石巻市石巻文化センターの被災文書復旧のためのシステム導入報告

宮城県石巻市教育委員会鷲の巣埋蔵文化財整理室(石巻市大瓜字鷲の巣)に9月5日に東文救文書復旧システムが導入されました。ここでは、被災した石巻文化センター所蔵資料の復旧が、雇用された三名の作業者の方により行なわれます。システム設営には約2時間、スキルトレーニングには約半日を要し、すぐに作業が開始されました。下記は設営から作業開始までの動画です。









なお、この導入にあたっては公益社団法人企業メセナ協議会の東日本大震災芸術・文化による復興支援ファンドから助成をいただきました。

ジパング展 : 京都

ジパング展 ~京都会場(京都髙島屋7階グランドホール)

日時:2011年 9月28日(水)~10月10日(月)

での、イベントの日程が発表になっています。


9月28日(水) 三潴末雄(ミヅマアートギャラリー ディレクター)キュレータートーク 14:00より

10月1日(土) 山口晃 アーティストトーク+サイン会 14:00より

10月2日(日) 宮永愛子 アーティストトーク+サイン会 14:00より

10月8日(土) 森淳一アーティストトーク+サイン会 14:00より

10月9日(日) 三瀬夏之介 アーティストトーク+サイン会 14:00より

10月10日(月・祝) 山本太郎アーティストトーク+サイン会 14:00より


詳細は「ジパング展」official website にて
⇒ http://zipangu.org/index.html


すゞしろ日記

すゞしろ日記

  • 作者: 山口 晃
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2009/08
  • メディア: 単行本



冬の夏

冬の夏

  • 作者: 三瀬夏之介
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: 大型本



現代アートの行方 (はとり文庫 2)

現代アートの行方 (はとり文庫 2)

  • 作者: 三瀬 夏之介
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2011/07/04
  • メディア: 文庫


台風一過の収穫

諏方神社    ここ数年、東京に大型の台風が直撃することはありません。前日の台風も首都圏に直撃はしませんでしたが、大雨と強雨が吹き荒れました。翌朝の諏方神社の境内は、まだ青々したイチョウの葉が敷き詰められていました。葉とともに、熟していない樹の実なども。 樹の実  

[不忍ブックストリーム]

★第25回 不忍ブックストリーム「あいおい古本まつりまであと3日!」

8月24日(水)22:00からスタートです。

不忍ブックストリーム第25回のテーマは、「あいおい古本まつりまであと3日!」。

27,28日に開催される第2回「あいおい古本まつり」のチラシイラストを描かれた画家の牧野伊三夫さん、デザインを担当された林舞さん(ぱんとたまねぎ)のお二人をお迎えして、このイベントの見どころをお話しします。

参加古書店を代表して古書信天翁も登場。

スカイプゲストは、読み書き堂さん。9月開催のとちぎ一箱古本市の告知をしていただきます。お楽しみに。

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream

[本]盲本道って何だ。

盲本道【もうぽんどう】とは、視覚を使わずに(手や鼻などを使い)本の天地前後を正確にあてる競技です。by moupondo

http://moupondo.exblog.jp/

気持ちがふさぎがちな雨の日の古本屋、退屈しのぎに店員同士が始めた遊びが、競技として発展したのだと聞きます。

目隠しをして、本の天地(上下)を当てる。本さえあればどこでも出来るいたってシンプルな戦いです。

それはインドでカレーを手づかみで食べることと似ていると思いました。手を使って食べることにより、違うおいしさを体感する。

え、何言ってるの?と笑ったあなた、本を手元に用意して、目を瞑って、触ってみてください。さっきまで読んだり眺めたりしていたはずの本が、非常によそよそしく、あれ?こんなはずじゃないと、思わず目を開けてしまいませんでしたか。

もう一度目を瞑り、さらに時間をかけて、天地はどちらか、本の造りを思い出しながら触ってみると、今まで気付かなかった別の顔で微笑みを返してくれているような気がしてきませんか。

さて目を開けて。天地は合っていましたか。スピン(栞紐)、帯、天小口を裁ち落とさないことによる天不揃いなど、様々なヒントがあることがわかります。けれどそれらは、盲本道の入口に過ぎないようです。

[わめぞTV 第4回]

