「不忍ブックストリートMAP 2020」を公開します

例年なら一箱古本市も終了している時期ですが、今年は新型コロナウイルスの影響のためGWの開催を控えることとなりました。

また、一箱古本市開催にあわせて毎年作成している「不忍ブックストリートMAP」も、同影響のため作業が遅れ、この度ようやく完成となりました。

例年であれば助っ人さんの協力を得て東京を中心に日本各地へのMAP配布を行うところ、やはり新型コロナウイルスのため控えざるを得ません。現在はMAPの広告主様と不忍ブックストリートの書店4店(往来堂書店・タナカホンヤ ・ひるねこBOOKS・古書ほうろう(営業再開次第))での配布となっています。

そこで初めての試みとなりますが、MAPのpdf版を公開することにしました。
ダウンロードしてプリントすることもできますのでお使いください。

利用に際し、幾つか説明があります。

デザイン・記載内容は紙版と同一ですが、印刷用データを使用しているため、文字の表示に紙版とは若干異なる箇所があります。また、公開期間には期限を設ける予定ですので、あらかじめご了承ください。

一方、pdf版のみの機能として、広告主様の各広告枠にそれぞれのウェブURLやSNSへのリンクを埋め込みました(下のオンラインビューア上では機能しません。ブラウザの新規タブで開くかダウンロードしてご利用ください)。広告に記載されているものはそのままに、また記載がなくとも公式のものが存在する広告主様についても設定を行いました。 この機会に不忍ブックストリートを支えてくださる広告主の皆様の今をご覧いただけましたらと願います。

加えて、MAPのイラストを描いてくれたはとさんのブログへのリンクも用意しました。
MAP表面表紙イラスト、しのばずくんとはとさんの署名を触ってみてください。

 

不忍ブックストリートMAP 2020 表面( pdfダウンロード )

sbsMAP2020_omote
 

不忍ブックストリートMAP 2020 地図面( pdfダウンロード )

sbsMAP2020_ura

 

サイトリニューアル

第15回 一箱古本市に向けて、不忍ブックストリートの公式サイトをリニューアルしました。

 

まずは二代目しのばずくんとなったMAP、店主・大家さんなど古本市当日、そして一箱古本市前後の期間に開催される不忍ブックストリートweekの情報をお届けします。過去に開催した一箱古本市のアーカイブは今後、随時追加していきますので、お待ち頂きたくお願いします。

 

また、「茶話会」や「不忍ブックストリーム」など、一箱古本市以外の不忍ブックストリートの活動についても、このサイトで記録を残していくつもりです。

 

今後も、不忍ブックストリートをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

[秋も一箱古本市 2011]光源寺会場

光源寺「秋も一箱古本市 2011」より閉会時間間近の、光源寺(駒込大観音)の会場風景です。(2011.10.8) 昨秋は雨にたたられましたが、今年はいい天気でなによりでした。 ほおずき千成り市名物・大タープの下で。
秋も一箱古本市 2011不忍ブックストリート) <http://sbs.yanesen.org/hitohako/hitohako_autumn/akimo2011> 開催日: 2011年 10/8(土) *雨天の場合は 9(日)に順延 時間: 11:00 - 16:00(終了時刻は予定) 実行委員: 青秋部 <http://d.hatena.ne.jp/seishubu/>
秋も一箱古本市2011,光源寺
 

