月とうさぎ

藤吉真理・高取崇子ガラス作品展を開催中です。いつもうさぎのガラス作品を作っていらっしゃる藤吉真理さん、毎回様々な表情のうさぎたちがいますが、今回は月とうさぎ。三日月にうさぎの楽士が乗って、きれいな調べを奏でているよう・・・。琵琶や笛の演奏者に踊り手もいます。どうぞじっくりご覧ください。そのほかにもフュージングというガラスの技法を用いた作品がいろいろ・・・とても手間ひまかかったものなのですが、出来上がったものを見てもその工程はたぶん思い浮かばないので、もちろんきれいだなあかわいいなあというだけでいいのですが、技法について聞いてみるのもたまにはおもしろいかもしれません。会期中、お二人ともいらっしゃるのでお気軽に声をかけてください。22日日曜日まで(12時〜19時・最終日17時)。

GW中の営業について

GW期間の4/28(土)〜5/6(日)の間は、ラストオーダーの時間が変わります。
ご承知ください。

11:30 OPEN (日曜のみ9:00 OPEN)
21:00 フード&スイーツ ラストオーダー
22:00 ドリンク ラストオーダー
23:00 CLOSE
※平日夜の額縁メニューは連日お休みです。通常メニューをお楽しみください。

 

◎4/30(祝日・月)
トークイベント「谷中キッテ通り ねこたま会へようこそ」のため、19:30 CLOSEです。

◎木曜定休ですが、5/3(木)は営業します。
振替として、5/9(水)にお休みをいただきます。

◎5/6(日)
連休最終日で早締めのため21:00 CLOSEです。

ガラス作品二人展開催中

藤吉真理さん・高取崇子さんのガラス作品二人展を開催中です。昨日今日は雨模様でちょっと寒いお天気でしたが、にもかかわらずたくさんの方々が来てくださってありがたいことと思います。明日からはどんどんお天気が初夏に向かってゆくようですので、お散歩にもよいかもしれません。どうぞお出かけください。目に楽しいガラス作品がたくさんそろっています。まったくちがう世界の作品を作り出すお二人ですが、不思議な調和で二人展も3回目となりました。藤吉真理さんはガラスのうさぎの作品のほか、猫の花入れ、小箱などなど・・・色ガラスを使った作品が多く、高取崇子さんはクリアな世界観で、ミニポットやアクセサリーを作っています。22日日曜日まで(12時〜19時・最終日17時)。

KAYO AOYAMA textile and painting exhibition<br />“Wonder forest”

青山佳世さんの生地と絵の展示を行います。

wonder_forest (1).jpg


そこに描かれた草花や石、動物たち。
青山さんの作品からは、自然の息遣いが感じられます。

涼しげで爽やかで。
まるで北欧の森に彷徨い込んだかのよう。

今回は新作「wonder forest」をはじめとする原画の他、ハンカチやポーチなど生地小物の販売を行います。

日々の暮らしに彩りを添えてくれるような、素晴らしい作品の数々。
どうぞご覧ください。


●会期:6/1(金)~ 6/14(木)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます) 
※最終日は18時まで
毎週火曜定休(6月より)の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料


*お支払いは現金のみとなりますのでご了承ください。


☆プロフィール

青山 佳世 Kayo Aoyama

大阪外国語大学にてスウェーデン語を専攻し、
卒業後はスウェーデンHDKヨーテボリデザイン工芸大学にて
テキスタイル柄のデザインを学ぶ。
スウェーデンの壁紙メーカー、日本のファッションブランドを経て
2012年より柄の制作を行うフリーランスとしての活動を開始。
2014年からはオリジナルデザインの生地によるブランド
KAYO AOYAMAを展開する。

http://kayoaoyama.com/ 

forest.jpg

forget_me_not.jpg

garden.jpg

stone.jpg

『熊楠と猫』(共和国)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

首を長〜くして待っていた新刊が入荷です。
(発売日が延びに延びて、ようやく会えました笑)

杉山和也、志村真幸、岸本昌也、伊藤慎吾
『熊楠と猫』(共和国)


IMG_7531.jpg


「小生は幼時より猫ずきにて、六十七才の頃より猫を多く画き申候」


民俗学・博物学・生物学の巨人、南方熊楠は、実は大の猫好き。
傍らには常に猫の影がありました。

稀代の天才学者、その目に猫はどう映っていたのか?


