「東京文書救援隊」発足のご挨拶

東日本大震災・津波により被災されました多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。また被災地の復旧・復興のために努力されておられる方々に深甚の敬意を表します。

今次の大災害では多くの尊い人命が失われ、また家屋、施設、道路等が甚大な被害に遭遇いたしました。その傍ら、歴史的文化財を含む貴重な文書・記録・書籍・写真等が損傷あるいは流失し、復旧・復興のために重要な文書等も数多く被災しています。

私どもは長く、図書館・アーカイブズの紙資料保存に携わってきた者です。今般の未曾有の事態のなか、被災地に遺された文書等の救済・復旧のため、私たちの経験を活かし幾ばくかでも被災地の皆さまのお役に立てないか。そのような想いから、この程、文書等救済支援のためのボランティア組織「東京文書救援隊」(Tokyo Document Recovery Assistance Force)を発足させました。

これまでの長年の仕事から、私どもは資料保存のための知識、経験を有し、また一定の施設、機器類を備えております。それらを基盤に、救出された被災資料を元の状態に戻す文書復旧システムを新たに組み立てました。救出された文書等を利用可能にするための簡便かつ効率的な処置システムで、その導入支援(作業システム設計と簡単なスキル・トレーニング)を被災地で復旧・復興に取り組んでおられる皆さまに提供させていただく-それが「東京文書救援隊」の眼目です。(詳しい支援内容につきましては「私たちがお手伝いできること」をご覧下さい。)当事業が掛け替えのない文書等の救済・復旧に少しでも寄与できますようにと切望しております。

私どもでは、支援実施に必要な体制を整え、ある程度の活動資金も用意いたしました。一方、事業の継続・拡大のため、「募金のお願い」をしております。ご賛同下さる方々のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。東京文書救援隊の活動は今後一年(2012年5月末まで)の想定です。ただし要請が続き、資金的裏付けが整えば、期間延長を考慮いたします。

私どもの東日本地域復旧・復興支援にかける想いを受け止め、培ってきました資料保存に関わる知識とスキルを活用していただければ有り難く存じます。

活動方法は「私たちがお手伝いできること」に記していますが、被災地の様々な事情、事態に柔軟に対応していく考えです。文書等救済・復旧の必要がございましたら、またそのための知見・スキルが必要でしたら、当方「問合せ窓口」にご連絡、ご相談下さい。

様々な機関、多くの方々と力を合わせ、精力的、機動的、効果的に被災地の文書等救済支援に取り組む所存です。

“Save our documents! Save our history!”


                        東京文書救援隊代表 安江明夫

私たちがお手伝いできること

私たちがお手伝いできること-それは被災現場から救出された書類、書籍、写真等をモノとして利用できる状態に戻すための文書復旧システムの導入支援です。具体的には現場での処置システム設計と、簡単なスキル・トレーニングです。支援対象は図書館、アーカイブズのほか役所、学校、病院、企業、寺社、個人等です。私たちは、資料救出に当たられている方達と連携するとともに、被災現場で困難に遭遇している方達への直接的な支援を行います。



はじめに

今回の東日本の大震災により被災した資料の救出が各地で始まっています。各地域単位の資料レスキュー・ボランティア組織、また文化庁指導レスキュー・プログラム傘下の組織等が、困難な現場で救出作業を行っています。

被災現場から救いだされた資料は、海水を被っているため、できるだけ早い時期に乾燥させる必要があります。少なくない数の資料に対し既に真空凍結乾燥等の処置が行われています。また、現場での自然乾燥も行われています。

しかし、資料の大半は乾燥したままの状態では利用できないのが現実です。泥を落とし、汚れや塩分を洗い流し、初期の乾燥による変形や歪みを直して紙を平らな状態に戻す処置が必要です。私たちが提供するのは、そのための文書復旧システムとその導入支援です。


シンプルかつ廉価で、専門的なスキルは不要

この文書復旧システムに使用する資材は入手が容易かつ廉価で、処置作業もシンプルな工程の組み合わせです。このため、専門的な処置技術のない現場でも、作業場所、マンパワー、一定の資金の目処がつけば、私たちボランティア・グループによる2日間程度のスキル・トレーニングを受けた後に、処置ラインを組み、すぐに作業を始めることができます。

国内外の様々な被災資料の現場で復旧に使われてきた方法と私たちが培ってきたノウハウと技術を組み合わせた処置システムは、少数の作業者で運営できます。また、被災資料の量、マンパワー、作業時間に応じたラインの増減が容易です。

とはいえ、被災地では資材の入手もままならないことがあるでしょう。資金的に困難な場合も、特に民間においては想像されます。こうしたところへのサポートも、可能なかぎり行います。ご相談下さい。


対象とする被災資料とは?

