さらば芸濃町!真夏の夜の夢こそまこと、いつかふたたび!

sui20200817_1.jpeg終熄の気配をみせない感染症騒動の間隙を縫って、三重ベースに取り残された野戰攻城のための飛行機や廃船、木馬などを救出しました。これをもって水族館劇場のすべての部材は東京ベース(太子堂 八幡神社)と長野ベース(諏訪市公設市場)に分散収納が完了。ようやくこの春の公演中止から一段落つけることができました。
これも水族館劇場ファンディングなど多くの皆さまの助けがあって可能になったことです。何度でもお礼をいいます。ほんとうにありがとうございました。長野移動だけでも延べ車輌12台に及んだ大道具の数々。最後のトラックをおくりだし、がらんどうになった萩原倉庫に佇む桃山の胸に去来する思いは三十年を越える活動の流れのなかで過ぎ去った記憶の断片なのかもしれません。六年前の劇団分裂のあと途方にくれたスクラップ軍団を励まし支えてくれた、伊藤裕作、駒田仁志をはじめとする芸濃町のひとびとには感謝の気持ちでいっぱいです。

sui20200817.jpeg
光陰矢の如し。わたくしたちに残された時間も限りがあります。今回ばらばらになった全国に散在するメンバーの、芝居への情熱をふたたび織り直し、野戰攻城として一座建立をはたすこと。簡単なことでないことは承知しています。秋口以降の「さすらい姉妹」もお祭りなどの中止が決まるなか、なかなか公演決定のお報せができません。しかし、どのような情勢にとりかこまれようと、あきらめず継起しつづけること。水族館劇場は何度目かの再出立を、神の宿る聖なる樹木を抱く諏訪の街から踏み出します。

水族館劇場、再生への支援ありがとうございます!

この春の公演中止のダメージを一刻も早く回復するためのファンディングにはたくさんのご協力をいただき深く感謝しています。こんなにもたくさんのひとびとの想いに助けられて活動をしてきたのだと役者一同あらためて一座建立の意味をかみしめています。
ファンディングはこの12日で締め切ります。正直いって4月末の段階では野戰攻城の再開どころか、解体した舞台資材すら収納する場所をうしない、あたらしい拠点をさがすことから始めるしかありませんでした。これまでいっさいの補助金や文化基金を断ってきた役者徒党は直接ファンのみなさまに経済的な援助を申し出るしかない情況でした。ほんとうにたくさんのみなさまからお気持ちをいただきました。

IMG_3148.jpegそしてこれらの応援にこたえるために、まずは第一歩であるベースを三重から長野に移動しました。諏訪湖のほとりにある市場の一角をたくさんのひとの協力で確保できました。すでに本隊はテレビ局の取材もはいるなか、花園神社に残置していた道具を新拠点に収納、あとは三重ベースに残した大道具類を納めて完了というところまで漕ぎつけました。
感染流行の第二波の動向いかんにかかわらず、まだまだ自力復活にはほど遠い状態ですが、全員精神的には溌剌と再生への道を歩きだしました。これも有形無形の励ましがあってからこそ。あらためてお礼をお伝えします。ほんとうにありがとうございました。

さて先に告知しました報告集の編集作業ですが、ようやく数十名に依頼しました原稿がそろいました。これから構成、レイアウト、デザインなど編集作業をすすめていきます。寿町の夏祭りも中止とききました。さすらい姉妹の、秋の八幡神社奉納芝居、冬の寄せ場巡演もピンチにたたされています。やせ我慢ではなく、流動的な情況を楽しむように、その都度可能性がひろがるような対応をしてゆくつもりです。今後とも暖かいまなざしで見守ってください。
IMG_1269.jpeg

水族館劇場版・ファンディングまもなく開始!

