合同研究会開催

第5回合同研究会 「江戸の寺町を歩く ~谷中町歩き~」

7月13日(日)、NPO法人 日本再生プログラム推進フォーラムと合同研究会を開催します。
はたい歴は協力という立場ですが、たい歴会員、住民の方の参加も募集しています。
詳しくは以下のURLをご参照ください。

NPO法人 日本再生プログラム推進フォーラム
https://nipponsaisei.jp/events/174

お申し込みも上記URMまで。
よろしくお願い致します。

たい歴主催・7月の催し

■■フルート&ギター×市田邸■■

「夏の市田邸で、涼風を運ぶフルート&ギター・デュオのライブを愉しむ!」

百年以上の時を重ね歴史を刻む「上野桜木・市田邸」にて、東京藝術大学大学院在学中の新進気鋭のフルート&ギター・デュオ、袴田智子(flute)& 志野文音(guitar)が、アストル・ピアソラ作曲の「タンゴの歴史」(組曲)やアントニオ・カルロス・ジョビン作曲の「イパネマの娘」などの名曲をはじめとする南米音楽を中心に、夏の午後のひとときに、涼風を運んで来るような透明感にあふれた演奏をお届けいたします。

◆日 時:平成26年7月12日(土)開場13:30 開演14:00(16:00終演予定)
◆会 場:上野桜木・市田邸 東京都台東区上野桜木1-6-2 (JR上野駅公園口から徒歩約10分)
◆出 演:
・袴田智子(はかまた さとこ)フルート
 静岡県浜松市出身。東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、現在東京藝術大学大学院修士課程に在学中。第29回静岡県学生音楽コンクール管楽器部門第1位。第9回静岡県フルートコンクール第1位。第59回、第60回、第61回全日本学生音楽コンクール東京大会高等学校の部入選。第8回日本ジュニア管打楽器コンクール第2位。2008年、静岡交響楽団と共演。フルートを、藤田千晴、杉山守、金昌国、小池郁江、高木綾子、神田寛明、萩原貴子の各氏に師事。クラシック音楽だけではなく、最近では、ジャズやボサノバなどのジャンルにも精力的に取り組んでいる。

・志野文音(しの あやね)ギター
 兵庫県出身。東京藝術大学大学院在学中。第30回日本ジュニアギターコンクールにてグランプリ受賞。ポーランド国立クラクフ管弦楽団とピアノソリストとして共演。指揮者曽我大介氏のもと、鹿児島交響楽団とギターソリストとして共演。ブラジルにてロンドリーナ音楽祭に参加し、ソロリサイタルを行う。近年の活動としては、2013年、東京藝術大学学内成績優秀者に贈られる安宅賞等を受賞。ユニット「Siesta」で全国ツアーを行う(「2013 Siesta Live Tour~ジャンルを超えた融合”CROSS OVER”~」)。2014年、第4回日本バッハピアノコンクール大学・大学院の部第4位。また、東京藝術大学音楽学部卒業時にアカンサス賞を受賞し、首席で卒業。

◆参加費:一般2000円 たい歴会員・地元住民・学生(院生を含む)割引1800円
☆休憩時間には、お茶(緑茶・紅茶ほか)&コーヒーとお菓子などを、セルフ・サービスにて提供させていただきます。
◆定 員:25名(先着順で受け付け、定員になり次第、締め切らせていただきます)

◆主催:たいとう歴史都市研究会
〈お問い合わせ・お申し込み先〉
NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
FAX:03-5834-8044 E-mail:ichidatei@taireki.com 携帯電話:090-6170-4099
お申し込み方法:お名前、ご住所、電話番号、参加人数などをご記入の上、FAXもしくはE-mailにてお申し込みください。

フルート&ギターOL

旧平櫛田中邸 5月、6月の催し

「田中邸を味わう日」
6月22日(日)、次回7月27日(日)
●概 要:
彫刻家、平櫛田中先生の住まわれた大正時代のアトリエと住まいを公開します。
http://okatte.info/denchu/
午前中は、ほうき・はたき・ぞうきんで日本家屋のお掃除タイム。
お昼をみんなでゆっくりいただき、午後は思い思いに過ごします。

