春の小さな古本市 @水戸芸術館 高校生ウィーク2013

春分の日の20日、店の営業を♂に任せて、水戸芸術館内での「春の小さな古本市」に参加してきました。午前10時、最寄り日暮里駅から常磐線に乗り、とここまでは我孫子市の実家へ帰るのとなんら変らぬ行動、風景でしたが、柏で一旦降りて特急フレッシュひたち号に乗り換えると、水戸の手前、偕楽園を目指す行楽の老若男女で車内はほぼ満席状態。ここからは、腰をおろしたシートのふかふかな座り心地にうっとりしつつ、束の間旅情・・・

今年もありがとうございました。

先週、知人から、お引越にともなって、お父様が70年代ギリシアに留学滞在した折り、そこを基点に旅して歩いた各国の地図をごそっと一箱100枚近くお譲りいただきました。お住まいだったことからもギリシアの地図が一番多く、次いでお隣トルコや地中海つながりのイタリア、それからルーマニア、ブルガリア、旧ユーゴスラヴィア、ハンガリー、ポーランドなど共産圏の国々。1枚1枚広げて何年の、どこの町の地図なのか調べたり、・・・

プリントゴッコは今日で終わりなんだそうですね。

「今ちょっと片付けてるのでよかったらもらってください」 ご近所の方が数冊本を持って来てくださる。 なかにあった『花の図案 特集 誕生日の花言葉』(野ばら社)が、いたくかわいくて心のなかで小躍りする。 新書サイズ、昭和47年の図案集だ。 図案集というと、季節柄「プリントゴッコ」の年賀状印刷のことが思い出される。 実家にプリントゴッコが導入されたのは、わたしが小学2年か3年の時だったはず・・・

東京蚤の市 終了しました。

第2回東京蚤の市が終了しました。 二日間たくさんの方々にお運びいただきました。誠にありがとうございました。 信天翁ブースは、本日も早朝から最後の搬出に至るまで、たくさんの人の手をお借りして、無事出店を終えることができました。お世話になったみなさまにも感謝です。 人に恵まれ、チャンスに恵まれ、お天気にも恵まれました。 この二日間のことは、いずれまた別のときにご報告ができればと思いつつ。 ・・・

東京蚤の市 1日目 

東京蚤の市の1日目が終了しました。 本日、お越しくださったみなさま、どうもありがとうございました。 本日、早朝からお手伝いくださったお三人方、本当にありがとうございました。 明日、25日も信天翁はこんな様子で出店いたしております。

日暮里ゴーヤー

ビル前花壇にゴーヤーが芽を出し蔓を伸ばしだしたのは、8月に入った頃。去年、深圳のJさんが栽培していたののこぼれ種が1年たって土中より発育しだしたのでした。日に日に伸びる蔓は毎日欠かさないJサんの水やりで、♂が紐で誘導した背後のモミの木につたって、いまもどんどん伸びています。となりのコニファーにもからみついています。この取り合わせのヘンテコさ、見目の奇妙さが、いかにも日暮里ゴーヤーだと愛でるのが、毎・・・

「そごう柏夏の古本まつり」ありがとうございました。

「そごう柏夏の古本まつり」が終了しました。ご来場くださいましたみなさま、ありがとうございました。デパートでの古本催事参加は初めてのこと、ためらったり悩んだりしている場合ではとうにない店の状況なのに、相変わらず決断の鈍い私たちの背中を押してくださった古書赤いドリルの那須さん、運営を担って準備からすべて諸々の手筈を調え、先導してくださったポラン書房さん、ご一緒させていただいた古書店の諸先輩方、甘夏さん・・・

日暮里マッコリ

スーパーやコンビニに売っている、アルコール分6%の安いマッコリに目覚めた夏です。マッコリはお値段の高い安いに関わらず乳酸菌のお酒でした。発泡酒や缶酎ハイばかりの日々と比べてお腹の調子がとてもいいのです。ゆったりマッコリ。ぐったりマッコリ。ひょっこりマッコリ。しんみりマッコリ。どんな夜もおともだち。日暮里マッコリの夏です。 そごう柏夏の古本まつり2012開催中です。 8月19日(・・・

