人間交流の江戸美術史

『大江戸異人往来』(丸善ブックス、ちくま学芸文庫)、『江戸の身体(からだ)を開く』(作品社)、『大江戸視覚革命』(作品社)、『春画』(講談社メチ、講談社学術文庫)、『定信お見通し』(青土社)と高山宏先生が翻訳を多数手がけられた

タイモン スクリーチさんの新刊が
7月下旬に東京大学出版会から刊行される予定です。

今回の訳者は村山和裕さん。

タイトルは『人間交流の江戸美術史』

東京大学出版会のホームページの「これから出る本」によると
⇒ http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-083056-0.html

内容紹介
江戸中期の日本.唯一貿易が許されていた出島に到着したヨーロッパ人は,江戸参府の途中で京大仏を見,大坂では歌舞伎やからくりを見物した.そしてさまざまな人物と出逢い,交流を深めた.本書は,彼らの間を行き来した絵画や工芸品に注目し,モノが媒介する人間交流のありようを活写する.


となっております。

いわき市の四ツ倉高校避難所 炊き出し第5便(5月18日)日帰りのご報告 / 島田富士子

参加者 駒込蓬莱町会長の大畑清心さん、原通夫さん、黒沼力男さん。青年部の池田孝 二郎さん、婦人部の藤関芳江さんと井川錦子さん、小山美弥子さんの計7名。案内役の 島田富士子。かねてより日帰りでの参加を希望していた宮地美華子 … 続きを読む

「谷中コミュニティセンター改築に関する陳情」は、全会(8名)一致で「趣旨採択」

谷中・防災コミュニティセンター改築につきまして、ご関心をお寄せいただきありがとうございます。 6月15日(水)午前11時30分、台東区議会区民文教委員会にて、「谷中コミュニティセンター改築に関する陳情」は、全会(8名)一 … 続きを読む

白岩洋子「水害にあった写真の救出方法」

紙本(アート・オン・ペーパー)と写真の修復家である白岩洋子氏の「水害にあった写真の救出方法」を掲載しました。


白岩さんは今回の震災直後に被災地の岩手県大船渡市に入り写真の救出に尽力、いま現在も支援を続けています。この実践を踏まえて、表記の救出マニュアルを作成しました。白岩さんの快諾を得て、最新版を当方のブログに掲載させていただきました。





白岩洋子「水害にあった写真の救出方法(2011.5.15 更新) 

福島・宮城の避難所に絵本とマンガを置いてきました(4月16日から18日) / 森まゆみ

被災地の子どもたちに少年ジャンプや絵本を届けるため、谷根千付近に会社があったり住んでいる編集者の方たちを中心に協力を得て4月16日から18日まで、強行軍でしたが回ってきました。御協力ありがとうございました。 協力者・平凡 … 続きを読む

[たより] 今週のしのばずくん

ひさびさに「今週のしのばずくん」復活!

今週末はいろいろあります。まずは不忍界隈の情報から。林芙美子もびっくり!「演芸ほうろう記」はじまります。

★「演芸ほうろう記」第1回 坂本頼光 三遊亭きつつき 林家楽一

 新年早々の初笑いの会が好評だった坂本頼光さんと三遊亭きつつきさんの会を、ふたたび開催いたします。ゲストに林家楽一さんをお迎えしての記念すべき「演芸ほうろう記」第1回、みなさんのご来場をお待ちしております。詳しい演目は、当日のお楽しみ。(チラシはコチラ


日にち 6月18日(土)

時間  18時半開場/19時開演

会場  古書ほうろう


出演  坂本 頼光(活弁) 三遊亭 きつつき(落語)

ゲスト 林家 楽一(紙切り)   


木戸銭 2500円 *飲み物・軽食持ち込み可/三軒隣りに酒屋あり (空き缶などはお持ち帰りいただけると助かります)