以下のような、紙媒体の資料です。

・一枚もの(ポスター、新聞、地図、図面、書簡、葉書、賞状、書類等)
・簿冊
・ファイル文書
・和装本、漢籍
・小冊子・雑誌
・洋装書籍
・紙焼き写真

※紙媒体以外の資料の復旧については、別の専門機関やボランティア・グループをご紹介します。


現場での処置開始までの流れ

① 救援隊への電話、メールなどでのお問合せ

② 救援隊スタッフが資料等確認のために出張し、依頼者と打合せ 

③ 現地での必要資材の調達、作業場所および作業スタッフの確保の確認

④ 機材等の搬入・設営と依頼者(作業責任者や作業者)へのスキル・トレーニング⇒実際の処置開始 (併せて2日程度)


文書復旧システムの公開説明会

私どもは、提供する文書復旧システムを実際にご覧いただく機会を設けております。どのような機材を使用し、どのように処置を進めるか、その一連の作業工程をご案内いたします。そのために被災地及び東京地区での公開説明会を予定しています。期日・場所は当HPで順次、お知らせします。また、電話・メール等でのお問合せにも応じます。


乾燥が十分ではなくカビも心配な場合

私たちの支援は、応急的に救出され乾燥を終えた資料への復旧処置が主です。しかし、現場から救い出したものも、まだ乾燥が十分ではなく、カビやバクテリアの繁殖が懸念される資料もあると想像されます。少量の場合は私たちが提供する処置ラインへのアルコール殺菌工程の組込みができます。また、大量の資料の乾燥処置については現在、技術的な点を調整中で、近々紹介いたします。
(追記:こちらをどうぞ。日本ファイリングが東日本最大規模の真空乾燥と滅菌の一貫処置設備を稼働へ

団体概要

団 体 名 : 東京文書救援隊
設    立 : 2011年5月10日
役    員 : 代表 安江明夫  事務局長 木部徹
活 動 内 容: 被災した資料を救う活動をされている方々への文書復旧システムと
                    スキル・トレーニングの提供
所 在 地 : 〒113-0021 東京都文京区本駒込 2-27-16
                    (株)資料保存器材気付
役 員 紹 介: 安江明夫(学習院大学大学院アーカイブズ学専攻非常勤講師、
                    元国立国会図書館副館長) 
                    木部徹(株式会社資料保存器材代表取締役、東京学芸大学
                    文化財科学専攻非常勤講師)

募金のお願い

私どもでは、支援実施に必要な体制を整え、ある程度の活動資金も用意いたしました。一方、事業の継続・拡大のため、募金のお願いをしております。ご賛同下さる方々のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

募金にご協力いただけます方は、大変お手数ですがご住所、お名前、電話番号、メールアドレスを記載の上、toubunq@gmail.com 宛にメールをお送りください。
メールにご記載いただいた情報は、個人情報保護法を遵守し、「東京文書救援隊」募金活動目的以外には使用いたしません。

・消耗品、機器類の購入
・資料運送費
・出張、滞在費




お振り込み先
みずほ銀行 千歳船橋支店 普通預金
口座番号 :  2115242
口座名義 : 東京文書救援隊 代表者 安江明夫



お問い合わせ先
東京文書救援隊事務局
住所 : 〒113-0021 東京都文京区本駒込 2-27-16
      (株)資料保存器材気付 東京文書救援隊
e-mail : toubunq@gmail.com
TEL : 080-2551-7880(平日9時~17時)

