建石修志さん


15日(火)まで開催中の

【紀伊國屋画廊】 高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展

この展示ために作品をお借りしている建石修志さんのホームページはこちらです。

⇒ http://cherubim.verse.jp/

現在、紀伊國屋画廊では、
高山宏『庭の綺想学』(ありな書房) のカバーのために描かれた作品などが展示されています。



建石修志さんの作品が使われている本です。


エクスタシー (高山宏椀飯振舞 (1))

エクスタシー (高山宏椀飯振舞 (1))

  • 作者: 高山 宏
  • 出版社/メーカー: 松柏社
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本



幻視者のリアル (幻想ミステリの世界観) (キイ・ライブラリー)

幻視者のリアル (幻想ミステリの世界観) (キイ・ライブラリー)

  • 作者: 千街 晶之
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/03/24
  • メディア: 単行本



樹霊の塔 伊集院大介の聖域 (講談社文庫)

樹霊の塔 伊集院大介の聖域 (講談社文庫)

  • 作者: 栗本 薫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/12/15
  • メディア: 文庫


不忍ブックストリーム 第31回「祝開店15周年! 往来堂書店スペシャル」

11月16日(水)22:30からスタートです。いつもより30分遅いです、ご注意ください。

不忍ブックストリーム、第31回のテーマは、「祝開店15周年! 往来堂書店スペシャル」。
1996年11月18日に開店から15周年を迎える、千駄木の往来堂書店。その記念日の2日前に、店内からユーストリームでの中継を行います。
笈入店長や店員さんらにお話を聞きつつ、この店の魅力をお伝えします。
なお、営業時間中からのスタートにつき、最初ちょっとバタバタするかもしれませんが、辛抱強く見てください。

この日、往来堂スタジオに観覧にいらっしゃる方を募集します。
カメラでのコメントをお願いすることがあるのでご了承ください。
希望者は shinobazu@yanesen.org までご連絡ください。先着10名様までです。

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream

[終了したイベント]こまものやさんからのお便り おまけ編

f:id:koshohoro:20111113200501g:image:w500

イラスト展「こまものやさんからのお便り」にあわせて作った、こまものやさんイラストの活版ポストカードが、ぐるりと旅をして物語を運んできてくれました。一日おきくらいに一枚ずつ、ポストを開けるのがたのしみでした。郵便屋さんが直接手渡してくれた日もありました。物語の作者は、川村之さんです。

10月22日のサウダージな夜では、吉上恭太さんがこの物語を即興で歌ってくださったのでした♪

では、届いた順にご紹介。写真をクリックして、さらにオリジナルサイズを表示をクリックすると大きくなります。

f:id:koshohoro:20111113200506g:image:w360

f:id:koshohoro:20111113200505g:image:w360

f:id:koshohoro:20111113200502g:image:w360

f:id:koshohoro:20111113200503g:image:w360

f:id:koshohoro:20111113200504g:image:w360

[高山宏 展]紀伊国屋画廊トークライブ

高山宏「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展
   紀伊國屋書店新宿南店7F、紀伊國屋サザンシアター(渋谷区千駄ヶ谷)にて開催された 高山 宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学(2011.11.12)の翌日。急遽、紀伊国屋画廊(新宿区)『高山宏「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展』でも高山宏さんのトークライブが開催されることになりました。(2011.11.13) 自身の著書や蔵書、書斎机の前で繰り広げられるトークショー。展示されていた"テーブル論"をモデルに、高山宏さんの「知」をめぐる思考の手順となるヒントを少しだけタネ明かししてくれたり、「O.E.D.[Oxford English Dictionary]」を引くことの面白さを説いてみせたり、ジャンル(領域)を超えて発見し、紡いでいく「知」の物語について語ってみせたり、二時間を超える濃密なトークでありました。 ■ 高山宏のギャラリートークに酔うMの日記@古本T) <http://tmasasa.exblog.jp/16873723/>
紀伊國屋画廊
  ■ 高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展 <http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115800.html> 緊急トークライブ: 11/13(日)16:30〜18:30 会期: 2011年 11/10(木)~15(火) 時間: 10:00 - 18:30(最終日 17:00まで) 料金: 入場無料 主催: 羽鳥書店 <http://www.hatorishoten.co.jp/> 会場: 紀伊國屋画廊紀伊國屋書店新宿本店 4F) 住所: 新宿区新宿 3-17-7 高山宏,「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展  

[不忍ブックストリーム] なんと! 往来堂からお送りします!!

