溝ノ口マルイにて期間限定販売

Web

普段からコーツトの焼き菓子を置いてくれている、エスノースギャラリーさん。
再び溝ノ口のマルイに期間限定で出店です。
今回も、コーツトの焼き菓子をお側においてくれています。
期間:2017/11/16(tue) 〜
場所:マルイファミリー溝口店(正面入り口2Fイベントスペース)

 

< イベントについて >
エスノースギャラリー・EVENTページ
http://ethnorthgallery.com/event/mizonokuchi2/

マルイファミリー溝口店・EVENTページ
https://www.0101.co.jp/078/

谷中の方は遠いな〜という方々、ぜひこの機会にお試しください。
どうぞよろしくお願いいたします。

written by tsubaki.

詩人・菅原敏による「夜の読書館」2nd シーズン

菅原敏が館長を務める「夜の読書館」が、
2016年、東京ミッドタウンから谷中「COUZT CAFE」に場所を移しました。
2017年も引き続きCOUZT CAFEで開館いたします。
声のない読書舘として、これからもあなたをお待ちしております。
 
館長である詩人・菅原敏は、
場所にしばられず、ひとつどころに留まらず。
ふらりとどこかへ出かけることもあるようです。
(かと思えば、いつもの様にさり気なく現れて、皆さんと共に夜の読書館で本をめくっているかもしれません。)
  
谷根千の書店さんとのコラボも続きます。
どんな本が並ぶのか、コーツトでゆっくりしながら楽しんでくださいね。

 
第2シーズン、開館時間は変わらず19:00〜23:00です。
館長不在の日はカフェスタッフが判子を捺します。

logotype_all04

「 夜の読書館 / The Night Library 」

当館は、声のない場所です。
スマートフォンの電源を落とし、心静かに本の世界に潜り込むひととき。
ソファに深く腰掛けて、かすかに聞こえるのはアナログレコードの調べと、ページをめくる音だけ。
この日はCafeスタッフも声を失くしていますので、目配せにてオーダー(キャッシュオン)をお願いします。
珈琲やお酒と共に、声なき読書の時間を、どうぞお楽しみください。

『夜の読書館』館長 菅原敏

 

【 夜の読書館、7つの覚え書き 】

1)当館では、ひととき声が失われます(私語はお控えください)。
2)当館ではスマホに奪われていた魂が身体に戻ります(携帯はOFFに)。
3)お気に入りの本を一冊お持ち下さい(電子書籍は没収となります)。
4)開館時間内のお好きな時間に来て、お好きな時間にお帰りください。
5)仕事のこと、家庭のこと、恋人のことも(ひととき)忘れましょう。
6)読書に疲れたら、目を閉じてレコードの調べに耳を澄ましましょう。
7)読書カードにスタッフが印を捺します。たまると特典があるかもしれません。

logotype_all

『夜の読書館』2ndシーズン @COUZT CAFE
開館日: 毎月第4木曜
次回の開館日:2019年1月24日(木)、2月28日(木)、3月28日(木)………
※2018年の12月27日は年末のためお休みいたします。
開館時間:19:00〜23:00

会場:COUZT CAFE
館長:菅原敏(詩人)
【夜の読書館、楽しみ方】http://www.couzt.com/archives/5825
【夜の読書館 1st シーズン @COUZT】http://www.couzt.com/archives/5275

※こだわりの珈琲やお茶などの豊富なドリンク、お食事もいくつかご用意いたします
※カウンターにて、キャッシュオンでオーダーください
※カフェの定休日を利用して開館いたします
※館内での私語はお控えください
※お席に限りがございます(全21席)
※開館時間内の出入りは自由です

【Facebook】https://www.facebook.com/thenightlibrary
【Twitter】https://twitter.com/dokushokan

1
sugawara
菅原敏(すがわらびん)
http://sugawarabin.com/
詩人。
アメリカの出版社PRE/POSTより詩集『裸でベランダ/ウサギと女たち』で逆輸入デビュー。
新聞や雑誌への寄稿・執筆のかたわら、スターバックスやビームスなど異業種とのコラボレーション、ラジオやテレビでの朗読、デパートの館内放送ジャックなど、幅広く詩を表現。
Superflyへの作詞提供、メディアプロジェクト『詩人天気予報』、美術館でのインスタレーションなど、アートや音楽との接点も多い。
雑誌『BRUTUS』で連載中の「詩人と暮らし」ほか、WEBメディアでも連載多数。

パームリーディングくろさわじゅんこ

S__40910869
コーツトカフェの定休日の一日を、パームリーダー・くろさわじゅんこさんの鑑定会の開催に提供することになりました。
初回は4月20日(木)12時から20時まで
初回、ご好評いただきありがとうございました!