毎日ニューオーリンズ。

しばらく前から店ではずっとインターネットラジオの AccuRadio をかけています。自分で音楽を選んでかけることが億劫な時も結構あったりして、ラジオはとても助かっています。カテゴリーごとたくさんあるチャンネルのなかでも今は圧倒的にJazzチャンネルをかけることが多く。なかでも composer jobin は耳当たりもいいし、涼しげだなぁなんて思ってよくかけていたのですが、これだけ猛暑が続くと ・・・

暑中お見舞い申し上げます。

今日、神保町の古書会館からほど近い小さな公園にサルスベリが植わっているのに気がついた。金網越し、背は低く花は白っぽくてうっかり見過ごしてしまうところだった。夏といえばノウゼンカズラの淡いオレンジが次々咲いては地面に落ちて、サルスベリの濃いピンクが視界にまばゆい。そうでない夏なんてあるものか。と思っているのはやはり、わたしが都会で育ってないからだろうか。どっちも冬のあいだは葉の陰も形もなく、つるっつ・・・

東京蚤の市終了しました。

先週末5/26,27の土日、東京の西、多摩川沿いの競輪場内で開催された「東京蚤の市」に出店参加してきました。本のほかにも、家具やくらしの道具、雑貨などの古いものを扱うお店が多数集まったにぎやかな祭典、お天気も上々で、たくさんのお客さんにご来場いただきました。わたしたちの出店場所は車券売り場前。映画「無能の人」で竹中直人が風吹ジュンから券を買ったちょうどあの場所。かどうかはわかりませんが、そんな場面・・・

いまここで出会ってしまった宮沢賢治 

雨の定休日に根津は観音通りの喫茶・ギャラリーりんごやさんで開催中の「山猫あとりゑ+かわうそ兄弟舎展」をみてきた。パロル舎から刊行されていた小林敏也さんによる画本宮澤賢治シリーズの「猫の事務所」の原画展でしたが、シリーズのほかの絵本も一堂に集まっていて、りんごやさんの古い長屋造りの小さなスペースとその世界がぴたりとはまっていた。原画はすべて鉛筆描きのモノクロ。色は印刷の段階ではじめて決めて載せるのだ・・・

まちがえて帰ってしまった。

昨夜は、店からちょっと遠くのとある銭湯までお風呂に。お客はまばらだったのでゆったり場所をとり体を流しはじめるや、同じ列のカランの一番端の方からなにごとかわめいている声が。けんか?え?わたし? 一瞬驚いてそちらをみると、そうではなかった。たぶん私の母と同じくらいの年かっこうかな、せっせと湯をかぶり、体を洗う、その手際はよく、動作もいたって普通。だけど、そのあいまあいま鏡へ向い、あるいはあさっての方向・・・

長嶋柊 絵日記100%展 終了しました

長嶋柊 絵日記100%展は、 最終日の今日「柊くん(作家)を囲む会」 をもって無事に終了いたしました。1ヶ月に渡る開催期間中、本当にたくさんの方にお運びいただきました。どうもありがとうございました。柊くんの絵が和やかにゆるやかに人と人をつないで、店にいる自分たちの世界を広げてくれていたようなひと月あまりでした。楽しかった。 開催中つけていた101冊目の絵日記を手に、ところどころ絵の解・・・

仙台で撮ってきた写真

仙台にカメラを持って行きました。10年ほど前不忍の池のほとりの骨董市で衝動買いした古いカメラ。撮り方、使い方まったくわからなかったけれど、露店の女性店主さんが、さっぱりとした口調で「撮れますよ。」とカメラをしげしげと見ていた私に声かけてガラスケースから出して見せてくれたので、ぱっと買った。7000円くらいだったと思う。買ってすぐ当時よく通っていたとんかつ屋の常連仲間カメラマンのコバちゃんに撮り方を・・・