★第31回 不忍ブックストリーム「祝開店15周年! 往来堂書店スペシャル

11月16日(水)22:30からスタートです。いつもより30分遅いです、ご注意ください。

不忍ブックストリーム、第31回のテーマは、「祝開店15周年! 往来堂書店スペシャル」。

1996年11月18日に開店から15周年を迎える、千駄木の「往来堂書店」。その記念日の2日前に、店内からユーストリームでの中継を行います。

笈入店長や店員さんらにお話を聞きつつ、この店の魅力をお伝えします。

なお、営業時間中からのスタートにつき、最初ちょっとバタバタするかもしれませんが、辛抱強く見てください。

この日、往来堂スタジオに観覧にいらっしゃる方を募集します。

カメラでのコメントをお願いすることがあるのでご了承ください。

希望者は shinobazu@yanesen.org までご連絡ください。

先着10名様までです。

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream

[高山宏 展]新人文感覚2 雷神の撥(ばち)のサイン

高山宏「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」
   タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F、紀伊國屋サザンシアター(渋谷区千駄ヶ谷)にて開催されました、高山 宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学の終了後、サイン会がおこなわれました。(2011.11.12) 高山宏さんは梅が好きとのことでした。羽鳥書店刊行『新人文感覚2 雷神の撥』のサインは、1000頁を超える分量を生かした粋なサイン箇所。書籍の天〜小口〜地にわたり、購読者名と署名(地)の前段に万葉集の歌が添えられました。 『梅の花 夢に語らく みやびたる 花と我思ふ 酒に浮かべこそ大伴旅人 梅の花 夢に語らく みやびたる 花と我思ふ 酒に浮かべこそ   かっこいいサインだなあ。まるで装丁の一部のような美しいサイン。ちなみに『新人文感覚1 風神の袋』へのサインは、 『白珠は 人に知らえず 知らずともよし 知らずとも 吾は知られば 知らずともよし元興寺僧 白珠は人に知らえず知らずともよし 知らずともわれし知れらば知らずともよし    

[高山宏 展]知の風神・学の雷神 脳にいい人文学

紀伊國屋サザンシアター タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F、紀伊國屋サザンシアター(渋谷区千駄ヶ谷)にて、高山 宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学が開催されました。(2011.11.12)
膨大な記憶と知識を駆使しながら、想像力と構成力を働かせて構築される「知と戯れる技術」。妖しく巧みな話術に翻弄され続ける90分間。シナリオもなく、ただ上梓された二冊の本に書かれたいる(と思われる)話題を、ジャズにおける即興(Improvisation)を奏でるが如く、語り続ける高山宏さんのトークに、右脳と左脳が揺さぶれる1時間半のトークでした。
高山宏「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」
  トーク終了間際、来日中のタイモン・スクリーチ[Timon Screech]さんによる高山宏さんへの讃辞を込めたスピーチもありました。
Timon Screech
  《第94回紀伊國屋サザンセミナー》 ■ 高山宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント 「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」 <http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115900.html> 開催: 2011年 11/12(土) 時間: 開場 18:30〜 /開演 19:00 料金: ¥1,000(税込・全席指定) 会場: 紀伊國屋サザンシアター 住所: 渋谷区千駄ヶ谷 5-24-2(タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F) □ サイン会 講演終了後、サイン会を開催します。会場ロビーにて『新人文感覚1 風神の袋』、『新人文感覚2 雷神の撥』(11月刊行予定)、『かたち三昧』をお買い上げの先着150名様に整理券を配布いたします。 --- ■ 高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展 <http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115800.html> 会期: 2011年 11/10(木)~15(火) 時間: 10:00 - 18:30(最終日 17:00まで) 料金: 入場無料 主催: 羽鳥書店 <http://www.hatorishoten.co.jp/> 会場: 紀伊國屋画廊紀伊國屋書店新宿本店 4F) 住所: 新宿区新宿 3-17-7 ---

水族館劇場『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』公演のご案内

水族館劇場から頂戴したご案内テキストを掲載いたします。 ご参照ください。 チケットの予約や先行発売はございません。すべて当日各会場での到着順受付となります。各日内容が違っておりますので二日以上ご覧になる場合は三日間遠し券がおすすめです。この場合も、最初にいった会場で遠し券(チケットはこの通し券のみ)をご購入いただくシステムです。いちど大観音に来られた方ならご存知のように、われわれは木戸・・・

[高山宏 展]一度は酔いたまへ、伝説のライヴ!

