本の名人

連塾.jpg


連塾ブックパーティーに往来堂書店店長の笈入建志さんがゲストとして登場します。


【日時】 2011年5月28日(土)13:00〜22:00(本談・本宴)
【場所】 スパイラルホール&スパイラルガーデン(東京都港区青山5-6-23) 
【会費】 3万円 (連志連衆會 会員:1万円)

有料申込制の【本談】【本宴】と無料参加の【本市】の3本立てとなっています。

【本談】でホストの松岡正剛さんとトークセッションをする今回のゲストは杉浦康平さん、川上未映子さん、今福龍太さん、笈入建志さんです。

【本宴】【本市】の詳細、申込方法などはこちらのサイトをご覧ください。
⇒ http://www.renrenkai.jp/


連塾の案内が載っている松岡正剛さんのブログ「セイゴウちゃんねる」はこちら
⇒ http://www.eel.co.jp/seigowchannel/archives/2011/04/news2_1.html



12人の優しい「書店人」

12人の優しい「書店人」

  • 作者: 山本 明文
  • 出版社/メーカー: 商業界
  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



わたしが情報について語るなら (未来のおとなへ語る)

わたしが情報について語るなら (未来のおとなへ語る)

  • 作者: 松岡 正剛
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2011/03
  • メディア: 単行本


災害日録 5月6日 浜岡を止める?

菅総理、浜岡原発を止めるよう要請。おそい。しかし政権が民主党になっていてよかった。自民党だったらこれにもまして隠蔽が行われていたはず。

光源寺おにぎり握り隊はもう初夏のためおにぎりはやめて5月8日にはいわき市四倉高校へ150人分の食糧と冷蔵庫、洗濯機、最新刊の雑誌などを届ける予定。1回の支援に3、4万はかかるという。カンパを募集中。山崎から来るメールは「細く長い支援になります。よろしくお願いいたします」といつも最後は結ばれている。

戦争捕虜研究会の福林先生より、釜石繊細資料館が被災、津波で資料がすべて流されたとか。

栃木テレビに出てきた「国際的に評価される英文論文を書いている」「東京大学の稲恭宏博士」にはオドロイタ。「ずっと続いても放射線はまったく心配はありません」「安心していただいて」「害のないレベルの放射線で不安になったりせずしっかり栄養を取ってがんばってください」といっている。「まったく」の連呼。
http://youtu.be/aKSpY8nT4PA
長崎大学山下俊一教授はWHO緊急被曝医療協力センター長で福島県放射線健康リスク管理アドバイザーだそうだが「放射線の影響はニコニコ笑っている人には来ません。クヨクヨして入るひとに来ます」「1ミリシーベルトあびてもガンになるのは100人に1人」といっている。

http://smc-japan.org/?p=1413

3月21日講演会で

http://ameblo.jp/kaiken-matome/entry-10839525483.html
涙の辞任で賞賛が集まりかけた放射線科学の小佐古敏荘東大大学院教授、内閣官房参与はミスターICRPと言われている人物で、原爆症認定裁判では政府側の人証人として法廷に立った人であるそうな。

これまた驚いたのは、丸森の講演会にきた東北大学の先生が丸森の放射線値を「まったく人体に影響がない」といいながら、「海外に避難する人がいますが、飛行機に乗っていくと被曝をしますから、脱出するなら船をおすすめします」といったそうな。これジョークのつもりかな。

震災日録 5月5日 城端

七尾から城端の曳山まつりを観に行く。昨年11月世界遺産登録15周年を迎えた白川村でお世話になった山口誠さんが七尾まで来るならぜひ城端もと誘ってくださった。富山県はもっとも縁のない県だ。行きの電車のなかでも「親不知」を通れば森鷗外『山椒大夫』に出て来た地名だな、と思い、魚津を通れば「米騒動のあった土地か」と思う。城端のお祭りは勇壮で巨大なでか山とは対照的に、京や江戸の花街を模した庵という屋台と繊細華麗な山車がセット。庵唄所望とある家の前に止まって三味線にあわせて端唄をうたうというなんとも雅なお祭りだった。着いて歩く男たちは紋付袴である。山を背景に町並みが映える。ホタルイカがおいしかった。

