特設野外儛臺 大地の牙 建込み快調!

来月4日に開幕する野戰攻城「Nachleben 揺れる大地」の仮設劇場が急ピッチですすめられています。何年か音沙汰のなかったメンバーも合流し、山谷からも寿町からも頼もしい助っ人たちが終結しました。桃山臺本はいつもどおり順調ですが、今回はいままでの舞台構造を一新するための新機軸を搭載する予定!PANTAの楽曲も完成、夜の花園に響きわたっています。ぜひ現場に遊びにきてください。飛び入り応援、歓迎します。チケットも前売り発売中。特別イベント、頭脳警察ライブもよろしく!詳しくはコチラhttp://suizokukangekijou.com/information/

20190322.jpg

PANTA×桃山 暴走対談、新宿の夜を揺らす!

昨夜新宿Naked LoftにてPANTAと桃山の対談が満員の観衆をあつめてとりおこなわれました。

内容はPANTAと菅孝行主催の芝居集団、不連続線とのかかわり。桃山と曲馬舘とのであいなど70年代のシーンの様子から始まり、今回のテーマである大地のイメージ、満洲国とはなんだったのかという根源的な問いを発する短い旅でした。中国人研修生が大挙して下層労働に汗をながす現在だから展開できる新大陸論。グリーンブラットの傑作「驚異と占有」のアジア版をもくろむ桃山に、劇の主題歌をPANTAが披露するというフィナーレ。こころして参集あれ。前売券絶賛発売中。
詳しくはコチラ

20190317.jpg

野戰攻城、進撃開始!

春へのおとずれ、雨の残る花󠄁園神社で野戰攻城のため、松尾工務店から資材が搬入。名こそあかせませんが、本社重役は若き頃に芝居三昧の日々を送っていた縁もあり、水族館に協力を惜しみません。去る8日には宮司さんみずから安全祈願のお祓いをしていただきました。これより土地の精霊に感謝し、敬意をもってどこにもないスペクタクル芝居を目指します。こんかいも新機軸を発表予定。SNSにも注目あれ。前売券絶賛発売中!コチラから→

20190311.jpg 20190311_02.jpg

野戰攻城、進撃開始!

春へのおとずれ、雨の残る花󠄁園神社で野戰攻城のため、松尾工務店から資材が搬入。名こそあかせませんが、本社重役は若き頃に芝居三昧の日々を送っていた縁もあり、水族館に協力を惜しみません。去る8日には宮司さんみずから安全祈願のお祓いをしていただきました。これより土地の精霊に感謝し、敬意をもってどこにもないスペクタクル芝居を目指します。こんかいも新機軸を発表予定。SNSにも注目あれ。前売券絶賛発売中!コチラから→http://suizokukangekijou.com/information/

20190311.jpg20190311_02.jpg

PANTA×桃山@新宿NAKED LOFT 3/16 主題歌披露か、暴走対談まもなく!

4月4日に開幕する「Nachleben 搖れる大地」にさきがけて、主題歌を担当する頭脳警察・PANTAと桃山邑が新作をめぐって対談します。
打ち合わせ、ほぼなしのぶっつけ本番。ジャズのインプロビゼーションのような火花散る対話に。ロックとテント芝居のちがいこそありますが、現在も進化しつづける両者にとって新作のテーマである80年前の偽国家、満洲をめぐる歴史の虚飾をあばく夜になることまちがいなし。フランクザッパをこよなく愛する桃山が思春期に頭脳警察とPANTAからどれほど大きなインフルエンスを受け取ってきたか。いろんな裏話も盛りだくさん。いままでとこれからを見据えた対談を仕切るのは、演劇評論の山田勝仁。前売(イープラス)2000円当日2500円(+ワンドリンク)桃山作詞 PANTA作曲の主題歌も初披露目の可能性あり!

20190304.jpg

4月7日特別イベント「頭脳警察ライブ」チケット、本日より発売!

お待たせしました!
頭脳警察ライブチケット、本日2月27日より発売します!

