13日さすらい姉妹「GO!GO!チンボーラ〜」公演決定!

台風の影響が懸念されている太子堂八幡神社の例大祭ですが、神社側が13日のイベント予定を変更せず決行することを発表しました。
交通機関などは前日から麻痺している状態ですが芝居のはじまる夕方には運休も解除されていく見通しです。したがって自動的にさすらい姉妹公演もおこなわれます。まだ台風上陸前ですのでふたたび決定が覆される要素は残っています。しかし二年前のトリエンナーレ最終日も台風を迎え撃つ覚悟で幕をあけました。今回の台風は規模が違うという情報ですのでなにが起こるか予断は許されません。今は全員で八幡神社のイベント決行の英断をささえるべく全力で舞台に向かうのみです。GO!GO!チンボーラ〜!

緊急!10月13日のさすらい姉妹公演について

現在さすらい姉妹は急ピッチで稽古の仕上げに邁進しています。週末に近づいている大型台風が公演にどう影響するのかすでに問い合わせが入っています。ご存知のようにこの舞台は八幡神社の例大祭に招聘された公演です。お祭り自体が取りやめになった場合、自動的に芝居もできません。この決定は神社の判断を待って為されます。少なくとも当日の急な中止は避けるよう神社側とも協議していきます。自然が相手ですので、今の段階では何とも言えません。中止か決行かの情報は必ずウェブサイト上で告知します。ホームページ、SNSにご注目ください。水族館劇場にとっても二十数年ぶりの本格的な台風対峙です。気候だけではなく交通手段など複数の条件をクリアして公演が可能になります。ご了承ください。この舞台は奉納芝居、打つも果てるも神のみぞ知るのかもしれません。

本年度さすらい姉妹新作「GO!GO!チンボーラ〜」発進!

沖縄遠征帰還後、今年度の寄せ場巡演へ向けて「さすらい姉妹」は桃山による新作に着手しました。その舞台の最初のお披露目が太子堂八幡神社の奉納芝居です。
期日は10月13日(SUN)午後5時30分スタート。

今回のゲストは地元在住のふたり組芸人「天才イカレポンチ」音楽は東野康弘に託しました。沖縄、辺野古で上演した翠羅臼台本「陸奥の運玉義留」とは別の入射角で沖縄に斬り込みます。

この芝居は三軒茶屋で初日を開けたあと、12月13日(FRI)に新大久保EARTHDOMでも上演予定です。当日は7月の壮行会と対をなすべく遠征の報告も兼ねて盛りだくさんの企画を考えています。ご期待ください!この日までの演出は桃山が担当、冬の路上芝居からは台本を容変させて毛利嘉孝にバトンタッチ。健康面を考慮して風兄宇内は昨年同様お休み、春の野戰攻城に備えます。かわりに石井理加が出演します。寄せ場巡演では毛利教授のつながりからあっと驚くミュージシャンが登場するかも。こちらもご期待ください。

IMG_9163.jpg

沖縄遠征無事に帰京!

さすらい姉妹は渋さ知らズとともに50名になる混成旅団を組み、辺野古と那覇で「道奥の運玉義留」を上演してまいりました。たくさんの課題をかかえながら東京に戻った路上ユニットは早くも秋の八幡神社例大祭に向けて始動を開始。桃山が沖縄をめぐる新作を書き下ろす予定です。また本年中には「風車の便り」の報告会も準備しようと企画しています。また緊急告知になりますが、昨年の野戰攻城にはいったNHKの撮影班がようやくドキュメンタリーをまとめました。7月28日(日)NHK BS1で第1部:21:00〜21:50。第2部:22:00〜22:49。水族館劇場は第一部ラストに登場予定です。興味のあるかたはぜひ。
予告動画ははコチラからhttps://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/3115582/index.html
冬は毛利嘉孝演出の寄せ場巡演、そして来年の野戰攻城へ。野生の役者徒党は疾風怒涛のいきおいで藝能の道を前進します。これからも応援よろしくお願いします。

0727_01.jpg 0727_02.jpg

「赤い森の彼方へ」大盛況!

水族館劇場再生の第一弾'15「黒船前後」@静岡フリーキーショウ以来のライブハウスを会場として企画されたイベントは超満員の観客につつまれ熱狂の拍手で無事終了しました。入れなかったみなさま、本当に申し訳ありませんでした。藤井誠二降板というアクシデントにかかわらず、沖縄遠征サポートのため全国から駆けつけてくれたみなさま、たくさんのカンパありがとうございました。半年にわたる翠羅臼との協働の旅もいよいよ残すところ一週間。辺野古、那覇と南の果てへ流れゆきます。東京にもどったら報告会もする予定です。はるかなる道ゆきの経験が秋のさすらい姉妹新作にどう結実するか楽しみに待っていてください!

