みち

表紙・裏表紙それぞれに描かれた2人の子どもたちが、様々な「みち」を進んでいく絵本。 アイソメトリックで描かれた世界には、小さな物語が散りばめられて描かれています。 読むたびに発見があり、どんなお話になるんだろう、と […]

豊かな絵本哲学

豊かな絵本哲学 『ぐりとぐらシリーズ』や『いやいやえん』などで知られる中川李枝子さんによる、本と子どもと絵本に関するエッセイです。 子どもとして、親として、保育士として、そして絵本作家として。 さまざまな目線での […]

イラストでわかる映画の歴史

いつの時代も私たちを魅了してやまない、映画。 今では技術の発達によって様々な映画を観ることができますが、それは映画をつくってきた人々のおかげ。 当時の最新技術を踏まえて改めて昔の映画を観てみると、新たな発見や感動があ […]

『めっきらもっきら どおんどん』長谷川摂子・作 ふりやなな・画

めっきらもっきら どおんどん…… この魔法のような言葉の響きに、小さい頃は夢中になりました。読み聞かせをしてもらう夜、この絵本ばかりリクエストしていたような。ㅤ子どもの頃は、今よりも好奇心が旺盛だったというか、怖いもの見 […]

とびだす!絵本たち

最近できた、かわいいしかけ絵本のミニコーナー。 しかけ絵本っていいですよね。 飛び出てくるものにもびっくりするけど、その飛び出てくる途中の動きもまた愛くるしい…。 嬉しい驚きがたくさん詰まってます。 飛び出てき […]

追悼かこさとしさん『往来っ子新聞』緊急重版。かこさとしフェアも開催中。

追悼かこさとしさん。 『未来のだるまちゃんへ』と、「だるまちゃんシリーズ」の最後の3作品を紹介した回をあわせて 『往来っ子新聞』の号外をつくりました。 手書きのフリーペーパー『往来っ子新聞』は店頭にて配布中です。 また、 […]

『母の友』2018年5月号で往来堂書店をご紹介いただきました。そしてオススメの本の著者・松岡享子さんから直筆メッセージが!

『母の友』2018年5月号(福音館書店)で、往来堂書店をご紹介いただきました。 その中で『母の友』の読者の方にオススメの本 『えほんのせかい こどものせかい』(文春文庫)の著者・松岡享子さんから なんと直筆メッセージをい […]

福音館書店の月刊絵本 バックナンバーフェア。良質で楽しい絵本がいっぱい!

【福音館書店の月刊絵本 バックナンバーフェア】はじまりました。 0歳から、小学校高学年、大人までたのしめるようなものまで、様々なシリーズが選べます。 良質で素敵な絵本が、お手軽価格で楽しめるすごいラインナップ!この機会に […]

原研哉さん、ミロコマチコさん、安野光雅さん、タラブックス

『白百』原研哉著 中央公論新社/1,900円+税 記憶の束から思いつくままに百の白を引き抜き、一葉ずつの白を味わってみたい。もはや白いという形容も希薄になるほどに――日本文化を支える要点であり、自身のデザインの根幹にある […]

朗読しましょう。群読しましょう。

往来堂書店のあたらしいフェアは、 「朗読しましょう。群読しましょう。」です。 皆さん、今夜観ましたか?NHKドラマ10「この声をきみに」、最終回。 わたしはお店にいたので、家に帰ってから観ました。 皆さんには、叶えてない […]

ヨシタケシンスケさんの新刊絵本『こねてのばして』入荷しました。

『こねてのばして』ヨシタケシンスケ:著(ブロンズ新社) とてもリズミカルで楽しいテンポ。 今回のヨシタケシンスケさんの絵本はくすっと笑って、心がぽっと温まります。 パン生地みたいに見える「これ」はなんでしょうか? こねて […]