震災日録 9月11日  おいしくて安全な野菜を食べてなおかつ福島を応援するためには

ニューヨークの9・11テロ事件の日。
きょうは日比谷公園からデモ。そして経済産業省を人の輪が包囲した。原発推進政策をやめろ、ということである。帰って朝刊を取ると鉢呂原発担当大臣辞任。
この人は「将来、日本の原発をゼロにする」と云った民主党では数少ない脱原発派。いくらおばかな大臣でも「放射能をくっつけてやる」なんていうかなあ。なにか原子力村の力が深部で動いている感じ。ヤマサキからもメール来た。
「軽率だとは思うけど、雑誌ではいくらでも活字になっている『死の町』だと発言したからと大騒ぎしてやめさせるのは、やめさせたほうが都合のいい人の扇動ではないか。現実やニュースを追いかけていないわたしには、言う資格無しと思うけど、そんなことでは言えることは皆無になるね」
『死の町』は許されず『天罰』は許されるのだろうか。
<民衆をヒステリーだといいし人 お里が知れる天罰だもの>

もう一つ、この間食物について悩んでいることにひとつの光明を見る思いであった。
デモ解散後、私は新橋駅前カタログハウスの店にいった。ここでは安全な福島の野菜を売っていると聞いた。震災前から福島の研究熱心な農家と米を中心に取り引きがあった。どうにか被災地を応援できないかと考え、福島の集荷センタージェイラップでも出荷野菜のセシウム含有量を生産地単位で抜き取りで測る、生産地が多いために測定できなかったものは新橋の店頭で測るということで8月26日から「安全な福島の野菜」を売り出した。
そしてここが凄い。その規制値には日本政府の例えば1キロあたり500ベクレルと言ったおおざっぱな暫定規制値でなく、世界で一番厳しいウクライナ規制値を適用する。たとえば野菜はウクライナ値では40ベクレル、果物は出やすいため70ベクレル、主食のパンは20ベクレル、卵は6ベクレル、飲料水は2ベクレル。店の方
「さいわいひとつも規制値を越える作物は入って来ていません。桃は35ベクレルでていますが規制値以下。知ってお客さまに判断して買っていただければいい。この規制値ですとふつうに食べ合わせても内部被曝は年間1ミリシーベルトにおさまります」
この測定機械はいくらですか?「350万円で買いました」。応用光研工業製の「微量放射能測定装置」である。しごと帰りに野菜を買いにくるリピーターも増えた。
こうすれば私たちは安心して福島の農家を、食べることで応援できる。
本郷で無農薬野菜や自然食品を長く普及して来た「大きなかぶ」の前主人にデモで会ったが「産地じゃない。同じ県でも地域によって値が違う。生産者によっても違う。とにかく徹底的に測ることです。測定器が高ければ行政に買わせることです」という。
生産者の方たちもしっかり測って、はっきり表示して、胸を張って出荷してほしいと思います。セシウムの話を避けては通れません。消費者もなんとなくではなく、しっかり表示を見てしっかり判断ししっかり応援しましょう。
(カタログハウスのお店は港区新橋1ー11-7-新橋センタープレイス 10時から19時まで 水曜休)内幸町から新橋ガードを越えてすぐ左側。お買い物が楽しくて紅花の口紅など買ってしまいました)
http://www.cataloghouse.co.jp/shop/tokyo/

震災日録 9月10日 谷中の防災コミュニティセンターは地区住民みんなのものである

新米はおいしい。いい匂い。このお米、誰が作ってくれたんだろう。
野菜を食べてもいつも誰が作ったんだろう、と考えながらいただく。こどもの頃「いただきます」と箸を持って一礼したのは、このことだったんだな。
夜、谷中コミュニティセンターの建築について、ワークショップあり。
しかしまだ「谷中のコミュニティセンターのことなのに文京区民が意見を言うのはおかしい」という人もいる。これに反論したい。

1、今回の震災を見てもその場にいた他地区の人が避難するのは当たり前。区界にあるコミセンには文京区、荒川区、北区、そして谷中への通勤者、通学者、観光客なども一時避難することが考えられる。

