#人人本 その9 『雑誌の人格』『雑誌の人格2冊目』能町みね子 文化出版局

どんな読者に向けて、どんな雑誌をつくるのか? 年齢は? 仕事は? 収入は? 住むところは? 好きなことは? 友達は? 恋人は? 家族は? 具体的な名前を持たない、「プロファイリング」された人格、キャラクター。 出来上がっ […]...

#人人本 その7 『仕事場訪問』牧野伊三夫 四月と十月

南陀楼さんのコメント 絵やデザインの作品が生まれる現場を訪ねる。美術同人誌『四月と十月』連載。 往来堂書店・店内イベントvol.02 『編む人(ビレッジプレス)』・『パリのすてきなおじさん(柏書房)』刊行記念 南陀楼綾繁 […]...

#人人本 その3 『あなたを選んでくれるもの』ミランダ・ジュライ 新潮社

著者は自ら映画の脚本・監督・主演を務め、小説でも才能を発揮する女性。次の映画の脚本が書けなくなって行き詰り、打開のきっかけになったのが、フリーペーパーに個人で不用品の売買広告を掲載している人へのインタビュー。『あなたを選 […]...

#人人本 その2 『パリのすてきなおじさん』金井真紀:絵と文 広岡裕児:案内 柏書房

まえがきに金井さんが伊丹十三の言葉を引いています。「ある日ふらっとやってきて、両親の価値観に風穴を開けてくれる存在、それがおじさんなんです」 思い込みで凝り固まった自分の考え方に、気持ちのよい風を通してくれるおじさん。 […]...

#人人本 その1 『編む人 ちいさな本から生まれたもの』南陀楼綾繁 ビレッジプレス

南陀楼さんのコメント 私が尊敬する9人が出てきますが、なかでも、往来堂のお客さんには谷根千工房の山﨑範子さんのインタビューをぜひ読んでいただきたいです! たぶん初のロングインタビューです 読みました! 最後の方、名言がい […]...

南陀楼綾繁さんと金井真紀さんが選ぶ人人本フェアが始まりました。一冊の中にいろいろな人々が登場する本、それが「人人本」

下にありますイベント・トークショーに先立ちまして、12月28日より往来堂書店では『人人本フェア』を開催します。お二方と往来堂書店で選んだ、いろいろな人が登場する本(ひとひとほん)を集めたフェアです。今のお仕事の原点だった […]...