震災日録 6月8日 節電の方法、逃げてはいけない人

地下鉄三田線は間引き運転で昼なおラッシュアワーなみの混雑。エスカレーターも止まり、宣伝のパネルの電気は消え、照明も暗いので出勤中本が読めないと遠距離通勤者は嘆いていた。それなのに駅には東京電力の出力の75%しか使っていないと書いてある。25%は夏のクーラーなどに貯めておけるのか、それが知りたい。貯めておけないなら、エスカレーターを動かしてほしい。

節電というなら、すべてのお手洗いの音姫を撤去。電話のうるさくてしつこいお待たせ音楽も撤去。バスや電車の不必要なアナウンスもやめる。レストランのBGMもやめる。すべて原田病の患者(わたし)からいわせれば頭痛とめまいのもと。

いわき市で「まず連絡がつかなくなったのが市議と坊主」と誰かがいっていた。「中央から派遣されていた裁判官と医者もさーっといなくなった」とも聞いた。原発が恐いから逃げるのはいいが、逃げてはいけない人をはっきりさせよう。それは税金から給料をもらい、住民を守るためにいる議員と公務員である。丸森町の小さな子供さんもいる女性公務員は「何が起きても立場上、私が町を出るのは最後になるとおもいます」と書いてきた。エラいと思ったが、これが正しい考えだ。

いっぽう今回、老人施設の寝たきりのお年寄りを助けるため若い職員がなくなっている。老人は戦争も生き延び、じゅうぶん長い命を享受したのだから、いのちをつなぐために20代、30代の職員は「老人をおいて避難してもよい」という法律を作ったらどうだろう(とはいっても責任感の強い職員は老人を置いて逃げられないだろうなあ)。

3・11、東京電力の勝俣会長は外遊、清水社長は妻と観光、国会議員や命がかかわる電力、航空、鉄道の役員は任期中、「妻と遊ぶ」なんていう覚悟のない人にはやってほしくない。

原子力安全・保安院は原子力危険管理院と名を変え、この前議会で意見陳述した小出裕幸、後藤政志、孫正義、石橋克彦氏などを起用したらどうか。

今月の自殺者は去年よりずっと増えて1ヶ月で3200人、このままでは4万人を越えるかも。福島が特段増えている。東京でも人身事故がよくある。

いまの国会議員などみんなやめても惜しくはないような。消費税を20%! なんかにする前に国会議員を100人に、地方議会の定員もうんと減らす。神楽坂辺りには建築ナンタラいう天下り団体がたくさんある。各省庁の天下り先のそういう法人もみんな潰す。しかるのちなら消費税増税をかんがえてもよい。しかし消費税とは導入時に論議があったように大衆課税で、金持ちにも貧乏人にも同じように払えというのだから、結局は貧困層いじめなのだ。

へんぴなミュージアム 海洋堂ホビー館四万十

2011年7月9日(土)高知県高岡郡四万十町打井川に

「海洋堂ホビー館四万十」がオープンします。

平成20年に廃校になった打井川小学校の体育館を改築してつくられたミュージアムで

公式サイトの説明によると

「【海洋堂 ホビー館 四万十】は、海洋堂の歴史とコレクションを集大成するミュージアムです。海洋堂の門外不出、世界一のプラモデルコレクションから最新フィギュア、さらには有名造型師たちの恐竜から美少女まで、あらゆるホビーを大量展示する見た事も聞いた事もないミュージアムです。」
とのことです。

公式サイト ⇒ http://www.hobbykan.jp/


海洋堂ホビー館館長・宮脇修さんのブログ「日々日(びびび)」から

オープンの告知
⇒ http://www.kisotengai.jp/blog.php?ID=705&cID=4

『四万十日用百貨店』の著者、迫田司さんが手がけられたホビー館のチラシ
http://www.kisotengai.jp/blog.php?ID=549&cID=4


四万十日用百貨店

四万十日用百貨店

  • 作者: 迫田 司
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2009/11
  • メディア: 単行本



造形集団 海洋堂の発想 (光文社新書)

造形集団 海洋堂の発想 (光文社新書)

  • 作者: 宮脇 修一
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 新書


[棚づくり]震災一色なのはいかがなものか?

