【展示】詩と絵 “saihate”

image_6483441.JPG


詩人 tokumei-kibou
画家 Matsuko Blue

二人の作家による、詩と絵の展示を行います。

どこまでも遠くへ、行ってしまえるような、いつまでも、君の声が消えないような、
この瞬間だけは、終わらないような、瞼の裏に映る思い出は、悲しみだけじゃない。
ここは、最果て。
空にも、海にもないものが、今もまだ、眠っている場所。



紡がれた詩と添えられる絵の展示会です。
心の行き着く場所の一つを描きました。
その道程が鮮やかであることを願って。
—-


当店では初の試みとなる展示です。
どうぞお楽しみに。


image_6483441 (1).JPG

image_6483441 (2).JPG

image_6483441のコピー.JPG


●会期:2022年6月1日(水)〜6月15日(水)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*6/6(月)は18時半まで
*最終日6/15(水)は17時まで

・火曜、第二水曜6/8定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。

*作品代金のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。



☆プロフィール

・tokumei-kibou|詩人

息の形が伝わるように
抱えている、自分だけの孤独が
少しでも薄らぐように
心を、言葉に。


・Matsuko Blue|光青の画家

from Hiroshima
感じたもの、見たもの、観えるものを
光と質感を通して描く。
もう一色ぶん、鮮やかな日々を。

Acrylic, pigments and other

サユリ・ミナガワ個展「ノルウェーの森をのぞいてみた」

ひるねこBOOKSレーベル『みけねこてんちょう』(2018年)の作者、サユリ・ミナガワさんの個展を開催します。


ノルウェーの森展_DM_表_最終版.jpg


ノルウェーに住んでいたころ、家のすぐ隣は森でした。ベランダから森の方をのぞいてみると、よく野うさぎや鹿の家族を見かけました。食べるものを探しにきたのかな?それとも散歩中?
動物たちは普段森の中で、私たちが知らない生活を送っているのでしょう。そんなノルウェーの森の中を一緒にのぞいてみませんか?
—-

18歳までノルウェーで暮らしたサユリさん。彼女の目にはどんな景色が、動物たちが映っていたのでしょう。

自由に行き来ができない今、少しでもノルウェーの爽やかな風を感じていただければ幸いです。

サユリさんの個展は3年ぶり。絵本『みけねこてんちょう』も新装版として再発売いたします。
こちらもどうぞお楽しみに。


好きなものが一緒だった時.jpeg

ジャムを作るまでの道のり.jpeg

星狩りの夜.jpeg

真夏の追いかけっこ.jpeg



●会期:2022年5月13日(金)〜5月29日(日)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*5/25(水)は18時半まで
*最終日5/29(日)は16時まで

・火曜定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

*5/18(水)休業


●場所:ひるねこBOOKS〈台東区谷中2-5-22-101〉
地下鉄千代田線「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。

*作品代金のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。




☆プロフィール

サユリ・ミナガワ
ノルウェー生まれ、東京在住のイラストレーター。
主にパッケージデザインやWEB媒体のイラストを手掛ける。
1枚の絵からストーリーを想像できる作品作りを心がけています。
https://www.instagram.com/sayuri_minagawa/


はと展「しのばずくんのキネマ画報」

2年ぶりに、はとさんの個展を開催します。

しのばず2022DM表.jpg

不忍ブックストリートのキャラクター、二代目しのばずくんの生みの親、絵描きのはとさんの作品展。

今回のテーマは「映画」。不忍界隈のみなさんのオススメの映画にしのばずくんが登場予定です。

作家活動20年を振り返るDM集やポストカードなども展示・販売予定。
新しいマップ片手にお散歩がてら、ぜひお立ち寄りくださいませ。

*はとさんの在廊日はSNS等にてお知らせします。
instagram  @hato888
twitter @810po

しのばずくんのつぶやき twitter @hitohako

しのばず2022DM裏_修正.jpg


●会期:2022年4月22日(金)〜5月9日(月)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*4/28(木)は18時まで
*4/30(土)は17時半まで(「一箱古本市」当日)
*最終日5/9(月)は17時まで

