版画日和 vol.5 14日まで

上野銅好会のみなさんによる銅版画展「版画日和 vol.5」は、明日14日日曜日までです。明日は最終日につき、12時〜17時の開催となります。どうぞご了承ください。小さな画面の中にたくさんのそれぞれの何かが詰まった作品群をどうぞご覧ください。気候は急に秋が深まって涼しくなりましたね。みなさん、どうぞ風邪などひかぬように、少し暖かくしてお出かけください。町中が展覧会場「芸工展」も近隣一帯で開催中です。

『戦争なんか大きらい! 絵描きたちのメッセージ』(大月書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『戦争なんか大きらい! 絵描きたちのメッセージ』
子どもの本・九条の会 (大月書店)




“平和”という言葉は抽象的でイメージしづらく、だからこそ具体的なアクションが難しいのだ、という論があります。
だからこそ統一的なイメージを作る必要があるのだと。

それは確かにその通りで、戦争という言葉がもたらす強烈なイメージを前に、私たちは何かを失いたくないという受け身、恐怖から行動を起こさざるを得ません。

そうではなく、もっと積極的に、能動的に、平和をイメージすることはできないでしょうか。
大切な存在、町の風景、憧れの人、贔屓のチーム、将来び夢や宝物、思い出。

私の、私たちの大好きなものが、ただそこにある。
それってとても尊いことだと思うのです。


この本に登場するのは、日本を代表する絵本作家たち。
彼らの描く絵、そしてここに添えられた日本の憲法の条文には、確かに平和の姿があります。

今という時代を平和と感じるか、そうではないと捉えるかは人それぞれですが、
少なくともこれらのメッセージを守ることが、即ち平和を守り、繋ぎ、築くことであるのは間違いないでしょう。

各作家による巻末の言葉も本当に真っ直ぐ。
それは真摯で公正で、迷いなど一切ありません。

戦争も改憲も絶対に反対です。

『うさぎたちとふしぎなこうじょう』(好学社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

アダム・グリーン さく
レナード・ワイスガード え
こみやゆう やく
『うさぎたちとふしぎなこうじょう』(好学社)



今は誰もいなくなってしまった大きな工場。6本の煙突が、ただぽつんと立っています。

ある夜、そこに2ひきのうさぎがやって来ると、たちまち大勢のうさぎたちが暮らし始めました。

いっぴきの「しりたがりうさぎ」が、あちこちのボタンを押したら工場に音が響き渡り……。

ワイスガードの描くうさぎたちの表情が個性的で、愛くるしい1冊。

銅版画を楽しむ

上野銅好会のみなさんによる銅版画展を開催中です。月に2回ほど集まって、少しずつ制作をしているグループです。構想を練るだけの日も、絵を描く日も、刷ってみる日もそれぞれにいろいろ、楽しみながら作っています。そんな、好きだからやっているという様子が作品からも伝わってきます。見ていて和やかになる作品展です。どうぞ遊びに来てください。14日日曜日まで(12時〜19時・最終日17時)。

『「違うこと」をしないこと』(角川書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

吉本ばなな『「違うこと」をしないこと』(角川書店)



今がどんなにダメでも、流されていても、「自分がない」ってことはありません。ノイズを避け、自分そのものに立ち返るためにはどうしたらいいのでしょう?

ばななさんが導く、“本来の自分”への旅。

プリミさんやCHIEさんとの対談、「教えて、ばななさん」も。

--
・第一章 自分を生きる
自分を生きるって、むずかしい/ノイズが多いから、人は何度も自分を見失う/違うことをしなければ、違わないことがちゃんと返ってくる

・第二章 対談 吉本ばなな+白井剛史(プリミ恥部)

・第三章 わたしを生きる
子ども時代を生き延びるということ/自分が変わっていなくても、周りが変わってしまう/人間は全部見せて歩いている/人間の本質を一瞬でズバリと見抜く目。経験を積むことで、それが研ぎ澄まされていく/「自分は自分」という人ばかりだと、空中分解してしまう/自信を取り戻すということ

・第四章 対談 吉本ばなな+CHIE

・第五章 時間、お金、神様、わたし

・第六章 教えて、ばななさん。

・おわりに

☆WEB SHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/14086705

森茉莉『恋人たちの森』

千駄木の団子坂上に住んでいた森茉莉。 彼女の作品は、父・森鷗外のことを綴ったエッセイが有名ですが、この本は4つの短編から成る小説です。 愛される少年と愛する男、少年のことを母のように抱く少女……など、形は違えどさまざまな […]

新建築 2018 10月号

新建築 2018 10月号木造建築特集です。 超高層木造ビル、CLTなど、最新の技術を駆使した事例が数多く紹介されています。 思い描く「木造建築」を大きく更新するはずです! 表紙は、斜め格子が美しい #富岡商工会議所会館 […]

「深夜特急」のその先に…

「深夜特急」のその先に… 自らの作品を「ノンフィクションをフィクションのように書いている」と話す沢木耕太郎。 異国を渡り歩いたその足で刻まれる文章は、旅をするということが人間にとってどういう意味を持つのか、それによっ […]

上野銅好会版画展

10月も2週目になって、なんだか夏のような日々・・・、秋の服の出番がなかなかありませんね。町の子どもたちも半袖です・・・。今日もいいお天気で散策の人も多く、版画展を見ていただくことができました。暑いせいか喫茶では冷たいいお飲み物の注文がまた増えています。一休みがてらぜひお立ち寄りください。「10月は芸工展月間」月間のため、周辺では展覧会が多く行われています。町歩きを楽しんでくださいね。「上野銅好会版画展」は、14日日曜日までです(12時〜19時・最終日17時)。