2、それについて23区では緊急時の避難は相互に受け入れるよう協定がすでにある。台東区の区民も行きやすければ(コミセンへの道が塞がれたりすることもある)根津小学校や千駄木小学校でも受け入れます。

3、防災コミセンは初音の森防災広場とおなじく、国、都の補助金が使われ、すなわち
国税、都税をはらっているすべての市民は発言する権利がある。

ちなみに白山在住の私の避難はまず小石川植物園が広域避難所、避難生活はわが母校誠之小学校で送ることになるらしい。そこには簡易トイレ、水、食糧、毛布などが備蓄されていると言う。ちゃんと覚えておかなくては。それぞれ確認しておいたほうがいいよ。

震災日録 9月9日 新米を買う

今日は久しぶりに北里の検診で漢方の薬を貰い、鍼を打ってもらった。そのためか夜、近所の楽しい飲み会に行ったのに酔いが回って団子坂で倒れそうになった。病人継続中ということも忘れないようにしなくては。
それこそお米がなくて台所の隅にあった古米を炊いていたのだが、さすがに文句がでて本郷通りのお米屋さんで3キロ買った。その場で精米してくれた。食べたことがないから宮崎の新米。やっぱり西の方が売れますか、と聞くと「どこのも安全性は検査済みです。あんまり気にすると食べるものがなくなるよ」とご主人。本当だ。次は福島や宮城を試してみよう。石巻からサンマが届いた。これは北海道産だった。三枚におろし、身は刺身にして、骨つきのところは焼いて、大根おろしとすだちで食べる。うまし。

震災日録 9月8日 食べるものへの心配

一日家でしごと。9月になっても暑さ去らず、この夏は本当にクーラーなしで乗り切った。テレビも地デジ化せず見られない。人のうちに行くと見せてもらう、そのくらいでじゅうぶん。
こんなブログを何人の方が読んでくれているのかわからないが、このおそろしい時代を記録しておくことは意味があるとおもう。しかし自分でもハイになったり、冷静さを欠いたり、断定的になったりしている。正直に書いたことが人を傷つけることもある。丸森で買ってきた野菜をめぐる話は親子の葛藤、食物に関する世代の感じ方の差について書いたつもりだったが、友人からメールが来た。
自分の第二の故郷、人ごとではないと思っているのだが、地名を書くことで嫌な思いをさせることもある。書き方が不正確でした。娘は福島の子どもたちの被曝量を政府が上げたことについてずっと取材していて、わたしより内部被曝についてしっかりしたデータと考えを持っている。私が「一回だけだし」といったのを「毎日食べている」当地の子どもたちのことを心配しろといったのだ。トウモロコシもおいしい、あまいと食べていました。
9月4日の陸前高田の松の京都でのお焚きあげについても、もっと複雑な事情と意見があるようで、撤回。認識がすすめば前言を訂正することはあり得る。愚かで弱い人間の言としてお許しください。しかし訂正するときはちゃんと断ります。
東京にいるとどうしても消費者目線になりがちだ。ダイヤモンドの吊り革広告『汚れるコメ』を見て、いやな特集だなあ、と思ったのに。
きのう仕事できた人は「結婚したばかりでこれから子どももほしいし、外食は避けてます。水もペットボトル、食品は産地を見て買っています」といっていた。その気持ちもわかる。でもこんなことが続くと、生産者と消費者、親と子、情報を持つ人と持たない人、または気にする人としない人、いろんなところに分断が生まれていく。厳しい中で農業を続けている人があきらめてしまう。それがこわい。

入荷商品一覧 更新

入荷商品一覧 9月12日 更新しました。 美術、建築を中心に全体で100冊ほどの更新。外国文学には月刊ペン社の妖精文庫が並びました。一覧のなかの青い文字が新着です。 <ご注文、お問い合わせ> メール albatross@yanesen.net 電話 03-6479-6479