翌日は宝生津というところへ。案内してくださった宮崎さんは『東洋のベニス』というがなるほど、漁船とプレジャーボートが泊まる運河のような内川はゆるやかに蛇行する川沿いにおなじ傾斜の屋根がすこしづつずれて見え、時間を経たトタンの壁もなかなか渋かった。遠くに見えるのは富山新港の火力発電所。北陸電力は北海道電力と間違えないよう、陸電とも呼ぶ。明治29年、富山の薬売りで財を成した金岡又左衛門が中心となり、富山電燈を設立。山岳の多い地域なので水力発電が盛んで、火力、原発は開発が遅れた。見えるのは石炭火力であるという。この近くの伏木港からは唯一、ウラジオストックへの客船が出ていたはずなのだが、これはロシアでの中古車販売が低調のため今は休止中とか。

お花まつりのため石巻に。

5/8
午前3時半 東京発

   9時半 石巻 洞源院さま着

午後1時   お花まつりのお説法

   2時   ライブ開始

   3時   ライブ終了

   4時半 順次焼きそば130食配布

   6時半 現地撤収

5/9
午前2時   光源寺帰着



という、何ともタイトな旅程をこなし帰ってきました。

東京から8名、石巻の浄土宗寺院である西念寺さまから4名、スタッフ計12名。

帰りの際は、お寺にいらっしゃる方全員で手を振って見送っていただきました。

明日、詳細をアップ致します。



副。

[たより] 一箱古本市&week おつかれさまでした!

不忍ブックストリートの「一箱古本市」(4月30日と5月3日)と「不忍ブックストリート week 2011」(4月23日から5月8日まで)、みなさまのお陰をもちまして、今回も無事終了するとこができました。大家さん、店主さん、助っ人さん、お客さん、みなさまありがとうございました。

特に今回は、被災地を本を通して応援する一箱本送り隊の「100円均一義捐箱」にご協力くださったみなさまに厚くお礼をお申し上げます。

また、次回の一箱古本市でお会いしましょう!

★不忍ブックストリート一箱古本市 2011 春 リンク集

恒例となった、一箱古本市リンク集。今回もモンガ堂さん(店主&助っ人)がつくってくださいました。どうぞ、一箱古本市の様子をみなさんのブログを通してもういちどお楽しみください。

http://d.hatena.ne.jp/mongabook/20110508#p1

「寺子屋2011」企画運営スタッフ募集!

小学生対象の体験学習教室「寺子屋」の

企画運営のボランティアスタッフを募集いたします!

「寺子屋」は毎年8月に開催しており、今年で6年目を迎えます。

台東区上野桜木の築100年を超える日本家屋を舞台に、

歴史的建築物の仕組みや、受け継がれてきた暮らし方を体験することで

子供達が、自らの国の文化の価値を再確認する場になればと願っております。

夏休みの数日間、おもてなしや、お掃除の仕方、ものつくりなど

各回のテーマをを通じて、子供達と一緒に夏を過ごしてみませんか?

準備のみ、または当日のみのスタッフも大歓迎です。

今年は8月19日〜21日に開催予定です。

お問い合わせは、メールにて下記まで。

info@taireki.com

寺子屋担当:喜多(キタ)まで

めぐちゃんの帽子屋さん

夕やけだんだん上、休業中の「深圳[しんせん]」前で開催されています日替わり青空市「深圳プロジェクト」に、『めぐちゃんの帽子屋さん』が出店しました。めぐちゃんは 十年も前に「古書ほうろう」で写真展を開催もしている多才な女性ですが、お子さんの誕生をきっかけに帽子作りを始めました。子供用の帽子をメインに大人用の帽子も制作されますが、いずれもユニークで可愛いデザインです。写真カタログは根津のギャラリー・カフェ「りんごや」にも置かれています。   ■ めぐちゃんの帽子屋さん深圳プロジェクト) <http://www.yanesen.net/topics/detail.html?id=339> 開催日: 2011年 5/8(日) 時間: 11:00頃 - 17:00頃(雨天中止)* 帽子屋は13:00 - 15:00頃 場所: 夕やけだんだん上、中華飯店「深圳[しんせん]」前 住所: 荒川区西日暮里 3-14-13   めぐちゃんの帽子屋  