< 今後の開催スケジュール >
2017年
・4月20日(木)12〜20時
・7月6日(木)12〜20時
・10月5日(木)12〜20時

2018年
・1月11日(木)12〜20時
・4月5日(木)12〜20時

・8月2日(木)12〜20時
・10月4日(木)12〜20時

2019年
・1月17日(木)12〜20時
・4月4日(木)12〜20時
・7月4日(木)12〜20時
・10月3日(木)12〜20時
※だいたい、3ヶ月おきの第1木曜(定休日)を予定しています。

 

——————————

パームリーディングは、端的に言うと手相鑑定ですが、じゅんこさんの独特なところが、完全な独学であること。
手のひらを見ることが日常的だったじゅんこさんは、いつしか手のひらに刻まれたしわから、その人の人生の道しるべを読み取ることができるようになったそう。
それはすごいことなのに、ご自身が「誰にでもできる」と思っていた、というのだから驚きです。
自然に開拓し、培ってきた技術。そこに私は惹かれました。

じゅんこさんは鑑定中、まるで宝の地図を読み解いているような、楽しげな表情で手のひらを見てくれます。
私自身も、一年前にじゅんこさんの鑑定を受けて、人生の航路を大きく舵を切ったばかり。
私の宝探しの冒険はこれから!

 

みなさんも、手のひらの地図を、じゅんこさんに読んでみてもらいませんか?

*鑑定会のご予約は下記メールアドレスから↓
palmtrees9610@gmail.com(くろさわじゅんこ)
⑴お名前、⑵ご希望の時間、⑶30分鑑定or60分鑑定をご記入ください。

*現在空いている時間の確認や価格については、下記じゅんこさんのブログURLから「コーツトカフェ鑑定会」のページをごらんください。↓
https://ameblo.jp/palmtree9610/

 

また、コーツト店頭には、じゅんこさんのパームリーディングが特集された小冊子『uresica』を数量限定で置いています。じゅんこさんの名刺代わり。無料ですので、ぜひお手に取ってみてください。(なくなり次第、配布終了です)

written by udagawa.

couzt_170318_0124

ショップ&WS「旅とお茶*夜の茶話会*」


コーツト初企画&好評のうちに終了した、2日間だけのカキ氷屋「夏のなごりのカキ氷」でコラボした”旅とお茶”の大澤さん。
彼女が再びコーツトに現れ、茶葉の販売とプチワークショップを開催してくれます!

キッテ通りでは「茶ヌーボー(11/10〜19)」も開催されている時期。
それに合わせて、コーツトでは”旅とお茶”さんが選ぶ国産紅茶の有機茶葉も販売いたします。
「今までお茶にあまり触れたこともない方でも、同じ茶葉からこんなにも違う風味のものが出来るんだ。という体験もしてもらいたくて。」と、大澤さんからのメッセージも。

———————–
店内でご提供 & 販売中の茶葉
———————–
*紅茶、烏龍茶では珍しい国産茶葉
*緑茶は九州の名産である「釜炒り緑茶
(本州では蒸し製の緑茶)
*茶器などを普段使用しない人はティーバッグを、
茶器を使用する方にはリーフタイプをご用意しています。
*3種飲み比べセットをご購入の方には「お茶が美味しくなる話」のミニ冊子付!

『 和紅茶(みなみさやか) 』
「みなみさやか」という品種の香りは甘く華や果実にたとえられます。
透明感のある橙色の水色。
旬のリンゴのような芳醇な香りと自然な甘み。
和菓子・洋菓子ともに相性が良く、お食事と一緒にも飲める紅茶。

『 烏龍茶(みなみさやか) 』
>>>みなみさやか
お茶の葉をしおれ(酸化発酵)させて独特の香気を出させ、その工程を途中で止めると烏龍茶になります。
明るい青色の水色、洋ナシなどのフレッシュな果実のような香り。
ナッツやドライフルーツとも相性◎

『 かまいり緑茶(やぶきた) 』
日本全国で栽培されるうちの9割を占める品種「やぶきた」は適度な渋みがあり緑茶向きの品種です。
九州地方では古くから大陸より伝わってきた中国緑茶の製法の影響で、釜炒り茶と呼ばれる、茶葉を釜で炒って作る緑茶が多く生産されています。
淡い黄緑でほんのり香ばしい豆のような香りと優しい渋みで豆菓子や果物のお菓子屋お食事のお茶にもさっぱりしてオススメ。