4月7日特別イベント『どっちみち風は吹く』 
第2部「頭脳警察 搖れる大地に」結成50周年1stライブ 初の野外天幕に臨む
のチケット販売のご案内です。「頭脳警察」ファンクラブと同時に・同額で、先行発売となりました。

特別イベント『どっちみち風は吹く』
開催日:2019年4月7日(日)
会場:新宿花園神社境內特設野外儛臺にて

第1部 対談 17:00スタート
●対論1 毛利嘉孝(東京藝大)×梅山いつき(近畿大
●対論2 乾緑郎(小説家)×桃山邑(水族館劇場)
路上芝居ユニット「さすらい姉妹」の演出家をつとめた毛利嘉孝と梅山いつきが登場。アングラ演劇と呼ばれてきたこの国独自の演劇の水脈とその 展開をめぐって可能性をたぐりよせる。
さらにかつて作演出として劇団を主宰し、現在小説家である旧い友人の乾緑郎を招き、書く、演ずるということの根源をさぐる。
■入場無料・カンパ制 お気軽にご参加ください。

第2部 ライブ 19:00スタート
「頭脳警察 搖れる大地に」結成50周年1stライブ 初の野外天幕に臨む
この芝居で初めて協働するPANTAが、頭脳警察50周年記念ライブを天幕で敢行!!
つねに歴史から逸脱し続けてきた日本ロックを代表するバンドが、現代河原者徒党の砦に顕現。
出演:頭脳警察(PANTA&TOSHI)
G:澤竜次・B:宮田岳・D:樋口素之助・+ゲストK:おおくぼけい
■「頭脳警察 搖れる大地に」前売券:6,000円
■「頭脳警察 搖れる大地に」+「Nachleben 搖れる大地」セット前売券:9,000円
・前売り券のお申し込み:メールか電話にて。申込の際、お名前(ふりがな)、チケットの種別、枚数、 セット券の場合は観覧希望日、電話番号を記載あるいはお伝えください。
E-mail:ticket.suizokukangekijou@gmail.com ☎ 090-3864-2964
・お支払い方法:チケット代は、会場となる野外舞台の木戸にて、当日精算です。
■当日券:6,500円 ←当日券の有無は必ず電話などでご確認ください。
■各プレガイド販売あり:6,000円(3月上旬より)

20190227.png

本日より、前売券発売開始!

お待たせいたしました。本日2月20日より「Nachleben 搖れる大地」の前売り券を販売いたします!
WEBや販売所などで同時発売です。今回からクレジットカードでも購入できるようにいたしましたので、ご利用ください。
どの方法でも、観覧ご希望日の前日まで予約、購入できます。ご活用ください。


前売り券:4,000円(WEB、メール、confetti、peatix、販売所)
前半後半2枚セット券:7,500円(WEB限定)
 前半(4/4~4/6の3日間のいづれか)と後半(4/8~4/16)でもう1日のセット券
電話予約:4,300円


前売り券・セット券の購入方法は、下記の通りです。 ▼WEB予約
受付後、指定の口座にお振込みいただき、チケットを劇団から発送いたします。発送は、3月になってからになります。下記にアクセスして、お申し込みください。
PC:https://ticket.corich.jp/apply/98486/
携帯:http://ticket.corich.jp/apply/98486/

▼メール予約
WEB予約を利用できない方のために、メールでの予約も受け付けています。
ticket.suizokukangekijou@gmail.com 宛てに、観覧希望日、枚数、お名前、住所、電話番号、メールアドレスを明記してご連絡ください。チケット予約システム(ticket@corich.jp)より、振込先の口座などご案内をお送りします。

▼クレジットカード決済をご希望の方
confetti:http://confetti-web.com/yurerudaichi/
peatix:https://suizokukangekijo-yurerudaichi.peatix.com/
どちらも利用するには、まず会員登録が必要になります。

