産業遺産学会より認定書が東京家政大学博物館に贈られました。2021年5月21日

今年3月、東京家政大学博物館(板橋区)に収蔵された「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」に対して、「産業遺産学会  推薦産業遺産  113号」の認定を受けました。

以下が全文です。

Japan Industrial Archaeology Society
産業遺産学会 推薦産業遺産 第113号

・谷中リボン・渡辺四郎コレクション・東京家政大学博物館殿

初の国産リボンにかかわった渡辺四郎が収集した技術図書・リボン見本帳は最大規模の個人コレクションと推定されることを高く評価し産業遺産学会推薦産業遺産に認定する

2021年5月10日 産業遺産学会

会長 天野武弘

谷中のこ屋根会は、谷中ののこぎり屋根およびリボン資料についての調査を、産業遺産学会(旧産業考古学会)に論文にして提出するところから始めました。

有志5人(権上かおる、菊池京子、真鍋雅信、吉田喜一、山﨑範子)による論文「欧化主義の中心地、東京の明治のリボン産業」は『産業考古学 第153号』(2016年3月)に掲載されました。

「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」が多くの方の目に触れ、東京家政大学博物館に収蔵されるに至った端緒は、生まれて初めての論文執筆という難行から始まったように思います。

産業遺産学会 http://sangyo-koukogaku.net/index.html

推薦産業遺産とは http://sangyo-koukogaku.net/suisen.html

論文「欧化主義の中心地、東京の明治のリボン産業」

東京家政大学より「感謝状」をいただきました。 2021年7月26日

今年3月、東京家政大学博物館(板橋区)に収蔵された「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」の寄贈者として、「谷中のこ屋根会」が渡辺学園・東京家政大学・東京家政大学博物館より感謝状をいただきました。

感謝状贈呈式(右から理事長、学長、博物館長)
感謝状贈呈式(右から理事長、学長、博物館長)

以下が全文です。


感謝状
谷中のこ屋根会 殿

 貴会は、谷中のこぎり屋根工場跡地より発見されたリボンの見本帳および書籍について、その保存や調査に惜しみなく力を注ぎ、このたび東京家政大学博物館に寄贈くださいました。
これら「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」は、貴会の普及活動の甲斐あって、新聞紙上を飾り、産業遺産学会推薦産業遺産に認定される等、広く資料的価値が認められることとなりました。
今後、これらの資料を大切に保存し、活用を図りながら教育研究の資として永く世に伝えられるよう努めていく所存です。
ここに、その並々ならぬご尽力とご厚意に対し、深く感謝の意を表します。

令和3年7月26日
学校法人渡辺学園 理事長 菅谷定彦
東京家政大学 学長 井上俊哉
東京家政大学博物館 館長 手嶋尚人


国産リボン発祥の地(千代田リボン製織所跡)プレート

東京家政大学は和洋裁縫伝習所として1881年、建学の祖である渡邉辰五郎先生の自宅(本郷湯島)に開設された、140年の歴史ある学校です。「東京裁縫女学校」と改称されたのが1892年、その2年後の1894年に、今回の「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」の見つかった谷中のリボン工場である千代田リボン製織の前身、「岩橋リボン製織所」が設立しました。
時間を超えて所縁ある博物館に収蔵され、されに研究され、近い将来、博物館で谷中のリボンたちに会える日を心待ちにしたいと思います。
東京家政大学:https://www.tokyo-kasei.ac.jp/

岡山県倉敷の「丸五」

本文大正大学で発行している『地域人』。72号に掲載されている地下足袋メーカー「丸五」ののこぎり屋根がすごいんです。

撮影:加藤晋平


創業は1919年(大正8)。岡山駅から快速マリンライナーに乗って15分で茶屋町駅に着きます。駅前に見える広大なのこぎり屋根。少し前までは敷地全体がのこぎり屋根がだったそうですが、創業100年を機に一部建て替え、それでもこの景色!

撮影:加藤晋平


もともと座敷足袋をつくっていた藤木伊太郎さんが、足袋に人力車の古タイヤを加工して縫い付けたのが地下足袋のルーツといわれています。それはそれは使い勝手がよくて、野良仕事に大工仕事、海女や飛脚の足を守り、大地を踏みしめる感覚が重宝されました。

撮影:加藤晋平


それから100年。足袋を履くことが少なくなった私たちは、もともと人間が持っていた足の機能をどんどん手放した。外反母趾や土踏まずがなくなるようなことにもなってきた。その足の機能復活を掲げて足袋型シューズをメイドイン倉敷でつくっているのが「丸五」です。

撮影:加藤晋平


数年前のNHK大河ドラマ『いだてん』で金栗四三役の六代目中村勘九郎の履いた播磨屋足袋のマラソンシューズは、この丸五本社工場で復刻されたものです。

撮影:加藤晋平

ぜひ雑誌も読んでください! 
地域人72号https://chiikijin.chikouken.org/chiikijin/%e3%80%8c%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e4%ba%ba%e3%80%8d%e7%ac%ac72%e5%8f%b7

撮影:加藤晋平

株式会社丸五 https://www.marugo.ne.jp/

撮影:加藤晋平

渡辺四郎コレクションのことが東京新聞に紹介されました!

渡辺四郎コレクションのことが東京新聞に紹介されました!

