『ポストコロナ期を生きるきみたちへ』(晶文社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

内田樹 編
『ポストコロナ期を生きるきみたちへ』(晶文社)


ポストコロナ期を生きるきみたちへ (犀の教室) [ 内田樹編 ]

たった一つのウイルスが、これまでの“常識”を大きく変え、その誤りを人間に突きつけた。

「金さえ出せば何でも買える」グローバル資本主義において、時にはマスクさえ買えないこと。
医療や教育などを「商品」として扱ってはならないこと。

現代社会が抱えている根本的な矛盾が、今回のパンデミックによってたまたま露呈しに過ぎない。
私たちの世界はその「外装」を剥ぎ取られ、なんともみすぼらしい社会の骨組みと諸々の欠陥が明らかになった。

私たちは今、この矛盾に満ちた世界をどうするかの分岐点にいる。
まず「こんな社会」を作ってきてしまったこと、変えられなかったことを、若い人たちに謝らなければならない。そして伝えるべきことを伝え、その声に耳を傾け、力を貸さなければならない。

「歴史的転換点」以後を生きる中高生たちに向けて、5つの世代の20名の識者が伝える「生き延びるための知恵」の数々。

「これから」へのメッセージ。

https://hiruneko.thebase.in/items/35982851

-
-
【目次】
まえがき 内田樹

■1 Letters from around 30
ポストコロナにやってくるのは気候危機 斎藤幸平
楽しい生活──僕らのVita Activa 青木真兵
これからの反乱ライフ えらいてんちょう

■2 Letters from over 40
君がノートに書きつけた一編の詩が芸術であること 後藤正文
技術と社会──考えるきっかけとしての新型コロナ危機 白井聡
「タテ、ヨコ、算数」の世界の見方 岩田健太郎
支援の現場から考える、コロナ後の世界 雨宮処凛
「大学の学び」とは何か──「人生すべてがコンテンツ」を越えて 増田聡

■3 Letters from over 50
コロナで明らかになった日本の最も弱い部分──対話・エンパシー・HOME 平田オリザ
コロナ禍と人間──私たちはどう生きるのか 想田和弘
台風とコロナ・パンデミックは同じか? 俞炳匡
図太く、しぶとく、生きてゆけ──誰も正解を知らない問題にどう答えを出すか 山崎雅弘

■4 Letters from over 60
医療が無料であること 三砂ちづる
人生100年時代、ポストコロナはダブルメジャーで 仲野徹
メメント・モリ──思いがけない出会いに開かれているために 中田考
ディレンマの知性 釈徹宗

■5 Letters from over 70
ポストコロナ期における雇用について 内田樹
自分に固有の問題を考えること 池田清彦
コロナと価値のものさし 平川克美
マスクについて 鷲田清一

『金箔のコウモリ』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

エドワード・ゴーリー 著、柴田元幸 訳
『金箔のコウモリ』(河出書房新社)


金箔のコウモリ [ エドワード・ゴーリー ]

没後20年、日本語版刊行20年という節目の2020年に、彼の20作目を。

バレエ好きだったゴーリーが描く、少女モーディーの物語。
その光と闇。

https://hiruneko.thebase.in/items/35982754

「petit main」サイト〈11月のおすすめ絵本〉更新されました。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

子ども服ブランド petit main での絵本紹介、11月分が更新されました。

DD0C7772-9B07-4F25-8CAB-152652ED4CD8.jpg

今月は
『サンドイッチ サンドイッチ』(福音館書店)
『ニットさん』(イースト・プレス)
『わたしの糸』(西村書店)
の3点です。

よろしければご覧ください。

http://petitmain.jp/diaries/11%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e7%b5%b5%e6%9c%ac-2

『花と言葉』(柊有花)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『花と言葉』(柊有花)

B298A087-A63F-4B1C-85C3-13791E6C50A5.jpg

イラストレーター・柊有花さんが多くの対話を重ねる中で生まれた絵と言葉、1冊の小さな本に。

気品に満ち凛とした言葉の連なりは、詩のようであり、日記のようであり、近くにいるあなたや遠くの誰かへ贈る手紙でもある。

鮮やかさと可憐さを持ち合わせた花々で彩られた言の葉は、心の中でさらに色づき、いつの日か実をつけるかもしれない。

IMG_1756.jpg

IMG_1758.jpg

IMG_1757.jpg

思いの種が蒔かれ、芽が出て、まっすぐに伸びてゆく。

この本が世に生まれ出た事を、言祝ぎたい。

☆柊有花さんサイン入り。
https://hiruneko.thebase.in/search?q=%E6%9F%8A%E6%9C%89%E8%8A%B1

特別装幀版『デカメロン2020』(方丈社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

特別装幀版『デカメロン2020』(方丈社)