※ご予約はお電話かメールで、古書ほうろうまで。

03-3824-3388 E-mail:horo●yanesen.net(●を@にかえてください)

ご予約の際の件名は「6/18 ほうろうき」で。

(お名前、人数、当日ご連絡できる電話番号をお書き添えください)


さて「空想製本屋」さんと言えば、不忍ブックストリートweek2011の 「空想製本屋+往来堂書店 読書のかたち」でその作品をご覧になったかたも多いと思います。現在、スイスで製本修業中。その修行日記が往来堂のサイトで読めます。

★「山と海と本のあいだースイス製本修業日記ー」

コチラから ⇒ http://www.ohraido.com/ 


不忍圏外ですが、不忍ブックストリート代表の南陀楼綾繁と助っ人&店主代表(?)NEGIさんのトーク第2弾!

★ NEGIとアヤシゲの同世代漫談 第2回 テーマ「食」

1966年生まれと67年生まれ。東京育ちと田舎育ち。同世代の二人が、思春期に出会った本や雑誌、映画や音楽などについて、うだうだと語り合います。お客さんのツッコミ歓迎のゆるいトークです。素敵な食堂〈アンチヘブリンガン〉を舞台に、数か月に一回のペースで開催しています。

詳しい情報はコチラ ⇒ ナンダロウアヤシゲな日々ふぉっくす舍NEGIのページ

招福

よいこが帰宅する時間までもう少し。"わるいこども"は昼に萎えていた欲望を思い出しはじめます。白ワイシャツに黒いスラックスの呼び込みだとか、昼によく寝た招き猫は、夜に向かって蠢き出す頃です。上野と湯島のあいだでは、急ぎの夜の営業が始まりました。
仲町通り
 

6月の茶話会

6月の茶話会は30日(木)です。場所はいつもの<ブーザンゴ>です。いつも通り、気軽に参加して、自由におしゃべりしてください。
ゲストはデザイナーの板谷成雄さん。不忍ブックストリートMAPのデザインでとってもお世話になってます。板谷さんのお話は9時ごろからです。

テーマは「袋モノあれこれ」

レコードショップ、書店、ブランドなどのビニール袋や紙袋、百貨店の包装紙、カバーなど、懐かしいあの店の袋モノをいろいろお見せします。

参加される方は、なんでもいいので、お気に入りの袋モノをご持参ください。

6月の茶話会  板谷成雄さんの「袋モノあれこれ」

【日時】 2011年6月30日(木)20:00~23:00頃(出入り自由)
【場所】 ブックス&カフェ・ブーザンゴ 〒113-0022 東京都文京区千駄木2-33-2  TEL & FAX: 03-3823-5501
【参加費】 各自オーダーのみ
【お問合せ】 不忍ブックストリート実行委員会 shinobazu@yanesen.org

「谷中コミュニティセンターの改築に関する陳情」書を提出

谷中コミュニティセンターの改築の件につきまして、多大なる関心を寄せていただき、ありがとうございます。 このたび、呼びかけ人から3名の有志により、台東区議会に「谷中コミュニティセンターの改築に関する陳情」書を提出し、6月1 … 続きを読む

文教委員会副委員長に就任しました

イメージ 1
  613日、第2回定例会が71日までの19日間の日程ではじまりました。

 新たに委員会構成と付属機関の委員が決まり、私の所属は以下のとおりです。

 文教委員会・副委員長
 災害対策調査特別委員会・理事
 消防団運営委員会・委員
 都市計画審議会・委員

 これまでの4年間、防災委員会で多くのことを学びました。
 今回の東日本大震災、避難所支援の経験を区政に活かしていきたいと思います。一生懸命頑張ります。 
 
 610日、文京区避難所運営協議会役員全体会に参加。
 150人を越える町会役員の方々が参加し熱心な討議学習が行われました。

 参加者からは、真剣さが伝わってきました。
  それぞれの、避難所で、自主的な、訓練の必要性を痛感しました。