震災日録 5月11日

中島岳志さんと両国を歩く。いま、震災記念堂と復興記念館に行くといろいろ考えさせられる。回向院の相撲ももとはと言えば飢饉や地震でなくなったひとを弔う追善相撲だったということ。回向院の境内にはたくさんの『横死』者を弔う碑が立っている。

横網町の本所被服廠あとに伊東忠太設計で建てられた震災慰霊堂は来るべきつぎの震災への警告として建てられたとあった。ここで4万人近くが命を落とし、本所区の死者は東京市の過半を占める。もうひとつの建物も伊東忠太設計の復興記念館だ。木にひっかかったトタン屋根やグニャグニャの自転車、ガラス、銅貨、アメリカからの支援の服、当時を描いた絵や写真がたくさんあって今、学ぶことが多かった。安田邸園があり、安田財閥の屋敷があったがここで身内に死者が出たため、安田家では高台の地盤のいい千駄木に移転して今の安田邸があるのだ。安田善次郎がつくった安田高校も隣接してあった。

夜、結城登美雄さんから電話があった。

「東北の太平洋沿岸を歩いて来たが、本当におろおろ歩き、というかんじでした。壊滅とはこのことかと無力感にとらわれた。

でも震災から二ヶ月立って、もう話もしたくないといっていた人たちが、すこし口を開き、前向きに動こうとしている。それに相槌を打つしかない。今も瓦礫の中で何かを探している人がいる。ここはほんとうはいいところなんだよ、とかきれいな港があったんだよとか、そういう人に寄り添っていけないか。復興構想会議だって誰のためのどこのための復興なんだよと思ってしまう。現地が復興する気にならなかったら絶対復興しない。上から何か決めてもなあ。もうカツオがそこまで来ている、と焦っている漁師もいるし、牡蛎の種付けをしなくちゃ、とうずうずしている漁師もいる。そこに原発が入ってくると心が晴れないんだなあ。さあやろう立ち上がろうという気持ちが萎えるんだ。

沿岸で潮が入った田んぼは2万ヘクタール、これは160万人が1年に食べる米ができないということだ(私の計算、2万ヘクタールは2万町歩、1町歩は10反。1反で約8俵、1俵は60キロでほぼ日本人はひとり1年60キロの米を食べる。つまり8×10×20、000=1、600、000俵)もう3、4割減反して放置された田んぼはいっぱいあるんだから、そういうところを耕せるように融通きかせろ、というんだけどなかなかそれがうまくいかんなあ」

結城大明神の巫女として書かせていただきました。

震災日録 5月10日  細く長い支援について

朝、ポプラ社から出すエッセイ集「おたがいさま」の原稿を渡す。去年、このタイトルにしようと決め、営業部の人たちも気に入ってくれ、みんな個人主義で浮かれている社会、個人で悩んでいる社会に一石を投じようということだったのだが、なんだか時代にぴったりしすぎるタイトルになってしまった。

昼、久しぶりに谷根千なかま4人で昼食。忙しくてなかなか顔が合わない。

たんぴょう亭のおいしいご飯、おじさんたちの優しい笑顔がうれしい。この間の疑問をヤマサキに聞く。

「どうしていわきの野菜とか持って来て売ってるのに、こっちからまた野菜きざんで食事作って届けなければならないの?」

「東京からでなく後背の被害の少ない農村部から野菜や果物を送るわけにいかないの」

各地に行った人の話によると、

*避難所によって情況や雰囲気が相当違う

*被災者は家や仕事をなくし、ぼうぜんとしていることが多い。

*初期には持って行った食事を取りあう、配ってくださいと言っても誰も手伝わない、手弁当の民間支援なのにお金もらってやっているのだろう、と思っているようでお礼などはいわれない、という情況も見られた。

*市役所の職員は毎日日替わりで、リーダーシップをとりきれていない。

*ボランティアで長くいる人が号令をかけるようになるが、その人の性格ややり方で雰囲気が左右される。外からの支援を断るところもある。

*とてもひどいところは自衛隊が来て、パックご飯やパンを配っている。

*近くには飲食店もあるが被災者はお金を持っていない。まだ救援金が配られていない。

*避難所によってはまだ、炊事する器具や冷蔵庫、洗濯機もないところもある。

*仮設住宅に入ると自炊しなくてはならない。年金のでている人以外そのお金がない。

*仮設の人が食糧をもらいにくると「仮設に入れたくせに」と排除する人もいる。

*避難所の縮小や統廃合が起こると、そこでまた新住民旧住民のトラブルも起こる。

*ちょうど原発から30キロ圏のある学校では校庭でクラブ活動をやっている。

*みんなマスクなどしていないので支援者だけがするのははばかられる感じ。

伝聞なので間違った情報も含んでいる可能性があるが、ようするに人間社会にありがちなトラブルが当然、過密の避難所でも起きているらしい。それだけ情況が過酷だということだ。