IMG_7532.jpg

IMG_7530.jpg

IMG_7533.jpg

イラスト、論考、俳句など、この愛はあまりにも贅沢。
猫冥利に尽きますね!

共和国さんらしからぬ(?)、ポップな装幀も。
学術書並みの内容ですが、図版と文章のバランスも良くてひたすら読みやすい。

熊楠ファン、猫好きさん、ぜひぜひご覧ください。

☆Webショップ
http://hiruneko.thebase.in/items/10910344

4月18日(水)本日早仕舞

【本日早仕舞】 4月18日(水) 水族館劇場「望郷オルフェ-来るべき追憶の後に-」 千穐楽に向かうため 15:30に閉店します。 ご迷惑をおかけしますが、共に楽しみましょう。 花園神社にて当日券もございます。 suizokukangekijou.com/news/

いよいよ千穐樂!ライク・ア・ローリングストーン、望郷オルフェ、大団円へ!

年明けの三重芸濃町公演からそのまま街に居残り、三月の東日寺「終わりなき神話の涯に」、新宿へ移動して花園神社「來たるべき追憶の後に」と息つくヒマもない連続野戦攻城でした。これまでのところひとりの負傷者も出していません。もう一日、全国から続々と合流してくるあらたな役者陣をくわえ、最後まで転がりつづけます。どうぞご期待ください!特に大評判の空中ブランコは今夜かぎりの演目、みのがすことなかれ!本日も17時より木戸にて当日券を販売致します。

また完成が遅れていた昨年夏の寿町アウトオブトリエンナーレの総括版FISHBONEも完成しました。木戸にて絶賛販売中です。さらに「この丗のような夢」の劇中音楽をまとめたCDもまもなく完成。予約を承っております。また四月下旬発売の「POSSE」38号に長瀬千雅が文化と社会「盗賊たちは何を奪ったか」発表してしています。興味あるかたはぜひごらんください。

ウインドウを替えました。今回は、ささめやゆきさんです。

ささやかに集めていた、ささめやゆきさんの本、装画、挿し絵を書かれている本を並べました。既にお買い上げ戴いた本もありますが、ひとまずパチリと記念撮影。 こうして並べてみると、微妙な色づかいのなかでもグリーンが印象的です。さ […]

往来堂書店・店内イベントvol.03 『装丁、あれこれ』(彩流社)刊行記念 桂川潤さん・南陀楼綾繁さん トークショー

【トークショーのお知らせ 2018.05.11fri 19:30〜】 往来堂書店・店内イベントvol.03 『装丁、あれこれ』(彩流社)刊行記念 桂川潤さん・南陀楼綾繁さん トークショー 「装丁から広がる本の世界」 電子 […]

『動物たちのすごいワザを物理で解く』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

マティン・ドラーニ、リズ・カローガー 著
吉田三知世 訳

『動物たちのすごいワザを物理で解く』


動物たちのすごいワザを物理で解く 花の電場をとらえるハチから、しっぽが秘密兵器のリスまで [ マティン・ドラーニ ]

航空会社も注目するシャコ、生物版GPSを使うカメ、重力に逆らうネコ……。

最先端の科学技術を追い求める人間たちですが、その物理を先に使い始め、ものにしているのは人間よりも動物の方。彼らは長い時間をかけた結果、もっとも効率的な方法で自然に適応し、子孫を残し、進化します。

