあります。さあ、みなさん探してみてください。今回はネタがないという方、オーディエンスとしての参加も歓迎です。みなさまお誘い合わせのうえ、お越しください。

★DJ大会「本の出てくる曲」
日時 2012年12月19日(水)20:00~23:00頃(出入り自由)
場所 ブックス&カフェ・ブーザンゴ
〒113-0022 東京都文京区千駄木2-33-2
TEL & FAX: 03-3823-5501
http://www.bousingot.com/
参加費 各自オーダーのみ
お問合せ 不忍ブックストリート実行委員会
shinobazu@yanesen.org

第57回 不忍ブックストリーム「牧野伊三夫の旅・2012」

12月12日(水)22:00からスタートです。

不忍ブックストリーム、第57回のテーマは、「牧野伊三夫の旅・2012」です。
しばらくご無沙汰していた画家の牧野伊三夫さんにご出演いただき、飛騨、日田、秋田など、今年牧野さんが旅した町やそこで出会った人、一緒につくった本のことをお聞きします。
また、鈴木るみこさんにも最近関わった本についてお話しいただきます。
二人ともイイご機嫌での出演です。その他、飛び入りゲストもあるかも!?
お楽しみに!

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream
#sbsUST

第56回 不忍ブックストリーム「マツジュンの部屋 えいえもん&東京キッチュ」

12月6日(木)22:00からスタートです。

不忍ブックストリーム、第56回のテーマは「マツジュンの部屋 えいえもん&東京キッチュ」です。
快調なしゃべりですっかりおなじみのマツジュンことtabi booksの松村純也さんがホスト役となり、谷根千の注目のお店や人を紹介していく新コーナーです。
第1回目の今回は、「ながれのかばんや えいえもん」さんと、おもしろ和雑貨の「東京キッチュ」さんに出ていただきます。
さて、どんな話が聴けるでしょうか?

また、12月に横浜で店舗を開業する「たけうま書房」さんにも出ていただき、たけうま調の意気込みを伺います。
その他、飛び入りゲストもあるかも!?
お楽しみに!

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream
#sbsUST

第55回 不忍ブックストリーム「田端からさようなら、石英書房」

11月17日(土)19:00からスタートです。
今回は曜日も開始時間も変わっているのでご注意ください。

不忍ブックストリーム、第55回のテーマは「田端からさようなら、石英書房」です。
古書店・石英書房が、11月30日(金)をもって田端での実店舗での営業を終了します。
今後はイベントなどで古本屋活動を継続していくそうですが、一つの区切りとして、店内からの中継で、店主の水川直恵さんにお話を伺います。

現在、石英書房ではミニ古本市が開催中ということで、そこに出店している方たちにもギャラリーとして参加してもらいます。

お楽しみに!

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream
#sbsUST