原語で楽しむ「アリス」

朝日カルチャーセンター 新宿教室

7月期講座の受付が開始されています。


今期も高山宏先生の講座があります。


講座タイトル:原語で楽しむ「アリス」

日時:7月23日(土)、 8月20日(土)、 9月24日(土)の全3回。
   各回15:30-17:30


内容や申し込み方法など詳細はこちらをご覧ください。

⇒ http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=127998&userflg=0

不滅のシンボル 鳳凰と獅子

7月24日(日)まで六本木のサントリー美術館で開催中の「不滅のシンボル 鳳凰と獅子」展(http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol03/index.html) に

辻惟雄『ギョッとする江戸の絵画』で取り上げた画家のうち5人の作品が展示されています。
(一部の作品はこれからの展示となります)

岩佐又兵衛
「弄玉仙図」 展示は6月29日(水)から7月24日(日)まで

伊藤若冲
「旭日鳳凰図」 展示は7月4日(月)まで
「花鳥図押絵貼屏風」 展示は7月6日(水)から7月24日(日)まで
「樹花鳥獣図屏風」 展示は6月20日(月)まで

長沢蘆雪
「唐獅子図屏風」 展示は6月27日(月)まで

葛飾北斎
「鍾馗騎獅図」 展示は6月27日(月)まで

歌川国芳
「禽獣図会 獅子」 展示は7月6日(水)から7月24日(日)まで


※各作品の展示期間が異なります。ご注意ください。


展示期間詳細などはこちらをご覧ください(PDF)
⇒ http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol03/index.html


ギョッとする江戸の絵画

ギョッとする江戸の絵画

  • 作者: 辻 惟雄
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: 単行本


いま改めて書店について考える

7月9日(土)、東京国際ブックフェアが開催される東京ビックサイトの会議棟にて、

本の学校 出版産業シンポジウム2011 in 東京
が、開催されます。(主催:本の学校運営委員会)


【第1部 メインセッション】~無料・申込制

<シンポジウム>「いま改めて書店について考える―本屋の機能を問い直す」

時間:10:00~11:40

電子書籍が大きな話題になる中で、書店が衰退業種のようにみられることもある。確かに書店界全体でみれば、この10年で日本の書店数は大幅に減少し、
新規参入が少ないという構造的な問題を抱えているが、現実には今でも多くの人を惹きつける書店は存在する。果たして今後、書店が果たすべき役割とは、
そして、魅力の源泉とは何なのかを考えることで、書店の未来像を探る。

コーディネーター
永江朗(フリーライター)

パネリスト
青山南(翻訳家)
高野明彦(国立情報学研究所)
大垣守弘(大垣書店) ⇒ http://www.books-ogaki.co.jp/

共催●リード エグジビション ジャパン


【第2部 分科会】~有料

第1分科会 「書店に求められる人材とは」

時間:12:40~14:10

コーディネーター
能勢仁(ノセ事務所)

パネリスト
佐野衛(元東京堂書店)
石塚昭生(版元ドットコム)

第2分科会 「“近刊情報”で出版ビジネスはこう変わる」

時間:12:40~14:10

コーディネーター
星野渉(文化通信社)

パネリスト
田中淳一郎(NET21恭文堂) ⇒ http://www.book-net21.jp/top.command?request=clear
友田雄介(アマゾン・ジャパン)
浴野英生(日本出版インフラセンター)

第3分科会 「“理想の書店像”をゼロベースで考える」

日時:14:30~16:00

コーディネーター
内沼晋太郎(ブックコーディネーター) ⇒ http://numabooks.com/

パネリスト
草彅主税(丸善丸の内本店) ⇒ http://www.maruzen.co.jp/shopinfo/marunouchi/index.aspx
長崎健一(長崎書店) ⇒ http://nagasakishoten.otemo-yan.net/
大八木孝成(元ヴィレッジ・ヴァンガード)

第4分科会 「電子図書館の現状と出版産業のこれから」

時間:14:30~16:00

コーディネーター
湯浅俊彦(立命館大学)

パネリスト
沢辺均(ポット出版)
金子哲弥(図書館流通センター)

共催:日本出版学会


【第3部 懇親会】~有料


詳細、申込はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.hon-no-gakkou.com/content/gyoukai/tokyo2011/index.html