対立を緩和し、自立をうながすような取り組みはできないか。ヤマサキはかなり疲れている。最初の頃「偽善と自己満足のあいだをウロウロしているような気分」といっていたが、私もなにをしてもそんな感じにとらわれる。明るくおおらかな避難所が増えますように。

震災日録 5月9日 相撲を久しぶりに観に行く

朝、タクシーに乗った。運転手さんが「もう自分たちの収入は時給700円くらいで、生活保護を受けた方が収入ある。保険もタダだし、住宅もタダだし。原発で1時間1万円で作業員を募集したらすぐいっぱいいなったというじゃないですか? わたしだって行きたいですよ。もうこの年になったら、あと何年かすれば死んじゃうんだから」

母を連れて大相撲の技能審査会へ行く。その道々話すことが面白い。「NHKは毎回同じニュースで進歩がないから。朝7時の一回見れば充分よ」「オレオレ詐欺が来たらやっつけてやろうと待ち構えてるんだけどまだ来ない」「この前新聞の勧誘員が来てなにをお取りですか、というから、あんたの知ったこっちゃない、といったの。その前にはとってくれと土下座したの。で、土下座しなくちゃとってもらえないくらい内容のない新聞なの、と聞いたら、イヤ、いい新聞です、というじゃない。だから子どももいるんだろうに、もっと自分の仕事に誇りを持ちなさい、といったのよ」最後に、「最近の男はだらしないわね。いつからだらしなくなったか知ってる? 郷ひろみが二谷由利江と結婚するとき、記者会見で泣いたでしょ。あのときからよ」

技能審査会のあいだもいろいろ話す。「わたしの時は何たって双葉山、でも玉の海のほうが好きだったわ。透き通るような肌で。羽黒山というのもいたけど鶴岡じゃないね。鶴岡出身は出羽嶽文ちゃんだけ。あの人はよくうちにきたけど斎藤茂吉の弟分で、うちにくるとかもいの上に頭が出てたし、通りの角におそば屋があって天丼八つとか、親子丼六つとかぺろっと食べちゃうの。あとは前の木村庄之助くらいかな。鶴岡は。柏戸は本名は富樫と言って鶴岡に多いのよ。今日出ている上林というのも多い。おとうさんは魁皇が好きだったからきょう勝ってよかった」

被災地のこどもたちか、セーラー服の集団がいた。

白魚のようなる相撲、隠岐の海

栃乃洋、豊の島、黒海、荒海、田子の浦、三杉磯、春日波、お相撲さんの名前は海に関するものが多い。

震災日録 5月8日 地域で被災地を応援

日曜日。いい天気。昼すぎ、かなかなさんの「谷根千てづくり市」へいった。路地いっぱいに店がならぶ。福島県のジャムや織物を売る店もあった。地域でもフクシマを応援しようという動きは広がっている。谷中銀座は相変わらずの雑踏。三代百年続く魚亀さんが廃業。先代からよく知っているだけに残念。安心な鮮度の高い魚が仕入れできなくなったため、というようなことが書いてあった。

夕焼けだんだん上の深圳では、はてなさんが私の仕入れてきた角田の米や大崎の酒を売っている。5キロ2500円は原価、大変おいしく無農薬だが、値段のためなかなか売れないらしい。きょうはめぐちゃんの帽子屋さんも。これから紫外線を防ぐにはよさそうなつばの深い、帽子を作っている。早速買う。

被災地に親戚のいる人から、「津波のあと、おじいさんが庭にへそくりを埋めておいた、と言い出し、みんなで探したけどなかったって」という話を聞く。

なんと2000万埋めてあったとか。うちの先祖は台風のとき流されてきた金の壺を拾って長者どんになったという話が丸森では伝わっているが、あながちウソではないかも知れない。

