超ニコライ同盟2週目へ

写真のグループ展「超ニコライ同盟」を開催中です。第1週目は、おかげさまで無事に終了いたしました。たくさんの方々に来ていただいて楽しんでいただくことができ、よかったと思います。現在時刻、メンバーは写真作品の入れ替え中です。2週目は、ニコンほかそれぞれが使いたい機材で撮影した写真展となります。1週目の「ライカ週間」とはまたガラッと変わった雰囲気になると思いますので、どうぞ遊びに来てくださいね。明日11日月曜日から17日日曜日まで(12時〜19時・最終日17時)です。喫茶もどうぞご利用ください。この記事の写真は来場記念のバッジです。ずいぶん数が減ったので、たくさん来てくれたのだなあとありがたく思っています。天候の変化がめまぐるしいこの頃ですが、みなさん体調に気をつけてお過ごしください。

【満員御礼】『幸せの国スウェーデンから』刊行トークイベント

*定員に達したため、お申し込みを締め切りました。
キャンセル待ちをご希望の方は、メールにてご連絡ください。
その際、何日まででしたらお待ちいただけるか、あわせてお知らせください。


『幸せの国スウェーデンから くまさんと私のおもしろ北欧デイリーライフ』(DU BOOKS)の刊行を記念し、著者のやまだあいこさんをお招きしてイベントを開催します。

190222■幸せの国スウェーデンから_帯あり_軽.jpg


スウェーデン人のくまさんとの事実婚を機に、日本を飛び出したあいこ。
初のヨーロッパ生活、慣れない言語、多国籍の友人に囲まれた語学学校……。
文化の違いに戸惑いながら、徐々に見えてきたスウェーデンの面白さ、日本との意外な共通点。

・お酒を求めて近隣の島へ?
・「フィーカ」はなくてはならない、まったりタイム
・ケージなし!ペットは電車にそのまま乗る
・食事の別会計は当たり前
・時間に正確
・夏は太陽を愛でよう
・効率重視!チューブ調味料
・スキンケア、ファッションはシンプルに!
etc.

スウェーデンでの暮らしをのぞいてみませんか?



9784866470917.PT02.jpg

9784866470917.PT03.jpg


今回はご帰国中のやまださんをお招きし、新刊のお話はもちろん、現地での生活についてや、スウェーデンと日本の違うところ似たところなども伺いたいと思います。

貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。
お申し込みお待ちしております。


*事前または当日に、当店で書籍をお求めいただいた方を対象に、終了後サイン会を実施いたします。


*書籍のご購入、ご予約は⇨http://hiruneko.thebase.in/items/17086323


●日時:2/28(木)19:00~20:30(開場18:45)

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:当日お支払い
チケットA.参加のみ1,500円
チケットB.書籍(税込1,188円)を当店でお求め予定の方は、1,300円でご参加いただけます。

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数、チケットのご希望 A or B 〉
をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「2/28『幸せの国スウェーデンから』イベント参加希望」


☆プロフィール

やまだあいこ

1992年神奈川県出身。インスタグラマー、イラストレーター。
日本で出会ったスウェーデン人パートナー(愛称:くまさん)と暮らすため、2016年3月ストックホルムに移住。初めての北欧生活を描くインスタグラムの投稿が話題に。2018年、スウェーデン大使館より「将来を開くパイオニア」に選出される。イラストレーターとして活躍する傍ら、最近では現地の観光ガイドとして奮闘中。

インスタグラム:@aiko_doodle


9784866470917.PT04.jpg

9784866470917.PT05.jpg


『幸せの国スウェーデンから』刊行トークイベント

『幸せの国スウェーデンから くまさんと私のおもしろ北欧デイリーライフ』(DU BOOKS)の刊行を記念し、著者のやまだあいこさんをお招きしてイベントを開催します。

190222■幸せの国スウェーデンから_帯あり_軽.jpg


スウェーデン人のくまさんとの事実婚を機に、日本を飛び出したあいこ。
初のヨーロッパ生活、慣れない言語、多国籍の友人に囲まれた語学学校……。
文化の違いに戸惑いながら、徐々に見えてきたスウェーデンの面白さ、日本との意外な共通点。

・お酒を求めて近隣の島へ?
・「フィーカ」はなくてはならない、まったりタイム
・ケージなし!ペットは電車にそのまま乗る
・食事の別会計は当たり前
・時間に正確
・夏は太陽を愛でよう
・効率重視!チューブ調味料
・スキンケア、ファッションはシンプルに!
etc.

スウェーデンでの暮らしをのぞいてみませんか?