【募集】いわき市四倉高校避難所と久ノ浜に行きます。

お知らせとお願いです。
ご都合のつく方は光源寺までご連絡ください。電話 03-3821-1188

1.【6月1日(水)/光源寺出発8時、日帰り。お話を聞くボランティア。1~2名】
いわき市四倉高校避難所で長くボランティアとして活動している本柳さんより連絡がありました。避難されている方のお話を聞くボランティアが四倉高校には来訪せず、ぜひ来てくださいということです。
ここは数々の苦難を抱えた避難所です。今回はお話を聞くエキスパートを募集します。

◎社会福祉士などの資格のある方。または、これまでに相談員などの経験のある方。

現在決まっているのはドライバーの方、光源寺の島田昭博住職、副住職のえかさんです。まだ、1~2名が同乗できますので、一緒に行ってくださる方があれば至急光源寺までご連絡ください。電話 03-3821-1188

この日、車に安全靴40足と雑誌(最新号)1箱を載せます。
安全靴は靴メーカーのアキレスが低料金で提供してくれた本格的なもので、気仙沼の同窓会の方と一緒に1足カンパ(500円)を募り、約200足を買いました。残りは気仙沼の被災地の作業で使われます。

2. 【6月中の土・日/福島県久ノ浜への炊き出しと配食の手伝い、および車とドライバー】

大変な被害のあった久ノ浜にやっと人が入れるようになり、瓦礫や泥の撤去作業が始まっています。作業をしているところへの炊き出しと配食の手伝いが求められています。こちらは、手を上げてくださる方があった場合、車と人、内容を組み合わせて考えます。
6月中の土・日(泊まりまたは日帰り)で、車の提供、またドライバー・助っ人をしてくださる方は、可能な日を光源寺までお知らせください。電話 03-3821-1188

3. 「谷根千震災字報」をはじめました。http://311.yanesen.org/

谷根千地域の方の震災に関わる活動をお知らせください。経験、見聞、支援の催しなど、皆さんにお知らせできればと思います。件名に【谷根千震災字報】と書いてこちらまでお寄せください。

谷根千震災字報 http://311.yanesen.org/
山崎範子(谷根千工房) noriko@yanesen.com

3・11を語り合う ~被災地で見てきたこと / 私たちにはどんな防災センター(もしくは避難所)が必要か?~

2011年6月5日(日)13:30~17:00(途中出入り可) 谷中コミュニティーセンター第2会議室 参加費500円(今後の広報の諸経費に当てます) 司会 森まゆみ 主催 谷根千工房 問合せ 03-3822-7623 o … 続きを読む

谷根千震災字報をはじめます

こんにちわ。元谷根千ねっと管理者のモリモトです。 どのぐらいできるかわからないけれど、谷根千から震災情報の発信をはじめることにします。 具体的には、谷根千被害、銭風連(谷根千からこれ以上銭湯を失いたくない風呂好き連中)、 … 続きを読む

LwPasakusa

2011年5月22日(日)
音地の二人がLwPasakusaの浅草ジャンクションにパネラー参加
LwPasakusaは面白い場所なので下記覗いて見てみてください
http://lwp-a.jugem.jp/

当日はこんな様子でした。
とても刺激的な場所ですので
皆さんもどうぞ!

[お知らせ][台湾のはなし] 謝謝大家!(みんなありがとう)

 
f:id:seishubu:20110422122159j:image:right:w215  はじめての「台湾<家跡>写真展」は、無事に終了いたしました。お越しくださったみなさま、励ましの言葉をくださったみなさま、そしてなにより、ふたつ返事で場所を提供してくださったO店長はじめ往来堂書店スタッフのみなさま、どうもありがとうございました。
 
 台湾チャリティー絵はがきは、合計73枚をお買い求めいただき、全8種類のうち4種が売り切れとなりました。売上金7300円は、日本赤十字社を通し、すべて東日本大震災の義援金として寄付いたします。 
  
 I副部長と一緒に選んだ台湾の本もご好評をいただき、うれしいかぎりです。「旅の本フェア」は13日(金)まで続きます。副部長いちおし、片倉佳史さんの『観光コースでない台湾―歩いて見る歴史と風土』や、不忍ブックストリームで紹介した酒井充子さんの『台湾人生』も再入荷していますので、ぜひお運びください。
 
 お越しいただけなかった方、そして「あの感動をもう一度」という方(つまり自分)のために、往来堂書店での展示風景をご紹介します。

 
f:id:seishubu:20110510200406j:image:left:h300



 
青いひさしに赤いぼんぼり。
 
ここが千駄木、往来堂書店。
 
さあさあ、なかへお入りください。
 





 
 
