夏期休業・営業時間のお知らせ

夏期休業・営業時間のお知らせ 8月11日(土) 11時 → 21時 8月12日(日) 11時 → 21時 8月13日(月)  休    業 8月14日(火)  休    業 8月15日(水) 11時 → 21時 千駄木・ […]

『牛たちの知られざる生活』(アダチプレス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ロザムンド・ヤング著/石崎比呂美 訳
『牛たちの知られざる生活』(アダチプレス)


牛たちの知られざる生活 [ ロザムンド・ヤング ]

見ないふり、感じないふりをしていないだろうか?

牛、豚、鶏、羊。

私たちは彼ら彼女らの心に思いを寄せたことがあるだろうか?

猫や犬のように少数で飼われる動物に比べ、大きな群れで飼育される動物たちには、個別に注意を向けることが難しい。

でも、だからと言って、人の注意を引かないという理由で、彼らに感情が無いのだというのは間違っている。

深い知性、温かな愛や友情、伸びやかな表現力。

彼らにだって、もちろん備わっている。

IMG_0032.jpg

IMG_0030.jpg

IMG_0031.jpg


イギリスのオーガニック農場でのびのびと暮らす個性豊かな牛たちの日常(と事件)を、愛情豊かに描き出したエッセイ。

効率最優先の厳しい環境で育てられる動物たちに比べ、
ここに登場する彼らの、なんと自由で愛らしいことか。

そして、それはそのまま人間にとっての健康、幸福にも繋がっている。

人間と動物の関係性に、新たな視点を授けてくれる物語。


☆WEB SHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/12624549

ももちゃん絵本

8月になって、とても蒸し暑い日が続いていますね。「りんごや」では、あつこさんの作品展「うさぎのもも」を開催中です。いままでも毎年のようにたくさんの「うさぎのもも」のお話をのびのびとした絵と共に発表してくださっていますが、今回もおもしろいお話がたくさん語られています。スケッチブックに書かれた絵本の形になっていますので、どうぞゆっくりご覧ください。しばし暑さをしのいで、うさぎのももと仲間たちの世界へ遊びに行っていただければと思います。12日まで(12時〜19時・最終日17時・6日休み)。

『村上春樹語辞典』『ぼくらの家。9つの住宅、9つの物語』『空港時光』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

●ナカムラクニオ/道前宏子『村上春樹語辞典』(誠文堂新光社)


村上春樹語辞典 村上春樹にまつわる言葉をイラストと豆知識でやれやれと読み解く [ ナカムラクニオ ]

本当に、よくぞここまでと思う。
村上春樹の作品や彼自身から浮かび上がるワードを網羅し、解説。
そしてナカムラクニオ氏の手によるイラストが味わい深い。
春樹好きな読者にとっての決定版であるのと同時に、これからこの世界に入る人々にとっての善き扉でもある。



●光嶋裕介『ぼくらの家。9つの住宅、9つの物語』(世界文化社)


ぼくらの家。 9つの住宅、9つの物語 [ 光嶋 裕介 ]

「ぼくにとって建築を考えることと、身体について考えることは、同じことなのです。」
内田樹氏の《凱風館》で建築家としてデビューした著者は、それからどんなふうに家をつくってきたのか。
擬人化された建物や猫の視点で語る、“幸福のカタチ”。



●温又柔『空港時光』(河出書房新社)


空港時光 [ 温 又柔 ]

空港ほど様々な物語が生まれる場所もそう無いかもしれない。
出発の高揚感、期待に胸を膨らませる者もいれば、別れの悲しみ、静かな孤独もまたそこにある。
羽田-台北という、地図で見れば僅かなこの距離を、それぞれの思いが飛来し、滑り降りてゆく。
言葉が超える、海、堺。

タナカホンヤの8月のお知らせです。

8月ですね。
平成最後の夏が始まっていますが、何も予定ない。

現在開催中のはと画伯のぬいぐるみ展「本日のコトリ展」とても面白い展示は8月5日までです。
そして、8月5日(日曜)11:00〜
チンドン屋 ジュンマキ堂の新作影絵「ドタバタシンデレラ」(初演)の投げ銭上演がありますのでお楽しみに〜
imageimage























暑い日々が続いていますので、水分補給を忘れずに体調に気をつけていらっしゃいませーどうぞー

8月のお休みは、
6日、7日、8日、9日、13日、14日、15日、20日、21日、22日、27日、28日、29日、です。 
やはりとても暑いですから、休みは増えるかもしれません。
随時ツイッターでお知らせしますのでよろしくお願いします。 

谷中キッテ通り ランタンナイト


真夏の夜、キッテ通りにランタンの明かりが灯ります。

8月の毎週金曜日。
普段は早く閉まってしまうお店も、この日だけはランタンの明かりをぽつりぽつりと朧げに灯し、20時まで営業を延長。
いつもよりゆっくりと皆様をお待ちしております。
優しく灯るランタンを目印に、お買い物をお楽しみください。

——————–

普段から23時まで営業のコーツトカフェでは、普段から使用している”有機・無農薬・自然農法の野菜”を、いつもより様々な種類を揃えて「夜のミニ野菜市」を予定しています。
翌日の週末に向けて、食材との出会いはいかがでしょうか。

もちろん、コーツトのテイクアウトドリンク片手にランタンナイトをぶらり。
ランタンナイトぶらりの後にコーツトでゆるりと休憩。
いかがでしょう。
お待ちしております。