科学者たちが「電気とは何か」を理解するずっと前から、電気ウナギは高圧電流を使っていました。

冒頭の「メスのフリをして熱を奪うヘビ」に驚愕し、濡れた身体をブルブル揺さぶるイヌの、エネルギー効率に唸ります。

熱、力、流体、音など、テーマごとに分けられた動物たちの奥深い営み。
読めば読むほど、この世の不思議に出会うようで面白く、感動さえ生みます。

自然や動物には敵わないことが多いですが、文字を読んで新たな知識を得るというのは人間だけに許された行為。
知的好奇心を満たす、最良の書と言えます。

---
発行:インターシフト
ISBN:978-4-7726-9559-6
本体2,300円+税

トークイベント「谷中キッテ通り ねこたま会へようこそ」


「 谷中キッテ通り ねこたま会へようこそ 」

谷中キッテ通りでは毎月密やかに、”ねこたま会”という名前で店主会が開催されています。
以前は”通りに名前がない…”どころか、店舗どうし横の繋がりもほとんどありませんでした。

愛称を決めよう!という流れが起こり、
愛称が決まり、
2018年の本年には電柱に名前プレートまで付いて!、
キッテ通りでの日々の挨拶ややりとりが増えています。

お酒やおつまみを持ち寄り並べて、ワイワイするねこたま会。
真面目な議題から始まり、徐々に雑談になるところも楽しい時間。
ちょっと個性強めな店主が集まるこの”ねこたま会”に、あなたもぜひ参加してみませんか?

 

 
—————————————

『 第1回・ねこたま会へようこそ <2018春> 』

テーマ「 谷中キッテ通りの愛称がつくまで 〜いつも通りお酒とともに〜 」
名前のない通りで、いつもただただ”へびみちの隣”と言われていた谷中キッテ通り。
この愛称がつくまでのお話を中心に、それ以前の谷中のお話も交えて。
ご参加いただく皆様も一緒に参加できるような雰囲気にしたいと思っています。

◎今回の店主
谷中キッテ通り会長「ライムライト」稲田さん
谷中キッテ通り書記「classico」高橋さん
谷中キッテ通り会計「大谷商店」山口さん
(司会進行:コーツトカフェ椿)

◎場所
COUZT CAFE + SHOP(コーツトカフェ + ショップ)
090-7237-7288
info@couzt.com

◎日時
2018年4月30日(祝日・月) ※水玉市の次の日となります。
20:00 開場
20:10頃 かんぱ〜い!
21:30頃 一時解散 & 歓談
22:30頃 閉場

 

◎参加について
参加費500円

いつもの店主会同様、持ち寄りの会です。
飲みたいお酒や、食べたいおつまみは可能であればお持ちください。
もちろん、手ぶらでも大丈夫です。
グラス、お皿やお箸、お茶はご用意いたします。
(店主会同様、コーツトカフェでのご注文はできません。)

◎定員15名様
先着6名様まで店主さんたちと同じソファ席です。
それ以降の方は周りを椅子で囲むかたちになります。

※人数把握のため、なるべくご予約をお願いしています。飛び入り参加の方はお席が遠くなる可能性があります。
※谷中キッテ通りへのご意見や感想がある方、店主さんに尋ねたいことがある方も、お気軽にご参加下さい。

◎参加方法
info@couzt.com(担当:コーツトカフェ椿)
上記メールアドレスへ、
1)お名前、2)電話番号、3)参加人数、4)キッテ通りに対して一言、を添えてお送りください。
または、お電話(03-5815-4660)や、コーツト店舗で直接の応募も受け付けています。

—————————————

 

第2回以降は趣向やテーマを変えて、
追々は店主さん全員が順番に参加、さらに、様々な組み合わせで開催したいと計画しています。
(秋の司会は、ひるねこBOOKS小張さんにお願いしています。)
谷根千の、商店街のような人通りではない、ちょっと変わった場所にあるこの道でお店を経営してきた店主たち。
一体どんなお話が聞けるのでしょうか。

ご来場と、美味しいお酒とおつまみ(個人的な希望で、半分冗談です)(半分本気です…)、お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

コーツトカフェ椿