▼販売所にて直接購入
・古本遊戯 流浪堂
 東京都目黒区鷹番3-6-9鷹番サニーハイツ103
 ☎03-3792-3082  平日12:00~23:00 日祝日12:00~22:00 木曜定休
・高品質珈琲と名曲 私の隠れ家
 東京都新宿区荒木町6ルミエール四谷2F
 ☎ 090-5783-4680(瓜生)12:00~22:00 日・木曜定休
・古書サンカクヤマ
 東京都杉並区高円寺北3-44-24
 ☎03-5364-9892 12:00~21:00 水曜定休
・古書往来座
 東京都豊島区南池袋3-8-1-1F
 ☎03-5951-3939 12:00頃~22:00 無休
・ジャズ喫茶ちぐさ
 神奈川県横浜市中区野毛町2-94
 ☎045-315-2006 12:00~22:00 日曜12:00~20:00 無休
・古書ソオダ水
 東京都新宿区西早稲田1-6-3筑波ビル2A
 ☎03-6265-9835 11:00~20:00 水曜定休
・橋倉ビーンズ珈琲店
 東京都世田谷区代沢4-7-1
 ☎03-3487-0549  10:30~20:00 水曜定休
・古書ほうろう
 東京都文京区千駄木3-25-5
 ☎03-3824-3388 火・水曜定休
※古書ほうろうは3月3日まで営業。その後、移店し4月より新店舗で営業を再開する予定です。千駄木店閉店後は販売対応できませんので、古書ほうろうで前売券をお求め予定の方は、3月3日までにお願いいたします。

▼花園神社境内の特設野外舞台にて直接購入 3月10日より
建設中の仮設劇場でも直接お求めになれます。

▼電話予約
090-3864-2964、080-6412-4897 にご連絡ください。受付時間は9時から21時まで。観覧希望日、枚数、お名前、電話番号を担当にお伝えください。料金は当日精算となります。公演中や建て込み中、夜間や会議中などは電話に出られないこともございます。あらかじめご了承ください。時間を気にせず申し込めるWEB予約などをご活用ください。

●当日券情報
今回は、大人以外にも、学生割引などもご用意しましたので、ご利用ください。
大人 4,500円
学生(大学生・専門学校生) 3,500円
中高生 3,000円

▼チケットに関する問い合わせ先
メール:ticket.suizokukangekijou@gmail.com
電話:090-3864-2964、080-6412-4897(9時~21時まで)

★号外★
4月7日(日)に開催いたします特別イベント『どっちみち風は吹く』での「頭脳警察」ライブの前売り券情報は、近日中に発表します。乞うご期待!

ticket01.jpgticket02.jpg

大島幹雄参戦!今回も多彩なゲスト陣が続々決定!

野戰攻城2019 Nachleben 搖れる大地 は博多で津田三朗があたらしい舞台大道具を設計、秋浜立と七ツ森左門が三重の芸濃町ベース、萩原倉庫にて合流。今回も驚天動地の舞台セットが急ピッチで展開中です。
かさねて毎回話題の豪華日替わりゲスト陣の参戦も決定。石巻公演の陰のプロモーターでもあり、満洲にかんする著作もある大島幹雄が役者として舞台にたちます。くわえて博多の天幕芝居・南無サンダーから安部将吾、6年ぶりの出演となる赫十牙も舞台であばれまくる予定。三役者は神出鬼没。出演日は本人に確認されたし。またかねてよりの桃山のラブコールに応えて癸生川鳩が初出演。昨年秋の藝大公演につづいて、eitoeikoのオーナー癸生川栄も参画します。乞うご期待。

20190220.jpg

2019花園神社 野戰攻城 詳細決定 頭脳警察PANTAが主題歌!

お待たせしました!
桜の季節の野外芝居です。今年は満洲を舞台にかつてのアングラ演劇でくりかえし語られたノスタルジアにあやどられた暗い夢としてではなく、まったくあたらしい歴史論として大陸への驚異と占有を軸に、この国の近代を根こそぎ揺らす芝居をめざします。
また今回は「マラッカ」「クリスタルナハト」など深いアクチュアリティーや歴史認識をもとに音楽活動をつづけているPANTAが主題歌を担当します。頭脳警察も結成50年を記念して水族館劇場の天幕でライブを敢行します。
詳しくはコチラ☞

20181118new.jpeg

急告、風兄宇内休演ピンチヒッターに石井理加!

