リレー書評 #この本がヤバい #2『夢も見ずに眠った。』絲山秋子

【不定期リレー連載「この本がヤバい!」】#2 往来堂がお世話になっている主に出版社さんに、最近読んだ本のうちでほかの人にも勧めたい「ヤバい」本を教えていただくコーナーです。 ご登場頂いた方には「笑っていいとも!」の「友達 […]

ただかき氷を食べさせる場所ではなく

氷菓室。ただかき氷を食べさせる場所ではなく、台湾人一人ひとりの心のなかに根を下ろした心の風景。世界が均一になりなくなってしまう前に、働き者の店主たちに聞いて書き留めた、店と街の歴史。 『台湾レトロ氷菓店』 ハリー・チェン […]

『ストーリー・オブ・マイ・キャリア 「赤毛のアン」が生まれるまで』ルーシー・モード・モンゴメリ

「かつて私が成功に向かって歩んだ退屈な道の途上で同じように悩みもがいている人たちを励ますために」これ以上の説明は不要ですね(笈) 『ストーリー・オブ・マイ・キャリア 「赤毛のアン」が生まれるまで』 ルーシー・モード・モン […]

短編にその本領を発揮するミルハウザー、その彼が新たな領域に入ったことを伝える魅力的な七編。

『私たち異者は』スティーヴン・ミルハウザー/柴田元幸 訳 白水社 2600円+税 短編にその本領を発揮するミルハウザー、その彼が新たな領域に入ったことを伝える魅力的な七編。6番目に収録の『The Next Thing』寓 […]

二夜連続トークイベント 森まゆみが語る「生きている町並み 根岸・谷中編」「生きている町並み 東北・九州編」

往来堂書店 二夜連続トークイベントvol.11 2019.7/17~7/18 『地域人』第47号 発売記念 第一夜 森まゆみが語る「生きている町並み 根岸・谷中編」 ゲスト:中村 出さん(まちあかり舎) 第二夜 森まゆみ […]

往来堂書店の茶話会「本のあいだで本のはなし」第1回「かわいいのからこわいのまで……動物本の世界」

往来堂書店の店内で行うイベントのご案内です。 お気軽にご参加ください! 往来堂書店の茶話会「本のあいだで本のはなし」 第1回「かわいいのからこわいのまで……動物本の世界」 日時:2019年7月5日(金) OPEN 18: […]

韓国ののこぎり屋根情報

撮影は池本達雄さん

2019年519日撮影はKTX クヮンジュソンチョン(光州松汀)駅。


2019年5月21日撮影は、クヮンファド(江華島)のおしゃれカフェの外観と内部です。

元の紡織工場が変身したものだそうです。「平日だったので、この程度のお客さんの入りでしたが、土日は大勢のお客さんが訪れるそうです。内部は、光の洪水でした」とのレポートでした。

2019-06-09(日)第67回 月1原発映画祭「学校現場の放射線教育」文科省教材ビデオ上映+根岸富男さんトーク

次回の月1原発映画祭では、「原子力教育を考える会」の根岸富男さんに、学校現場で原子力や原発、放射線のことが、今どのように教えられているか、お話をお願いしています。文科省は昨年10月に「放射線副読本」改訂版を1450万部発 … 続きを読む

2019年4月21日(日)第66回 月1原発映画祭「浪江町からの報告」映像&山田徹監督トーク

次回の月1原発映画祭は「浪江町からの報告」と題して、 福島県双葉郡浪江町に滞在して取材活動を続けている山田徹さんに 映像・スライド&トークショーをお願いしています。 浪江町は福島第一原発から約4Km~30Kmのところにあ … 続きを読む

千葉聡×東直子×佐藤弓生 現代短歌が面白くなる3冊を語る!

まもなく刊行される『90秒の別世界』(立東舎)、1月に刊行された『しびれる短歌』(筑摩書房)、そして刊行され約1年となる『短歌タイムカプセル』(書肆侃侃房)・・・現代短歌が面白くなる3冊を語る! ・日時 2019年4月4 […]

2019年3月17日(日) 第65回月1原発映画祭『ふたつの故郷を生きる』上映+トークの案内掲載のお願い

東京電力福島第一原発事故からまもなく8年、国と福島県は復興をかかげ、原発事故による避難者の帰還を推進する一方で、避難指示区域外からの避難者への支援打ち切りを進めています。 今回の月1原発映画祭は、区域外避難、特に母子避難 … 続きを読む