田中邸を味わう日20140622

6月の「味わう日」では、音楽演奏のライブ決定!
ピアノ&クラリネットによる三重奏で、クラッシックからPOP’Sまで「その日しか味わえない音楽」にアレンジしてお届けします。

会場の都合上、コンサート参加はご予約が必要です。詳しくは、下記をご覧下さい。

もうそろそろアジサイも咲く頃、6月の「味わい」に乞うご期待下さい。

【田中邸を味わう日】旧平櫛田中邸公開日
●日 時:6月22日(日)、次回7月27日(日) 
     原則第4日曜日:11:00~15:00
●会 場:旧平櫛田中邸(台東区上野桜木2-20-3)
●内 容:午前中お掃除タイム、午後自由見学
●参加費:300円(保全活用協力金)

【ピアノ&クラリネット三重奏 The 4th Music Live in 旧平櫛田中邸
●日 時:6月22日(日)14:00~15:30
●会 場:旧平櫛田中邸 アトリエ
●出 演:島田幸輝(clarinet)、塚本啓理(clarinet)、酒井麻由佳

(Piano&Arr.)
●参加費: 2000円 +保全活用協力金300円
●要予約:予約先E-mail:  mmmmmayukasakai@gmail.com(酒井)


●共 催:でんちゅうず/NPOたいとう歴史都市研究会・一般社団法人谷中のおかって
◆田中邸を味わう日のお問合せ:dencyu@taireki.com
◆当日問合せ先:090-6170-4099

 

「でんちゅうLive Arts &Archives」

★2014年の田中邸の活用は「でんちゅうLive Arts &Archives」として、AAF2014の企画に採択されました!内容は下記をご覧ください。

http://www.asahi-artfes.net/program/2014/days-.html

田中邸では、企画運営、建物保全メンバーも募集中です。
田中先生の意思を継いで、田中邸を近代美術文化の顕彰と新たな創造・交流の場に育てていきます。関心ある方はどうぞご参加下さい。

田中邸チラシ_AAF

「谷中・上野のお山探訪」講座 6月の催し

【「谷中・上野のお山探訪」講座 6月の催し】

普段歩いていてもなかなか気がつかない、上野のお山の先史から近世、現代に至る自然と歴史、文化の骨格を学んで行きます。今回は上野のお山の反対側、向ヶ岡を巡りながら忍ヶ岡、不忍池との関係を学びます。

『向ヶ岡探訪』

2014-05-27 10.36.28

●日  程:6月14日(土)10:00~12:00
●集合場所:東京大学赤門前
●講  師:原 祐一氏(東京大学埋蔵文化財調査室)
●主  催:NPO法人たいとう歴史都市研究会
●プログラム
 今回の探訪会は加賀藩の赤門を出発、三四郎池、大聖寺藩・富山藩・水戸藩駒込邸庭園跡、不忍池を巡ります。
 不忍池の東側の台地は忍ヶ岡と呼ばれ、不忍池を挟んで対峙する西側の台地は、向ヶ岡と呼ばれました。池の西側、向ヶ岡には大名屋敷が配置され、それぞれの藩邸で不忍池を借景した庭園が造成されました。庭園の造成方法は各藩で異なり、立地条件を克服し不忍池を借景するための設計が行われています。江戸幕府は風水の考え方から江戸の鬼門にあたる忍ヶ岡の寛永寺を比叡山延暦寺、不忍池を琵琶湖に見立てたことは広く知られていますが、不忍池は中国の西湖に見立てられ、江戸時代から明治時代にかけて不忍池の周りに画題、題材を求めた文人墨客が集まったことはあまり知られていません。水戸藩駒込邸の庭園は西湖に見立てた不忍池を借景した事が明らかになっています。向ヶ岡に配置された大名庭園の造成、江戸時代の景観がどのようだったかを現地で確認しながら巡りたいと考えています。

