四日目も夕方。

17時。晩酌開始。今日もタバコを吸わずにすんだ。
晩酌が始まればもう安心。もともと僕は酒とタバコは一緒に楽しめない体質なので。

家の片付けを集中してやった。こういう集中する作業はいいね。

今日は2歳児を寝かせるために、町を自転車でうろうろしている時が一番誘惑が多かった。どこで一服するかが頭に入ってるんだよなあ。

さあ、継続。


四日目突入。

最後にタバコを吸ってから、72時間+2時間ほど。

禁断症状というのは、身悶えするようなものじゃなくて、なんていうか、さらっとやってくるんだね。

歯にしみ込んでいるような気がするニコチンの味を探している自分がいる。

週末は子供と一緒だから、我慢もしやすい。

さ、今日も一日がんばろ。


まもなく、最後のタバコから60時間。

ガム消費が激しい。ボトルガムがひとつ終了。えーっと昨日買ったんだっけか。

午後になると吸いたくなる。15時頃に、コーヒーと一緒に喫煙所に行きたくなる。

ニコチン、禁煙、タールなんかで検索しては、記事を眺めてみると、3日目がきついというのをちょろちょろ見かけるけれど、オレの場合は、なんとなく、昨日よりは楽な気がする。

まだ吸っていない。大丈夫。

この調子で、週末を乗り切れるか。週末の方が乗り切りやすいような気がする。どうだろ。


昼飯を食べた。回転寿し。

三日目の昼飯は、回転寿しに行ってきた。特に意味はないんだけど。

やっぱり、タバコ吸いたい。昼飯後はタバコ吸いたい。一服したい。

一日一本にするかなあ。
タバコは昼飯後に一本だけ吸う。
というのはどうだ。

昼飯後に一服する場所というのは、割とすぐに見つかるんだよなあ。

一日一本かあ。一本で済むのかなあ。一本で済めばそれもいいな。

といろいろ考えたけれど、今日も今のところ、吸わずにもちこたえている。

いうほどつらくはない。


さあ、三日目。

丸二日がすぎた。最後にタバコを吸ってから、48時間+3時間ぐらい。

2年ほど前にシンガポールへ出張したときも結構な時間タバコを口にしなかったけれど、それでも丸一日にはならなかった。

ちなみに、シンガポールはタバコが吸えないとだいぶ脅されていったけれど、東京都心とそんなに違わなかった。ちゃんと喫煙所もあるし、喫煙所には現地のビジネスパースンが群がってた。

さあ、なんか変化はないか、と自分に聞いてみれど、今のところこれといった変化はなし。

食事がうまくなったかというと、そうでもない。まだニコチン抜けてないからなのかな。タバコをすいたいかと聞かれれば吸いたいなあと思うけれど、まあ吸わなくてもいられる。

禁断症状らしきものは、昨日の昼食後に少しあったけれど、夜、家に帰って晩酌をはじめたらもう全然吸おうというきにはならない。ありがたいことに以前から酒を飲むとタバコが旨くなくなるのだ。

昨日はクルマでの移動が多かったけれど、今日は一日オフィス仕事。さあどうなるか。


なぜ休煙するのか?

「面倒になった」に尽きる。

常に喫煙所を探している。最近、これを面倒だなあと感じることが多かった。喫煙できる場所は確実に少なくなってきている。探しにくくなっている。

ウチから一番近いタバコを売っているコンビニは、自転車で7分ほどかかる。途中、あるいはより近くにある4件のコンビニではタバコを売っていない。自動販売機はあるけれど、あのなんとかカードを作る気はない。

家ではタバコを吸えない。家で吸わなくなって4年ぐらいか。家にいるときに吸いたくなると、家の前の公園に行く。今年になって5、6個あった公園の灰皿が1つを残して撤去された。ちょっと面倒になった。

値段が上がったことも確かに影響はある。でも、これは心理的なインパクトは大きいけれど、経済的なインパクトは実は大したことない。晩酌で呑んでいる酒の毎月の誤差で吸収されるくらいの額。まあライトなスモーカーだからというのも確かだけど。

なんだかずっと喉の調子が悪い。ずっと風邪引いてる感じ。タバコを吸うと喉が痛い。昨日は特にこの痛みを感じた。もういいかって気になった。


始まった模様

むやみに喉が乾く。口がさみしい。フリスクも、ガムも、飽きてきた。食べ過ぎた。

タバコ吸いたいかというと、そうでもない。でもなんだが落ち着きは無い。

これも禁断症状なんだろうか。多分そうだ。

でもこれぐらいならまあなんとかなりそう。

まだまだこれから激しいのがやってくるんだろうか。


二日目の昼飯を食べたら…

うー。これか。禁断症状。

今日は仕事の関係で、11時半頃に越谷イオンモール、レイクタウンにいる。いつも昼はだいたいフードコートのうどんだから、ここでもフードコートを探してみた。広すぎ。もうなんでもいいや。

目についたラーメン屋に入って普通のラーメンを食べた。食事が美味しくなるっていうけれど、とくになにも感じない。昨日までと変わった感じはない。特に美味しくもマズくもないラーメンを食べて、お金を払って店を出る。

さあ、どうしよ。とりあえず、一服、、、、、、!!アレっ。これか!この感覚!

考えてみたら、昼飯食ったら一服、というのをもう四半世紀続けてきたわけだ。朝飯と一服、晩飯と一服は繋がっていないけれど、昼飯は絶対。絶対繋がってる。

なんていうか、もう自然に、何にも考えないで広いモールの中で「Smoking Room」という看板が目についたり、偶然なのか、必然なのか、葉巻カフェが目に入ったりする。葉巻カフェっ!なんで、いま、ここ、にあるのさ。

こうなると、確かに、ちょっと、吸いたい。一服したい。これはやっぱりニコチンの禁断症状?とりあえず、クルマに戻ってガムをかんで落ち着く。

んー、手が震えるとか、身悶えするような飢餓感はないけれど、なんとなく、一服すると落ち着くだろうなあという感じ。

これははじまり?これからもっとつらくなるの?


二日目。今のところなんてことない。

風邪の具合もだいぶ良くなったので今日は仕事。

クルマにのると癖でタバコに手が伸びる。けれど、昨日すった一本でもうない。買わなきゃない。買わなきゃない。

このまま買わずにいられるかどうかなんだけれど、今のところ全然なんてことない。

朝コンビニによってボトルのガムを買った。禁煙すると口寂しくなるらしいから。ガムをかむ習慣がないのと、いまのところ特別吸いたい気もしないので手つかず。

一日15本のウチほとんどは通勤のクルマの中で吸っていた。

この通勤中=運転中の喫煙さえなんとかなれば、まあ続くだろう。