7/26~9/10にお預かりした救援金カンパと支援支出の報告 / 山崎範子

【報告1】7/26~9/10にお預かりした救援金カンパは158,000円、ほか四倉復興際のための物資もたくさんいただきました。 大沢さん、市座さん、片岡さん、遠藤さん、鈴木さん、吉田さん、鎌野さん、紫草さん、相浦さん、キャット・ドラゴンさん、金子さん、神田さん、倉田さん、服部さん、(株)杉元さん、渡辺さん、畦さん、ほか匿名のみなさん、ありがとうございました。 【報告2】8月3日にいわきへ日帰りでボランティアの昼食提供とどぶさらいに行きました。このときに仮設住宅のあるいわき中央台ニュータウンへ飲料水用タンク2個を差し上げてきました。費用約39,000円をカンパより支出させていただいています。 現在物資の募集は中止しています。形を変えながら、まだまだ細く長い支援になります。これからもよろしくお願いいたします。 山崎範子(谷根千工房) 関連投稿: 救援金カンパのご報告 【募集と報告】駒込谷根千光源寺隊 山の湯の署名を文京区に届けました 関連投稿:
  1. 救援金カンパのご報告
  2. 【募集と報告】駒込谷根千光源寺隊
  3. 山の湯の署名を文京区に届けました

10月2日(日) 日没後 回文Bar 蝉の店 リアルオープン

不忍ブックストリート秋も一箱古本市プレイベント 本が好き、本も好き、回文だって好き好き!   回文Bar 蝉の店  とき  2011年10月2日(日) 日没後  ところ 古書信天翁  木戸銭 300円(回文エントリー+α) ......? せみのみせ? 回文Barって......?? そんなみなさま、まずはこちら”蝉の店のママ”こと音の台所さんのブログをご覧くださ・・・

写真集を贈る日

10月1日は「写真集を贈る日」です。

由来はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.seigensha.com/dialy.htm の20110921 10月1日は「写真集を贈る日」。



今年から始まった「写真集を贈る日」を記念して

リブロ池袋本店(会場は西武池袋本店別館8階池袋コミュニティ・カレッジ コミカレホール)にてトークイベントが開催されます。


「10月1日は写真集を贈る日」

日時:10月1日(土) 午後18時30分~
参加チケット:2,100円(税込)
参加チケット販売:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
定員:120名

第1部は、多くの写真集を刊行している6社(赤々舎、青幻舎、ナナロク社、ピエブックス、マッチアンドカンパニー、リトルモア)の編集・製作・販売担当者が一堂に集まり事前に応募いただいた方の写真作品を用いて、「編集会議」を開催。

第2部は川島小鳥さんのトークイベントです。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.libro.jp/news/archive/002108.php


写真集ならば、羽鳥書店からも

永禮賢『mind encode』

松本典子『野兎の眼』

を発売中です。


mind encode

mind encode

  • 作者: 永禮 賢
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2010/03/26
  • メディア: 大型本



野兎の眼

野兎の眼

  • 作者: 松本 典子
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2011/04/21
  • メディア: 単行本


谷根千・駒込・光源寺隊より報告 / 島田富士子

おかげさまで盆踊りも終わりました。「谷根千・駒込・光源寺隊」はビールと焼き鳥の屋台で5万円強の利益となりました。10名の方に準備や売り子に手を挙げていただき、楽しみながら支援費をつくることができました。 これでひと段落が … Continue reading 関連投稿:
  1. 【報告】いわき市久之浜でどぶさらいをしました / 島田富士子
  2. いわき市の四ツ倉高校避難所 炊き出し第5便(5月18日)日帰りのご報告 / 島田富士子