●参  加  費: 一般1,500円、会員・地域住民※1,000円、学生500円、高校生以下無料
 ※地域住民:台東区民、根津・千駄木・日暮里、弥生町住民

●コ  ー  ス:東京大学 赤門-三四郎池-東大病院-東京大学浅野地区-不忍池-不忍池 野外ステージ-清水観音堂-五条天神社
●所要時間:120分
●歩行距離:約6キロ

P4040092

■問い合わせ申込先:特定非営利活動法人たいとう歴史都市研究会(担当:椎原・嶋根)
E-mail:info@taireki.com  FAX:03-5834-8044 携帯電話(当日):090-6170-4099

●スタッフ:同時募集中!

E-mailまたはFAXにて、お申し込みください。

旧平櫛田中邸 4月の催し

「田中邸を味わう日」

今月の「田中邸を味わう日」は4月27日に開催です。次回は5月25日です。彫刻家のアトリエ・住まいをお掃除して、ゆっくり過ごします。
 
●概 要:
彫刻家、平櫛田中先生の住まわれた大正時代のアトリエと住まいを公開します。
http://okatte.info/denchu/
午前中は、ほうき・はたき・ぞうきんで日本家屋のお掃除タイム。
お昼をみんなでゆっくりいただき、午後は思い思いに過ごします。

谷中、台東区界隈のアート活動、建物活用など、様々な活動のご紹介、ご相談もしています。どうぞお気軽にお寄りください。

●日 時:4月27日(日)、次回5月25日(日) 原則第4日曜日:11:00~15:00
●会 場:旧平櫛田中邸(台東区上野桜木2-20-3)
●内 容:午前中お掃除タイム、午後自由見学
●参加費:300円(保全活用協力金)
●共 催:でんちゅうず/NPOたいとう歴史都市研究会・一般社団法人谷中のおかって
◆問合せ:dencyu@taireki.com
◆当日問合せ先:090-6170-4099

★2014年の田中邸の活用は「でんちゅうLive Arts &Archives」として、AAF2014の企画に採択されました!

田中邸を味わう日平成26年4月

たい歴主催・小学生向けイベント寺子屋プロジェクトのスタッフ募集

【たい歴主催・小学生向けイベント寺子屋プロジェクトのスタッフ募集】
毎年8月に行われる、小学生向け体験学習教室・寺子屋プロジェクト。
地域の子どもたちに木の住まいのよさを感じてもらい、古い建物の残る上野桜木・谷中のまちについて理解を深めます。
地図の勉強や落語会、流しそうめんなど子どもたちの夏休みの思い出を一緒に作り上げます。

★第一回スタッフミーティング★
●日 時:4月27日(日) 15:00~
●場 所:旧平櫛田中邸(台東区上野桜木2-20-3)

◆スタッフを希望される方は
terakoya@taireki.com
寺子屋担当喜多、勝山までご連絡の上、ミーティングにご参加ください。

たいとう歴史都市研究会 主催と貸し出しのコラボ

3月末に、たい歴主催企画のサクソフォーン四重奏団×市田邸と貸し出しの企画 景山正夫写真展「弘前城 悠久の桜」が同時開催されます。

弘前の桜の写真を愛でながら、サックスの音色とイタリアワインに酔いしれるのもまた御一興。

この機会にぜひお運びください。

景山image1

景山正夫写真展

「弘前城 悠久の桜」

昨春、弘前にて開催し好評を博した写真展を
今春は、東京にて開催いたします。

●日 時:平成26年3月28日(金)~4月2日(水)
     12時~18時(最終日は~16時)
●会 場:上野桜木・市田邸 東京都台東区上野桜木1-6-2(JR上野駅公園口から徒歩約10分)
●主 催:景山正夫
●共 催:できることをできるだけプロジェクト
●入場無料

 