一度は酔いたまへ、伝説のライヴ!
明日から、情報を見る目、
文化を聴く耳、一変っ!


「論理は明快、音吐は朗々、抑揚に富み、修辞は多彩、畳みかける 説得の話術は、張儀・蘇秦もかくや」(鈴木成文/建築学者)とまで 言われた滔々の弁説が「新人文感覚」の魅惑を今宵語り尽くす。
高山宏「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展
  2011年 11月 12日(土)、紀伊國屋サザンシアタータカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F)にて、 高山宏新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」が開催されます。(2011.11.12)   高山宏さんの巧みな話術は、知識の海を想像の空を縦横無尽に駆け巡り、聴く者の脳を陶酔させる麻薬のような効果があります。著作を読んだことがない私にさえ、まったく理解していない「マニエリスム」を面白いと思わされる魔力があります。 生きて伝説と化す、高山宏さんのトークをご堪能下さい。 当日はトークショー後、最新刊『新人文感覚2 雷神の撥』を先行発売するとともに、羽鳥書店刊行の高山宏さん著作お買い上げの方へのサイン会も開きます。 ---   《第94回紀伊國屋サザンセミナー》 ■ 高山宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント 「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」 <http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115900.html> 開催: 2011年 11/12(土) 時間: 開場 18:30〜 /開演 19:00 料金: ¥1,000(税込・全席指定) 会場: 紀伊國屋サザンシアター 住所: 渋谷区千駄ヶ谷 5-24-2(タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F) □ サイン会 講演終了後、サイン会を開催します。会場ロビーにて『新人文感覚1 風神の袋』、『新人文感覚2 雷神の撥』(11月刊行予定)、『かたち三昧』をお買い上げの先着150名様に整理券を配布いたします。 ■前売取扱 キノチケットカウンター(新宿本店5階/受付時間10:00~18:30) 紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7階/受付時間10:00~18:30) ■電話予約・お問合せ 紀伊國屋サザンシアター 03-5361-3321(10:00~18:30) --- ■ 高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展 <http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115800.html> 会期: 2011年 11/10(木)~15(火) 時間: 10:00 - 18:30(最終日 17:00まで) 料金: 入場無料 主催: 羽鳥書店 <http://www.hatorishoten.co.jp/> 会場: 紀伊國屋画廊紀伊國屋書店新宿本店 4F) 住所: 新宿区新宿 3-17-7 ---
新人文感覚
  『新人文感覚1 風神の袋』<http://www.hatorishoten.co.jp/74_96.html> 『新人文感覚2 雷神の撥』<http://www.hatorishoten.co.jp/74_98.html>