実は、その簡素でかつ奥深い、かもしれない競技「盲本道」に先週挑んで参りました。みちくさ市でお馴染みの雑司ヶ谷のガレージが「KIKU studio」となるわめぞTVがその戦いの場です。私のアスリート名はホン・マンプクといいます。前回パーフェクトPONを成した、「天嗅ぎ」を得意とするヒグ仙人への挑戦です。

競技では事務局長の往来座瀬戸さんが予め用意した版形の異なる10冊の本の天地を当てます。制限時間は10分で、正解が多い方が勝者となります。

さすがにスピンや帯付きは選書から外されるとしても、10冊もあるのだから一冊くらいは、「天不揃い」のお目こぼしはあるだろうと、マンプクはタカをくくっておりましたが、そんなに甘いものではありませんでした。

ヒグ仙人の得意技「天嗅ぎ」、これは「天」の方が「ひなたの匂い」がする、という嗅ぎ分けなのですが、これがマンプクにはわかりません。嗅覚は人並みと認識していますが、「天」と知って嗅げば「天」、知らずに嗅げば天も地も「天」。

さてどうしたものか。仙人が披露してくれた4つのコツを頭に叩き込み、あとは経験、そして観察。目を変えて見ると、文庫だけでも実に様々な造り、そして雄弁なのかもしれないことに気づき始めました。

以下は、実際に試合に役立った順で私なりの判別方法です。試合中、耳をすませたように見えたと言われました。頁繰りの際、左手側でカサッと薄紙の音が聴こえ、再度その頁を開きたくて耳を使いました。下記の4番めを思い浮かべましたが、薄紙は本文紙と同じサイズで綴じられていましたので、3番目に戻り表紙側と判断しました。選書の時点で外されたのか、5番めは役立ちませんでした。1、2番めは古本屋としては日頃泣かされる部分でもあり、基本的な見分けですが、これが以外と有効な気がしました。

  1. 本棚からの出し入れの際、指のかかる本の背、とくに「天」側は傷みやすい。(写真 左参照)
  2. 逆に、底の部分「地」は、つぶれがち。(写真 右参照)
  3. 表紙側は、扉や口絵用に特別紙が使われることが多い。
  4. 刊行年の古い本は奥付に薄紙などが貼られていることがある。
  5. カバーの折返し部分の斜めカットは天側に施されていることが多い。

f:id:mampuku-tei:20110918235451j:image:w200 f:id:mampuku-tei:20110918235452j:image:w200

このようなことを念頭に推理したのですが、横書きの場合は読みが裏目に出ることもありますし、本の辿ってきた過去により、同じ本でも全く違う表情になります。そうです、深いのです。

10分という時間も、実際に経験してみるとあっという間でした。面倒は後まわしにする日頃の性癖が出て、判断つかない3冊を送りPONしてしまい、残念ながらそこまで手が回りませんでした。

初挑戦でしたが勝つことが出来たのは、ビギナーズラックかもしれません。その日のコンディションとか、選ばれた本との相性も大きいと思いました。もっと本の声を聴きたいです。

来月は、これまでの勝者、タラコマスクもヒグ仙人も成し得なかった初防衛を狙います!

この日の「わめぞTV」プログラムは、古書現世向井さん司会による代々木公園駅近くに出来たばかりのリズムアンドブックスさん「ぶっちゃけ一カ月やってみてどうよ?」、寝床やさんと武藤良子さんによる、雨傘〜世相に斬られる〜、そして盲本道です。リズムアンドブックスのスズキエリコさん、落ち着いていました。武藤さんがオモシロいだろうことは予想していましたが、寝床やさんがあんなにステキな方だったとは!ぜひ、アーカイブにておたのしみください!

謝謝。

本日(9月21日)の茶話会は中止です!

本日22:00〜 の不忍ブックストリートの茶話会は、台風による悪天候で、交通機関などへの影響が懸念されるため、中止とします。

ゲストスピーカーの川村之さんには、次回以降にお話しいただきます。

楽しみにしてくださった方、すみません。10月の開催日は改めてブログ、ツイッターでお知らせします。

ジャラパゴス展

福岡の三菱地所アルティアムにて、

JALAPAGOS(ジャラパゴス)展 が開催されます。


◆会期2011/10/8(土) - 11/27(日)


参加作家

会田誠
池田学
岡本瑛里
加藤愛
加藤泉
鴻池朋子
近藤聡乃
指江昌克
田名網敬一
チームラボ (代表:猪子寿之)
天明屋尚
町田久美
松蔭浩之
宮崎勇次郎
山口晃
山本竜基