<日時>
8月3日、10日、17日、24日、31日
(8月の毎週金曜日、20時まで)

<場所>
谷中キッテ通り各ショップにて
※ショップにより内容が異なります。

<参加予定ショップ>
東欧民芸クリコ
おしおりーぶ
Atelier Saji [アトリエ サジ]
LIME LIGHT [ライムライト]
Biscuit [ビスケット]
ツバメハウス
谷中工作室
Succession[サクセション]
dou dou[ドゥドゥー]
classico[クラシコ]
ひるねこBOOKS
COUZT CAFE +SHOP[コーツトカフェ+ショップ]
箱義桐箱店
※都合により参加店舗が、変更になる場合があります。
※詳しくは、各ショップHPか、谷中キッテ通りFacebookページにて。

『かわいいおかし』『行ったり来たり大通り』『ハンカチさがし』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

新刊絵本3点です。


●かけひさとこ『かわいいおかし』(教育画劇)


かわいいおかし [ かけひさとこ ]

たい焼きに鳩サブレー、そして「たべっ子どうぶつ」!
みんな大好きなお菓子が続々登場。
はむはむ、さくさく、ぽりぽりこりこり。
メロンパンもシュークリームも、全部いただきまーす!って最高すぎやしませんか。
この音、そして質感。涎が出てきそう。もうね、たまりません。


●五味 太郎『行ったり来たり大通り』(絵本館)


行ったり来たり大通り[本/雑誌] / 五味太郎/作

「銀行どこかな?」「ポストはあっち」
「リボン落とした」「ふたごみませんでした?」
大通りのあちこちでは、色々なことが同時に起こっています。
ページをめくってはまた戻って、行ったり来たりを繰り返しながらクスクスニヤニヤ。
絵を読む楽しさ。五味さん最高です。


●森山 京 さく/岡田 千晶 え『ハンカチさがし』(文溪堂)


ハンカチさがし [ 森山京 ]

ユリが夏休みを過ごしていた高原の別荘。
でも、ここは間もなく人手に渡り、ホテルが建つのだそう。
お母さんの無くしたハンカチを探していると、突然目の前に茶色のウサギが。
その首にはなんと見覚えのあるハンカチ。
追いかけて行くとそこには動物たちが集まっていて……。

『みえるとか みえないとか』(アリス館)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ヨシタケシンスケ さく/伊藤亜紗 そうだん
『みえるとか みえないとか』(アリス館)


みえるとかみえないとか [ ヨシタケシンスケ ]

宇宙飛行士のぼくが降り立った星には、目が3つあるひとたちが。

「ふべんじゃない?」「かわいそう!」
「せなかのはなしは しないであげようね」

歩き出せば「すごーい!ちゃんとあるいてる」と驚かれる。

「みえかた」が違うだけなのに、へんなの。

思い返せば色々な星に、それぞれの特徴を持ったひとがいた。

空を飛べるひと、からだがやわらかーいひと、口がながーいひと。
生まれつき全部の目が見えないひとの感じ方は、ぼくと随分違っていた。

そもそもぼくたちは、みんなちょっとずつ違う。

うちはうち、よそはよそ。
「ふつう」ってなんだろう?

同じところを探しながら、「そっちはどう?」なんて、違いをお互いに面白がれたら楽しいね。

IMG_9931.jpg

IMG_9932.jpg

IMG_9930.jpg

うさぎのももの夏休み

8月になり、夏休みの真っ只中ですね。うさぎのももちゃんが「りんごや」に初めて来てくれた時も夏休みでした。ももちゃんの活躍はそれから年々増えて仲間も増えて、今年はどんな夏休みを過ごしているのでしょう。仲良しのライオンさんと一緒になにやら忙しくやっているようです。ぜひお話を聞きに来てくださいね。暑い毎日ですが、喫茶では冷たいお飲み物をご用意しています。12時〜19時・最終日17時。12日まで(6日月曜休み)。

『“世界の果て”の物語』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ドミニク・ラニ 著/鳥取絹子 訳
『“世界の果て”の物語』(河出書房新社)


“世界の果て”の物語 地上の楽園をめざした34の冒険譚 [ ドミニク・ラニ ]

なぜこれほどまでに、地図は私たちの妄想を膨らませ、希望や欲を刺激するのか。

トロイ、ムガル帝国、エルドラド……。

探検家たちの報告や記憶によって作られた、古代の地図。
それは確かに存在するはずで、同時に伝説・幻想の場所。

かつて人々はわずかな情報を頼りに、地の果て、世界の終わりを目指した。

地球のどこでも画面で俯瞰できる今、先人の歩みに思いを馳せる。

IMG_9916.jpg

IMG_9914.jpg

IMG_9917.jpg

「うさぎのもも」あつこ作品展

みなさん、こんにちは!うさぎのももです。今日から展覧会が始まりました。暑い暑い一日ではありましたが、みなさんはお元気でお過ごしでしょうか。うさぎのももは、10歳になりました。だから今年はこの夏休み期間中に2週間とって、「りんごや」さんにいます。どうぞ、ももと仲間たちに会いに来てください!新しいお話もありますよ。この夏のももとライオンさんのアルバイト・・・詳しくはおいおい話しますね。展覧会は8月12日日曜日まで(12時〜19時・最終日17時)。途中の6日月曜日はお休みです。どうぞよろしくお願いいたします。