[高山宏 展]学問はアルス・コンビナトリアというアート

羽鳥書店刊、高山宏新人文感覚』全2巻(『新人文感覚1 風神の袋』『新人文感覚2 雷神の撥』)完結を記念して、紀伊國屋画廊紀伊國屋書店 4F)にて、『高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展』が開催されます。(2011.11.10〜15)   自宅書斎で使われている机や椅子も展示、実際に座ることが出来ます。 高山宏「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展   膨大な知識と仕事量から、"超人"、"学魔"と渾名される高山宏さん(現 明治大学国際日本学部教授)の研究室と自宅から蔵書をあつめ、書斎を再現しました。愛読の『神曲』限定豪華本、ピラネージ古ローマ地図も展示されます。 交遊アーティストたちの詩画作品、検索できぬ書目情報なしと噂された手書き大ノート「ビブリオ・マシン」(松岡正剛氏蔵。氏へ生前贈与された現物)、手書き原稿、書簡、幼少時から水族館劇場出演時の写真など、本邦初公開の品々が出展されています。   自作「ビブリオ・マシン」と、久しぶりの対面を果たす高山宏さん。 ビブリオ・マシン   ■ 高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展 <http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115800.html> 会期: 2011年 11/10(木)~15(火) 時間: 10:00 - 18:30(最終日 17:00まで) 料金: 入場無料 主催: 羽鳥書店 <http://www.hatorishoten.co.jp/> 会場: 紀伊國屋画廊紀伊國屋書店新宿本店 4F) 住所: 新宿区新宿 3-17-7 --- 《第94回紀伊國屋サザンセミナー》 ■ 高山宏『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント 「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」 <http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115900.html> 開催: 2011年 11/12(土) 時間: 開場 18:30〜 /開演 19:00 料金: ¥1,000(税込・全席指定) 会場: 紀伊國屋サザンシアター 住所: 渋谷区千駄ヶ谷 5-24-2(タカシマヤタイムズスクエア 紀伊國屋書店新宿南店7F) □ サイン会 講演終了後、サイン会を開催します。会場ロビーにて『新人文感覚1 風神の袋』、『新人文感覚2 雷神の撥』(11月刊行予定)、『かたち三昧』をお買い上げの先着150名様に整理券を配布いたします。 ■前売取扱 キノチケットカウンター(新宿本店5階/受付時間10:00~18:30) 紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7階/受付時間10:00~18:30) ■電話予約・お問合せ 紀伊國屋サザンシアター 03-5361-3321(10:00~18:30)  

高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展

いよいよです。
開催期間が短いのでご注意ください。

【紀伊國屋画廊】

高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展

(2011年11月10日~15日)

博学博読をもって学魔、眠りを忘れた仕事量によって超人と呼ばれ、人文学百花繚乱の1980年代、多くのイベントの影のフィクサーと囁かれた高山宏の仕事の場を、大震災による瓦解からの再建をこれ一回限り夢みて、はじめて開示。ファン垂涎の精選洋美術書数百点を中心に、愛読の『神曲』限定豪華本、ピラネージ古ローマ地図、交遊アーティストたちの詩画作品を飾る。検索できぬ書目情報なしと噂された手書き大ノート「ビブリオ・マシン」(松岡正剛氏蔵。氏への「生前贈与」)もこれを機に。

会  期|2011年11月10日(木)~15日(火) 10:00~18:30(最終日17:00まで)
会  場|紀伊國屋画廊(紀伊國屋書店新宿本店4F)
料  金|入場無料
お問合せ|紀伊國屋画廊 03-3354-7401
主  催|羽鳥書店

⇒ http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115800.html



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆《第94回紀伊國屋サザンセミナー》
高山宏 『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント
「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」

一度は酔いたまへ、伝説のライヴ!

日  時|2011年11月12日(土) 19:00開演(18:30開場)
会  場|紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F)
料  金|1,000円(税込・全席指定)
共  催|羽鳥書店・紀伊國屋書店

詳細 ⇒ http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115900.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

江戸の歌舞伎音楽×市田邸

e6ad8ce8889ee4bc8ee99fb3e6a5bde3818ae38282e381a6s4

江戸の歌舞伎音楽×市田邸

―音曲と裏ばなし―

 

日時:平成231119日(土)

       1120日(日)

   17:30開場、18:002時間程度

 

 

出演:岡本紋弥/早瀬詠一郎、杉浦聡

 

会場:上野桜木・市田邸

  (東京都台東区上野桜木1-6-2

   JR 上野駅から徒歩10

地下鉄千代田線根津駅から徒歩10

 

定員:35名(先着順)

 

 

会費:一般3000円(たい歴正会員・地域住民割引2800円)

   日本酒or抹茶のいずれかをご提供します。

   お申込み時にご希望をお聞かせ下さい。

 

 好評だった前回の「胡弓と廓ばなし」につづき、今回は「江戸の歌舞伎」世界について新内語りの岡本紋弥(時代小説作家の早瀬詠一郎)と三味線弾きの杉浦聡が音曲を交えて語ります。

 舞踊とともに、長唄・義太夫・常磐津・清元・新内などの三味線音楽もまた歌舞伎から発展をみました。芝居小屋という隔絶された場にある役者の素顔、裏方の葛藤、贔屓というパトロンのことなど、知識ではない楽屋の裏ばなしをお楽しみください。