さすらい姉妹から残念なおしらせをお伝えしなければなりません。
千代次とともに最初の公演から参画してきた風兄宇内が心筋梗塞で倒れました。
緊急入院して応急手術は成功しましたが、冬の寒さの路上に役者として立つことはNGとの診断をくだされました。 無念の降板です。げんざい風兄は春の野戦攻城に合流するため万全の治療を受けています。
突然のアクシデントによって芝居は大きく変貌しますが、さすらい姉妹は一歩も引きません。

仕事に専念するため居原田遙に女海賊役を託していた石井理加が、風兄の代役を相勤めます。乞うご期待!

さすらい姉妹『寄せ場迷宮篇』日程決まる!

上野公園など、まだ時間が未確定の部分もありますが寄せ場巡演の詳細が決まりました。世界はどんどん縮んでいって、もはや終末とさえ呼べない日常が垂れ流され続けています。ある日突然ほんとうのカタストロフが訪れるのかもしれません。けれども路上で冬を越すたくさんのひとびとが存在し、その人たちが生きる意思を発信している現場があるのなら、そして其処がどんなに絶望にあやどられていたとしても、さすらい姉妹は赴きます。

2018年12月31日
18:00 山谷センター前十字路
21:30 新宿中央公園・ナイアガラの滝前広場
2019年1月1日
16:00 横浜寿町・生活館4F
2019年1月2日
13:00頃 上野公園・科学博物館前広場(12時からの餅つき大会のあと)
19:30 渋谷・美竹公園

詳しくはこちらをご覧ください。

少しずつ世界を組み変えてゆくために

白水社から、オリガ・ブレニナ=ペトロヴァ著 桑野隆訳『文化空間の中のサーカス』が今月19日に発売されます。桃山が帯に推薦文を寄せています。大部な学術書ではありますが、水族館劇場ともあい通じる根源的な藝能の文化史でもある必読書!全国の書店で手に取ってご覧あれ!

もう一冊の推薦書は、この十月元気なまま交通事故でこの世にオサラバした、愛知の劇団白髪小僧を率いてきた那珂精四郎(ばばとしお)と愉快な世界旅行を続けた女優、阿木暦のフォトエッセイ『ハバナの朝』ホントにちいさな本ですが、こちらも是非。東京では古書ほうろう、古本遊戯 流浪堂、古書信天翁で販売しています。

そして本といえば羽鳥書店!来年満10歳になります。いろいろなイベントも企画される予定です。野戦攻城30年目の水族館劇場ともどもよろしくご贔屓に!

20181218.png

さすらい姉妹ふたたび!

sasurai_ueno2018.jpg 東京藝術大学特別イベント
藝術ではなく、藝能を-上野から山谷へ

日時:2018年11月10日(日)17:00-20:00
場所:東京藝術大学美術学部中央棟第2講義室+美術学部キャンパス
予約不要・当日先着順(定員70名)

■プログラム
17:00-17:45
「横浜トリエンナーレ・水族館劇場『盜賊たちのるなぱあく』ドキュメンタリー」
撮影編集:居原田遥(キューレーター、東京藝術大学特任助手)

18:00-18:45
「こんにち〈芸術〉は誰のためにあるのか」講演
毛利嘉孝(社会学者、東京藝術大学教授)
水族館劇場、桃山邑を交えた質疑応答あり。

19:00-19:45
さすらい姉妹 冒険ぴいたん波まくら漂流記 參の替わり 上野篇 上演
(東京藝術大学美術キャンパス内、場所は当日会場で告知します)
19:45より交流会あり

千代次 風兄宇内 臼井星絢 七ツ森左門 秋浜立 髙橋明歩 増田千珠 松林彩 石井理加 伊藤裕作 羽鳥和芳
音楽 東野康弘 音響 淺野雅英 舞台 古木均 作演出 桃山邑

詳しくはこちらをご覧ください。

さすらい姉妹、こんどは寄せ場巡演だ!