桃山はじめ、役者全員が一丸となって、一刻もはやい野戰攻城の復活をめざし、あたらしく諏訪湖のほとりに拠点をつくるべく動き出しました。
水族館劇場が活動を続けるためにお力をお貸しいただきたく、私設のクラウドファンディングを実施いたします。
SNSが炎上した「演劇人」の社会認識とちがい、この経済的危機は水族館劇場に限ったことではなく、どのようなお仕事をされている方にもひとしく大打撃であることは承知しています。
また現在もたくさんのかたがたから、カンパが寄せられています。
その上で寄付を募るのは心苦しいのですが、なにとぞ劇団の緊急事態をご理解のうえ、助けてくださればありがたく存じます。

いわゆるリターンにあたるお礼に、今回の公演で販売予定だったもの、これまでに作成したパンフレットやCD、DVDなどをご用意いたしました。
希望のファンド名、お届け先をメールにてご連絡ください。
寄金の振込み先等は返信メールにてご案内いたします。


【2,000円】FishBoneセット
これまでに発行したFishBoneを5部ずつセットにしたものを5種類用意しました。


65号 2016,5,5(この丗のような夢 東日寺)
特別號外 2016,7,30(芸濃町公演東京報告会)
66号 2017,3,29(ついに東京帰還!この丗のような夢・全)
67号 2017,4,14(開幕 この丗のような夢・全)
69号 2018,3,1(望郷オルフェ 東日寺)

Soldout
60号 2013,3,2(太子堂あらかじめ喪われた世界へ) 
61号 2013,5,3(野戦攻城月しろの旗死して白骨弔うものなし!)
62号 2013,5,17(蜃気楼劇場「夜の泡」いよいよ開幕!)
63号 2014,4,11(嘆きの天使)
64号 2014,5,16(嘆きの天使開幕!!)


54号 2009,5,23(異神の森からメランコリア号今宵出航!!)
55号 2010,4,25(高山宏参戦!!)
56号 2010,5,21(熱烈歡迎大東亜博覽會)
58号 2012,5,1(五月の海辺に蜃気楼劇場「海の砦」いよいよ建設開始!!)
59号 2012,5,25(ドグラマグラ開幕!!)

Soldout
47号 2005,5,27(谷間の百合浅草木馬亭)
49号 2007,4,7(三年ぶりの大観音野外公演決定!!)
50号 2007,5,25(開幕!花綵の島嶼へ)
51号 2008,4,14(対談 内澤旬子×桃山邑 古書ほうろう)
53号 2009,4,25(メランコリア死の舞踏 演博企画展告知)

Soldout
34号 2000☞2001(さすらい姉妹からパラダイスロストへ‼︎)
35号 2001,2,24(パラダイスロスト)
42号 2003,5,10(虹の都開幕)
44号 2004,4,23(大いなる幻影青梅織物工場でいよいよ本格始動!!)
45号 2005,4,25(高明哲追悼)

【3,000円】『報告・琉球幻視行 朱もどろの海の彼方から』
2019年に「さすらい姉妹」興行として沖縄に行った報告書。沖縄で上演するために書かれた翠羅臼の戯曲『陸奥の運玉義留』、沖縄から戻り桃山が書き下ろした戯曲『GO!GO!チンボーラ~』も収録。

【3,000円】『この丗のような夢』オリジナルサウンドトラックCD
2016年に三重県の芸濃町、2017年に新宿花園神社そして横浜寿町で上演された「この丗のような夢」の楽曲を収録したCD。ボーナストラックとして嘆きの天使のテーマも収録。

【3,000円】水族館劇場ZINESoldout
近藤ちはる作品集、シルクスクリーン印刷にて作成した水族館劇場のZINE。限定番号入り。

【3,000円】DVD「もうひとつのこの丗のような夢」全編
2017年、ヨコハマトリエンナーレ参画の寿町での芝居。水族館劇場史上最大規模で展開された一大ページェントの大トリである舞台の最終日動画。迫り来る台風との戦いでもあった。

【3,000円】DVD「なげきの歌は水とともに」
2013年、明治大学で開催された、高山宏、中沢新一、両教授とのシンポジウムのさいにつくられた水族館劇場のクロニクル動画。旗揚げの大八車の筑豊行脚など、貴重映像ふくむ。

【10,000円】ぐい呑み ※送料別 Soldout
元オリジナルメンバーであり、げんざい岐阜山中にて陶芸作家として活躍中の鈴木都先生の貴重な焼き物。ほんらい高価なものですが水族館劇場の窮状にかんがみ、ぐい呑みを数点ご提供いただきました。先生のホームページはこちらです。http://suzukishu.com