■サクソフォーン四重奏団×市田邸

「市田邸で、ワインとともに、サクソフォーンによる往年のイタリア映画音楽を愉しむ!」

下の記事をご確認ください。まだお席に余裕があります。

サクソフォーン四重奏団×市田邸のお知らせ

■サクソフォーン四重奏団×市田邸

「市田邸で、ワインとともに、サクソフォーンによる往年のイタリア映画音楽を愉しむ!」

image1

Kimosabe Quartet(キモサべカルテット)は、東京藝術大学で出逢い、谷中で育てられた、新進気鋭のサクソフォーンカルテットです。昨年7月の市田邸における演奏会『にほんのうた×市田邸』に続き、今回は、写真家・景山正夫氏による桜の写真の数々で彩られた、百年以上の時を重ねてきた市田邸のお座敷で、「ひまわり」や「ニューシネマパラダイス」をはじめ、私たちになじみの深い、往年のイタリア映画音楽の名曲を、イタリアワインとともに、愉しんでいただきます。

●日 時:平成26年3月29日(土)開場13:30 開演14:00(16:00終演予定)
●会 場:上野桜木・市田邸 東京都台東区上野桜木1-6-2(JR上野駅公園口から徒歩約10分)
●出 演:Kemosabe Quartet(キモサべカルテット)
     ・sop.sax 山崎憂佳  東京藝術大学卒業    
     ・alt.sax 中井伶   東京藝術大学卒業  
     ・ten.sax 竹内理恵  東京藝術大学4年在学中  
     ・bar.sax 中島諒   東京藝術大学大学院1年在学中 
●参加費:一般2,500円 たい歴会員・地元住民・学生(院生を含む)割引2,300円
     ☆休憩時間には、ワイン&おつまみまたは抹茶&お菓子のいずれかを、提供させていただきますので、予約時もしくは当日受付時に、お申し出でください。
◆主催:たいとう歴史都市研究会

〈お問い合わせ・お申し込み先〉
NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
FAX:03-5834-8044 E-mail:ichidatei@taireki.com 携帯電話:090-6170-4099
お申し込み方法:お名前、ご住所、電話番号、参加人数などをご記入の上、FAXもしくはE-mailにてお申し込みください。

 

「いわき復興の響き展」のお知らせ

[たい歴・市田邸貸出]

■いわき復興の響き展■

大きく津波の被害を受けた福島県いわき市。
東日本大震災から3回目の春を迎えました。
心をひとつにして、復興へと歩み続けるいわきの3年間をご覧ください。

■日  程
2014年4月19日(土)12:00~17:00 4月20日(日)10:00~16:00

■会  場
1)市田邸(東京都台東区上野桜木1-6-2)
2)下町風俗資料館付設展示場 旧吉田屋酒店(東京都台東区上野桜木2-10-6)
  *旧吉田屋酒店は4/20(日)のみ。
   じゃんがら念仏踊り(12:00~/14:00~)と
   いわき物産市(10:00~16:00)を開催します。
   天候により予定を変更することがあります。

■内  容
写真パネル―豊間・薄磯・沼ノ内の景観と民俗芸能の現在(地元の方が解説をします)
被災した家の材・庭木で作った 観音像  村岡誼(久之浜在住・歯科医)
春を待つ気持ちが咲かせた 染め花 橋本隆子(久之浜在住)
鎮魂のじゃんがら念仏踊り 菅波青年会(4月20日のみ)
いわき物産市

主催:プロジェクト傳
共催:上野桜木町会
後援:日本民俗建築学会災害復興支援委員会
    大國魂神社御神輿保存会豊間海友会
   えびす講奉賛会
        かねまん本舗

