特設野外舞臺「化外の杜」建込み開始!

桜の季節のまっただ中、本公演のための野外舞台づくりがスタートしました。
概要はつぎのとおりです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
5月16㊎17㊏18㊐ 22㊍23㊎24㊏25㊐ 27㊋28㊌29㊍30㊎31㊏ 6月1㊐2㊊3㊋
全公演夜7時 開演開場  全席自由期日指定 上演時間 約150分
前売券 4000円 近日発売!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

r_tatekomi2.jpg
r_tatekomi1.jpg
r_tatekomi3.jpg








特設野外舞臺「化外の杜」建込み開始!

桜の季節のまっただ中、本公演のための野外舞台づくりがスタートしました。
概要はつぎのとおりです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
5月16㊎17㊏18㊐ 22㊍23㊎24㊏25㊐ 27㊋28㊌29㊍30㊎31㊏ 6月1㊐2㊊3㊋
全公演夜7時 開演開場  全席自由期日指定 上演時間 約150分
前売券 4000円 近日発売!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
なお詳細はまもなくインフォメーションにてお知らせいたします。

r_tatekomi2.jpg
r_tatekomi1.jpg
r_tatekomi3.jpg








 

2013年本公演計画!

13news_0255.jpg















五月に、三年ぶりの東京本格野外公演を企図しております!
駒込大観音ではない場所で、あたらしい吃驚スペクタクルをご覧に入れるべく鋭意準備中!実現までには、まだいくつかハードルがあります。詳細はしばらくお待ちください。これまで大観音に足を運んでくれた皆さまには真っ先にfishbone特別号という紙媒体で直接通信したいと存じます。またあたらしいファンのかたがたも、劇団メールにご住所を送っていただければお届けいたします。photo by KUMA

ゴールデンウィークも舞台製作中!

20120426_0763.jpg20120426_0742.jpg20120426_0925.jpg

開幕まで一カ月を切りました!
現在、水族館劇場は九大総合研究博物館のご協力により、
博物館の分室にて舞台製作&稽古を急ピッチで進めています。
早大演劇博物館のときもそうでしたが、
水族館劇場は博物館の雰囲気と相性が合います。



撮影・亀山ののこ

北九州前夜祭決定!

0423nadja1m.jpg
0423nadja3-1m.jpg




















ベイサイドプレイス博多公演「NADJA夜と骰子とドグラマグラ」のキックオフを兼ねた前夜祭を下記の要項で開催します!
4月28日(土)夜8時スタート。 於:cream 北九州市小倉北区馬借1-15-8 093-533-3311
芝居「NADJA夜と骰子とドグラマグラ」贋プロローグ上演!  作演出 桃山邑 
※前夜祭のためだけに書かれた台本です
出演 千代次 風兄字内 藤島凾 宮村早貴 進麻菜美 他
対談「吃驚カーニヴァル何処へ!」中原蒼二VS桃山邑 司会:梅山いつき
入場無料!(要ワンオーダー)予約は要りません。
 ※一部手違いで参加費500円と記載されたフライヤーが出回りました。ここに訂正してお詫びします。

「機械仕掛けの糸姫」閉幕


kikai0222_4.jpg












雪降る中たくさんの方にご来場頂きありがとうございました。昨年から続く移動公演もいよいよ最終の地・本公演へ向かいます。五月博多ベイサイドプレイス特設テント「海の砦」でみなさまをお待ち申し上げます。
情報はこのサイトやかわら版で随時発信致します。 photo by中原蒼二

「機械仕掛けの糸姫」本日開幕!!

博多は雪がちらつきはじめています。水族館の舞台ではよく雪が降りますが本物の雪が舞い降りてきます。今夜は野天の劇を本道としてきた劇団にふさわしい凍える夜になるでしょう。それでもわたくしたちは細心のこころくばりをして幕をあけます。
たくさんのストーブと使い捨てカイロ、暖かいお飲物と多少の毛布をご用意しております。ぜひ季節外れの観劇にお客様がおいでくださりますようお願いいたします。
寒さが観劇のさまたげになりませんよう、どうぞあたたかいお召し物でおこしください。

「機械仕掛けの糸姫」開幕まであと2日!!

kikai0215_1.jpg
kikai0215_2.jpg
公演当日会場で販売する本公演「NADJA夜と骰子とドグラマグラ」の特別前売券が仕上がりました。毎回、即完売の真生雲母による特別前売券。今回はタイトルにちなんで骰子(ダイス)が付いています。限定数につき、お早めにお求めください。水族館劇場本隊もいよいよ博多入りしました。みなさまのご来場をお待ちしています。