 

 

問い合わせ・申し込み先

NPO 法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)

FAX03-5834-8044  E-mailichidatei@taireki.com

携帯電話:090-6170-4099

申し込み方法:名前、住所、電話番号、参加人数、日程をご記入の上、

FAX もしくはE-mail でお申し込みください。

 

 

<出演者プロフィール>

 

岡本紋弥/早瀬詠一郎

 東京生まれ。学習院大学卒業。邦楽家の子に生まれ2歳より邦楽を仕込まれ、学生のころ新内に転じ「岡本紋弥」として、三越名人会をはじめ全国の文化財家屋・料亭などに出演。北陸の金沢では廓街を杉浦千弥とともに毎年「新内流し」で吟遊する。

 また、小説家「早瀬詠一郎」として数々の小説を上梓。主な作品に、『萩大老』(新潮社)、『しらべの緒』『おふさー日本ばし芳町』(集英社)、『櫻――平家夜話』『ひろう神ー女髪結がたり』(PHP研究所)、「裏十手からくり草紙」シリーズ(講談社文庫)、「朝帰り半九郎」シリーズ(双葉文庫)、「役者侍」シリーズ(静山社文庫)など。

 今月は『月に上げ帆』朧月お小夜シリーズ(双葉文庫)、ならびに『密書の始末』役者侍シリーズ(静山社文庫)が、初春には『平手造酒』(講談社文庫)を上梓。

 同時に、脚本家、放送作家として商業演劇やテレビの台本を数多く手がけ、芸術祭優秀賞や教育映画祭優秀賞などを受賞。

 

杉浦聡

 東京生まれ。東京藝術大学邦楽科卒業。幼少より邦楽器ならびにピアノなどを学び、新内・清元・河東・筝曲・小唄など多くの名取となり、今も様々な演奏会に客演する。

 同時に、希少とされる日本の胡弓においては第一人者とされ、後進の指導に力を注ぐ。現在、埼玉大学ならびに武蔵野音楽大学講師。また、俳人として『ぽかん』(俳号岡本千弥にて)を刊行、早瀬詠一郎とともに文筆でも励む。 

廃棄物資源循環学会研究発表会

イメージ 1
 11月5日、第22回廃棄物資源循環学会研究発表会に参加。

 主催は一般社団法人廃棄物資源循環学会です。

 研究テーマは「東日本大震災で発生した災害廃棄物を適切かつ迅速な処理が地域の復旧・復興に必用なこと」と位置づけ、地域の方との協働を行いながら、記録に残し、今後の災害への指針の作成に提言することです。

大変、勉強になりました。

 瓦礫と呼ばれる廃棄物を資源物としてきちんと分別して処理する。

 そうする方が、早く片付き、次の復興・再建への作業に着手できるからです。
 これまで全て廃棄物として埋め立てる、あるいは焼却の方法がとられていたそうです。

 まず、道路の確保、分別場所の確保、分別、資源として活用する流れで、資源、もの、エネルギーへとリサイクルしていくということです。

 私が、7月に被害を受けた、いわき市薄磯地区に行ったとき、半壊の家屋が、ぽつんぽつんと残っていました。
 
 何故解体しないのかと、地元の方に質問しました。
 「屋根瓦、ガラス、アルミ、電気の配線など分別しながら処理したほうが早く片付く。一気に壊すと後始末がよけいに大変になる」と、答えていただいた言葉を思い出しました。

 こうした、処理のノウハウが事前に訓練されていれば、倒壊家屋の処理の進め方、アスベスト含有物への対応など瓦礫処理のスピードや安全性がまったく違うそうです。

 こうした、基本的な考え方は大変重要と感じました。
 文京区は、地域防災計画の見直しに着手していますが、学んだ内容を活かしていきたいと感じています。

Bonjour MOJO 2

Bonjour MOJO 2
2011年11月20日(日)

お待たせしました。
動物パンのMOJOちゃんが音地に復活!!
毎月第3日曜日です。

しかもうれしいニュースも一緒です

なんと根津にお店を10月8日オープンさせました
場所は藍染大通りの脇の路地を入ったところ、ギャラリー七弥の隣です。

皆さんどうぞ末永くよろしくお願いします。