福島、奈良

明日11日(土)には日本橋高島屋にて開催中の「ジパング展」(6月20日まで)でアーティストトーク+サイン会も開催される(http://zipangu.org/event.html)三瀬夏之介さんの情報です。


会津・漆の芸術祭2011シンポジウム『ふくしまで語るFUKUSHIMA』

日時:2011年7月2日(土)13:30~16:00
会場:福島県立博物館 講堂

に、やなぎみわ(美術家・神戸芸術工科大学准教授)さん、港千尋(美術評論家・写真家・多摩美術大学教授)さんと共にパネリストとして登場する予定です。


内容:やなぎみわ・港千尋・三瀬夏之介3氏による講演の後、討議を行う。東日本大震災・東電原発事故を美術・美術家の視点から考える。現在の多様な思考・感情を共有し現状の理解を深め、震災後・原発事故後の世界を生きる意義を見いだす。(会津・漆の芸術祭2011シンポジウムのサイトより)

⇒ http://www.aizu-artfest.gr.fks.ed.jp/event/event.html



「奈良・町家の芸術祭 HANARART(はならぁと)」

日時:2011年10月8日(土)~10月30日(日)

に招待作家として参加予定です。

HANARART サイト ⇒ http://hanarart.web.fc2.com/

三瀬さんのツイッター ⇒ http://twitter.com/misenatsunosuke/status/77570588763369472

ヨコハマトリエンナーレ

現在、日本橋高島屋にて開催中の「ジパング展」(6月20日まで)にも参加されている池田学さんの今後の情報です。



ヨコハマトリエンナーレ2011

日時:2011年8月6日(土)~11月6日(日)

に参加予定です。

ヨコハマトリエンナーレ2011 サイト ⇒ http://yokohamatriennale.jp/

池田学 バンクーバー日記 ⇒ http://www.hatorishoten.co.jp/Ikeda-Vancouver.html

ジパング展、トークイベント

先日、6月1日より日本橋高島屋 8階ホールにて開催されるジパング展でのトークイベントのことをお知らせしましたが(http://hatoripress.blog.so-net.ne.jp/2011-05-22

鴻池朋子さん、山本太郎さん、天明屋尚さんのトークイベントの開催も決定いたしました。

6月4日(土)14:00より 山口晃アーティストトーク+サイン会

6月5日(日)14:00より 山本太郎 アーティストトーク+サイン会

6月11日(土)14:00より 三瀬夏之介アーティストトーク+サイン会

6月12日(日)14:00より 鴻池朋子アーティストトーク+サイン会

6月18日(土)14:00より 三潴末雄(ミヅマアートギャラリーオーナー)キュレータートーク

6月19日(日)14:00より 天明屋尚アーティストトーク+サイン会



⇒ http://zipangu.org/event.html


ジパング展 開催概要

東京会場:日本橋高島屋8階ホール
日時:2011年 6月1日(水)~ 6月20日(月)

展覧会キュレーター:三潴末雄(ミヅマアートギャラリー ディレクター)

企画プロデュース:井村優三(イムラアートギャラリー ディレクター)

展示構成:仲世古佳伸(NAKASEKO ART / アートディレクター)

参加アーティスト:会田誠、青山悟、池田学、石原七生、上田順平、O JUN、岡本瑛里、風間サチコ、樫木知子、熊澤未来子、鴻池朋子、近藤聡乃、指江昌克、染谷聡、棚田康司、束芋、天明屋尚、南条嘉毅、藤田桃子、町田久美、三瀬夏之介、宮永愛子、森淳一、山口藍、山口晃、山﨑史生、山本太郎、山本竜基、吉田朗、龍門藍、渡邊佳織

※東京での会期終了後はは大阪、京都と巡回します。


ZIPANGU(ジパング)

ZIPANGU(ジパング)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青幻舎
  • 発売日: 2011/06/01
  • メディア: 単行本


法律学の学び方 in 京都

法律学の学び方.jpg


有斐閣 法律講演会 2011 in 京都

法律学の学び方

講義で使われている教科書は?
どのような講義がされてるの?
講義の様子を紹介していただくとともに、
学習する上で重要な項目について、
具体的な学び方について対談していただきます。
(チラシより)


