「petit main」サイト〈1月のおすすめ絵本〉更新されました。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

子ども服ブランド petit main での絵本紹介、1月分が更新されました。

11717544-A013-466F-9C59-88A5EE43A18C.jpg

今月は
『だるまさんと』(ブロンズ新社)
『ぽっぽこうくう』(佼成出版社)
『よあけ』(福音館書店)
の3点です。

よろしければご覧ください。

http://petitmain.jp/diaries/1%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e7%b5%b5%e6%9c%ac

『トラネコボンボンの365日 猫と世界どうぶつ記』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

中西 なちお 著
『トラネコボンボンの365日 猫と世界どうぶつ記』
(誠文堂新光社)


トラネコボンボンの365日 猫と世界どうぶつ記 猫が出合った動物たち [ 中西 なちお ]

セイウチ、ツキノワグマ、レッサーパンダ。
ムササビ、ウォンバット、ザトウクジラ。

陸や海、空。
遠い国の、サバンナやジャングル。
ごく身近な、野生。
既に絶滅してしまった、あるいもうすぐ会えなくなる。

そんな、世界中の様々な動物たちと猫が出合ったら。

ここに登場する動物のうち、私たちはどれだけを知っているだろうか。

日々を楽しむ暦であり、生態を載せた動物図鑑であり、そしてまた、1年間の愉快な冒険記でもある。

ページをめくる度、世界が広がる。
読まない理由が見つからない。

新春、タナカホンヤ2020始まりました。

あけましておめでとうございます〜

お正月をのんびり過ごして、いま想うこと。
何かが起こっても、お店を続けられていることに感謝しています。
本年もそうありたいです。

ところで、タナカホンヤの隣が今月から貸し物件になります。
大家さんはタナカホンヤと同じです。
まだ準備中なのですが、興味あれば教えてください。
軽飲食などのカフェ店舗ができたら理想的、とぼく個人は思います。

今月のサンドイッチ小屋さんの出店は、
1月25日(土)です。
みなさん、お楽しみに。

お知らせです。
6日、7日、14日、15日、20日、21日、22日、27日、28日、29日はお休みです。
よろしくお願い致します。 
image

『75億人のひみつをさがせ!』(岩崎書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

クリスティン・ローシフト 著、枇谷玲子 訳
『75億人のひみつをさがせ!』(岩崎書店)


75億人のひみつをさがせ! [ クリスティン・ローシフト ]

5人家族が寛ぐ。
11人のサッカーチーム。
60人が参加する結婚式。
400人のデモ。
1,000人が彗星を見上げている。

そして、同じ地球に暮らす75億人。


どんな場所でも、どんな状況にあっても、一人一人に物語があり、そこに生きている。

もっともらしい理由があったって、奪われていい命なんて無い。
どの人生も誰かにとっては愛おしく大切で、代わりのいない存在なのだから。

悲しみは悲しみを呼び寄せ、憎しみは憎しみを生む。
たった一人分で完結することなんてない。

だから75億の人々は、それぞれに関わり合って、支え合って生きていかねばならないのだ。

探し絵を楽しみながら多様性を考える、ノルウェー発の絵本。



http://hiruneko.thebase.in/items/25661331

さすらい姉妹・吉例寄せ場巡演、大団円!

IMG_4093.jpeg本年度は芝居の出来の評判も良かったのか、いつもより多くて多彩な観客衆の見守るなか、上野公園で千秋楽を打ちあげました。最終日特別ゲストとして流山児祥、赫十牙をむかえ無事大団円。春の野戰攻城へと向かいます。初日大晦日の新宿の強烈な寒波と風に何人もの役者が体調を崩しました。世界でもっとも過酷な上演環境だったと自負しています。しかし困難を乗り越え、病気発熱者を出しながらもフォローしあって最後まで走り切ることができました。次は新宿、桜舞う花園神社でお会いしましょう!


水族館劇場からメールでのニュース配信も行なっております。
メールの配信を希望される方は、以下のフォームからご登録ください。
https://forms.gle/JXcKSL5zso7uxTf37

2020あけましておめでとうございます

2020年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。いろいろなことを前向きに変化させていきたいと思っています。一日何か少しでも進んでいければと・・・。さしあたってこのブログをパソコンからではなく、タブレットから更新できるようにしたいと思ってやっていますが、そのためすでに3日になりました。写真はあつこさんが描いてくれた今年の絵ですが、アップするにあたり、サイズを小さくする方法がわかりません。とりあえず、5日まで12時から17時半まで。6日月曜日休みです。

 

 

さすらい姉妹、大喝采で発進!

