「機械仕掛けの糸姫」閉幕


kikai0222_4.jpg












雪降る中たくさんの方にご来場頂きありがとうございました。昨年から続く移動公演もいよいよ最終の地・本公演へ向かいます。五月博多ベイサイドプレイス特設テント「海の砦」でみなさまをお待ち申し上げます。
情報はこのサイトやかわら版で随時発信致します。 photo by中原蒼二

「機械仕掛けの糸姫」本日開幕!!

博多は雪がちらつきはじめています。水族館の舞台ではよく雪が降りますが本物の雪が舞い降りてきます。今夜は野天の劇を本道としてきた劇団にふさわしい凍える夜になるでしょう。それでもわたくしたちは細心のこころくばりをして幕をあけます。
たくさんのストーブと使い捨てカイロ、暖かいお飲物と多少の毛布をご用意しております。ぜひ季節外れの観劇にお客様がおいでくださりますようお願いいたします。
寒さが観劇のさまたげになりませんよう、どうぞあたたかいお召し物でおこしください。

「機械仕掛けの糸姫」開幕まであと2日!!

kikai0215_1.jpg
kikai0215_2.jpg
公演当日会場で販売する本公演「NADJA夜と骰子とドグラマグラ」の特別前売券が仕上がりました。毎回、即完売の真生雲母による特別前売券。今回はタイトルにちなんで骰子(ダイス)が付いています。限定数につき、お早めにお求めください。水族館劇場本隊もいよいよ博多入りしました。みなさまのご来場をお待ちしています。

水族館劇場、旗揚げの土地へ20年ぶりの帰還‼

kikai_news.jpg水族館劇場2012初夏博多遠征プレ公演

機械仕掛けの糸姫  作演出 桃山邑

ドグラマグラの夢がはじまる----九州大学博物館の倉庫に眠る機械工学の夢の骸。百年の刻を飴色の肌にやどした鉄の記憶が火花を散らして暗黒の迷宮へ手招きする。昨年11月より再活動をはじめた水族館が5月博多湾に海の砦をたちあげる。2005年秋。北九州小倉駅裏にあらわれた海の砦では吃驚カーニヴァルとも無謀博覧会とも呼ばれる演劇史上例をみないスペクタクルが展開された。それから7年。ついに傾奇者の徒党は旗揚げの地にまいもどった!そのめくるめくメラヴィリアのバーレスク「NADJA夜と骰子とドグラマグラ」制作実行委員会をたちあげるためのプレ公演が津田三朗と九大博物館の尽力によって実現した。極寒2月17,18日冷気をふきとばして失われた夢がはじまる----
ご期待ください! 写真:会場の九州大学総合研究博物館第一分館倉庫

詳細はコチラ


「ロストノスタルジアー螢の残存」速度を持って寄せ場五箇所を踏破!

11sasurai3.jpg
とても言葉だけでは云い尽くせない困難な年を越えてこの冬も、さすらい姉妹は焚火燃えあがる山谷の路上で芝居の幕を截っておとしました。ロストノスタルジアー帰れない場所。言葉の意味が例年以上に切実にひとびとの身に迫ってくるなかで強度と速度をあわせもつ役者態で水族館は寄せ場のなかにまぼろしを観ようとしたのです。わたくしたちと一緒にその僥倖たるひとときを共有しようと凍える路傍に集ってくれたみなさまにこころより感謝いたします。猫も杓子もボランティア。馬鹿騒ぎの一年のしめくくりにわたくしたちの芝居営為はどのように位置づけられるのか。とんと関心もありませんが生来の天の邪鬼、裏道ばかりを往く旅の集団は忘れられたものに限りなく寄り添い、かそけき聲に耳をかたむけることを再開いたしました。それを螢の残存と名付けました。イメージは稀代の思考者、ユベルマンの言葉から。


    そもそも螢は本当に消滅したのだろうか。
    すべてが消滅してしまったのだろうか。
    その見事な明滅のシグナルを、まだ発信しているのではないか--------だとすればどこからか。
    まだどこかでお互いを探し合い、語り合い、それでもなお愛し合っているのではないか。
    機械のすべてに抗して、闇夜に抗して、獰猛な投光器に抗して。
                            ―――ジョルジュ・ディディ=ユベルマン

さて、昨年前半の沈黙を破ってからの水族館劇場は安息と無縁のごとくメッセージをおくり続けています。つぎは二月。遠く、博多の地に遠征します。タイトルは「機械仕掛けの糸姫」。九州大学博物館の片隅にねむる前近代の機械たちの記憶にしのびこんで物語を捏造する予定です。ご期待下さい!本年はなにも考えずに無謀博覧会への軌道を全力で走ります。

九州は暗黒の坑道が地底にはりめぐらされた迷宮の街区。星のかけらがさかしまに撒かれていま、ドグラマグラの夢がはじまる!