 
 
f:id:seishubu:20110509204414j:image:right:h300

 
 
まずは右手をご覧ください。
 
こちらがメインの展示スペース。
 
上から家跡、台湾、家跡、台湾……という風に、家跡写真で台湾写真をサンドイッチしてます。
 
 
 
 
f:id:seishubu:20110422195614j:image:left:h300
 
 
 
 
手前下側が、チャリティー絵はがき一番人気「春と福を招く扉」のもとになった写真です。
 
 
 
 
 
 
f:id:seishubu:20110422195709j:image:right:h300
 
 
 
 
振り返れば、そこにも家跡。
 
「福」の字も一緒に揺れています。
 
          f:id:seishubu:20110423121234j:image:h130
 
f:id:seishubu:20110509204341j:image:left:h300
 
 
 
 
 
おや、奥にも赤いぼんぼりが。
 
ずずいとなかまで入ってみましょう。
 
 
 

 

 

f:id:seishubu:20110509204624j:image:right:h280 


あ、これが噂の3D家跡!
 
家内制手工業でせっせと作りました。
 
リズミカルに並んでいます。
 
 
 
 
f:id:seishubu:20110509204710j:image:left:h300


 
 
 
 
その横にもひっそり3D家跡を展示していたことに、さてどれくらいの方が気づいたでしょう。
 
 
 
 
  
 
 
 
 

 ということで、「台湾<家跡>写真展」はこれにておしまい。おつきあいありがとうございました。チャリティー絵はがきや本を買っていただいたり、花束をいただいたり、「家跡を探すっていう楽しみが増えたわ」というお言葉をいただいたり、本当に楽しい16日間でした。また近いうちにお会いしましょう。再見! (N)

[お知らせ][台湾のはなし]

 
第二の故郷・台湾を旅していると
壁に残された家々の跡が
ときにひそやかに、ときに情感豊かに語りかけてくる景色に
あちこちで出会います。
 
まるで地層に残された化石のように
降りつもる星霜を刻んでゆくその姿に
私は<家跡(かせき)>と名前をつけました。
 
台湾の熱気と喧騒のなかで
<家跡>が紡ぐ言葉に耳を傾けてみてください。

 
台湾<家跡>写真展+旅の本フェア
場所 往来堂書店 文京区千駄木2-47-11
写真展 4月23日(土)〜5月 8日(日)
フェア 4月15日(金)〜5月13日(金)
 
2011年 春  青秋部N
 
ツイッターはじめました。

[お知らせ][委託品]仙台文庫2『大きな羊のみつけかた』

f:id:koshohoro:20110421200851j:image:right

入荷いたしました!

***

仙台文庫2

大きな羊のみつけかた 「使える」美術の話

齋 正弘著  定価 987円(税込み)

仙台文庫

http://md-sendai.com/sendaibunko/

***

「美術」って何?

絵を上手く描くこと?

もしそうだとしたら、絵を上手く描けるようになるにはどうしたらいい?


早い話、本当に上手い絵を描きたい人は、まず、たくさん本を読んだほうがいいのかもしれない。

「美術」の「美」はビックリのビ。「美」という漢字、羊という字に大きいという字が組み合わさってできている。

美しかろうが汚かろうが、ビックリするほどのモノやことに出逢うと、私たちは「うわあ!」とか「おおっ!」とか「ひゃあ!」と感動する。そんなビックリメーターの針がいつでもプラスにもマイナスにも軽く動けるように油を注して、美術館に行ったら、本物の作品を鑑賞する。

自分の目で見て、考え、自分の言葉で表現する。

好き嫌い、作者の想い、外からの情報からいったんはなれて、作品と対峙する。真摯に丁寧に見る。そうして「その人自身」が「作品から読み取れることだけ」を使って、「自分のお話」を「組立てる」。その行為の結果、自分と違う世界観を理解し、それが自身の、人間の世界観を拡大させることになる。

***

えー、ええーっ、と著者の語る美術にビックリ!わたし自身、美術って、嫌いじゃなく、むしろ積極的に好きな分野ですが、言葉で考えたことなどなく、自分の中で変幻自在に形を変えるモヤモヤでした。この本では、美術って何?ということが、著者の経験に基づいて丁寧に言葉で表され、自由なモヤモヤと思っていたものは、目から鱗が続けざまに落ちて、わりとバリバリな固定観念だったんじゃないかしらと気づかされました。この新鮮な感覚を携えて、はやく美術館に行きたい!