第1部 憲法の学び方 講演者 長谷部恭男(東京大学教授)/土井真一(京都大学教授)

第2部 民法の学び方 講演者 道垣内弘人(東京大学教授)/佐久間毅(京都大学教授)

第3部 刑法の学び方 講演者 山口厚(東京大学教授)/塩見淳(京都大学教授)



【日 時】2011年7月10日(日)12:00-16:30
【場 所】京都商工会議所講堂
【定 員】350名
【入場料】1800円 ※前売期間(6月9日まで)に限り1500円

チケット購入方法ほか詳細はこちらで
⇒ http://www.yuhikaku.co.jp/static/kouen2011.html


※ USTREAMによる同時中継を予定しているそうです。

ジパング展、トークイベント

ジパング展のホームページにてイベントの情報がアップされました。


6月4日(土) 山口晃アーティストトーク
14:00より

6月11日(土) 三瀬夏之介アーティストトーク
14:00より

6月18日(土) 三潴末雄(ミヅマアートギャラリーオーナー)キュレータートーク
14:00より

⇒ http://zipangu.org/event.html


ジパング展 開催概要

東京会場:日本橋高島屋8階ホール
日時:2011年 6月1日(水)~ 6月20日(月)

展覧会キュレーター:三潴末雄(ミヅマアートギャラリー ディレクター)

展示構成:仲世古佳伸(NAKASEKO ART / アートディレクター)

企画プロデュース:井村優三(imura art gallery)

参加アーティスト:会田誠、青山悟、池田学、石原七生、上田順平、O JUN、岡本瑛里、風間サチコ、樫木知子、熊澤未来子、鴻池朋子、近藤聡乃、指江昌克、染谷聡、棚田康司、束芋、天明屋尚、南条嘉毅、藤田桃子、町田久美、三瀬夏之介、宮永愛子、森淳一、山口藍、山口晃、山﨑史生、山本太郎、山本竜基、吉田朗、龍門藍、渡邊佳織

※東京会場終了後は大阪、京都と巡回します。

アートフェスタ空知

2011年7月16日(土)・17日(日)・18日(月・祝日)の3日間に渡って、
北海道滝川市において

「アートフェスタ空知」が開催されます。

ホームページでの説明によると

第四回太郎吉蔵デザイン会議をメインに、
北海道空知平野を舞台として、
デザインに志を抱いた仲間が全国から集い、
交流し、語り合い、共に楽しむ3日間のイベントです。

となっています。

メインとなる「第四回太郎吉蔵デザイン会議」に

梅原真さんがパネリストとして登場いたします。

詳細・参加方法などはこちらをご覧ください。
⇒ http://www.designconference.jp/2011/artfestasorachi/



その前に、先日もお伝えしましたが、5月17日に東京・六本木にて
梅原さんのトークイベントがあります。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.designhub.jp/seminar/2011/04/28-1418.html



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

鴻池朋子『焚書 World of Wonder』(羽鳥書店)刊行記念トークショー

■「絵と本とデザイン」
■鴻池朋子×大西隆介
■2011年5月21日(土)18:30~ 青山ブックセンター 本店
 http://www.aoyamabc.co.jp/event/kounoike-onishi/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




北海道の歩き方2012 (地球の歩き方MOOK)

北海道の歩き方2012 (地球の歩き方MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2011/03/29
  • メディア: 大型本


本の名人

連塾.jpg


連塾ブックパーティーに往来堂書店店長の笈入建志さんがゲストとして登場します。


【日時】 2011年5月28日(土)13:00〜22:00(本談・本宴)
【場所】 スパイラルホール&スパイラルガーデン(東京都港区青山5-6-23) 
【会費】 3万円 (連志連衆會 会員:1万円)

有料申込制の【本談】【本宴】と無料参加の【本市】の3本立てとなっています。

【本談】でホストの松岡正剛さんとトークセッションをする今回のゲストは杉浦康平さん、川上未映子さん、今福龍太さん、笈入建志さんです。

【本宴】【本市】の詳細、申込方法などはこちらのサイトをご覧ください。
⇒ http://www.renrenkai.jp/


連塾の案内が載っている松岡正剛さんのブログ「セイゴウちゃんねる」はこちら
⇒ http://www.eel.co.jp/seigowchannel/archives/2011/04/news2_1.html