さすらい姉妹寄せ場興行2011→2012決定!

sasurai_icon.jpg
この冬も見せます。晒します。無情の世界に石礫!!

「―ロストノスタルジア― 螢の残存」作演出:桃山邑

12/31/18:00...山谷センター前辻
1/1/16:00...横浜寿町生活館4F
1/2/14:00...新宿中央公園ナイアガラの滝広場
1/2/18:30...渋谷東京都児童会館脇美竹公園
1/3/13:00...上野公園東京文化会館裏グラウンド前

-わたしではない。断じて。わたしのなかを吹きぬける風が、それを記したのだ。-D.H,ロレンス


粉々に砕け散った世界像からどう物語を立ち上げてゆけばいいのか。ひとすじの光は届くのか。水族館劇場はこの重い課題を自らに負うて喪われた現実と格闘して来ました。結果「公然たる敵」が生まれました。この一年、我々が乗り越えなければならなかった種々の困難から一歩も引かない決意が舞台に宿ったのかもしれません。この速度を落とさずに、さすらい姉妹へとブリッジします。前作を引き継ぎながら新作といって良い物語です。ご期待ください!〈詳細はこちら

「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」閉幕!

news20111129_2.jpg
news20111129_1.jpg
はじめて水族館を体験する観客を交え「水の劇場をいろどる千里眼たち」の座談からスタートした黄昏移動公演「公然たる敵ーロストノスタルジアー」。小規模 公演とはいえ次々発生するトラブルを乗り越え、役者陣の芝居への想いが最高潮に達した夜でした。これで最後の水晶ノ箱も開けられ、後は近藤ちはる、津田三 朗、中原蒼二の作品がエピローグのように12/3日まで展示されます。それから水族館は一転して路上芝居ユニットさすらい姉妹のもとに「ロストノスタルジ アー螢の残存ー」にむかいます。ひきつづきのご声援を!では師走の山谷の路傍で再会しましょう!
写真左:南瑞穂演じる蛍、七ツ森左門演じる殺し屋五郎 photo by 鈴木遊
写真右:風兄宇内演じるぴかどん photo by 鈴木遊

「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」信天翁へ!

news20111124_3.jpg
news20111124_1.jpg
坂の街、日暮里での宵闇公演が無事終了いたしました。会場がせまいため情宣を控えながらの秘密めいた興行でしたが50名を越える観客でスタジオがいっぱいになりました。古書信天翁の壁いっぱいに飾られた「故郷喪失展」で追悼した、舞台監督杉澤靖昭の弟さんが郷里静岡から駆けつけ、入方勇からは札幌のご母堂よりメッセージをいただきました。無縁社会と呼ばれるげんざいの中で血縁や仕事の縁とは異なる関係性の回路をあたらしく発見することができればと思っております。速度を意識したこの連続イベントもいよいよ26日の古書ほうろう「水晶ノ箱」を残すのみ。その日まで信天翁でも展示を継続してます。ぜひとも谷中を散歩しながら両会場を体験してください。

写真左:藤内正光演じる呉一郎 photo by 山田しげる
写真右:鏡野有栖演じる姫草ユリ photo by 山田しげる

「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」開幕!

news20111123_2.jpgnews20111123_1.jpg
逗子・ヒグラシ文庫にて移動公演「公然たる敵-ロストノスタルジア-」が開幕致しました。明日24(木)は日暮里 古書信天翁、26(土)は千駄木 古書ほうろうへと移動します。みなさまのご来場をお待ちしております。ヒグラシ文庫では対談「毛利嘉孝VS桃山邑」司会 淺野幸彦も行われ、3.11以降の私たちのあり方と芝居が差し出す円環構造との関連について白熱の討論が繰り広げられました。
公演・展示の詳細はこちら


写真左:千代次演じるがら photo by 山田しげる

写真右:真生雲母作の三日間通し特製チケット

「故郷喪失展」始まりました!