第20回 わくわく大感謝祭

わくわく大感謝祭谷田川(藍染川)を暗渠にして、文京区千駄木と台東区谷中に挟まれながら南北に伸びるよみせ通り。よみせ通り商店街(よみせ通り商栄会)が主催し、年 2回開催されています『わくわく大感謝祭』です。(2011.5.21、22) フリマ、富くじ、屋台、一箱古本市、大道芸、職人組、人力車、セール...etc. JR西日暮里駅開業 40周年記念も含め、よみせ通りにたくさんのイベントが並び、盛り上がりました。
第20回 わくわく大感謝祭 <http://seinenbu.yomisedo-ri.com/?eid=15> 開催: 2010年 5/21(土)、22(日) 時間: 10:00 - 16:00頃 主催: よみせ通り商栄会 <http://yomisedo-ri.com/> 子供たちの人気者、団子坂上のあめ細工 吉原さん。 日本産自然派ワインのこだわりある品揃えで知られますリカーズ のだやさんのお勧めワイン。 あめ細工吉原 リカーズ・のだや   大病後、このイベントで完全復帰された刃研ぎ堂さん。 スケボーショップ BUMBRICH[バムリッチ]前では鳥清[とりきよ]三代目がチキン串焼き&フランクフルト。(後ろに掲げられた鳥清親子のファンキーな似顔絵は養源寺住職の作だそう) 刃研ぎ堂 鳥清   人力俥 谷中音羽屋は募金(いくらでも)で乗れるとあって大人気のようでした。よみせ通りを行ったり来たりされていましたが、往来の人が多くて進むのが大変そうでした。 一箱古本市は、第 12回 一箱古本市で個人賞受賞されたり売上上位だった店主の古本箱ををはじめ、古書 信天翁さんのコミック袋詰め放題、第 2期「谷根千おしょくじ」、被災地に向けて「一箱本送り隊」の活動も行われました。
わくわく大感謝祭
 

[不忍ブックストリート]いよいよ一箱古本市です!

f:id:koshohoro:20110429035029j:image:w250:right一箱古本市に先駆けて先週末から始まった「不忍ブックストリート week」。当店は、5月6日(金)に小沢信男さんと大村彦次郎さんのトークショーを予定しています。その関連企画として「編集グループ〈SURE〉の本フェア」が先週よりスタートしました。書店では全点並ぶことのない〈SURE〉の本。この機会にどうぞ手にとってご覧ください。

「不忍ブックストリート week」は、5月8日(日)までです。この期間の古書ほうろう、こんな感じです、というのを日にち順にまとめました。尚、期間中、4月27日(水)定休、5月4日(水)は営業します。

4月23日(土)〜5月8日(日)


4月30日(土) & 5月3日(火・祝)

           古書ほうろう前も両日とも会場になります。

           今年は東日本大震災の被災地に本を送るプロジェクト「一箱本送り隊」の一箱もあります。

           お買上げ、募金にご協力ください!

           古書ほうろう前の一箱古本市の一角が、「日刊」ならぬ、「時刊」フリーパーパーの編集部になります!

           一時間に一号のペースでフリーペーパーを発行し、一箱古本市の「今」を伝えます。

           記事に連動した形で、古本の販売も行います。是非、編集部に遊びに来て下さい。(雨天中止)


5月6日(金)

           お申込み、お待ちしております!


そのほかのワクワク

      • 被災地応援企画

          ・『彷書月刊』100円均一で大放出!

           売上げは「一箱本送り隊」の活動資金として寄付いたします。

          ・仙台文庫『大きな羊のみつけかた』販売中です。

           売上げより一冊につき100円を、こちらも「一箱本送り隊」の活動資金として寄付いたします。

          ・Pippoさんの近代詩朗読音源集「てふてふ」もお取り扱い中です。

           売上げの3割は「てふてふ」募金として寄付されます。

           詳細→http://pippo-t.jp/

      • 一棚全部東洋文庫!フェア こんな感じになっとります!

余裕があればあといくつかワクワク、追加するかもです。無理かも!

今週末は、秋も一箱古本市2010

5月のゴールデンウィークと10月始めのこの時期は、自転車で近所を走り回るのが恒例になってもう5年。この5年は個人的には激動の5年でもあってちょっとした感慨が。

秋も一箱古本市2010、開催決定!

2010年10月9日(土)11:00~16:30
雨天の場合は10月10日(日)に順延

会場
古書ほうろう/コシヅカハム/古書 信天翁/谷中 松野屋
ライオンズガーデン谷中三崎坂/大円寺/往来堂書店/宗善寺


僕は実行委員とかいわれながらも、ほとんど事前準備には参加していなくて、いつも当日の自転車部隊だけ。今年はいっつもこっちを見てる子供が3人と会社勤めの生活があいまって、例年以上に事前準備に参加できなかった。

気がつくと、当日の仕事が割り振られていない!ちょっと寂しい気がしたけれど、まあいいか。初めてすべての会場をちゃんと本を見ながらまわってみることにする。

今のところ天気もなんとかなりそうな気配。

ToDo
- 予算確保。
- 2歳児を連れてまわるからルートを確認しておくこと。