IMG_3774.JPG IMG_3771.JPG  IMG_3773.JPG

赤い森のさらにその奥へ!

赤い森の彼方へようこそ。当日EARTHDOMのBARのある部屋で事務所移転のさいにみつかった水族館劇場関連グッズを販売します。 
販売リストは下記のとおり。その他にも青梅ベースにしまってあった資料が出現するかも。いずれも格安で提供します。

ブック&パンフ
水族館劇場のほうへ  特別価格¥5000
水族館劇場横浜寿町公演 FISHBONE特別編集 2017&2018 2冊セット ¥2000
もうひとつのこの丗のような夢 台本¥1000
高明哲追悼集「オーイ元気かぁ」¥500
民ヲ親ニス 夢野久作と杉山三代研究会 会報6号 「世界藝能としての夢野久作 桃山邑」所収¥2000
早稲田演劇博物館 館報100号 現代演劇シリーズ「やぶれ船で流浪する水夫たち-水族館劇場二〇年の航跡-」紹介¥500
早稲田演劇博物館 館報101号 企画展第三十三弾「やぶれ船で流浪する水夫たち-水族館劇場二〇年の航跡」報告¥500
早稲田演劇博物館 館報102号 「遠い聲 寄せ場と芝居のトポロジー 桃山邑」所収¥500
Va+ 005 勝利と芸術生産 「それでも、まぼろしと呼ぶんだねー敗者の想像力としての藝能 桃山邑」所収¥500

沖縄アンダーグラウンド 藤井誠二¥2000
伝説の映画集団NDUと布川徹郎 次回作を急げ!¥1000

ポスター(各限定3部のみ)
もうひとつのこの丗のような夢¥1500
嘆きの天使¥1500
恋する虜¥1500
メランコリア¥2000
永遠の夜の彼方に¥1000
花綵の島嶼へ¥1000
虹の都¥1000
ワールドエンドワルツ¥1000
パラダイスロスト¥1000
廢墟の森のディアスポラ¥1000
昭和雨月物語¥1000
夜の果ての旅¥1500
各ポスターとも経年イタミあり。

チラシ&チケット
Aセット(限定10)チラシ6種+チケット10種¥1000
Bセット(限定10)チラシ6種+チケット10種¥1000
AセットとBセットには同じものははいっていません。

缶バッヂ(限定10)
さすらい姉妹+水族館劇場2種セット¥500
手ぬぐい
月と篝り火と獣たち(限定3枚)¥1000

CD
この丗のような夢¥2000

藤井誠二降板のお詫び
A レーベル印刷ミスによる訳ありCD「水族館劇場ベスト」
B FISHBONEつめあわせ3種
ABいずれかひとつずつ無料でさしあげます。

希望者無料配布(各30部)
先着順 同時代音楽座談会 曲馬舘ーその《ラディカリズム》の所在(朝倉喬司、豊浦志朗、布川徹郎、翠羅臼 他)
    photographers' gallery press 東松照明「沖縄マンダラ」記念シンポジウム(荒木惟経、中平卓馬、森山大道、東松照明)+赤い森、はるかなる幻視のはてに 桃山邑

急告!藤井誠二、健康上の理由で当日のトークショーは欠席です!

申し訳ありません。7/5新大久保アースダム「赤い森の彼方へ」のメインを務める予定だった藤井誠二さんが降板します。依頼したあとにご病気になられましたが無事退院しました、復帰したばかりで不安要素は多少あったのですが、ご本人の大丈夫という判断でゴーサインをだしました。しかし本番一週間前になった時点で、退院後の自宅療養がかんばしくなく、無念の降板となりました。かわりのプログラムを急きょ組み直して対処します。藤井さんのアクチュアルなまなざしからの発言を期待してチケットを予約してくれたみなさま、ごめんなさい。中止や払い戻しもすでにできかねない状態です。せめてものお詫びに、ロビーで販売予定の水族館レアグッズのうちFishBoneバックナンバーセットか、収納ケースなしの絶版CDいずれかを無料で進呈します。その他この間の事務所整理で発見された過去のポスターなども販売予定。直前になりますが、あらためてホームページでリストアップします。重ねてお詫びするとともに、芝居は全力投球でのぞみます。ご期待ください。
20190627.jpg
1945年4月1日本島に上陸するアメリカ軍

「陸奥の運玉義留」水上音楽堂で風になる!