■注意事項
・すべての方にFishBone最新号(72号)と、昨年のFishBone(71号) を同封してお送りいたします。
・ぐい呑みは、送料のご負担をお願いいたします。(着払いにてお送りします。)
・どれも数量に限りあり、先着順です。

■参画方法
ticket.suizokukangekijou@gmail.com まで、希望のファンド名(複数可)、個数、お届け先をメールにてご連絡ください。

■実施期間
2020年6月1日(月)〜2020年7月12日(日)

ご質問などありましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。
ticket.suizokukangekijou@gmail.com
080-2117-6154


水族館劇場からメールでのニュース配信も行なっております。
メールの配信を希望される方は、以下のフォームからご登録ください。
https://forms.gle/JXcKSL5zso7uxTf37

沖縄遠征無事に帰京!

さすらい姉妹は渋さ知らズとともに50名になる混成旅団を組み、辺野古と那覇で「道奥の運玉義留」を上演してまいりました。たくさんの課題をかかえながら東京に戻った路上ユニットは早くも秋の八幡神社例大祭に向けて始動を開始。桃山が沖縄をめぐる新作を書き下ろす予定です。また本年中には「風車の便り」の報告会も準備しようと企画しています。また緊急告知になりますが、昨年の野戰攻城にはいったNHKの撮影班がようやくドキュメンタリーをまとめました。7月28日(日)NHK BS1で第1部:21:00〜21:50。第2部:22:00〜22:49。水族館劇場は第一部ラストに登場予定です。興味のあるかたはぜひ。
予告動画ははコチラからhttps://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/3115582/index.html
冬は毛利嘉孝演出の寄せ場巡演、そして来年の野戰攻城へ。野生の役者徒党は疾風怒涛のいきおいで藝能の道を前進します。これからも応援よろしくお願いします。

0727_01.jpg 0727_02.jpg

2019野戰攻城すべて終了!

600x333.jpg

先月24日。世間が崩御のない代替わりに浮かれて大型連休に突入するころ、水族館劇場、三年目の花園神社興行が幕を閉じました。
境内はなにごともなかったように静けさをとりもどし、役者徒党は傷ついた翼をやすめる鳥のようにとびたち、空ににじんで消えていきました。みにきてくれたたくさんの観客のみなさん、ありがとう。今回もわれわれは誰におもねることもなく、やりたいことをやりぬいたつもりです。頭脳警察ライブや最終日での桃山からの発言にあったとおり、もういちど芝居の道をかんがえぬくために集団をリセットします。生まれ変わる水族館劇場にこれからも声援を!

少しずつ世界を組み変えてゆくために

白水社から、オリガ・ブレニナ=ペトロヴァ著 桑野隆訳『文化空間の中のサーカス』が今月19日に発売されます。桃山が帯に推薦文を寄せています。大部な学術書ではありますが、水族館劇場ともあい通じる根源的な藝能の文化史でもある必読書!全国の書店で手に取ってご覧あれ!

もう一冊の推薦書は、この十月元気なまま交通事故でこの世にオサラバした、愛知の劇団白髪小僧を率いてきた那珂精四郎(ばばとしお)と愉快な世界旅行を続けた女優、阿木暦のフォトエッセイ『ハバナの朝』ホントにちいさな本ですが、こちらも是非。東京では古書ほうろう、古本遊戯 流浪堂、古書信天翁で販売しています。

そして本といえば羽鳥書店!来年満10歳になります。いろいろなイベントも企画される予定です。野戦攻城30年目の水族館劇場ともどもよろしくご贔屓に!

20181218.png

この丗のような夢CD完成!

cd.png ながらく途絶えていた劇中で歌われたテーマ曲を中心とした音源が漸くCD化されました。

山本紗由がプロデュースを担当、近藤ちはるのパッケージデザイン、桃山邑がライナーを執筆しました。お蔵入りしていた嘆きの天使のテーマもボーナストラックとして収録されてます。限定プレス500枚。予約多数のため品切れになるかも。早めにお求めください。頒価2,000円。
購入希望の方はinfo@suizokukangekijou.comまで「お名前」「ご住所」「購入枚数」をメールに記載してお送りください。

特設野外舞臺「化外の杜」建込み開始!