東京新聞 超絶技巧!フランスのリボン 明治から時を超え、谷中・のこぎり屋根から発見 産業遺産に 2021年7月28日 07時06分 https://www.tokyo-np.co.jp/article/119856


2013年9月、谷中ののこぎり屋根が解体された。その翌年10月、工場の裏にあった小さな事務所の建物が解体されるときに、重厚な書棚の中に長らく置かれていた資料を「必要なら取りにおいで」という鈴木さんからの電話をいただき、譲り受けた。その日は小雨でした。台車に乗せた資料をまずは道灌山下にあった古書ほうろうの店内に避難させてもらった。

工場の部材を引き取ってから8年、資料を譲られてから7年。「谷中のこ屋根会」なるものを結成して、たくさんの方にカンパをいただいて。のこ屋根クッキーつくったり、のこ屋根ポーチやのこ屋根マグネットなんかもつくって販売。面白かったね。

調査もしました。 そして、谷中のギャラリーTEN、HAGISO、千駄木の古書ほうろう、島薗家住宅などで、保存した部材や資料を町の人に見てもらってきました。

そしてこの3月、無事に東京家政大学博物館に収蔵されました。併せて、産業遺産学会から「推薦産業遺産」の認定もいただいた。 

相変わらず見事な見本帳。整理の美しいのは渡辺四郎の手によるものだろうか。資料はこうした見本帳のほかにも技術、機械、歴史、経済、デザインとおよそ1900年前後の織物文献が100点ある。皮の背表紙をつけて造本したものにも「watanabe」のサインがあった。

簡単なコレクションの内容(工場資料)はこのサイトでも紹介しています。これから専門家の手で整理されるに違いない。

2021年3月27日「谷中のリボン。渡辺四郎コレクション」が東京家政大学博物館(東京都板橋区)に収蔵されました

2021年3月27日「谷中のリボン。渡辺四郎コレクション」が東京家政大学博物館(東京都板橋区)に収蔵されました。

東京家政大学博物館 https://www.tokyo-kasei.ac.jp/academics/museum/

明治27年に東京・谷中に設立した岩橋リボン製織所に技師として入社した渡辺四郎(のちに千代田リボン製織所と名を変えて社長に就任)が蒐集したリボンの見本帳、および繊維・製織関連資料は、谷中にあったリボン工場の解体後、谷中のこ屋根会が保存・管理していました。

この度、2年間の研究者による分析調査(新井正道、元群馬県繊維工業試験場主任研究員)を終え、東京家政大学博物館に移送され無事に収蔵しました。

覚書

パネル展「尾崎世界観『母影』の町を撮る」開催

尾崎世界観さんの新刊『面影』の発売を記念しまして、店頭にてパネル展を開催します。 また、店頭で『母影』をお買い上げいただいた方に先着で特典の缶バッジを差し上げます。(全4種類、ランダム配布) 特典はなくなり次第終了となり […]

The post パネル展「尾崎世界観『母影』の町を撮る」開催 first appeared on 往来堂書店.

2020年9月後半の注目新刊 その2

9月後半発売の新刊のうち、往来堂が注目したもの(その2)です。 注文はしていますが、一部発売日に間に合わないものもあるかもしれません。 お取り置き希望の方はタイトルをコピペしてメール maido@ohraido.com […]

The post 2020年9月後半の注目新刊 その2 first appeared on 往来堂書店.

2020年9月後半の注目新刊 その1

9月後半発売の新刊のうち、往来堂が注目したもの(その1)です。 注文はしていますが、一部発売日に間に合わないものもあるかもしれません。 お取り置き希望の方はタイトルをコピペしてメール maido@ohraido.com […]

The post 2020年9月後半の注目新刊 その1 first appeared on 往来堂書店.

6社共同フェア 世界のノンフィクションがおもしろい!! 開催中です

亜紀書房・紀伊国屋書店・作品社・青土社・白水社・みすず書房の共同企画フェアです。 もう少し知りたい。でも専門書は難しい。入門書だと物足りず、専門書だと少しハードルが高いなと感じることはありませんか? 「世界のノンフィクシ […]

四社合同オンラインブックフェア「コロナあるし、家で本読もう」開始しました

青弓社、彩流社、亜紀書房、国書刊行会によるオンラインブックフェア! 緊急事態宣言が解除され、休業していたお店も徐々に営業再開しておりますが、まだまだ油断ならない状況。 本屋に行きたい!という気持ちと、でもまだ少し遠慮して […]

7.昭和18年11月「公私境界査定願」と図面、および昭和19年2月「土地返還承諾書」

昭和2年より東京市から借りている土地の一部に交番(谷中派出所)ができることになった。借りている土地と市有地の境界を査定し、交番用地として一部返還している。

この時つくられた「谷中初音町巡査派出所」は1990年頃まであり、その後、三崎坂に面した千代紙の「いせ辰」並びに移った。跡地は花壇となり地図の掲示板がある。

【2020-2-21】『男である』ことを止められない男性たちとその事情 田中俊之さん・藤井達夫さんトークショー

年号が変わっても、ラグビーのワールドカップでナショナルチームが活躍しても、そしてオリンピックが開催されることになっていても、どうも私たちの社会の生き辛さは、相変わらずのままだ。それどころか、日々の生活の閉塞感はますます募 […]

【2020-2-14】『本を売る技術』刊行記念 矢部潤子さんトークイベント

ありそうでなかった「書店員の教科書」がついに本の雑誌社さんから登場! 不肖・往来堂笈入と、往来堂バイトOBにして本屋を舞台にした新作を手掛ける新進気鋭の漫画家やじまけんじが、書店員の大先輩・矢部さんに教えを請います。 【 […]

2020年1月12日(日)第71回 月1原発映画祭/交流カフェ 「彼らの原発」上映+川口勉監督トーク

2020年1月12日(日)13時 会場:谷中の家  主催:月1原発映画の会 ■ プログラム 12:30 開場 13:00~15:10 「彼らの原発」上映 (途中休憩10分程度を取ります。) 15:15~15:55 川口勉 … 続きを読む