121.jpg 5/31上野水上音楽堂で開催された、風車の便り音楽祭。ミュージシャンたちにまじって さすらい姉妹が登場。芝居者にとっての初めての場所である音楽堂という半分野外の微妙な構造に苦戦しながらもなんとか本番をのりきった。登場時間も流動的でご迷惑をお掛けした(搖れる大地の音楽監督PANTAも駆けつけてくれたがさすらい姉妹登場前に会場を後にした)皆さん、主催者にかわってお詫びします。アウエーのようなかたちだったが会場に別の風の流れをつくりだせたら参画した意味もあったかな。この後さすらい姉妹は不破大輔ひきいる渋さ知らズの面々と沖縄に遠征。「陸奥の運玉義留」を辺野古と那覇上演予定。さらに水族館劇場独自企画も進行中。まもなく発表されるイベント企画に注目あれ!

風車の便りー戦場ぬ止み音楽祭 本日開幕!

IMG_1420.jpeg山を越え、谷を越え前代未聞の混成旅団(まさに全体が渋さ知らズオーケストラ)は上野水上音楽堂に結集。リハーサルがおこなわれました。
さすらい姉妹もはじめての会場で慣れぬ制約をうけながら、なんとか通し稽古を完了。今日の本番をむかえることに。怪優・大久保鷹の友情出演にくわえ、沖縄から稀代の彫刻家・金城実を迎えて北と南をクロスさせる物語が弾けます。芝居の開演は16時30分。音楽祭は14時30分オープン。不破大輔を中心に沖縄とヤマトの音楽家たちがいりみだれて20時までノンストップのどんちゃん騒ぎを繰り広げます。みなさんお誘い合わせのうえたくさんのご来場を!

撮影 玉井夕海

緊急!風車の便りー戦場ぬ止み音楽祭」最終タイムテーブル

前回お伝えしました5月31日水上音楽堂でのさすらい姉妹の登場時間が変更になりました。
15時30分スタートが16時30分スタートに変更。芝居時間は約45分です。演出の翠羅臼以下、役者たちは連日の猛稽古。さすらい社中に東京ヴァージョンのみ古木均がくわわり舞台を支えます。お楽しみください。この時間変更にともない、他の音楽家の登場時間も流動的になりました。われわれはタイムスケジュールにかんして、決定権をもっていません。水族館劇場のサイトではさすらい姉妹登場時間いがいの責任あるアナウンスをできませんので、前回の全体タイムスケジュールはいったん破棄してください。確認したい方はお手数ですが事務局(080ー3410ー7001)までご一報ください。なお水族館劇場をつうじて予約されたかたのみ、この変更で芝居が観られなくなる場合ご連絡ください。対処いたします。

unnamed.png

『陸奥の運玉義留』水上音楽堂に殴り込み!

2019514.jpgすでにさすらい姉妹は翠羅臼と稽古に突入。なまはげ・としどん・バーントウ。みっつの地方の来訪神が北と南の虐げられたひとびとを繋ぐ物語がいよいよ発進。当日のタイムスケジュールも決まりました。
沖縄公演は政治的情勢が煮詰まるなか、まだ流動的。最終決定しましたらふたたびホーページで告知します。

15:00 開演、上里尭、世持桜+海勢頭豊
15:30 さすらい姉妹「陸奥の運玉義留」
16:20 白崎映美
16:50 マルチーズロック+渋さ知らズ
17:20 むぎ(猫)
17:50 古謝美佐子・佐原一哉+梅津時和
18:20 海勢頭豊 アピール  金城実・稲葉博・山城博治
19:00 渋さ知らズ~フィナーレ
20:00 終了
当日は開演前に首相官邸前でデモしたあとに音楽堂に合流します。

チケット
東京公演 予約 4000円(5/30まで)/当日 4500円
予約 ■電話 080-6412-4897 ■メール ticket.suizokukangekijou@gmail.com

急告、風兄宇内休演ピンチヒッターに石井理加!

さすらい姉妹から残念なおしらせをお伝えしなければなりません。
千代次とともに最初の公演から参画してきた風兄宇内が心筋梗塞で倒れました。
緊急入院して応急手術は成功しましたが、冬の寒さの路上に役者として立つことはNGとの診断をくだされました。 無念の降板です。げんざい風兄は春の野戦攻城に合流するため万全の治療を受けています。
突然のアクシデントによって芝居は大きく変貌しますが、さすらい姉妹は一歩も引きません。

仕事に専念するため居原田遙に女海賊役を託していた石井理加が、風兄の代役を相勤めます。乞うご期待!

さすらい姉妹『寄せ場迷宮篇』日程決まる!