水族館劇場、旗揚げの土地へ20年ぶりの帰還‼

kikai_news.jpg水族館劇場2012初夏博多遠征プレ公演

機械仕掛けの糸姫  作演出 桃山邑

ドグラマグラの夢がはじまる----九州大学博物館の倉庫に眠る機械工学の夢の骸。百年の刻を飴色の肌にやどした鉄の記憶が火花を散らして暗黒の迷宮へ手招きする。昨年11月より再活動をはじめた水族館が5月博多湾に海の砦をたちあげる。2005年秋。北九州小倉駅裏にあらわれた海の砦では吃驚カーニヴァルとも無謀博覧会とも呼ばれる演劇史上例をみないスペクタクルが展開された。それから7年。ついに傾奇者の徒党は旗揚げの地にまいもどった!そのめくるめくメラヴィリアのバーレスク「NADJA夜と骰子とドグラマグラ」制作実行委員会をたちあげるためのプレ公演が津田三朗と九大博物館の尽力によって実現した。極寒2月17,18日冷気をふきとばして失われた夢がはじまる----
ご期待ください! 写真:会場の九州大学総合研究博物館第一分館倉庫

詳細はコチラ


「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」閉幕!

news20111129_2.jpg
news20111129_1.jpg
はじめて水族館を体験する観客を交え「水の劇場をいろどる千里眼たち」の座談からスタートした黄昏移動公演「公然たる敵ーロストノスタルジアー」。小規模 公演とはいえ次々発生するトラブルを乗り越え、役者陣の芝居への想いが最高潮に達した夜でした。これで最後の水晶ノ箱も開けられ、後は近藤ちはる、津田三 朗、中原蒼二の作品がエピローグのように12/3日まで展示されます。それから水族館は一転して路上芝居ユニットさすらい姉妹のもとに「ロストノスタルジ アー螢の残存ー」にむかいます。ひきつづきのご声援を!では師走の山谷の路傍で再会しましょう!
写真左:南瑞穂演じる蛍、七ツ森左門演じる殺し屋五郎 photo by 鈴木遊
写真右:風兄宇内演じるぴかどん photo by 鈴木遊

「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」信天翁へ!

news20111124_3.jpg
news20111124_1.jpg
坂の街、日暮里での宵闇公演が無事終了いたしました。会場がせまいため情宣を控えながらの秘密めいた興行でしたが50名を越える観客でスタジオがいっぱいになりました。古書信天翁の壁いっぱいに飾られた「故郷喪失展」で追悼した、舞台監督杉澤靖昭の弟さんが郷里静岡から駆けつけ、入方勇からは札幌のご母堂よりメッセージをいただきました。無縁社会と呼ばれるげんざいの中で血縁や仕事の縁とは異なる関係性の回路をあたらしく発見することができればと思っております。速度を意識したこの連続イベントもいよいよ26日の古書ほうろう「水晶ノ箱」を残すのみ。その日まで信天翁でも展示を継続してます。ぜひとも谷中を散歩しながら両会場を体験してください。

写真左:藤内正光演じる呉一郎 photo by 山田しげる
写真右:鏡野有栖演じる姫草ユリ photo by 山田しげる

「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」開幕!

news20111123_2.jpgnews20111123_1.jpg
逗子・ヒグラシ文庫にて移動公演「公然たる敵-ロストノスタルジア-」が開幕致しました。明日24(木)は日暮里 古書信天翁、26(土)は千駄木 古書ほうろうへと移動します。みなさまのご来場をお待ちしております。ヒグラシ文庫では対談「毛利嘉孝VS桃山邑」司会 淺野幸彦も行われ、3.11以降の私たちのあり方と芝居が差し出す円環構造との関連について白熱の討論が繰り広げられました。
公演・展示の詳細はこちら


写真左:千代次演じるがら photo by 山田しげる

写真右:真生雲母作の三日間通し特製チケット

「故郷喪失展」始まりました!

news20111120_1.jpgnews20111120_2.jpg日暮里・信天翁にて「故郷喪失展」が始まりました。KUMA・山田しげる・鈴木遊が写真で切り取る水族館劇場。宮井雅仁・杉澤靖昭・入方勇の在りし日の映像。山本紗由の映像作品など、ここでしか観られない内容です。是非ご覧下さい。また23(水・祝)には、逗子・ヒグラシ文庫から始まる移動公演「公然たる敵-ロストノスタルジア-」の幕が開きます。どうぞご期待ください!詳細はこちら
photo by 山田しげる