8時40分徒歩で出社。ちょっと遅刻。 今日は朝レギュラーが一人お休みなので二人で雑誌の品出し。ミュージックマガジンがYMO特集(フジロックに出るんだって?)。お昼には売り切れました。さっそく電話で直送を頼みました。明日届きます。週刊現代の表紙がすごいデザインでびっくり。記事によれば講談社のあたり、少し放射線値が高いらしい。 お昼休みに自転車購入(注文してあったのが組みあがったのだ)。 今月末、新潮文庫から『根津権現裏』(藤澤清造)が出る。西村賢太が師と仰ぐ不遇の小説家の作品。当店は根津裏門坂を下りきっ ...

後席ぎょうざパーティー 関根亭(震災活動報告会を兼ねて)

後席ぎょうざパーティー関根亭
 東日本大震災チャリティ・アンサンブル・コンサート『第1回 光源寺アンサンブル・チャリティ・コンサート』終了後、光源寺境内では「後席ぎょうざパーティー 関根亭」が開催されました。 光源寺では地域住民らとともに東北大震災被災地への支援活動の中継となり、情報交換や活動の場として人たちが集まります。それらの活動状況は「谷根千震災字報 <http://311.yanesen.org/>」でも報告されています。福島県いわき市への支援活動が中心ですが、森まゆみさんや光源寺副住職である島田 絵加さんは、それぞれの縁から宮城県への支援活動を続けられています。 今回、光源寺副住職とともに宮城県石巻へ支援活動へ行かれ、「ほおずき千成り市」の手伝いもされている関根さんらで、『第1回 光源寺アンサンブル・チャリティ・コンサート』の打ち上げとともに「ほおずき千成り市」の準備と震災活動報告会を兼ねた、餃子パーティーが開かれました。 餃子パーティーの由縁は、関根さんが栃木県出身であるところから、東北の支援活動から戻る車中で、美味しい餃子でも食べながら活動の報告をしたいね、と他愛のない話で盛り上がったことからだとか。関根さんは「ほおずき千成り市」では鉄板焼きそばを焼く担当でもあり、その手慣らしも兼ねていました。
宇都宮・餃子専門店「正嗣[まさし]」のぎょうざ、100人前!! 餃子  
田口さん夫妻の綿あめ作り練習
第1回 光源寺アンサンブル・チャリティ・コンサート』の出演者、通りかかりに立ち寄ってくれた方を含めて、ぎょうざ(餃子6個+ビール)、綿あめ、アイスクリームが用意されました。また今年から「ほおずき千成り市」をお手伝いされる田口さん夫妻の綿あめ作り練習も兼ねて、ほおずき千成り市を手伝う若手組らが、ワイワイと楽しく「後席ぎょうざパーティー 関根亭」を開きました。
後席ぎょうざパーティー 関根亭(震災活動報告会を兼ねて) 開催: 2011年 6/19(日) 時間: 18:00頃〜 場所: 光源寺 境内 -- 募金として 餃子 6個 + ビール: ¥500〜 アイスクリーム: ¥100〜 綿あめ: ¥100〜 --   光源寺  

第1回 光源寺アンサンブル・チャリティ・コンサート

ユーフォニアム奏者として活躍後、指揮者、作編曲家、クリニッシャンとして活動されている戸田 顕[とだ あきら]先生の呼びかけから、光源寺(文京区向丘)にて、東日本大震災チャリティ・アンサンブル・コンサート『第1回 光源寺アンサンブル・チャリティ・コンサート』が開催されました。(2011.6.19)
第1回 光源寺アンサンブル・チャリティ・コンサート
  演奏会は法要以外では入ることがない本堂で開かれました。吹奏楽のアンサンブルが 7組集まり、それぞれ特徴ある演奏をされました。客席はやや少人数ではしたが、幼児から老人まで幅広い年齢層の人たちが集まりました。演奏曲はクラシックのアンサンブル曲のほか、民族音楽からアニメソングまで幅広いジャンルから、とても楽しく和やかに音楽が演奏されました。次回は 9月 4日(日)に予定されています。
光源寺アンサンブル・チャリティ・コンサート
  ■ 第 1回 光源寺アンサンブル・チャリティ・コンサート <http://tubium-akira.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-9448.html> -- 出演団体: 演奏順 東芝府中吹奏楽団 ユーフォニアム・テューバ・アンサンブル 相模原市民吹奏楽団 クラリネット・アンサンブル 彩たま低音'Sクラブ(ユーフォニアム・テューバ・アンサンブル) 足利市民吹奏楽団 サキソフォーン・アンサンブル 新宿かあさん ブラス・アンサンブル ジュリアン・クラリネット・アンサンブル KITI(ユーフォニアム・テューバ・アンサンブル) -- 開催: 2011年 6/19(日) 開演時間: 16:00〜 入場料: 無料 *義援金の寄付をお願い致します。 (後日、日本赤十字社もしくは各被災地災害対策本部へ送金する予定です) 会場: 光源寺 駒込大観音 本堂 住所: 文京区向丘 2-38-22 交通: 東京メトロ南北線「本駒込」駅より徒歩5分/東京メトロ千代田線「千駄木」駅より徒歩10分/都営三田線「白山」駅より徒歩8分 -- 主宰: 戸田 顕[とだ あきら] <http://homepage1.nifty.com/ATODA/> 協力: 光源寺 <http://www.city.bunkyo.lg.jp/visitor_kanko_jisha_kogenji.html> 後援: ASKS Winds 〜吹奏人のためのサイト〜 <http://askswinds.com/> --  