NHKは相変わらず美談のたれながし。津波の1時間半番組も見たが「地震が起きたらすぐに高台へ逃げましょう」以外に特に新しいことはなかった。民放の「がんばろうニッポン」や「日本はひとつ」も気味悪い。岡倉天心の欧米の植民地主義に抵抗するための連帯を表した「アジア・イズ・ワン」が戦時中、いかににすり替えられて八紘一宇の旗となったか、憶い出すたびぞっとする。

震災日録 5月7日 電気漬けの暮らし

1日たまった仕事。渋谷の反原発デモに行きたかったが、おそらく拡声器で大音響だと思いやめる。原田病で耳鳴りがするので、ひとの多すぎるところやマイク音は無理。反原発をいうなら電気を使うのはやめたらいいのに(たとえ電池でも)。この前もせまい部屋で集会が行われたのに、具合の悪い入ったり入らなかったりする、しかも雑音の入るマイクがつかわれた。質問のさいマイクをまわすのにも時間がかかるし。

肉声の美しさ。マイクなしで話した方がずっと心にしみる。

それにしてもいかに電気に頼った暮らしをしているのか。大学病院に予約の電話をかけても行政に問い合わせの電話をかけてもずっと待たされる間、ずっと待機メロディが流されている。くりかえしグリーンスリーブスとかを聞かされるのはつらい。ANAの予約などもつながるまでずっと同じメロディで頭にこびりついてしまう。

トイレに入ると音姫とかいう消音器がついているが、おしっこの流れる音は気持ちいいのに、なんであんな人工的な流水温を流さなければいけないんだろう。

ドアを開けると便器のふたがあき、流水音がし、離れると自動で洗浄され、洗面で手を出すと自動で洗剤が出、水が洗ってくれる。拭かなくても手をかざせばすごい音響で温風が噴き出す。「衛生的」のかけ声のもと、これだけの設備がなされ、企業はもうかる。全自動で末端神経を使わなくなってわれわれの世代は早くボケるだろう。

母のところへ富山のカニやホタルイカを持って行った。うちでは見られないテレビをリモコンでつけようとすると、つかない。「待機電力がもったいないから、コンセントを抜いてるのよ。これで今月いくら電気料金が下がるか楽しみ」と母はいった。3月11日以来、暖房も全くしていないという。「夏はクーラーが使えないだろうから、自然にあわせてみてるの」「避難所に行って暮らせるかどうか、ここで試してみた。たたみにぼんやり坐って一食おにぎり一個でやってみたら、すぐ低血糖でふらふら」だって。

【募集/高校生用の文房具・辞書】5月15日発宮城県登米行きの車に乗せます。

5月15-16日に宮城県登米(とめ)市登米(とよま)町に依頼された物資を届けに車が出ます。(運転手/山崎岳、同乗/西川直子、山崎範子) こちらは昨夏開催されたアートトリエンナーレのスタッフであった及川幾雄さんと、北区の西 … 続きを読む

書いては消しの繰り返し

とんでもない震災が起こり、その前に書いては消ししていた一年生日記もそのままに。
もうすぐ春休みというときだった。
私は安田邸で地震に遭い、庭に逃れて植木屋さんに助けられた。
娘たちは自宅におり、家に帰ってみると、よく使う小鉢と皿を少しだし、食器棚にはガムテープ。
冷蔵庫は、入っている物の名前と賞味期限が書かれた紙が貼ってある。
ペットボトルや水筒に水をいれ、ズラッと並んでいる。
紙皿、紙コップ、ラップ類がまとめておいてある。
これは長女の仕事のようだ。
いつものんびりしている娘なので見なおした。
あゆみは入浴中だったらしく、余震のたびに怯えていた。
家では、線香立てにしている茶碗がひっくり返り、床に灰が散乱していたが、大きな被害はなく、茶碗が数個割れたくらい。
母が一人暮らしなので、子供2人を母の家に派遣、2日間交代で泊まりに行った。

地震直後、携帯で連絡を取ろうとしたが、つながったのは一緒にいた人1人。
ソフトバンクだという。
私のは全くどこにもつながらなかった。
今回の地震でちゃんと機能したのはツイッタ―だけとか。
ツイッタ―はわからないのだけれど、人が言うには、「今西日暮里は混んでいる」とか、しばらくすると「少し人が動き始めた」とか、どんどん情報が新しくなり、それを頼りに帰宅したという。
みんな大変な状況なのに、逐一、そういう情報を誰かのために流しているの?