9月15日(木)~17日(土) 上野駅中央改札前で宮城産直市 / 森まゆみ

いわき関係の記事がにぎやかですが、わたしは宮城県丸森町を支援しています。 5年間、畑を借りていました。内陸の里山で比較的震災の被害は軽微でした。 が、一山越えた山元、岩沼、亘理、福島県新地、相馬あたりは壊滅で、そこからの避難者を受けいれ大変でした。私の借りていた小屋にも被災者が入っています。筆甫中学校には南三陸町からの被災者が百人以上集団で避難しました。 それから原発から50キロということで、なかなか農作物も苦戦しています。 15ー17に友人たちが農作物を上野駅で売りますので紹介させてください。 さて、今週上野駅で開催される、宮城産直市に出店します。 JR東日本グループ主催の「地域再発見プロジェクト」の一環です。 日時 9月15日(木)~17日(土) 午前11時~午後8時 最終日のみ午後5時まで 場所 上野駅中央改札前 グランドコンコース 中央改札の真っ正面です。 宮城の観光や物産を宣伝してきます。 新鮮野菜、桃、梨、リンゴ等の果物、社会福祉法人 はらから福祉会のかりんとう、牛タンカレー、油麩丼。 マルコー食品の米麺、う米米(うまいまい)麺等等、 石塚養蜂園の純粋はちみつや蔵王のハーブも売れ行き絶好調 間違いないでしょう。 うちのたけのこカレーやたけのこごはんの素も売れるといいなぁ。 とにかく、宮城県の物産を胸を張って販売してきます。 (八島哲郎さんより) 丸森は15000人の小さな町ですが、町独自で東北大学に依頼して空気中や土壌、川の水質、農作物の放射性物質を測定し発表しています。ほとんどND(検出せず)です。データを見て応援してくださる方はよろしくお願いします。おいしい米の産地ですが、お米も宮城県の調査では何も出ていません。 丸森町災害対策本部および丸森町からのお知らせ 東京電力福島第一原子力発電所の事故に関する情報 なんとなく北のものは買わないではなく、データを見て自主判断することが大事です。一キロあたり500ベクレルという国の規制値は高すぎますが。わたしは自分の年齢(57)でもう子供を生まないので、データを確認して食べようと思います。いろんな考えがあると思いますが。そうしないと東北の農家はただでさえきびしいのに農業を断念せざるを得なくなり、やがては私たちの首を絞めることになるでしょう。

第2回 初音の森のおんがく会「ケルト音楽を楽しもう」

g-celt
 谷中コミュニティセンターの主催の音楽イベント、第2回 初音の森のおんがく会「ケルト音楽を楽しもう」が開催されました。第 2回は東京藝術大学 ケルト音楽研究部「g-celt(ジーケルト)」を招いての『ケルト音楽を楽しもう』、アイルランド伝統音楽の演奏とセットダンスが披露されました。(2011.9.10) 「初音の森のおんがく会」は、様々なジャンルの音楽を、子供からお年寄りまで一緒になって楽しんでもらおう、と企画された音楽会です。また、お年寄りから子供まで楽しめるこの音楽会を縁に、地域の人達の交流の場となるように...との企画を担当されている土屋淳子さんの思いが込められています。
先日の藝祭2011(2011.9.2、3)では、矢野顕子さんと芸大生が様々な形でコラボレーションする企画「やの屋」の一員として共演した東京芸術大学ケルト音楽研究部「g-celt(ジーケルト)」の皆さん。ケルト音楽の楽しさをしってもらうため、各地でライブを開催されていて、古書ほうろうでも何度かライブをされています。今回はダンスメンバーも引き連れての楽しい演奏会でした。
g-celt
第 1回 初音の森のおんがく会「ケルト音楽を楽しもう」 出演: 東京藝術大学 ケルト音楽研究部「g-celt[ジー・ケルト]」 <http://www.geidai.ac.jp/labs/g-celt/icf/> 開催: 2011年 9/10(土) 時間: 16:00 - 17:00 場所: 谷中コミュニティセンター <http://www.city.taito.lg.jp/index/shisetsu/kuminkan/yanaka.html> 主催: 谷中コミュニティ委員会 / 企画: 土屋 淳子 住所: 台東区谷中 5-6-5  
g-celt,初音の森
 

ぺけ市

2011年9月10日(土)

ペケ市です

休み明け充実しています!ぜひ!!