 dm_frontdm_back

「日本酒×市田邸」のお知らせ

■日本酒×市田邸

・タイトル「市田邸で安芸の小京都・竹原の銘酒『龍勢』と旬の〈牡蠣〉料理を愉しむ」
・開催日 平成26年2月23日(日)
      〈昼の部〉開場12:00 開宴12:30 終宴15:00(予定)
      〈夜の部〉開場17:00 開宴17:30 終宴20:00(予定)
・会 場 上野桜木・市田邸(明治40年築/国登録有形文化財)
      〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-6-2(JR上野駅から徒歩10分)
・出 演 ・藤井善文/五代目蔵元(藤井酒造株式会社〈竹原市〉 代表取締役)
     ・山田智嗣/利酒師(有限会社前川酒店〈竹原市〉 代表取締役)
     ・森田敏規/料理方(「ときそば」〈港区新橋〉 店主)
     〈ゲスト・トーク〉
     ・古瀬繁範/理事長兼事務局長(NPO法人 地球と未来の環境基金)
     ・木村江美/事務局(同上)
     〈演奏〉
     ・平野将義/尺八奏者(東京藝術大学邦楽科3年在学中)
・内 容 (昼の部&夜の部 共通)
 広島県竹原市より藤井蔵元と山田利酒師を迎え、竹原の銘酒『龍勢』各種に、料理方・森田敏規による旬の<牡蠣>料理をはじめ工夫を凝らした酒肴をマリアージュしながら、お二人から、瀬戸内の風土と酒や食にまつわる様々なお話をうかがいます。途中、〈NPO法人 地球と未来の環境基金>のメンバーによるゲスト・トーク「牡蠣と森/竹原市における森林の再生」や、若手尺八奏者の演奏をはさんで、終宴までゆっくりとお愉しみいただきます。               
・定 員 〈昼の部〉&〈夜の部〉各20名ずつ(入れ替え制)
     先着順で受け付け、定員になり次第、締め切らせていただきます。
※只今、昼の部のほうに、数席の空きがあります。夜の部につきましては、満席につき、キャンセル待ちとなっております。
・参加費 一般7000円 たい歴会員・地元住民割引6700円
・主 催 NPO法人たいとう歴史都市研究会

◆お問い合わせ・お申し込み先◆ 
NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
 FAX:03-5834-8044 E-mail:ichidatei @taireki.com 
 携帯電話:090-6170-4099(当日)
☆お申し込み方法:お名前、ご住所、電話番号、〈昼の部〉と〈夜の部〉のどちらをご希望されるか、参加人数等をご記入の上、FAXもしくはE-mailにてお申し込みください。

「田中邸を味わう日」のお知らせ

【旧平櫛田中邸 2月,3月の催し】
—————————
旧平櫛田中邸「田中邸を味わう日」&滞在制作公開!
彫刻家・平櫛田中先生の旧居・アトリエ公開

●概 要:
彫刻家、平櫛田中先生の住まわれたアトリエと住まいを公開します。
この2月3月は、アトリエを新たな創作・発信の場とする実験として、アート作品の滞在制作を行っています。
ただいま東京芸大の彫刻、油画、デザイン等の大学院性たちがアトリエや庭で制作中です。
田中先生の暮した家のスピリットを若い作家たちのものづくりを通して、一緒に味わってください。

お座敷では、谷中の歴史的建物の調査報告とまち団体の活動紹介パネルも再度展示しています。
どうぞあわせてご覧ください。

●日 時:2月23日(日)、3月23日(日) 原則第4日曜日:11:00~15:00
●会 場:旧平櫛田中邸(台東区上野桜木2-20-3)
●内 容:午前中お掃除タイム、午後自由見学
●参加費:300円(保全活用協力金)
●共 催:NPOたいとう歴史都市研究会・一般社団法人谷中のおかって
■問合せ:dencyu@taireki.com
■当日問合せ先:090-6170-4099
田中邸を味わう日平成26年2月

木管五重奏×市田邸のお知らせ

「アンサンブル・パステル ニューイヤーコンサート」

百年以上の時を重ね歴史を刻む「上野桜木・市田邸」で、東京藝術大学在学中のフレッシュな木管五重奏団<アンサンブル・パステル>が、新春を彩る5人の音色が綾なす、パステルカラーな音楽の数々をお贈りします。
  
