昨晩のイベント「本を作ること、永井さんのこと」大盛況で終了いたしました

昨晩のイベント「本を作ること、永井さんのこと」大盛況で終了いたしました。何でもない個人的な日常に視線を向けることの大切さと、それを本でどう表現していくか。永井さんの話から雑誌や編集のはなしまで、たっぷりとお話いただきまし […]

【2019/11/1 トークイベント】「地域と本屋の楽しいつながり」

地域と本屋の楽しいつながり ~『地域人』第50号 特集「本屋が楽しい、まちが楽しい!」を取材して~ 『地域人』(大正大学出版会)第50号の特集は「本屋が楽しい、まちが楽しい!」。 北海道、岩手、山梨、鳥取、高知、熊本の6 […]

週替わり文庫ミニフェア10月第一週「逃れられないお金の話と、これからの暮らし」

週替わり文庫ミニフェア10月第一週「逃れられないお金の話と、これからの暮らし」 10月は週替わりで文庫のミニフェアを展開します。 第一週のテーマは「逃れられないお金の話と、これからの暮らし」。 増税、軽減税率、キャッシュ […]

往来堂書店週間文庫売上BEST10 集計期間:2019/09/29-10/05 『夜行』『Ank:a mirroring ape』など

森見登美彦『夜行』単行本時の綺麗な装画がそのまま文庫に。読み逃している方はこの機会に是非。 個人的に気になっているのは佐藤究 『Ank:a mirroring ape』。 “キョウトライオット”の文字列がゾクゾクきます。 […]

『東京人』11月号の特集は「台北ディープ散歩」

『東京人』11月号の特集は「台北ディープ散歩」。 Y字路、日式建築、暗渠、市場、遊郭…とその筋のマニアなら涎を垂らしてしまうような並びの見出し。 ガイドブックには載らないようなディープでニッチな要素をこれでもかとい […]

2019/10/18 トークイベント「本を作ること、永井さんのこと」

永井宏さんは美術作家であり、70年代から80年代、サブカルという言葉が定着するはるか前からインディペンデントな音楽や映画、アート、文学を紹介した編集者でもあった。神奈川の海沿いの街に越した後は、ギャラリー活動やワークショ […]

新しい日程です【2019/11/14(木) トークイベント】「それでも、母になる」 生理のない私に子どもができて考えた家族のこと 徳瑠里香さん

 AI、ビックデータ、ソサエティ5.0!? なんだかわけのわからない時代になっきた。でも、焦らなくて大丈夫。社会がどんなに変わろうが、みんなが誰かの子であり、誰かの家族である。そして、大切な物語は1番身近なところにある。 […]

バターを使わないヘルシーで簡単で美味しいお菓子のレシピ!材料も5、6種類揃えるだけでできちゃうレシピがあるので、ほんとに手軽なんです!ちょっとした御礼や気持ち、おすそ分けに愛用のレシピ本です。(り)まいにち食べたい”ごはんのような”クッキーとビスケットの本なかしましほ 著主婦と生活社定価1200円+税