震災日録 8月12日 昔は茅葺きだった。

今日からお盆でどこの家も仏壇にご先祖をまつり、好物などで飾る。男の人は意外に手すきなので、午前中、狩俣恵一さんのおとうさん、狩俣正三郎さんの話を聞く。宮古のウミンチュを父に持ち、寄留民として苦しかった。

「父は魚を捕ってくる、それを売りにいきました。それは父の酒代になる。だから僕は漁師じゃなくて農業をめざした。学校を出てから神戸の川崎製鋼の養成校に行って三年学びながら働きました。そのとき1000人の仲間を統率した経験が戦後島で生きました。字を書けない人のための補修学校をやったり」

いっぽう人の二倍は働いて、その働き者なのと、体の健康さを見込んで前の大家から嫁が来た。昭和40年代に押されて町議になり4期務めた。

「昔のことは思い出したくないね。でもウミウリ(3月3日、海下り)の日にソーメンチャンプルーなんか作ってみんなで楽しんだのは忘れられないね」

「うちの前を素通りするなよ、話がまだあるかもしれないからまた来てください」と奥さん手製のおいしいスバをごちそうしてくれた。

午後は狩俣夫人初さんの実家、大家のはるえさんに話を聞く。嘉手川という中筋の長老がお父さん。「竹富は5寸掘れば珊瑚礁、米はできん。だから西表や由布島にいって田んぼを作った。田小屋をつくっていったら泊まりきりで田植えをしたり、田草をとったり。食べ物は粟を炊いたり、サツマイモの団子くらいだった。大変だったさ」西表はマラリアが猖獗。「パパイアの芯をつないで、芭蕉の葉の上に寝かせて、上から夜中水をかけて冷やした。水も貴重だったのにね」そのころは今のような赤瓦でなく茅葺きだった。専門の大工はいなくて家でもなんでもゆいまーるで協力して作ったという。「昔の方が人が温かくて仲良かったような気がするよ」とはるえさんはいった。

この日、アンガマーを拝見。あの世の芸能者が顔を隠し、クバの笠をかぶり、クバの扇を持って行列する。ヒヤラクとかいうかけ声に意味はないらしいが、うらごえなのはこの世のものではないから。今日は内盛荘と民宿マキ荘で。青年会のエイサーもみる。

震災日録 8月11日 水の一滴は血の一滴と同じ

朝、内盛スミさんに話を聞く。スミさんの兄弟も9人、夫正玄さんの兄弟も9人、スミさんはうらの東里家から嫁いできた。

「そのころ鶏がよその庭で卵を産むことがあるとおれのものだ、いやうちの庭で生んだのだからうちのだ、とけんかしたものだけど、嫁にとる気があったのか内盛と東里は仲良くして産んだところのもの、というルールを決めたのよ。だってそのころ卵は貴重品でソーメン3束に交換できたのだものね」

お姉さんが台湾で働いたので、自分もいきたかったが戦争は激しく、台湾行きの船も出なくなっていた。スミさんは竹富守備隊の兵隊の炊事などに徴用された。

「弟が20年の5月8日に産まれて3日目に空襲があった。それとあいやる浜に米軍機が落ちて乗っていた米兵が連れてこられた。背が高くて石垣からぬっと首が出ていたのでこわごわみてたの。ナージフルか、と思ったよ」

白地に藍の模様のミンサー帯を織っているところ。

昼過ぎ、古堅セツさんの話を聞く。重要文化財与那国家のトーラでくらし、与那国の家の庭や建物を管理している。ガーナー(島名前)がマーチなのでマッチゃんおばさんと親しまれている。旦那さんをとうになくし、学校の用務員や給食の手伝いをして子供たちを育てた。竹富は水の一滴は血の一滴、井戸はあったけど干ばつも多かった。

「戦後、アメリカが船で水を持ってきてくれたときはうれしかった。リアカーにのせて各戸に配ったよ。石垣島から海底送水で水道が引けたのは昭和51年10月1日。そのときのうれしさといったら」