IMG_0982.jpg 石巻遠征は初日のまねきショップ駐車場公演こそにわか雨にずぶ濡れにされたが、本日カンケイマルラボ隣の空き地では天候も絶好、芝居濃度も圧縮して展開観客の喝采を浴びた。二日にわたるさすらい姉妹路上芝居の合間にはライブハウス、ラ・ストラーダで水族館劇場の新編集動画を上映。かつて東京で観劇、いまは故郷の石巻に帰ってきている往年のファンも駆けつけ、地元出身の作家である大島幹雄さんと桃山の対談をあわせて楽しんでもらった。延べ動員は百人に満たなかったが、突然の来訪にも劇団は石巻のひとびとにあたたかく迎え入れてもらった。遠くないいつか、北上川河口にふきわたる悲しみの風に水族館劇場野戰攻城の幟旗がはためくかもしれない。街角のそこかしこに残る震災と津波の傷跡をみながら、そこに暮らすひとびとをさしおいて強い言葉はでてこない。通過してきた福島原発周辺もしかり。震災直後、稽古場に役者があつまらずバラバラになりかけた記憶がよみがえる。それでも日々は流れ、ひとは生きて明日をむかえる。劇団もあれからの困難をいくつも乗り越えてきた。さすらい姉妹、今度は暮れの大晦日山谷路上に出現します。乞うご期待!また演出の毛利喜孝企画による東京芸術大学でのイベントも11月10日に決定。追って沙汰あり、刮目せよ。

さすらい姉妹、石巻へ到着!

1539994096418.jpg三軒茶屋・太子堂八幡神社で幕を開けた「冒険ぴいたん波まくら漂流記」は今日から石巻巡演にはいりました。ワゴン車2台に14名の大所帯。現地合流メンバーを含めると20名に及ぶさすらい社中が二つの公演とイベントを実現するために東北を縦断。
はじめて原発事故の後遺症のこる立ち入り禁止区域に足を踏み入れました。積みかさなる汚染土をつめこんだフレコンバッグの山、崩れ落ち人気のない民家。震災から7年の月日が流れても傷跡は癒えてない。いや半永久的にこの不幸は続くだろう。
そんななかでのさすらい姉妹。東北遠征は前回の盛岡公演いらいほぼ20年ぶり。石巻と縁の深い大島幹雄さんの導きで演劇フェスティバル真っ最中の街の路上に殴り込みだ。いつかこの港でも野戦攻城が仕組まれるかもしれない。その時を見すえて全力で面白い芝居にするつもりです。追って公演の報告も注目されたし!近くの人は是非ご参集を!

さすらい姉妹、石巻遠征決定!

2018sasurai.jpg さすらい姉妹2018 三軒茶屋☞石巻
冒険ぴいたん波まくら漂流記  作演出 桃山邑

波のまにまに大地がかすむ うしろすがたのしぐれてゆくか

水族館劇場役者陣総出演!
三軒茶屋 吉例 奉納芝居!
10月14日(日)17時30分スタート太子堂八幡神社 境内神楽殿前 
東急田園都市線 三軒茶屋駅下車 徒歩10分  東急世田谷線 西太子堂駅下車 徒歩3分

大島幹雄プロデュース石巻遠征!
10月20日(土)13時30分スタート まねきショップ駐車場(石巻市門脇町2-6-38)
10月21日(日)13時30分スタート カンケイマルラボ隣空き地(石巻市中央2-3-13)

恒例になった八幡神社、秋の奉納芝居につづいて大島幹雄プロデュースにより石巻での連続興行が実現しました。10月20日の芝居公演のあとはイベントも用意しています。役者も全員参加、ふるってご参集ください!


水族館劇場さすらい姉妹石巻公演記念イベント
『水族館劇場ってなんだ?』
映像上映 「水のサーカス!野戰攻城の軌跡」
対談 桃山邑( 水族館劇場代表)×大島幹雄(石巻学プロジェクト代表)
日時 10月20日(土)午後5時から
会場 ラ・ストラーダ La Strada 0225-94-9002

イベントの後、午後7時より劇団員を交えて交流会を開催します(参加費2000円)