16名、39作品が展示されるとのことです。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://artium.jp/

[茶話会のお知らせ] 本日中止いたします。

本日22:00〜 の不忍ブックストリートの茶話会は、台風による悪天候で、交通機関などへの影響が懸念されるため、中止とします。

ゲストスピーカーの川村之さんには、次回以降にお話しいただきます。

楽しみにしてくださった方、すみません。10月の開催日は改めてブログ、ツイッターでお知らせします。

建築デザイン入荷

【 ご注文、お問い合わせは albatross@yanesee.net まで 】 *建築・デザイン* ・五重塔と建築基準法 建築みたままペンのまま              はまだかんじ 山海堂昭和58¥525 ・窓 建築・評論・随筆岸田日出刀相模書房昭和23¥1050 ・現代建築 ポストモダニズムを超えて宮内康編新曜社1993¥1050 ・建築のポエティクス 小林 康夫彰・・・

王様ポンチョ

ときめきにまっしぐら。ぞうの発表会がはじまるよ。   王様ポンチョ,ぞう ある時はふたり揃って初音の森でフラフープ。またある時はふたり揃ってウクレレ演奏会。いつだってときめきにまっしぐら:ソダ フミコ(八百コーヒー店/文京区千石)、:ミサワ レイコ(輸入雑貨店 nico/文京区湯島)の創作ユニット「ぞう」発表会「王様ポンチョ」のはじまりですよ。(2011.9.20~25) ポンチョをメインに、エプロンやパンツ、アクセサリーなど、着やすくて色や形が楽しいファッション・アイテム約50点。すでに売約済が多いですが、アクセサリー以外はすべて最終日まで展示され、どなたでも試着ができます。試着して気に入れば(同じ服は二度とつくられませんが)、この回を逃したとしても、10月に開催予定の「いろいろ市」(文京区千石)での「ぞう」新作発表を待つ楽しみが増しますから。
ぞう <http://zou.tou3.com/>
王様ポンチョ,ぞう
 
どこでもブローチ
  ぞう王様ポンチョ <http://zou.tou3.com/Entry/1/> 開催期間: 2011年 9/20(火)~25(日) 時間: 食堂と2Fギャラリーの時間が変わります。 2F: 19:00 - 22:00(初日のみ、12:00~) *メニューはドリンクのみ 食堂: 12:00 - 19:00(通常営業) *金~日: 19:00~食事あり。 場所: 檸檬の実 2F 住所: 文京区千駄木 2-28-9 王様ポンチョ,ぞう

336日目。別に言っても良いんじゃないかと思うけど。

無期限休煙継続中。

タバコ税を上げて700円に持ってきたいといったらだいぶ怒られたみたいだけど、政治家が自分のやりたい政策を発言して叱られるというのも妙な話だね。

【NewsBrief】ニューヨークの喫煙率、14%に低下
ニューヨークでは一箱11ドルだそうで。今のレートで840円だけど、感覚的には1500円ぐらいの感じじゃないかな。高めのランチ一回分ぐらい。
ニューヨークで喫煙率14%は結構高い印象だなあ。金持ちほど喫煙率は低いだろうに、何を削ってるんだろ。

活版印刷


活版印刷の関するイベントを2つ紹介。


9月23日(金・祝)、24日(土)の二日間、
鎌倉駅東口から徒歩5分・KAYA gallery+studio にて開催される「第1回かまくらブックフェスタ」内でのイベント。

対談「短歌と写真と活版印刷」
出演:石川美南さん(短歌)
   橋目侑季さん(写真/活版印刷)
日時:9 月23 日(金曜・祝日)16 時から18 時
定員:30 名。要予約
入場料:800 円


詳細、申込方法はこちらをご覧ください。
⇒ http://d.hatena.ne.jp/kamakura_bf/20110808/1312773159


もうひとつは

10月1日(土)、2日(日)の二日間

立川駅にあるグランデュオ立川6F・オリオンパピルスで行われる


活版印刷で「栞」をつくろう ~活字を拾って刷る、活版印刷体験~

講師:平川珠希さん(LUFTKATZE)

日時:10月1日(土)・月2日(日)
   ①13:00~ ②15:00~ ③17:00~(各回1時間程度)
参加人数:各回4名まで
参加費:1500円


詳細、申込方法はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.orionshobo.com/topix/story.php?page=3&id=1526