桜の季節のまっただ中、本公演のための野外舞台づくりがスタートしました。
概要はつぎのとおりです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
5月16㊎17㊏18㊐ 22㊍23㊎24㊏25㊐ 27㊋28㊌29㊍30㊎31㊏ 6月1㊐2㊊3㊋
全公演夜7時 開演開場  全席自由期日指定 上演時間 約150分
前売券 4000円 近日発売!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

r_tatekomi2.jpg
r_tatekomi1.jpg
r_tatekomi3.jpg








特設野外舞臺「化外の杜」建込み開始!

桜の季節のまっただ中、本公演のための野外舞台づくりがスタートしました。
概要はつぎのとおりです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
5月16㊎17㊏18㊐ 22㊍23㊎24㊏25㊐ 27㊋28㊌29㊍30㊎31㊏ 6月1㊐2㊊3㊋
全公演夜7時 開演開場  全席自由期日指定 上演時間 約150分
前売券 4000円 近日発売!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
なお詳細はまもなくインフォメーションにてお知らせいたします。

r_tatekomi2.jpg
r_tatekomi1.jpg
r_tatekomi3.jpg








 

明治大学公開講座について[訂正]

前回のポストで決定は25日午前中とありましたが、

決定は2518時以降に明治大学人文科学研究所ホームページに掲載されます。

お詫びして訂正致します。

リンクに不具合が生じる可能性がありますので、

直接明大人文科学研究所のホームページでご確認下さいますようよろしくお願いします。

桃山邑×高山宏×中沢新一!!

20131014.jpg









桃山邑、こんどは明治大学リバティータワーに登場!学魔・高山宏、野生の科学者・中沢新一と連続対談!

六月の静岡大学講義、九月銀座クオリアジャンクションでの巷談を経ての精神遍歴三連弾。水族館劇場とも深いつながりのある高山教授が仕掛けた叡知と野生のモザイク百貨店!銀座クオリアジャンクションでの3時間ぶっ続けトークを無事了えた桃山邑がふたたび挑む世界の謎!入場無料ですのでみなさまドシドシお申し込みください。乞うご期待!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

37回 明治大学人文科学研究所公開文化講座

Theatrum  mundi ー世界は劇場ー

1026日(土)13001900 開場1230

明治大学駿河台キャンパス リバティータワー1階 リバティホール


対談1:『舞台の底から来るものー襤褸と官能とスペクタクルー』高山宏×桃山邑

DVD上映:『なげきの歌は水とともに』 水族館劇場  野戦攻城ダイジェスト

対談:『舞台の底から来るものー襤褸と官能とスペクタクルー』中沢新一×桃山邑

対談:『「傾く」ということ―バロック/マニエリスム/ピクチャレスク』中沢新一×高山宏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戯場国、ケジョウコクと読む。

江戸歌舞伎全盛の頃、

劇場を取り巻く世界、宇宙そのものを巨大な芝居小屋と感じる人々が

世界は劇場、人間は役者というその感覚を

世界は「戯場国」だと言った。

自分の劇場をグローブ座(地球座)と呼んだ

シェイクスピアの感覚でもある。

演劇とは何か、「世界の意味」をぎりぎり広げる中で、

その縮図とされる「劇」の意味を、歴史を考え直す。

社会抗議と実験演劇を両にらみしてきた話題の役者集団の主宰者。

芸術人類学という斬新な枠の中に能や祭を解き放つ悦楽哲学者。

最高の取り合わせを実現できた。

                           高山宏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

受講料無料。要事前申し込み。事前にこちらよりお申込みください。

先着順。定員に達した時点で締め切ります。お早目にお申込みください。

桃山邑、よるべなき漂流者たちの魂を語りつくす!