Atelier as(イラスト)
家鴨窯(陶の動物)
RM Kalimba(カリンバ、アクセサリー)
キムラペケ(ペケな皮グッズ)
クルテ絵ガラス商店(ステンドグラスのアクセサリー)
cocoon(野菜の皮を使った小物)
スリッパのマーガレット
DOG BRUNA(犬の帽子、アクセサリー)
文袋屋(布の袋物)
ポメラニ舎(陶の小物)
道草庵(草小物)

[イベント]イラスト展「こまものやさんからのお便り」

f:id:koshohoro:20110910141355j:image:w250:right

芸工展2011 参加企画

イラスト展

こまものやさんからのお便り

10月8日(土)〜23日(日)

月〜土 12時〜23時/日・祝 12時〜20時/水曜定休

古書ほうろう店内にて 文京区千駄木3-25-5 03-3824-3388 地図⇒


天野 みか(こまものや:http://twitter.com/comamonoya

児童書専門店、児童書版元、児童書と人文書半々版元を経て、現在は人文書版元勤務。エッセイやノンフィクションの書籍を作っています。

自分の描いたイラストたちが、こうして新たなよそおいで皆さまのお目にかかれるのは、なんだか夢のようです。

・・・・・・・・・・

関連イベント

つるぎ堂ワンコインワークショップ

10月15日(土)、16日(日)

活版印刷のつるぎ堂さんが、こまものやさんのイラストを使って、印刷体験のワークショップを開催してくださいます。

時間や内容は決まり次第こちらに掲載いたします。ご予約不要のワークショップです。

・・・・・・・・・・

期間中のイベント

吉上恭太のサウダージな夜 第13回

10月21日(金)20時より

こまものやさんのイラストが飾られた店内で、お馴染み恭太さんのサウダージな夜でのんびり過ごされるのはいかがですか。

演奏中は、展示箇所により見づらい部分もあるかと思いますので、余裕を持ってご来場くださることをお薦めします。こまものやさんこと、天野みかさんも来てくださる予定です。


※上記イベントの他にも、いろいろ計画中です。決まり次第こちらでお知らせします!

さてさて、この秋は、展覧会を開きます。

描いた人は天野みかさん。人文書の版元で編集のお仕事をされています。〈わめぞ〉や〈あいおい古本まつり〉の運営もされているので、名前を知らなくても、顔を知っている方も多いかもしれません。〈こまものや〉さんというのは、彼女の屋号です。

いつどこで本業は編集者の彼女のイラストと出会ったかというと、それは毎月送ってくださる、お勤め先のPR誌に添えられるお手紙でした。そこには挨拶の一筆とともに、細ペンで描くイラストが添えられているのです。

一見おちゃめ、でもよくよく見ると、えっ、て思わず声を出してしまったり、ドキッとしたり。毎月封を開け、ぷぷっ、とひとり笑うのがたのしみなのです。チラシに載せた、メロンは、この夏のアフガニスタン帰りに届いたお便りです。イラストは小さくてとてもささやかな存在なのに、くすぐり役として偉大。月に一度のぷぷっ、に励まされてる気持ちになることもありました。どうしてこんなこと思いつくんだろう、って、天野さんの頭の中をちょっと覗いてみたい気になります。

思いは募り、昨年の一箱古本市に遊びに来てくれた天野さんに、帳場の中から突然プロポーズしました。一瞬鳩が豆鉄砲食らったみたいな顔をした天野さんでしたが、その場でOKしてくださいました。

はやる思いもありましたが、店のあちこちに天野さんのイラストが飾られたら、賑やかになるだろうな、お客さんもたのしんでくださるんじゃないかな、とぼんやりしたイメージを、自分の中でうまく着地させて、天野さんにも満足してもらえるような展示にしたいという気持ちも強くありましたので、結局実現するのに1年かかってしまいました。

多くのお運びを心よりお待ちしております!