当時の石垣市長さんありがとう、と歌い込まれたお祝いの歌を歌ってみせてくれた。フーチバー(よもぎ)は熱冷まし、シロハナセンダンソウ、アキノノゲシ、など「野山が食べてくれと私を呼ぶよ」とセツさんは言って手製のハイビスカスジュースを冷やしてくれた。

夕方になるとコンドイ浜で少し泳いで、夜はヴィラ別邸で内盛ショウセイさんたちと飲む。名前はすごいが値段は実にリーズナブルなおいしいレストラン兼飲むところ。

震災日録 8月10日 24年前の竹富

沖縄へ。竹富島のおじい、おばあの話を聞くのを手伝ってくれないかと家中、狩俣両先生から依頼あり、島の若者や後継者が聞き書きする態勢をつくるためにとりあえずいくことに。この島には24年前、町並みが国の伝統建造物保存地区になったときに町並み保存ゼミが開かれて、そのとき一歳の次男を預けていった。それは初めての沖縄だった。珊瑚礁の石垣の続く、砂の道を歩いて日夜、おたがいの民宿を訪ね合い、ヨッピて語り合った思い出がある。泊めてもらった沖縄そばの竹の子は代が替わって大変な人気店になっていた。あのときはカウンター3、4席のうすぐらい店だったが、ピーヤシー(島こしょう)を振りかけたそばは台湾そばのようでもあり大変おいしかった。かべにはおじいが叙勲されて皇居まで出向いたときの和服盛装の写真がかかっており、こんなに遠いのにあれだけ日本国にひどい目にあったのに天皇制が人々の心に根を張っていることに驚いた。竹富を土地の言葉でテードゥンと呼ぶ。今回は中辻部落のヴィラ竹富にとめてもらう。若い頃は相部屋の民宿も楽しいものだが、この年になるとバストイレ付き、クーラーの効いた部屋に一人でいるのは快適。夜は呼んでくださった狩俣先生の実家、前にお世話になった民宿内盛荘のスミさんなどに挨拶。スミさんは踊りや歌の名手であり、伝統的な織物の名手でもある人だが、85歳のいまも気分は18歳で、民宿のヘルパーの女の子にもスミちゃんと呼ばれている。夜、お盆の芸能の練習をみてからたるりやで家中先生、泉屋の上勢頭篤さんたちと飲む。

震災日録 8月9日 使いやすいタンス

あたらしい箪笥が来た。結婚したときに買った箪笥は旭川木工の無垢材のいいものだったが、北海道の乾いた気候に合ったもので、アパートの湿気と上に載せた本の重みで、引き出しが開かなくなり、やがて壊れてもう十数年、しかし箪笥を買うためには部屋全部の掃除と本をどかさなくてはならず、長らくあきらめていたが一念発起して、スライド式の箪笥に変えた。二段分は着物が治まり、服はすべて収納。起立木工というメーカーの食器棚を前に通販生活で買ったがこれがとても使いよいので、同じメーカーのを買った。こんなことがうれしくて、娘に開け閉めしてみせたりする。

震災日録 8月6日 鎌倉文士の家

鎌倉の西御門サローネなるところで『町の文脈』に付いて鼎談。里見弴の邸宅だったものを現在は建築事務所が借りてサロンにしている。なかなか涼しくて小ぶりないい建物だった。しかし大正から昭和にかけて作家はこんないい家に住むことができたのだなあ。打ち上げのワインパーティが楽しかった。

信濃毎日新聞で『パトさん』が紹介されました。


信濃毎日新聞 2011年8月13日(土)16面 本だな にて

がんも大二(えとぶん)『パトさん』が紹介されました。

信濃毎日新聞20110813.jpg


「ひるねをする」「たべる」「のむ」「かく」「およぐ」…。これといって特別なことが起きるわけではない「パトさん」の人生の日々を描いた、大人向けの絵本。

(中略)

ごくあたりまえの日々を生きることのかけがえのなさが、じんわりと伝わる。それは震災後、多くの人が感じたことでもあるだろう。

大船渡市へのシステム活用の様子が金野聡子さんのブログで紹介されました

大船渡市の福祉協議会YSセンターに導入された東文救文書復旧システムの活用の様子が、同地で救助事業の中心になって活躍している金野聡子さんのブログに紹介されました。 「ドライクリーニングからフラットニングまでの流れに無駄がなく本当に素晴らしいシステムです!」と。