2日後には餅つき。やめようかとみんなで頭を突き合わせて話し合ったが、やっぱり、やろう。
きっと一人で地震に遭って、人に会いたい人もいるだろうし、話したい人もいるはず。
それで量を控えて、餅つきをした。トン汁も。
子供連れもおばあちゃんも、たくさん集まりました。やってよかった。

その後の大人災。
ピアノや三味線も、しばらくは弾く気持ちになれなかった。
安田邸も3月いっぱいは点検のためにお休み。
五月飾りには大勢の方が来てくれた。

電気が控えめになった町。
これでいいのだ。
朝、カーテンを開ければリビングは明るい。
そしてこの夏は団扇を使おう。(毎年恒例の自前冷房)

最後に宣伝
5月29日の応接間コンサート、6月5日、せんだぎ柏舎寄席、企画しています。
ご予約受け付けています。どうぞお出かけください。
http://www.toshima.ne.jp/~tatemono/

アートフェスタ空知

2011年7月16日(土)・17日(日)・18日(月・祝日)の3日間に渡って、
北海道滝川市において

「アートフェスタ空知」が開催されます。

ホームページでの説明によると

第四回太郎吉蔵デザイン会議をメインに、
北海道空知平野を舞台として、
デザインに志を抱いた仲間が全国から集い、
交流し、語り合い、共に楽しむ3日間のイベントです。

となっています。

メインとなる「第四回太郎吉蔵デザイン会議」に

梅原真さんがパネリストとして登場いたします。

詳細・参加方法などはこちらをご覧ください。
⇒ http://www.designconference.jp/2011/artfestasorachi/



その前に、先日もお伝えしましたが、5月17日に東京・六本木にて
梅原さんのトークイベントがあります。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.designhub.jp/seminar/2011/04/28-1418.html



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

鴻池朋子『焚書 World of Wonder』(羽鳥書店)刊行記念トークショー

■「絵と本とデザイン」
■鴻池朋子×大西隆介
■2011年5月21日(土)18:30~ 青山ブックセンター 本店
 http://www.aoyamabc.co.jp/event/kounoike-onishi/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




北海道の歩き方2012 (地球の歩き方MOOK)

北海道の歩き方2012 (地球の歩き方MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2011/03/29
  • メディア: 大型本


5月のブックスルーエ

4月30日まで松本典子写真集『野兎の眼』のパネル展を開催していた吉祥寺の書店ブックス・ルーエでは、

参照 ⇒ http://hatoripress.blog.so-net.ne.jp/2011-04-08

5月は『スクールガール・コンプレックス 2』(イーストプレス)のパネル展です。

ブックスルーエ ⇒ http://www.books-ruhe.co.jp/

スクールガールコンプレックス.jpg スクールガールコンプレックス2.jpg



スクールガール・コンプレックス──放課後── SCHOOLGIRL COMPLEX 2

スクールガール・コンプレックス──放課後── SCHOOLGIRL COMPLEX 2

  • 作者: 青山 裕企
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2011/04/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



野兎の眼

野兎の眼

  • 作者: 松本 典子
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2011/04/21
  • メディア: 単行本


LwPasakusa

2011年5月22日(日)
音地の二人がLwPasakusaの浅草ジャンクションにパネラー参加
LwPasakusaは面白い場所なので下記覗いて見てみてください
http://lwp-a.jugem.jp/

当日はこんな様子でした。
とても刺激的な場所ですので
皆さんもどうぞ!

チーム ピース チャレンジャー フェアトレードカフェ

6月5日(日)

チーム ピース チャレンジャー
フェアトレードカフェ

チーム ピース チャレンジャーは、インド、バングラデシュ、ネパールの子どもや女性たちの支援のために、彼らの手作りの商品を日本の方々に紹介しています。彼らの製品を日本で販売し、販売金額の一部を、被災地の方々に寄付していきます。

世界中で
5人に1人が1日1ドル以下の生活をしています。
5秒に1人が飢餓で亡くなっています。
6人に1人が安全な水を飲めないか
          飢えに苦しんでいます。

チーム ピース チャレンジャーとは
世界の子どもたちの幸せと
平和な社会作りのために
このままじっとしていてはいけないと
やむにやまれぬ気持ちで立ち上がり
あらゆる事を見つけて行動している
3人の女性が中心に立ち上げたチームです

東京、千葉、神奈川でフェアトレードカフェを
開催しています。


問い合わせはチーム ピース チャレンジャーまで
よろしくお願いします

電話番号047-332-0706
Emailアドレスchallengerhse1216@divina.co.jp
ホームページURLhttp://peace3hse.com