Jay’s HOPE for JAPAN

JAY TSUJIMURA[ジェイ ツジムラ]さんの新作は日本復興への願いを込めたラッキーチャーム "HOPE"。JAYさんが長時間かけて彫り上げたアクセサリーとしてはリーズナブルな価格で 9,311円です。そして、売り上げの一部は「野菜de助け隊」の支援金として使われます。   ■ 羽ばたけ〜 Jay's HOPE for JAPAN!!Wild but Elegant) <http://blog.jaytsujimura.com/?eid=1084176> JAY TSUJIMURA,HOPE  

第1回 谷根千 手づくり市

谷中 かなかな,路地 ゴールデンウィークの最終日である 5月 8日、よみせ通りに面する路地にて、道具と雑貨「かなかな」主催『第1回 谷根千 手づくり市』が開催されました。(2011.5.8) 個性豊かな 25組の作家に加えて、特定非営利活動法人「SWELL・IN・FUKUSHIMA」を通じて福島県在住の障害者の方々による作品・物産の販売と、「不忍ブックストリートの一箱古本市」から始まった被災地へ本を贈る活動「一箱本送り隊」の募金活動も行われました。
かなかな かなかな   ■ 第1回 谷根千 手づくり市 開催日: 2011年 5/8(日) 開催時間: 10:00 - 17:00(雨天中止) 場所: かなかな路地(台東区 谷中 3-2-9) 募集出店者数: 25組 主催: 道具と雑貨の店「かなかな」<http://blog.goo.ne.jp/kanakanayanaka>   谷根千手づくり市 谷根千手づくり市  
路地
 

第12回 一箱古本市 2日目(5月3日)の表彰結果

一箱古本市の終了後、店主さんとスタッフが集まって行われる打上げイベントでは、毎回、プレゼンターによる表彰と売り上げ上位の発表があります。 その結果をお伝えします。

◎豊崎由美賞 LIBRE TONSURE(深圳前)
◎岡崎武志賞 ad-libooks(コシヅカハム前)
◎古本屋ツアー・イン・ジャパン賞 ユタカタ(古書ほうろう前)
◎谷根千工房賞 さじこや(古書信天翁前)
◎稲垣書店賞 映画古書ユニモンド(千駄木の郷前)
◎わめぞ賞 お湯書房(深圳前)
◎畠中理恵子賞 駄々猫舎(ギャラリーKINGYO前)

受賞された店主の皆さま、おめでとうございました。賞品の受け渡しについては、実行委員会よりご連絡差し上げます。

《売上冊数ベスト3》

1位 書評王の島(ギャラリーKINGYO前) 93点
2位 書肆たんこ部(旧安田邸前) 78点
3位 ユウマリ堂(貸はらっぱ音地前) 77点

《売上金額ベスト3》

1位 つん堂(古書信天翁前) 43,400円
2位 書評王の島(ギャラリーKINGYO前) 34,950円
3位 ジャングル・ブックス(ギャラリーKINGYO前) 30,200円

《合計点数》 1,548点  一箱平均 32点
《売上合計金額》 684,820円  一箱平均 13,976円

[たより] 不忍ブックストリートweek2011いよいよラスト

不忍ブックストリートweekのラストを飾る「Mio Fouライブ」若干当日券がでる予定です!

★旧安田邸の音楽会 第三夜 Mio Fou

美尾洋乃(歌、ヴァイオリン、ピアノ)+鈴木博文(歌、ギター)

ゲスト:美尾洋香(ヴァイオリン)

旧安田楠雄邸 千駄木5-20-18  http://www.toshima.ne.jp/~tatemono/

5月8日(日) 16:30開場/17:00開演

入場料 当日2500円

美尾洋乃 http://members3.jcom.home.ne.jp/mio-hirono/

メトロトロン・レコード http://metrotron-records.com/

ほかにもweek企画まだあります。どうぞ不忍界隈で配布中の「不忍ブックストリートMAP」に挟まったweekチラシをご覧ください。きょうはお散歩日和です。