Paper Deep (2011/08/19)「東文救復旧システム」 


鴻池朋子、山口晃、池田学

6月17日(金)に女子美術大学にて鴻池朋子さんの講演会が行われましたが、その時の模様が女子美術大 洋画研究室のサイトにアップされています。

こちらです。 ⇒ http://mixed-color.com/%E9%B4%BB%E6%B1%A0%E6%9C%8B%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%E5%A0%B1%E5%91%8A-jip


山口晃さんの絵が六道慧『奥方様は仕事人』(光文社文庫)のカバーになっています。

こんな絵です。 ⇒ http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334749903


内閣府が発行する、海外向英文広報誌『Highlighting JAPAN』2011年8月号に池田学さんへのインタビュー記事が掲載されています。

「Points and Lines」というコーナーです。

⇒ http://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/20110801.html

※ リンク先では仮訳ながら日本語でも読めるようになっています。

[不忍ブックストリーム]

★第25回 不忍ブックストリーム「あいおい古本まつりまであと3日!」

8月24日(水)22:00からスタートです。

不忍ブックストリーム第25回のテーマは、「あいおい古本まつりまであと3日!」。

27,28日に開催される第2回「あいおい古本まつり」のチラシイラストを描かれた画家の牧野伊三夫さん、デザインを担当された林舞さん(ぱんとたまねぎ)のお二人をお迎えして、このイベントの見どころをお話しします。

参加古書店を代表して古書信天翁も登場。

スカイプゲストは、読み書き堂さん。9月開催のとちぎ一箱古本市の告知をしていただきます。お楽しみに。

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream

いわきの避難所が閉鎖されました。 / 池本英子

今日、8月20日で、勿来市民館が閉鎖されていわき市の第一次避難所は全て閉鎖されました。 3月12日には、市内127箇所の避難所に19,813人の方が避難していました。 避難所を出られた方々の行き先は様々です。 いわきを離 … Continue reading 関連投稿:
  1. 【5/18-21】 いわきに行ってきました。/ 池本英子

8月3日第二回3.11と防災コミュニティを語り合う集い報告

8月3日の第二回「3.11と防災コミュニティを語り合う集い」は、70人以上の参加があり、活発な意見交換がなされました。 講師の薩田英男さんからは、地域の歴史や地形などを熟知することが安心安全につながる。自然を味方にする施 … Continue reading 関連投稿:
  1. 「3.11と防災コミュニティを語り合う集い」のご案内 – 7月8日(金)18:30より於谷中コミュニティセンター

Bonjour MOJO

Bonjour MOJO

8月21日のMOJOちゃんは中止です。
今根津で開店にこぎつけるべくがんばっていますので、
皆さん応援してください。
来月9月18日(日)のBonjourMOJOは開催予定です。
よろしくお願いします。

304日目。昨日はひっさしぶりにビビった。けど、ツいてた。

無期限休煙継続中。
楽しくてちょっと寂しい一人暮らしが終わった。
クタクタになるけど楽しいお盆の帰省も終わった。

昨日はこの半年懸案の件を午前中に集中して頭をしぼってた。

そして午後一、13時過ぎ。
この10年で最大のトラブル発生。
絶対に壊れてはいけない機械が壊れてしまう。
発生から10分後にはもう午後の仕事は全部止まることが確定。
復旧いつになるかが焦点に。
あーでもない、こーでもない、とできる対応を挙げて最終的に3つに絞って同時進行。
一番良い案と次善の案が二つ。
結果的に、部下の意見の方法でいけた。ツいていたのもあるけれど、20時頃になんとか復旧。
これはホントに助かった。
部下も自信がついただろう。
まだ今日は昨日半日止まった仕事の復旧作業が続いているけど、前向きにこの先の対応を考える時間を作る。
いやあ、ちびりそうになった。
いっぷくできればどんなに落ち着いたろう。