12人の優しい「書店人」

12人の優しい「書店人」

  • 作者: 山本 明文
  • 出版社/メーカー: 商業界
  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



わたしが情報について語るなら (未来のおとなへ語る)

わたしが情報について語るなら (未来のおとなへ語る)

  • 作者: 松岡 正剛
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2011/03
  • メディア: 単行本


東北画は可能か?-方舟計画-

イムラアートギャラリーより

「東北画は可能か?-方舟計画-」展、開催とイベントのお知らせがありました。

---------------------------------------------------------------------

イムラアートギャラリー東京では、5月7日(土)から21日(土)まで、「東北画は可能か?-方舟計画-」展を開催いたします。

「東北画は可能か?」プロジェクトは、三瀬夏之介(2009年~東北芸術工科大学美術科日本画コース准教授)が、同大学洋画コース講師の鴻崎正武とともに企画運営している、日本画・洋画・総合美術などの様々なコースの学生を交えたチュートリアル活動です。
その活動の一環として、これまでに「東北画は可能か?」と題した展覧会を、東京(2010年4月)、宮城(2010年9月)、山形(2010年10月)、青森(2010年11月)にて開催してきました。

今回の「東北画は可能か?-方舟計画-」は、11月に気仙沼のリアス・アーク美術館での展示を予定されていましたが、この度の東北地方太平洋沖地震による中止を受け、急遽イムラアートギャラリー東京にて開催することにいたしました。

本展覧会では、今年の冬から取り組んでいた「方舟」をテーマとした学生たちの共同制作作品をメインに展示いたします。またプロジェクトに関係する宮城在住のアーティストたちの震災後の作品も並びます。
「いまここ」に住んでいる土地に向き合い、自身のリアリティと結実した表現の模索という
本プロジェクトの作品を、より多くの方にご覧いただけましたら幸いに存じます。


「東北画は可能か?-方舟計画-」詳細
http://www.imuraart.com/ja_ex1104_tohokuga_exhibition.html

会期会場
「東北画は可能か?-方舟計画-」展
5月7日(土)~21日(土)
イムラアートギャラリー東京

座談会
5/7(土)15:00より
三瀬夏之介、鴻崎正武、「東北画は可能か?」プロジェクトメンバーによる座談会を開きます。




ZIPANGU(ジパング)

ZIPANGU(ジパング)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青幻舎
  • 発売日: 2011/06/01
  • メディア: 単行本



冬の夏

冬の夏

  • 作者: 三瀬夏之介
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: 大型本


「日本のデザイン2011」展トークイベント

現在、六本木 ミッドタウン・タワーのデザインハブで開催されている

企画展「日本のデザイン2011」
- Re:SCOVER NIPPON DESIGN デザイナーが旅する日本。

関連イベントとしてトークイベントの開催が決定いたしました。

■「日本のデザイン2011」トークイベント

日 時:
(A)5月13日(金)19:00-20:00 山中俊治×鍵岡龍門×藤本智士

(B)5月16日(月)19:00-20:00 森本千絵×浅田政志×藤本智士

(C)5月17日(火)19:00-20:00 梅原真×広川智基×藤本智士


参加費は無料ですが申込制となっております。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.designhub.jp/seminar/2011/04/28-1418.html


デザインの骨格

デザインの骨格

  • 作者: 山中俊治
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/01/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



うたう作品集―MORIMOTO CHIE Works 1999‐2010

うたう作品集―MORIMOTO CHIE Works 1999‐2010

  • 作者: 森本 千絵
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本


永禮賢|Satoshi NAGARE|展

岡山県岡山市にて

『mind encode』の写真家・永禮賢さんの個展が開催されます。

会場 Satellite (岡山市北区奉還町2-8-17)
会期 4月29日(金)~5月30日(月)


詳細はSatelliteのホームページをご覧ください。
⇒ http://www.satelliteee.com/GALLERY_j.html


mind encode

mind encode

  • 作者: 永禮 賢
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2010/03/26
  • メディア: 大型本



ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!

ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!