・出 演  アンサンブル・パステル(木管五重奏団)
・曲 目  ・別宮貞夫:日本組曲
      ・福島弘和:夕焼けについて
      ・フェルスター:木管五重奏曲 他
・会 場  上野桜木・市田邸
       〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-6-2(JR上野駅から徒歩10分)
・開催日  平成26年1月19日(日)
・時 間  開場:13時30分/開演:14時  終了:16時頃予定
      ☆休憩時間には、お茶(緑茶・紅茶など)&コーヒーとお菓子を、セルフ・サービスにて提供させていただきます。
・定 員  30名(先着順で受け付け、定員になり次第、締め切らせていただきます)
・参加費  一般2000円 たい歴会員・地元住民割引1800円 学生(院生含む)1500円
※参加費の一部は、市田邸をはじめ谷中界隈の歴史的建造物の保存活用協力金とさせていただきます。
・主 催  NPO法人たいとう歴史都市研究会

【木管五重奏団<アンサンブル・パステル>・プロフィール】
 東京藝術大学器楽科在籍のメンバーで2010年結成。フルート杉原夏海、オーボエ金光 美重、クラリネット西澤いずみ、ホルン河本美紀、ファゴット高橋美聡の5人からなる木管五重奏団。これまでに学内外で多数の演奏会に出演するほか、2012年4月に初の単独コンサートを行った。2014年1月21日には、古賀政男音楽博物館 けやきホールにて、2回目の演奏会を行う予定。これまでに、寺本義明、日高剛の各氏に師事。

≪お問い合わせ・お申し込み先≫
NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
FAX:03-5834-8044 E-mail:ichidatei@taireki.com 携帯電話:090-6170-4099
お申し込み方法:お名前、ご住所、電話番号、参加人数、日程等をご記入の上、FAXもしくはE-mailにてお申し込みください。

朗読×三味線&尺八×市田邸のお知らせ

「市田邸で坂口安吾の朗読と三味線&尺八を愉しむ」

女優・松浦佐知子が、明治から百年以上の時を積み重ねる上野桜木・市田邸で、女流義太夫・鶴澤津賀寿の華麗な三味線と東京芸大在学中の新鋭奏者・松下尚暉の尺八とコラボレーションして、昭和文学の鬼才・坂口安吾の名作「桜の森の満開の下」を朗読します。

・出 演 松浦佐知子(女優/劇団夢の遊眠社出身)
     鶴澤津賀寿(三味線)
     松下尚暉 (尺八)

・会 場 上野桜木・市田邸
      〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-6-2(JR上野駅から徒歩10分)

・開催日 平成26年1月13日(月曜・祝日)

・時 間 開場:14時30分
     開演:15時~(途中休憩あり)
     終了:16時30分頃予定
・定 員  30名(先着順で受け付け、定員になり次第、締め切らせていただきます)

・参加費  一般 3,000円 たい歴会員・地元住民割引 2,800円

☆休憩時間に、〈日本酒&おつまみ〉または〈抹茶&お菓子〉をご提供いたしますので、お申し込み時にご希望をお聞かせください。
◇参加費の一部を、市田邸はじめ谷中界隈の歴史的建造物の保存活用協力金とさせていただきます。
・主 催  NPO法人たいとう歴史都市研究会

■お問い合わせ・お申し込み先■
NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
 FAX:04-5834-8044
 E-mail:ichidatei@taireki.com
 携帯電話:090-6170-4099(当日)
お申し込み方法:名前、住所、電話番号、参加人数、日程をご記入の上、FAXもしくはE-mailでお申し込みください。

松浦佐知子さん

松浦佐知子さん

鶴澤津賀寿さん(三味線)

鶴澤津賀寿さん(三味線)