9784866470917.PT02.jpg

9784866470917.PT03.jpg


今回はご帰国中のやまださんをお招きし、新刊のお話はもちろん、現地での生活についてや、スウェーデンと日本の違うところ似たところなども伺いたいと思います。

貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。
お申し込みお待ちしております。


*事前または当日に、当店で書籍をお求めいただいた方を対象に、終了後サイン会を実施いたします。


*書籍のご購入、ご予約は⇨http://hiruneko.thebase.in/items/17086323


●日時:2/28(木)19:00~20:30(開場18:45)

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:当日お支払い
チケットA.参加のみ1,500円
チケットB.書籍(税込1,188円)を当店でお求め予定の方は、1,300円でご参加いただけます。

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数、チケットのご希望 A or B 〉
をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「2/28『幸せの国スウェーデンから』イベント参加希望」


☆プロフィール

やまだあいこ

1992年神奈川県出身。インスタグラマー、イラストレーター。
日本で出会ったスウェーデン人パートナー(愛称:くまさん)と暮らすため、2016年3月ストックホルムに移住。初めての北欧生活を描くインスタグラムの投稿が話題に。2018年、スウェーデン大使館より「将来を開くパイオニア」に選出される。イラストレーターとして活躍する傍ら、最近では現地の観光ガイドとして奮闘中。

インスタグラム:@aiko_doodle


9784866470917.PT04.jpg

9784866470917.PT05.jpg


『ぼくは本を読んでいる。』(講談社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ひこ・田中『ぼくは本を読んでいる。』(講談社)


ぼくは本を読んでいる。 [ ひこ・田中 ]

幼かった頃以来、久しぶりに入った自宅の「本部屋」。
ルカは棚の上の方にあった『小公女』を手に取った。
きっと両親のどちらかが、自分と同じくらいの時に読んだ本だ。

ルカは決して本好きではない。
でも先が気になって読み進めていく。

「本を読んでる時にじゃまをされると、だれかにぶたれたような気がするのよ」

主人公セーラのセリフがあったが、その気持ちはまだよくわからない。


〈本の中に出てきたから、気づいて考えるってこともあるんだな。〉

〈百年以上前に書かれた本なのに、ぼくはそれを読んで考えている。不思議だし、おもしろい。〉

特に本が好きではない子の、1週間の読書体験。

☆WEB SHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/16987245

超ニコライ同盟写真展開催中

今年は「超」がついた「ニコライ同盟写真展」、今週は「ライカ週間」です。ライカのカメラを使用して撮影した作品の5人展。同じライカでも撮る人によって被写体も雰囲気もさまざまになり、あれこれとおもしろい写真展になっています。どうぞ遊びに来てください。会期は2週間ですが、1週ごとに写真を入れ替えますので、現在の展示は10日日曜日18時までです。11日〜17日の2週目は「ニコンおよびその他」の写真作品を展示します。

出展作家:井上登志子・岩切浩一・大沼秀璽・坂下秀彦・牧野修

『しあわせ間取り図鑑』(エクスナレッジ)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

建築知識編集部『しあわせ間取り図鑑』(エクスナレッジ)


しあわせ間取り図鑑 [ 建築知識編集部 ]

間取りには住人の人生観が表れる。

風を通し、光を集め、庭の植物を身近に感じる。

知恵と工夫が詰まった生活の設計図は、どれだけ眺めても見飽きない。

本を1冊でも多く置くためにはどうしたらいいだろう。

具体的な家づくりの参考にするも良し、お酒のつまみにして楽しむのも◎

期間限定スイーツ「夜の帳のショコラテリーヌ」

ダークチョコレートを低温の湯煎でじっくり時間をかけて焼き上げ、オレンジゼスト(柑橘の皮のすりおろし)を散らして香りづけ。夜の訪れをイメージした甘く濃厚なひと皿。


ペーストのような質感なので、パンとも好相性です。

ドリンクならホットのジャスミンティーがオススメです。

辛党の方にはストレートのウイスキー(ジャックダニエル)はいかがでしょう。

『あのねこは』(フレーベル館)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

石津ちひろ 文/宇野亞喜良 絵
『あのねこは』(フレーベル館)


あのねこは [ 石津ちひろ ]

しっぽも、ひげも、なきごえも。

これも、それも、あれも。

今はいない、あの猫のすべてがいとおしい。

かけがえのない存在を失った悲しみ。
それを乗り越えること。

石津ちひろの言葉は唄になり、外へと一歩を踏み出させる。

あのぬくもりを、わたしはけっして忘れない。

古書ほうろう、移転のお知らせ

   1998年の開店以来、この町の本好きのみなさんに支えられ、千駄木・道灌山下にて営業してきましたが、来る3月末頃、台東区池之端に移転することになりました。      直接の原因は家賃の大 […]