  • 作者: 木村文平
  • 出版社/メーカー: MdN
  • 発売日: 2010/12/22
  • メディア: 単行本


砂浜美術館

私たちの町には美術館がありません。
美しい砂浜が美術館です。



高知県幡多郡にある砂浜美術館では

4月29日(金)よりホエールウォッチング開始。

5月1日(日)から5日(木)まで
第23回Tシャツアート展も開催されます。


詳細は砂浜美術館のサイトで
⇒ http://sunabi.com/

砂浜美術館風景.jpg


5月4日(水)には

『ひらひらシンポ』が開催され梅原真さんも登場します。

基調講演 『ひらひらって何だ?~梅原氏への質問箱~』 

詳細はこちらで
⇒ http://blog.canpan.info/sunahama/daily/201104/22


土佐アート街道をゆく―アートによる地域の魅力づくり (KUT起業家コース叢書)

土佐アート街道をゆく―アートによる地域の魅力づくり (KUT起業家コース叢書)

  • 作者: 高知工科大学大学院起業家コース
  • 出版社/メーカー: New York Art
  • 発売日: 2010/08
  • メディア: 単行本



ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景

ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景

  • 作者: 梅原 真
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2010/07/09
  • メディア: 単行本


あめ細工

不忍ブックストリート week 2011 が始まりました。

2011年4月23日(土)から5月8日(日)まで、谷中・根津・千駄木を中心に本にまつわる様々なイベントや展示などが開催されます。

不忍ブックストリート・ホームページ ⇒ http://sbs.yanesen.org/


羽鳥書店のご近所、「あめ細工吉原」では、本の形をした飴を販売しています。様々な言語で「読書」と書かれた「あめぴょんしおり」がおまけとしてつきます。生産量限定・期間限定の商品です。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://blog.ame-yoshihara.com/?eid=1053115


あめ細工吉原.jpg

「あめぴょん根付」と「本の飴」


羽鳥書店では「不忍ブックストリート week 2011」の期間中の4月30日(土)に、「羽鳥書店ギャラリー」を開催いたします。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://hatoripress.blog.so-net.ne.jp/2011-04-06


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

松本典子「野兎の眼」(羽鳥書店)発刊記念トークセッション

■10年かけて見つめてきたもの
■松本典子×飯沢耕太郎
■2011年4月30日(土)19:00~ ジュンク堂書店 池袋本店
 http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk.html#20110430ikebukuro

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

鴻池朋子『焚書 World of Wonder』(羽鳥書店)刊行記念トークショー

■「絵と本とデザイン」
■鴻池朋子×大西隆介
■2011年5月21日(土)18:30~ 青山ブックセンター 本店
 http://www.aoyamabc.co.jp/event/kounoike-onishi/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

梅原真さん情報

松屋銀座にて「復興支援チャリティオークション」が開催されています。


原研哉さんらが出品された「オークショニアによる会場オークション」はすでに終了していますが、

梅原真さんが出品をされている「サイレントオークション(入札式)」は24日(日)まで開催されています。

会場は、松屋銀座4階特設会場。

参加方法はリンク先「<サイレントオークション(入札式) ご参加にあたって 詳しくはこちら> 」をご覧ください。

⇒ http://www.matsuya.com/ginza/charity/auction/





本日、22日(金)より、六本木・デザインハブにて

「日本のデザイン2011」- Re:SCOVER NIPPON DESIGN デザイナーが旅する日本

が、開催されます。

[旅したデザイナーと行った場所]
森本千絵(アーティスト、アートディレクター)×兵庫
山中俊治(プロダクトデザイナー)×鹿児島
梅原 真(デザイナー)×秋田


【会場】
東京ミッドタウン ミッドタウン・タワー 5F

【開催日時】
2011年4月22日(金)~6月5日(日)
11:00~19:00(予定)※変更の可能性あり。

【入場料】
無料

詳細はこちらで
⇒ http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/2011/5003.html


前日、設営風景 ⇒ http://twitpic.com/4nhtaq





ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景

ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景

  • 作者: 梅原 真
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2010/07/09
  • メディア: 単行本



デザインのデザイン

デザインのデザイン

  • 作者: 原 研哉
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/10/22
  • メディア: 単行本