130925_QJ.jpg

桃山邑TALK EVENT

―世界劇場としての、藝能・寄せ場・天皇制―


[日時]9月28日(土)15:00 18:00 

[場所]銀座ギャラリー クオリアジャンクションMAP

[参加費] ,500円 (学生:1,500円)

[定員]50名(先着順・事前予約制)必ずご予約ください

[お申し込み方法]info@qualiajunction.com まで

  参加される方のお名前、人数を送信してください。

  ● 講演終了後に懇親会がございます。

  参加費1,000円(軽食・1ドリンク付)となります。 

  参加を希望される方は、お申込み時にお知らせください。


  photo:日本最大の寄せ場、釜ヶ崎のドヤ街の辻で踊る鏡野有栖。

  夜の路上で演じられる「谷間の百合」の街頭宣伝。

  仕事帰りの日雇労働者がゆきかう黄昏の路上に

  新今宮駅のプラットホームが浮かぶ。200514日。



誰か他人になりすまして秘密を啜りあうような夜の闇のなかで、ゆっくりと観る者のこころを溶かしてゆく瞬間。

わたくしたちは、お芝居に流れる時間をそのように捉えようと四半世紀にわたって舞台をつくり続けてきました。

そのようにかんがえられた舞台、即ち劇場とは全体いかなるものなのか。一座を建立するひとびとは何者なのか。

遠い古代の声を藝能の基底に据えた折口信夫は、芝居徒党を国家以前に発生したごろつき集団であると喝破した。

この直感の彼方に、藝能の謎がある。この国の一木一草には天皇制がある、と断言したのは中国文学者の竹内好。

世界が劇場であるなら、天皇制はどのように列島の古層に根を張り、藝能の原初に関与しようとせまり来るのか。

現在に忘れられ、未来には気の遠くなるほど隔絶された柵地、寄せ場と呼ばれる日雇労働者の街に赴く芝居集団。

底のない井戸を覗くように、簒奪されつくしたひとびとの路地には故郷がたちのぼってこない。喪失者のなげき。

水族館劇場は演劇から逸脱した地平でしか成立しない芝居の可能性を示す荒事を全力でおしひろげて来たのです。

もののあはれの歎きを唇に宿った歌のように、寄せ場によりそい路地をさまよい激しく何かを希求してきました。

この国の支配装置である天皇制という、かぎりなく空虚な擬制を声高に批判するのではなく、にじり寄って刺す。

仄暗い薄闇につつまれた「フクシマ」以降の情況に、なんらかの痕跡を残せるようなお話ができればと思います。

『水族館劇場のほうへ』西日本新聞に書評掲載予定!

先月羽鳥書店から刊行されました水族館劇場の本が、ヒグラシ文庫でも対談しました姜信子さんによってとりあげられる予定です。掲載された台本「NADJA夜と骰子とドグラマグラ」の公演地、地元博多の西日本新聞の書評欄です。大型書店にもございますが、「谷間の百合ーNAKEDー」の各公演会場でも特別価格(税込¥6090→¥5800+近藤ちはるデザイン大型ポスター付き+ご希望の方に役者サイン)で販売いたします。

21世紀の明宿集「水族館劇場のほうへ」 全国の書店にならぶ!

20130618.jpg
桃山邑矢吹有鼓(羽鳥書店近藤ちはる(ウルトラグラフィックス)が編みだした、水族館劇場のNOW & FUTURE
読書界に衝撃をあたえる一大奇書がいよいよ店頭でも発売されます。水族館劇場ファンのみなさま、みかけましたらお家に連れて帰ってやってください!追って劇団ホームページでも通信販売予定です。

水族館劇場ブックついに出版!

hatori.jpg
水族館劇場をまるごと書籍化する無謀な試みが進行しています。この勇気ある大英断を決意したのは学術書と美術書を中心に次から次へ素晴らしい書物を世に送り続けている羽鳥書店。東大出版会より独立、創業した2009年直後に水族館劇場はアビ・ヴァールブルクの思考より着想を得た「メランコリア 死の舞踏」公演をはたしました。出版の話がもちあがったのも、田中純教授が駒場東大で開いたシンポジウム「ヴァールブルクの宇宙」の会場に偶然居合わせたご縁からでした。羽鳥社長の「レトロスペクティブにはしたくない、これからの水族館劇場の可能性を紙上展開したい」という力強いお誘いに全力でこたえることにしました。演劇業界とはほとんど無縁のわたくしたちの在りようと同じく、この本も普通の演劇書にするつもりはありません。どうぞお楽しみに!