news20111120_1.jpgnews20111120_2.jpg日暮里・信天翁にて「故郷喪失展」が始まりました。KUMA・山田しげる・鈴木遊が写真で切り取る水族館劇場。宮井雅仁・杉澤靖昭・入方勇の在りし日の映像。山本紗由の映像作品など、ここでしか観られない内容です。是非ご覧下さい。また23(水・祝)には、逗子・ヒグラシ文庫から始まる移動公演「公然たる敵-ロストノスタルジア-」の幕が開きます。どうぞご期待ください!詳細はこちら
photo by 山田しげる

公然たる敵 -ロストノスタルジア-  公演決定!

lostnostalgia2.jpg公然たる敵 -ロストノスタルジア-

この旅に終わりはない

地上はすでにはるかなる睡りに誘われた
重いまぶたがまなざしを塞ぐ
それでも瞬くことをあきらめない星星へ連帯の挨拶を送る!
テアトロの月のぼる宵闇
帰るべき場所をもたない棄郷者たちが奏でる忘れられたララバイを聴け!

作演出 桃山邑

11月23/24/26日
公演決定致しました!
詳細はこちら

梅山いつき企画展示、早稲田演劇博物館で開催中!

kasetsugekijyo.jpg

「広場をつくる・広場を動かす~日本の仮設劇場の半世紀~展」に水族館劇場も登場!梅山いつき(恋する虜・制作)のライフワークともいえる、60年代末からはじまったアングラ演劇の本質をいままで語られてこなかった視覚から再検証するという試み。反新劇という旗印から遠く離れ、紅テント・黒テントに代表される演劇潮流からはずれた集団にもスポットライトをあてた。水族館劇場ともつながりの深い、曲馬館・白髪小僧(岡崎)・犯罪友の会(大阪)・未知坐小劇場(大阪)・健康相談(博多)などにも言及。見世物の藤平興行社の展示から仮設の意味を前近代への親和というスタンスでにじり寄る。是非ごらんになってください!


会期:~ 2011. 3. 27(日)まで  4.13(水)まで延長

会場:早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 2階 企画展示室

休館日:3. 20(日)・21(月)

10:00 ~ 17:00(火・金は19:00まで)入場無料

さすらい姉妹「風の吹く街」は大好評のうちに終了しました。

news_kaze0113.jpg

大晦の夜の山谷で幕を開けた、今年度のさすらい姉妹。九州在住の役者も駆けつけてほぼ本公演なみの布陣で、横浜寿⇨新宿⇨渋谷⇨上野と越年越冬闘争渦中の各現場を走り抜けました。今回は三年ぶりに桃山が台本、演出を担当。寒風吹き荒れる路上に故郷喪失からあたらしい縁を結ぶための幻の共和国を見はるかす物語をつづれ織りました。たくさんのご来場、まことにありがとうございました。

げんざい水族館劇場は誰も見たことのない吃驚のスペクタクルを実現すべく鋭意製作中です。いつ、どこに、どんなかたちで現われるかは、代表の桃山にすらわかりません。水のサーカスはこのまま何年も観たものの胸の底に沈んだ深海の難破船のように揺蕩うのかもしれません。もしも風が噂をはこんだら、お耳をそばだててください。あたらしい情報は本サイト、ニュースペーパーfishbone紙上などで順次発表してゆく所存です。本年も無謀を承知のやぶれ船の水夫たちがくりだす異貌の博覧会にご期待ください! 写真は大晦日の山谷 photo by 鈴木遊

今年も観せます、踊ります!さすらい姉妹真冬の寄せ場巡演 2010 → 2011 決定!

「風の吹く街」 作演出 桃山邑


千代次

鏡野有栖


臼井星絢

赫十牙


藤内正光

莎草小僧

七ツ森左門


山谷玉三郎

さくら夢羽奴


上山薫

増田千珠

進麻菜美

   

麝香姫

風兄宇内


さすらい社中

音楽:マディ山崎 田村優帆 山本紗由/衣裳:鈴木景子/黒衣:上山正太郎/宣伝美術:近藤ちはる/舞台監督:及部文人

協力:あうん 山谷争議団 寿日雇労働者組合 寿支援者交流会 新宿連絡会 渋谷のじれん 入方祐子 DJ YOU 鈴木都 竹中英太郎記念館


12/31/18:00~ 山谷センター前辻

1/1/16:00~ 横浜寿町生活館

1/2/14:00~ 新宿中央公園ナイアガラの滝前

1/2/18:30~ 渋谷宮下公園すぐそば東京都児童館前

1/3/13:00~ 上野公園噴水近辺


詳細はこちら