上野公園など、まだ時間が未確定の部分もありますが寄せ場巡演の詳細が決まりました。世界はどんどん縮んでいって、もはや終末とさえ呼べない日常が垂れ流され続けています。ある日突然ほんとうのカタストロフが訪れるのかもしれません。けれども路上で冬を越すたくさんのひとびとが存在し、その人たちが生きる意思を発信している現場があるのなら、そして其処がどんなに絶望にあやどられていたとしても、さすらい姉妹は赴きます。

2018年12月31日
18:00 山谷センター前十字路
21:30 新宿中央公園・ナイアガラの滝前広場
2019年1月1日
16:00 横浜寿町・生活館4F
2019年1月2日
13:00頃 上野公園・科学博物館前広場(12時からの餅つき大会のあと)
19:30 渋谷・美竹公園

詳しくはこちらをご覧ください。

さすらい姉妹ふたたび!

sasurai_ueno2018.jpg 東京藝術大学特別イベント
藝術ではなく、藝能を-上野から山谷へ

日時:2018年11月10日(日)17:00-20:00
場所:東京藝術大学美術学部中央棟第2講義室+美術学部キャンパス
予約不要・当日先着順(定員70名)

■プログラム
17:00-17:45
「横浜トリエンナーレ・水族館劇場『盜賊たちのるなぱあく』ドキュメンタリー」
撮影編集:居原田遥(キューレーター、東京藝術大学特任助手)

18:00-18:45
「こんにち〈芸術〉は誰のためにあるのか」講演
毛利嘉孝(社会学者、東京藝術大学教授)
水族館劇場、桃山邑を交えた質疑応答あり。

19:00-19:45
さすらい姉妹 冒険ぴいたん波まくら漂流記 參の替わり 上野篇 上演
(東京藝術大学美術キャンパス内、場所は当日会場で告知します)
19:45より交流会あり

千代次 風兄宇内 臼井星絢 七ツ森左門 秋浜立 髙橋明歩 増田千珠 松林彩 石井理加 伊藤裕作 羽鳥和芳
音楽 東野康弘 音響 淺野雅英 舞台 古木均 作演出 桃山邑

詳しくはこちらをご覧ください。

さすらい姉妹、こんどは寄せ場巡演だ!

IMG_0982.jpg 石巻遠征は初日のまねきショップ駐車場公演こそにわか雨にずぶ濡れにされたが、本日カンケイマルラボ隣の空き地では天候も絶好、芝居濃度も圧縮して展開観客の喝采を浴びた。二日にわたるさすらい姉妹路上芝居の合間にはライブハウス、ラ・ストラーダで水族館劇場の新編集動画を上映。かつて東京で観劇、いまは故郷の石巻に帰ってきている往年のファンも駆けつけ、地元出身の作家である大島幹雄さんと桃山の対談をあわせて楽しんでもらった。延べ動員は百人に満たなかったが、突然の来訪にも劇団は石巻のひとびとにあたたかく迎え入れてもらった。遠くないいつか、北上川河口にふきわたる悲しみの風に水族館劇場野戰攻城の幟旗がはためくかもしれない。街角のそこかしこに残る震災と津波の傷跡をみながら、そこに暮らすひとびとをさしおいて強い言葉はでてこない。通過してきた福島原発周辺もしかり。震災直後、稽古場に役者があつまらずバラバラになりかけた記憶がよみがえる。それでも日々は流れ、ひとは生きて明日をむかえる。劇団もあれからの困難をいくつも乗り越えてきた。さすらい姉妹、今度は暮れの大晦日山谷路上に出現します。乞うご期待!また演出の毛利喜孝企画による東京芸術大学でのイベントも11月10日に決定。追って沙汰あり、刮目せよ。

さすらい姉妹、石巻へ到着!

1539994096418.jpg三軒茶屋・太子堂八幡神社で幕を開けた「冒険ぴいたん波まくら漂流記」は今日から石巻巡演にはいりました。ワゴン車2台に14名の大所帯。現地合流メンバーを含めると20名に及ぶさすらい社中が二つの公演とイベントを実現するために東北を縦断。
はじめて原発事故の後遺症のこる立ち入り禁止区域に足を踏み入れました。積みかさなる汚染土をつめこんだフレコンバッグの山、崩れ落ち人気のない民家。震災から7年の月日が流れても傷跡は癒えてない。いや半永久的にこの不幸は続くだろう。
そんななかでのさすらい姉妹。東北遠征は前回の盛岡公演いらいほぼ20年ぶり。石巻と縁の深い大島幹雄さんの導きで演劇フェスティバル真っ最中の街の路上に殴り込みだ。いつかこの港でも野戦攻城が仕組まれるかもしれない。その時を見すえて全力で面白い芝居にするつもりです。追って公演の報告も注目されたし!近くの人は是非ご参集を!