 

 

この機会に、何気なく飲んでいたお茶の世界へ踏み込んでみてはいかがでしょう。
ワークショップは少人数制ですので、お早めのご予約をオススメしています。

———————–
ワークショップ「旅とお茶*夜の茶話会*」
2017/11/12(日)
19:00〜20:00

終了いたしました
会費2,500円
定員有・COUZT CAFE通常営業ないワンスペースにて
—————

日に日に夜が長くなっていく秋から冬にかけては、温かい紅茶が美味しくなる季節。
今回はそんな秋の夜長、ホッとひと息つきたい時に美味しい紅茶を淹れるコツや、
一杯が美味しくなるお茶の知識や雑学、
そして後半は紅茶の歴史19世紀のヴィクトリア期の女子達の間で流行したと言われる「tea leaves reading(紅茶占い)」をみんなで楽しみながら、
紅茶の世界を楽しむ時間にしたいと思います。
< 内容 >
1)紅茶が美味しくなるお話
紅茶の歴史や世界の紅茶の種類などティータイムが楽しくなる雑学
2)”紅茶占い”体験
3)プチティータイム(紅茶とお菓子)

< 予約方法 >
COUZT CAFEにて受け付けております。
電話(03-5815-4660)
または、メール(info@couzt.com)
または、店舗のスタッフへ直接お声がけください。

マルシェに出店「Marchè de Noel」


ピリッとガーリーな15秒をお届けするショートムービーチーム”PECAN SOX”
普段お世話になっている、谷中の素敵なお店”the ETHNORTH GALLERY“のスタッフ34423ふみちゃんからお誘いいただきました。
彼女たちが主催のクリスマスマルシェへ、コーツトも出店します!

=====================

presented by PECAN SOX!!

カフェと
本と
雑貨と
お菓子と
音楽の
♪ クリスマスマルシェ ♪

2017…12/9(sat)14:00〜21:00
LIVE 15:00〜 & 19:00〜
入場無料!

=======

pecansox って? >
アニメーション:田中佑佳(http://yuka-tanaka.com)、
ボーカル:大比良瑞希(http://ohiramizuki.com/index.html/)、
音楽:34423(http://www.34423.jp

2017年2月に結成した3人のチーム
普段、彼女たちは個々でアーティストとして活動している

“可愛いモノを届けたい”
“日常のドキドキやワクワクの瞬間を形にしたい(詰め込みたい)”
この2つをテーマに、CM的ショートムービーを不定期に、そして気ままにインスタグラムで公開する
「この企画を通して一緒にお仕事できる方々も探しています。是非チェックを!」
*pecansoxのインスタグラム(https://www.instagram.com/pecan_sox/

 

Marchè de Noel とは? >
クリスマスを一緒に過ごす人たちのために、素敵なプレゼントが見つかりますように。。。
peacansoxのコンセプトをギュギュッと詰めたクリスマスマルシェ!
peacansoxの一夜限りのLIVEパフォーマンスも開催。
*Marchè de NoelのFacebookページ(https://www.facebook.com/events/1971407639749538

 

< 参加クリエイター & お店 >
KEORA KEORA
Little Funny Face
May Lilyq
One by Ai Kohno
the ETHNORTH GALLERY
ZERO CAFE AOYAMA
まんまる◯
COUZT CAFE + SHOP
※リンクは全てインスタグラムです

 

< 場所 >
BOOK LAB TOKYO
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新王宗ビル2F
※イベントは、入場無料の一般開放です。BOOK LABさんは通常営業。
※電源、USBコンセント、FREE wi-fi、美味しい珈琲 有

 

普段、谷根千でゆる〜く自然体の私たち。
渋谷でピリッとガーリー!にちょっとドキドキ(私だけかな…)。
クリスマスというと、ついワクワクとしてしまう時期。
お近くにお越しの際は、ぶらりとお立ち寄りください。
可愛いくて美味しいもの、さらにはライブまで!
普段出会えない”可愛い”に、今からとっても楽しみです。

渋谷でお待ちしております!
written by tsubaki.