これまでの人生、好きな作家や作品にしかアンテナを張ってこなかったので、好きでない作品を前に、「作品から読み取れることだけ」を使って、「自分のお話」を「組立てる」というのは、とても難しいことではあるけれど、とても大切なことではないかしら。生きてゆく上で、美術を「使う」ということ。

先の見えない不安を抱え過ごす毎日、様々な意見がぶつかりあうであろうこれから先、目の前でおきていることを見て、柔らかい頭で考えて、自分の世界を広げていくための、大きなヒントになるのではないかと思います。できればもう少し若い時に、この本と出会いたかったなぁ。

なので、いろんな人に読んでもらいたいです。これからの世を生きていく子どもをもつお父さんやお母さんにも読んでもらえたらうれしいです。著者の来館する子どもたちとの接し方、距離のとり方も興味深いです。

著者の齋 正弘さんは、宮城県美術館の教育普及部長であり、造形作家です。宮城県美術館では、開館以来「美術館探検」という活動を続けており、これまでたくさんの年少者たちに「美術鑑賞」の入口を美術館の探検という形で伝えてきています。10歳に満たない人から学校の先生まで、多種多様な人と関わってきた著者の蓄積がこの本には詰まっています。

また、共に仙台文庫のスタートを飾った本、〈book cafe 火星の庭〉の前野久美子さん編・著『ブックカフェのある街』では、鉄のオブジェをプレゼントした造形作家の齋さんが登場します。かっこいいですよ。


『ブックカフェのある街』を読み終えて、2月の終わりごろから『大きな羊のみつけかた』を少しずつ読み始め、震災でしばらく読めなくなって、4月に入ってようやく読み終えました。読み始めたころはまさかこんなことになるとは思いもしませんでしたが、このタイミングで読めてよかったです。読む人により、受け取るところは違うかもしれませんが、時間を経ても語りかけてくるような本だと思います。

宮地と相談し『大きな羊のみつけかた』は売上げから1冊につき100円を、被災地に本を送るプロジェクト、〈一箱本を送り隊〉http://honokuri.exblog.jp/ の活動資金として寄付することにしました。

メールでのご予約も承ります。horo●yanesen.net(●→@) 宛。

(通販のご希望の場合は送料と書籍代金を先にお振り込み戴くようお願い申し上げます)

よろしくお願いいたします!

播州で吉田敬子「のこぎり屋根写真展」

播州織で知られる兵庫県西脇市に、谷中のよみせ通りにある明治43年築の鋸屋根工場「旭プロセス製版」の写真が!

3月2日(水)・3日(木)の2日間、兵庫県西脇市の西脇ロイヤルホテル グランドホールを会場に、『播州織総合素材展2011』が開催されます。西脇の誇る播州織の魅力や可能性を大いに感じることのできる、産地ならではのイベントです。
今年の協賛行事の一つに、のこぎり屋根の魅力に取り付かれた吉田敬子さんが招待され、谷中・桐生ののこぎり屋根の写真を展示します。

吉田敬子「のこぎり屋根写真展」
3月2日(水曜日)、3日(木曜日)
会場:村上モータープール(元東信織物工場跡・西脇ロイヤルホテル隣)
時間:10:00~18:00
昨年5月の愛知県一宮市起に続いての地方巡業写真展。
ぜひ、西脇近辺においでの方、お暇な方はのぞいてください。

西脇の播州織は、最近では昨年の大河ドラマ「龍馬伝」の坂本龍馬役の福山雅治の袴がそうです。
そして、イギリスを代表するファッションブランドの一つ、バーバーリーの生地も、じつは西脇の鋸屋根の下で織られています。
・・・というようなお話は、内容は山ほど用意できているのに、まったく創刊日の目処の立たない「月刊のこぎり屋根」創刊準備サイトにおいおい書きます。

では、西脇で待っています!(やまさき)