ほーんとうに、お薦めなんです。出来るだけ点数多く飾る予定です。同じようにお便りを受け取っている方たちの中にも、彼女のイラストファン、たくさんいらっしゃると思います。そんな方達にイラストたちと再会してもらえたらうれしいですし、全然、知らない方にもぜひ観て戴きたいです。ちょっとクサクサしていても、帰る時には幸せな気分になっていますよ。


天野さん在店予定日 

下記の日はお飲物の持込みOKです。天野さんとおしゃべりしつつ、ゆっくりご覧ください。

10月8日(土)、9日(日)、10日(月祝)

  15日(土)、16日(日)

  21日(金)

※時間帯などは当店までお問い合わせください。

sen ノ 展(sen no ten)

 千駄木の惣菜&定食「檸檬の実」2Fにて、「やきもの工房 京千」(長崎県波佐見町)から生まれた「sen」の陶芸展が開催されています。(2011.9.6~11) 長崎県波佐見町は"波佐見焼"で知られ、隣接する有田町の"有田焼"とともに、やきものの町として知られています。波佐見町にあります「やきもの工房 京千」の若き陶芸家・長岡 千陽さんらが企画し、制作する陶器が"sen"です。"sen"のアイデアあふれる陶器の新作を紹介、展示販売しています。 j檸檬の実2F   ■ sen ノ 展 <sen no ten> <http://sentosen.net/2011/07/sen-no-ten%EF%BC%8Aremo/> 開催期間: 2011年 9/6(火)~11(日) 営業時間: 11:00 - 19:00(食堂: 12:00~) 場所: 檸檬の実 2F 住所: 文京区千駄木 2-28-9 -- sen <http://sentosen.net/> やきもの工房 京千 <http://www.kyosen-nagasaki.jp/> --- 表情が甘すぎない陶器の動物や、ドイリー柄をモチーフにした皿
置物,sen
皿,sen 形あれこれ、色とりどりの陶器のボタン 11090913.jpg   アクセサリーやうつわなど
ボタン,sen
sen,皿 生地屋の削り屑を固めてつくられた器、泳ぐ人の箸置きが楽しい。
小皿,sen
箸置き,sen
  檸檬の皿<檸檬の実 × sen>
檸檬の実,sen
 

震災日録 9月7日 不適切テロップ

東海テレビの不適切テロップに関する陳謝番組を見る。長いわりに退屈。
それにしても23秒って長い。この間『怪しいお米セシウムさん』が流れていたとは。
もともと被災地岩手の米を応援しようという善意から出た企画だったのに。
さすがに岩手の農業者の声は重い。自分たちもびくびくしながら、しかし生活かかって米を作っているのになんだ! という怒りはもっともだ。
しかし当事者でもないのに、かさにかかって放送局ばかりを責め立てる視聴者にはあんまり共感できない。くわえて私の考えでは事前に知っておきながら訂正努力を怠ったタイムキーパーやAD、ダミーを放送したタイムキーパーやよそ見していたディレクターの罪の方が大きいと思うが、下請けの制作者が懲戒免職になっておしまい、という、よくあるとかげのしっぽきリ。しかもこの男性は我が社の社員でもないし、子会社の社員でもありません、という文言の冷たさ。
なお、だんじて岩手の「ひとめぼれ」のことをさして言うのではないが、政府や県が農作物の安全性についてのしっかりした対応をとらないでいるため、消費者の中には「お米にセシウムが含まれていないか、今までの農産物に付いての発表は怪しい」という気持ちが醸成されていた。おふざけとはいえ、今回のテロップにはなにがしかの民衆意識の真実は含まれると考える。懲戒免職になるべきなのは下請けのライターでなく、東京電力や政府の中にいるはずだ。
東海テレビの社員アンケートを全部公表すべきだ。この会社はドキュメンタリーなどではたくさんの弱いものに寄り添った傑作を作ってきた。「約束」は徳山ダムの住民が行政とした約束を破られる話、「黒と白」は名張ぶどう酒事件は冤罪ではないかという投げかけ、「光と影」は光市母子事件で加害者側の弁護士団の苦闘、ユニークな視点で多くの賞をさらっている。しかしピーカンテレビの二部を見るとどうだ、ほとんどCMとテレビショッピング、そんなのに放送法でいう大事な電波を占有されてたまるかと思う。東海テレビが営利追求、合理化による労働強化でなく、真にジャーナリズムに値する放送局に変身することを望む。