シンガーソングライター石塚明由子「歌詞をつくるワークショップ 」

「 歌詞をつくるワークショップ 」
2017年春から、奇数月・第2木曜日に定期開催することになりました。

開催予定日:2019年1月10日、3月14日、5月9日、
受付 18:30
start 19:00〜
(終了は22:45〜23:00を予定しています)

参加費:4,000円(1drink込み)
導く人:石塚明由子(シンガーソングライター)

 

【持参していただくもの】
筆記用具(紙はこちらで用意します)
課題曲を聞ける機器(スマートフォンなど)
イヤフォンやヘッドフォン

【お申し込み】
各開催日の1ヶ月前より受付開始(例:5/10分は4/10より)

COUZT CAFE
メール(info@couzt.com)or 電話(03-5815-4660)or 店頭で直接スタッフまでお声がけください。

【歌詞をつくるワークショップとは】
シンガーソングライターの石塚明由子です。
このワークショップは、ことばが音楽になる過程を体験できるワークショップです。 みなさんの心の中に眠っていることばを引き出し、メロディ(旋律)にのせていきます。

コーツトカフェのゆったりとした空間のなかで、1時間、静かにじっくりことばを紡ぎます。いつも考えていること、だれにも話したことがないこと、日常の些細なことなど、テーマは人それぞれです。事前にお送りする課題曲から感じたものに合うモノガタリを作ってみてください。
ゼロから創作することは、自分の心に水をあげるような時間かもしれません。
ご参加をお待ちしています。

【ワークショップの流れ】
1)応募者してくださった方に、当日までに課題曲の音源をお送りします。
曲は私が作ったオリジナルの曲です。(音楽は好みがはっきりわかれるものですが、なるべく参加者のみなさんの好き嫌いのフレームにはまらない曲を用意します。)
当日までに曲を聞き、なんとなく歌詞の世界をイメージしておいていただけると、当日のワークがスムーズに進みます。

2)当日
歌詞を作るちょっとしたテクニックやわずかなルールを最初にお伝えしたあとで、各自歌詞づくりに取り組んでいただきます。(作業中はかなり静かです)
時間内に歌詞を完成。そのあとは、お楽しみの「発表会」の時間です。

 

◎石塚明由子プロフィール
本と器、インドカレーと銭湯が好きなシンガーソングライター。
ジャズ&ブラジル系ポップスユニット「vice versa(ヴァイスヴァーサ)」のボーカルとして13年間活動後、家族の病気や介護をきっかけに自身の音楽をみつめなおし、2013年よりソロ活動をスタート。フォーキーかつスィンギーなサウンドに、心にそっと寄り添うコトバを乗せて独自のソングライティングを展開。
2015年12月、WATER WATER CAMELの須藤ヒサシとともに制作した1st.ソロアルバム「Hello, my sister」をリリース。
日々の美しい情景や身近な人とのさよならを描いた陰影のある楽曲を収録。
http://ayukoishizuka.com/

======================
2016年LIVE@COUZT
Hello, my sister – Folk song & Swing music – 石塚明由子

2017年「歌詞をつくるワークショップ」はじめてコーツトで開催
11月30日(木)open 18:30 / work start 19:00〜

SHANTI RIOT jewellery Exhibition

古から、あなたに出会うことを夢見る地中の宝物
そんな石たちを、ひとつひとつ丁寧にジュエリーにしました
小さな石の中の大きな宇宙には遊び心がたっぷり
大地の魔法を覗きにきてください
「 SHANTI RIOT Jewellery Exhibition 」
2017.10.6 (fri) 〜 10.24(tue)
*カフェ通常営業のうち11:30〜20:00を中心に開催いたします
==================================================
SHANTI RIOT
Shanti:シャンティ=サンスクリット語で、大いなる平安平和・寂静・穏やかで平和なこころの状態
Riot:ライオット=暴動・騒動・反乱

========

RIO:SHANTI RIOT デザイナー
shantiriot.exblog.jp
東京都出身
2003年より彫金を始める
2006年インド北部ジャイプールの Gem Testing Laboratoryにて宝石鑑別のディプロマ修得
日本市場では珍しい原石(研磨する前の天然石)を多用し、インドとネパールで制作を行っている


谷根千で愛されたカフェ・喫茶”谷中ボッサ”さんで毎年展示をしていたRIOさん。
現在は松本に移店、ということで、今年の谷根千の部はコーツトで展示販売をしていただけることになりました。

1年の半年はインド・ネパールに住み制作活動を、
春〜秋にかけて日本へ戻り、
転々と縁あるところで販売している人気ジュエリー作家さんです。
研磨される前の原石のワイルドさは、ただ綺麗なだけじゃない、不思議な魅力に地を感じます。
一体、コーツトでどんな展示になるか、10月がとっても楽しみです。

全て1点もの。
「出会ってしまった!」と思えるような、ピンと気に入る小さな宇宙が見つかるかもしれません。
どうぞよろしくお願いいたします。

written by tsubaki.