〈出演者プロフィール〉
◆松浦佐知子(まつうら さちこ)
 福岡県生まれ。劇団夢の遊眠社出身。特技:日本舞踊(藤間流)、長唄、三味線。
 ≪主な芸歴≫
〈映画〉・「キミとボク」監督:窪田崇・「ランウェイ☆ビート」監督:大谷健太郎・「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」監督:豊島圭介・「手紙」監督:生野慈郎・「オトシモノ」監督:古澤健・「インプリント~ぼっけえ、きょうてぇ」監督:三池崇
〈TV〉・フジテレビ「フリーター、家を買う。」「リッチマン・プアーウーマン」「世にも奇妙な物語」「離婚弁護士」・TBS「リアル・クローズ」「涙そうそう」「ラブの贈り物」「ラブの贈り物2」「笑顔の法則」「番茶も出花」「カミさんの悪口2」「パパ・サバイバル」・テレビ朝日「相棒」
〈舞台〉・二兎社公演35「かたりの椅子」作・演出:永井愛・「1945」演出:ロバート・アラン・アッカ―マン・「座頭市」演出:三池崇・「哀しい予感」演出:塚本晋也・夢の遊眠社公演「走れメロス」「野獣降臨」「半神」「ゼンダ城の虜」他多数・「エンジェルス イン アメリカ」演出:ロバート・アラン・アッカ―マン・「葵上」「マクベス」演出:デヴィッド・ルヴォ―・「楽屋」演出:鈴木裕美
〈ラジオ〉・NHK FM シアター「鈴のない猫」「野原の小道」

◆鶴澤津賀寿(つるざわ つがじゅ)
 東京都出身。昭和59年竹本駒之助に入門、三味線を四代目野澤錦糸に師事。昭和61年駒之助の義母三生の幼名を継ぎ、本牧亭にて初舞台。鶴澤重輝の預かり弟子となる。平成8年度第47回芸術選奨文部大臣賞新人賞(古典芸術部門)、平成9年度第11回清栄会奨励賞、平成11年度第4回ビクター財団賞「奨励賞」(現・日本伝統文化振興財団賞)等。平成21年重要無形文化財「義太夫節」総合指定保持者認定。

◆松下尚暉(まつした なおき)
 平成4年生まれ。福島県出身。東京藝術大学邦楽科尺八専攻3年。幼少の頃、たまたま聞いた尺八の音に魅了され、地元のおじさんに貰った楽器をオモチャに独学で習得。人間の生命の証「息」を使い、自らの存在意識・魂の奮い立つ音楽を追い求める。

 

切り絵図で巡る「谷中七福神めぐり」のお知らせ

上野のお山探訪シリーズ
切り絵図で巡る「谷中七福神めぐり」

東京で一番古い七福神。お正月の空気の中、江戸切り絵図を片手に田端~谷中~不忍池まで巡ります。江戸の行楽を追体験してみませんか?

日  時:平成26年1月5日(日)9:30~12:30 
集合場所:JR田端駅北口改札前広場
主  催:NPOたいとう歴史都市研究会
解  説:嶋根隆一氏(伝世舎)

「谷中七福神めぐり」コース
東覚寺(福禄寿)→青雲寺(恵比寿)→修性院(布袋尊)→長安寺(寿老人)→天王寺(毘沙門天)→護国院(大黒天)→不忍池弁天堂(弁財天)解散

当日は寒さが予想されますので、暖かい服装でお越し下さい。

参加費:会員1,000円、一般1,500円、学生500円、中学生以下無料。
申し込み:下記メールにてお申し込み下さい。
     当日参加可。集合場所にお集まり下さい。
■問合せ:info@taireki.com
■当日問合せ先:090-6170-4099
 022

上野のお山探訪のご紹介


 昔から「上野のお山」として人々に親しまれてきた上野公園は、元は寛永寺の広大な境内で、今は美術館、博物館、動物園、不忍池など、自然と文化に恵まれた憩いの場となっています。
 その上野公園の誕生秘話、江戸期の寛永寺の姿、太古からの自然など、さまざまな視点から「上野のお山」を再発見します。
 今まで「上野公園 近代建築散歩」「寛永寺護国院の建築と岡田信一郎」「岡倉天心と東京美術学校、日本美術院の展開」「寛永寺と徳川将軍/将軍の霊廟と葵の間見学」「忍ヶ丘の埋蔵文化財」「根岸文学散歩」など、様々なテーマで講演会を開いてきました。
 今後更なる充実のために、皆様からテーマを募集中です。
 「こんなことを知りたい」と言うものがありましたら、ぜひご提案ください。