BB306DC3-0E44-4FF0-8018-1A51ECBACB32.jpg

ヨーロッパで最初に新型コロナウイルスが蔓延したイタリア。
見る見るうちに感染が広まり、その数が増え続ける状況に、世界中が衝撃を受け、
この闘いは決して他人事ではないのだと思い知らされた。

いち早く出された非常事態宣言。
それは多くの犠牲を生んだが、また同時に多くの命を救った。

その間、人々は何を考え、どう生きていたのか。

A9DD374D-38EE-4836-91EA-BCE603913473.JPG

3C9E3C4E-ECFD-4F03-BFDB-5C84A353DB29.JPG

本書は3月10日から4月28日にわたり、イタリア各地の若者24人が書き留めた、
かけがえのない記録だ。

驚きと困惑、戸惑い。今この世界に生きる誰もが初めて経験する、非日常の日常。
それを率直に、真摯に、ひたむきに刻み込む。

あの物語を思い起こさせる。
1348年に大流行したペストから逃れるためフィレンツェ郊外に引きこもった男3人、女7人の10人が、10日間にわたり毎日10話ずつを語る。ジョヴァンニ・ボッカッチョによる物語集「デカメロン」だ。

喜怒哀楽の一言では表せないほど、あらゆる感情が込められた現代版「デカメロン」。
現代に生きる我々は何を感じ、何を残すだろうか。そして未来の人々は、どう読み、どう活かすだろうか。

今という瞬間にしか生まれ得なかった、記録と記憶の結晶。
これは間違いなく、世界の、人類の宝だ。

F47F26DE-BF14-49C0-9A72-8D30CE64D9FA.JPG

*企画・取材・翻訳を担当した、内田洋子さんのサイン入り。
https://hiruneko.thebase.in/items/35896349

プチマルシェ2020

開催中のプチマルシェ2020は、11日水曜日までです。6人のハンドメイド作家さんたちのすてきな作品が並んでいます。作るっていいなあとあらためて思わせてくれる作品展示販売です。

出展ブランド:Cinnamon(バッグ・布雑貨)・刺し子のgypsophila・Glass&Art MOMO(ガラス雑貨)・Kamico(トンボ玉アクセサリー)・unjour(スワロフスキー/クリスタルアクセサリー)・Lunes(がま口ポーチ)

13時〜19時。

詩集『聲』(あさやけ出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

石原弦
詩集『聲』(あさやけ出版)

3B59F34A-92B6-419A-A8B3-F21DF54FD76D 2.jpg

養豚の仕事の傍らでひとり、誰に見せるでもわけでもない詩を書き続けた日々。静かで透明な、土の匂いのする詩。

誰も彼もが、それぞれあなただけの聲を宿して生きている。

44E25CA4-68CB-46FF-8843-C1A976584721.JPG

050FE303-973B-4532-88C9-963DBE543FC3.JPG

F37A6D8C-1C69-41D2-AE15-D151B38D6FE0.JPG

岐阜の古書店「庭文庫」を運営するふたりが立ち上げた出版社「あさやけ出版」、初の刊行物。

きょうはいい日だ。

https://hiruneko.thebase.in/items/35761110

『ホンモノの偽物』(亜紀書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

リディア・パイン 著、菅野楽章 訳
『ホンモノの偽物』(亜紀書房)


ホンモノの偽物 模造と真作をめぐる8つの奇妙な物語 [ リディア・パイン ]

人はフェイクに騙されるのは嫌いだが、何かの真贋には興味があるものだ。

絵画、化石、古文書、ダイヤモンド。それらを追っていくうち、「本物」と「偽物」を分ける線がどんどん曖昧になってくる。

ウォーホルなしでつくられたウォーホル作品は本物か?
天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドはどちらが道徳的か?
ネイチャー・ドキュメンタリーは本当に“自然"なのか?