[棚づくり]辞書を注文しました

昨日はさるイベントに呼ばれて勝手なことを喋ってきましたが、そうそう勝手なことばかりしているわけでもなく、今日は地道に辞書を50冊あまり注文してみました。 NET21のお仲間を何店かピックアップして、1年分のPOSデータを集計し、棚の大きさとにらめっこしながら注文。こういうとき、まったくの個人店ではなく、チェーン店のような機能があるということは(なにしろ他の店の売れ行きがわかるのです。辞書をしっかり売ってらっしゃる店に教えを請うことが思いついたらすぐにできる)大いに助かります。 いろんなところに呼ばれて ...

百か日法要 / 池本英子

各地で百か日法要が営まれます。 いわきの「日々の新聞」の大越さんとお話しする機会がありました。 19日の日曜日には、被災したいわきの海岸のあちこちでは百か日法要があるんですよ。 皆が集まって法要するんですよ。 三ヶ月も過 … Continue reading 関連投稿:
  1. 【5/18-21】 いわきに行ってきました。/ 池本英子

ご家庭の不要はがき、ご提供ください! ー「ふくしま・いわき・応援団=ふぃお=FIO」より

「ふくしま・いわき・応援団=ふぃお=FIO」より 緊急のお願い ☆ご家庭の不要はがき、ご提供ください!☆ 「ふくしま・いわき・応援団=ふぃお=FIO」では、いわきで急速に統合・縮小してきている避難所から、仮設住宅や市の用 … Continue reading

原語で楽しむ「アリス」

朝日カルチャーセンター 新宿教室

7月期講座の受付が開始されています。


今期も高山宏先生の講座があります。


講座タイトル:原語で楽しむ「アリス」

日時:7月23日(土)、 8月20日(土)、 9月24日(土)の全3回。
   各回15:30-17:30


内容や申し込み方法など詳細はこちらをご覧ください。

⇒ http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=127998&userflg=0

人間交流の江戸美術史

『大江戸異人往来』(丸善ブックス、ちくま学芸文庫)、『江戸の身体(からだ)を開く』(作品社)、『大江戸視覚革命』(作品社)、『春画』(講談社メチ、講談社学術文庫)、『定信お見通し』(青土社)と高山宏先生が翻訳を多数手がけられた

タイモン スクリーチさんの新刊が
7月下旬に東京大学出版会から刊行される予定です。

今回の訳者は村山和裕さん。

タイトルは『人間交流の江戸美術史』

東京大学出版会のホームページの「これから出る本」によると
⇒ http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-083056-0.html

内容紹介
江戸中期の日本.唯一貿易が許されていた出島に到着したヨーロッパ人は,江戸参府の途中で京大仏を見,大坂では歌舞伎やからくりを見物した.そしてさまざまな人物と出逢い,交流を深めた.本書は,彼らの間を行き来した絵画や工芸品に注目し,モノが媒介する人間交流のありようを活写する.


となっております。

いわき市の四ツ倉高校避難所 炊き出し第5便(5月18日)日帰りのご報告 / 島田富士子

参加者 駒込蓬莱町会長の大畑清心さん、原通夫さん、黒沼力男さん。青年部の池田孝 二郎さん、婦人部の藤関芳江さんと井川錦子さん、小山美弥子さんの計7名。案内役の 島田富士子。かねてより日帰りでの参加を希望していた宮地美華子 … 続きを読む