いつまで寄せ場が寄せ場らしさを保てるのか?毎年さまざまなノイズが混じりあうなか、今年度(2019 ~2020)の越冬闘争も幕を開けた。さすらい姉妹も元気で情宣。満員の山谷センター辻で大熱演!その後の新宿はさすらい姉妹始まって以来と思われる厳しい寒さのなか、わずかな人数であったが、なんとかダブルヘッダーをやり遂げた。

年明けて横浜寿町。地元からは施設で正月を過ごすひとが多いと懸念の声もあがったが、小林直樹、楠瀬咲琴の前歌もあり、いつも以上の大盛況!千代次とのW主演、居原田遥の応援には遠く西表から身内が駆けつけた。さらに寿町には石巻からのファンにくわえて香港からも観客が。今日からの公演のはずみになった。

本日は夜7時より渋谷美竹公園、明日は13時より上野公園。特別ゲストも登場、フィナーレをかざる。

IMG_0004.jpeg

2020営業のお知らせ

★1月の営業について (20/1/1更新)

休業日

〈年始は1/3(金)まで休業、1/4(土)から通常営業〉

・火曜、第2水曜(1/8)定休


営業時間変更

・1/12(日)11:00〜17:00の営業
・1/13(月祝)11:00〜19:00の営業


〒110-0001
東京都台東区谷中2-1-14-101
070-3107-6169



年末年始の営業について

お知らせが遅くなり申し訳ございません。
HAGISO年末年始の営業についてお知らせいたします。

12月31日・・・・OPEN 8:00 – 10:30 / 12:00 – 17:00
※年越し特別営業がございます 22:30 – 25:00

1月1日・・・・OPEN 8:00 – 10:30 / 12:00 – 17:00

1月2日以降は通常営業となります。

年末年始も休まず営業いたします。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

さぁ開幕だ!海のチンボーラ〜寄せ場へ漂着!

165.jpeg 12月13日に新大久保EARTHDOMでおこなわれた「海を越える蝶」はみたび変成し「海のチンボーラ〜 三日月篇」となっていよいよ本日、山谷センター前辻にて開幕。ふたたび新しい役者もくわわり、毛利嘉孝演出のもと、はげしく変貌した舞台をお見せします。
山谷の後、さすらい姉妹は新宿中央公園へと向かいます。
全国の熱血少年少女、水族館劇場ファンのみなさま。今年は近年でもまれにみる完成度と噂でもちきりの舞台をお見逃しなく!行政が窓口をふさぎ、野宿者たちを見殺しにしてきた現場に足をはこび、正真正銘の肉体労働者がつくった舞台を凝視めよ!

12/31 18:00 山谷センター前辻 / 21:30 新宿中央公園
1/1 16:00 横浜寿町生活館
1/2 19:00 渋谷美竹公園
1/3 13:00 上野公園科学博物館前
詳細はこちら。
また、寄せ場にカメラを向けることは厳禁です。ご配慮ください。

水族館劇場からメールでのニュース配信も行なっております。
メールの配信を希望される方は、以下のフォームからご登録ください。
https://forms.gle/JXcKSL5zso7uxTf37

ギャラリー猫町/ひるねこBOOKS 共同企画「ヒルネコマチ4人展」

谷中キッテ通りのお仲間である「ギャラリー猫町」さんと、
初めての共同企画を実施します。

81221778_3093654073996106_5015602287884632064_n.jpg

80376770_590124581560654_2695334210100527104_n.jpg


当店が推薦する4名の作家さんたちによるグループ展です。

個性豊かな猫を描く、実力派のイラストレーターさんばかり。

ひるねこBOOKSから遊びに出かけた猫たちに、キッテ通りを散歩しながら会いに行ってくださいね。



●会期:2020年2月20日(木)〜3月1日(日)11時〜18時

*2/24〜26休廊
*最終日17時終了


●会場:ギャラリー猫町 2階
    http://gallery.necomachi.com/


●出展作家:

・西藤燦
https://sunnyside-gallery.tumblr.com/

・坂口友佳子
https://pike0e0y0.wixsite.com/yukako-sakaguchi

・戸屋ちかこ
https://www.chi-ca-co.com/

・山口真理子
https://marikoyamaguchiil0.wixsite.com/marikoyamaguchi


※作家さんの在廊状況は、SNSでご確認ください

※ギャラリー猫町⇆ひるねこBOOKS 両方に来場された方に、
板東寛司ちびねこめくりカレンダーをプレゼント(数量限定)

※和室ギャラリーにて、風呂猫 Art Books 各種の展示販売も開催

『せかいねこのひ』(新日本出版社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

井上奈奈
『せかいねこのひ』(新日本出版社)


せかいねこのひ [ 井上奈奈 ]

ある朝目覚めたら、誰もが言葉を忘れていた。
口から出てくるのは「ニャー」という鳴き声だけ。
北極の人も、メキシコの人も、フランスの人も。

困った人間たちは、猫をお手本に1日を過ごそうと……。


もし共通語が猫の言葉だったら、世界はもっと自由で、伸びやかで、平和かもしれない。

お腹が空いた時、眠たい時、嬉しい時。
そして誰かとわかり合いたい時。

猫の言葉は、優しく寄り添う。

ここには愛が満ち溢れている。
もうこれ以上、何もいらない。

いつかこんな日が来るだろうか。
でもきっと、私たちはそんな世界を待っている。

だからここから始めよう。
そう。今日は、せかいねこのひ。

http://hiruneko.thebase.in/items/25533787