時にニセモノはホンモノを凌駕し、脚光を浴びるが、逆にホンモノの「正しさ」もまた、証明される。

真正性を巡る、知的興奮の旅。

「世界は欺かれることを望んでいる。ならば欺かれるがよい。」
-古代ローマの風刺家・ペトロニウス

https://hiruneko.thebase.in/items/35510181

『青の儀式』(雷鳥社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

白須純
『青の儀式』(雷鳥社)


青の儀式 [ 白須純 ]

太古から人類は青と共に生きてきた。
神聖なものに捧げ、顔料を巡って戦争があり、富の象徴とされた。

青は歴史を彩る。

なぜこれほどまで、人は青を欲するのか。

芸術や儀式、戦いなどの観点から、その関係を探る。

青には世界を揺り動かす力があるようだ。

https://hiruneko.thebase.in/items/35509993

『海をあげる』(筑摩書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

上間陽子
『海をあげる』(筑摩書房)


海をあげる [ 上間 陽子 ]

「悲しみのようなものはたぶん、生きているかぎり消えない。それでもだいぶ小さな傷になって私になじみ、私はひとの言葉を聞くことを仕事にした」

あのベストセラー『裸足で逃げる』から3年。

沖縄、そして女性。

理不尽な暴力、冷淡な視線の下で、著者は今も言葉を求め続けている。


本書の「海をあげる」というタイトルは、沖縄以外で暮らす私たちに、この本を読んでいる私たちに、その覚悟を問う。

目を逸らしてはいけない現実が、ここにある。

https://hiruneko.thebase.in/items/35510079


HAGI ART|外山夏緒 / 絵と詩のオブジェクト “happen、”


ーーーーーーーーーーーーーーー

外山夏緒/絵と詩のオブジェクト

happen、
三時に銀河へ、
例えばオレンジ色を、
そして今夜は晩餐会、

ーーーーーーーーーーーーーーー

外山夏緒の絵と詩を用いたオブジェクトの作品展です。今年新しく制作している作品を用いてインスタレーション作品を展示します。
たまたま同じ時間に居合わせて生きているものたちを様々な方法で作品にしています。
(今回の展示に合わせて準備した商品も展示販売致します。)

web:toyamanatsuo.com
instagram:@gungulparman

【プロフィール】
外山夏緒(toyamanatsuo)
2015年より、絵や詩、物語で展開したインスタレーションなどの美術活動をスタート。
他、イラストレーション、空間装飾、グラフィックデザインなどで活動中。
その他、自身のプロダクトブランドgungulparmanでの商品制作やアートワークなど。

「和紙と わたしと はな歌と。」戸田さちえイラスト展

1604273112581.jpg

岩手県で、和紙を使った作品を制作している戸田さちえさん。
3年ほどノルウェーで暮らしていたこともあり、ノルウェーを始めとする北欧のことについてもイラストを通して伝えています。

戸田さんから、ぜひ当店で個展を開催したいとのご連絡をいただき、この度ご縁が繋がりました。

和紙に描いたイラストや箱、ポストカードや缶バッジ、シールや張り子などを販売します。

東京で展示をされる機会はなかなか無く貴重です。
どうぞお楽しみに。

CENTER_0001_BURST20201031085731688_COVER.JPG

CENTER_0001_BURST20201031085900843_COVER.JPG

—-
◦空を見上げ 風にふかれ 土にふれ 目をつぶり 耳をすますと 感じるのはいのちの響き。
そんないのちの響きや輝きを、線や色にして楽しんでおります。
ひるねこBOOKSさんでのイラスト展では、岩手の東山和紙にはな歌気分で描いたイラストや、小さな張り子人形なども置いていただきます。

—-


●会期:12/3(木)〜12/17(木)12:00~20:00
(店舗営業時間に準じます) 
火曜+第2水曜定休の他、営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。
・12/4(金)は16時半まで
・12/11(金)は19時半まで
・最終日12/17(木)は16時まで


●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料


ED507F89-AC35-4C82-8CED-87AD181D6230.jpeg

E59433EF-34D6-439D-944C-20AF6A1ED4CA.jpeg



☆プロフィール
戸田さちえ
岩手生まれ、岩手在住。自然豊かな林の中にくらしながら和紙を使ってのワークショップやイラスト展を開催し楽しんでいる。
Instagram sachie_5
blog sachipu1833.blog.fc2.com/



私の暮らしている岩手県一関市東山町は800年の伝統がある手すき和紙の町です。
和紙の原料には楮(コウゾ)という植物を使っており、丈夫な紙質で繊維が長いため切り口はふわふわとしています。
わたしにとって和紙は小さい頃から身近にあり、色んな作品に利用できる楽しい素材で、筆を走らせるときのワクワク感が大好きでニヤニヤしながら絵を描いています。
ぜひ手に取っていただき、和紙の持つあたたかな風合いを楽しんでいただけたら嬉しいです。