・火曜定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS〈台東区谷中2-5-22-101〉
地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。

*作品代金のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。



☆プロフィール

はと
絵描き。広島県大竹市在住、本名は秦景子。絵画、イラスト、ぬいぐるみ、張り子、コマ撮りアニメーション、舞台美術等を製作。
高校を卒業後、広島市の公民館職員を経て絵描きとなる。きぐるみアイドルユニットしでかすおともだち、山猫団、マダムが行く!激闘地下劇場、雑芸レビュ団デリシャスウィートスなどの美術・出演に関わる。2018年秋~19年夏にチェコ共和国に滞在。2021年地元大竹に拠点を移し製作活動を行う。
趣味はチェコ語と郷土玩具蒐集。秋田犬と住むのが夢。

『毛布 – あなたをくるんでくれるもの』刊行トークイベント

『毛布 - あなたをくるんでくれるもの』(玄光社)の刊行を記念し、著者の安達茉莉子さんをお招きしてイベントを開催します。

00.jpg


これまで言葉と絵で「物語」を表現してきた作家、安達茉莉子の初エッセイ集。

日々の出来事や感情を丁寧に瑞々しく掬い上げた文章と、心に明かりを灯すようなイラストレーションで確実にファンを増やし続けてきた彼女が満を持して送り出す本書。

きっと多くの人に自分自身を真っ直ぐ見つめるきっかけを生み出す、毛布のようにあたたかな1冊です。

(『毛布 - あなたをくるんでくれるもの』概要より)


今回は店主が聞き手となり、新刊のお話を中心に、これまでの歩みや日々の創作のことなどを伺いたいと思います。

久々の店内イベントということもあり、まずは少人数での開催となりますが、だからこその特別な空間になるかと思います。

お申し込みお待ちしております。


*書籍のご購入、ご予約は⇨https://hiruneko.thebase.in/items/59179395

●日時:2022年4月11日(月)19:00~20:30(開場18:50)

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●定員:7名

●参加費:1,500円(事前振込制)

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数〉をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「4/11『毛布』トークイベント参加希望」


☆プロフィール

安達 茉莉子 (mariko adachi)

作家。東京外国語大学英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。政府機関での勤務、限界集落での生活、留学など様々な組織や場所での経験を経て、言葉と絵による作品発表・エッセイ執筆をおこなう。著書に『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』(ビーナイス)、『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』(MARIOBOOKS)、『私の生活改善運動 THIS IS MY LIFE』(本屋・生活綴方出版部)ほか。 初のエッセイ集『毛布 - あなたをくるんでくれるもの』(玄光社)を2022年3月末に刊行。
Web http://mariobooks.com
Twitter: http://twitter.com/andmariobooks
Instagram: http://instagram.com/andmariobooks

“Here,You Are.”  〜あなたとここにいる〜 Vol.5

安達茉莉子さんによる絵と言葉のイベント、第5回を実施します。

Hereyouare_1 (1).png

Hereyouare_2.png

当店のお客様にはお馴染みの安達さん。
過去数回の展示やイベントの他、『何か大切なものをなくしてそして立ちあがった頃の人へ』/『The Feeling When…日常の中に生まれてくるある瞬間について』などのリトルプレスも人気です。

おはなしをしながら、浮かんできた絵と言葉をかいて贈るイベント。今回は久々に対面での開催です。

最近どんな感じです、だったり、こういう絵と言葉を描いてほしい、だったり。お話が苦手な方は、お話ししなくても全くかまいません。
一緒にすわって浮かんできた絵と言葉を描いた原画(ポストカードサイズ)をお渡しします。


●開催日程
2022年4月11日(月)
①13時〜
②14時〜
③16時〜
④17時〜

*各時間帯につき、おひとり様

●所要時間

お一人様 40分程度

●サイズ
ポストカードサイズ

●料金
4,500円(税込)
*同日夜に開催のトークイベントと合わせてお申し込みの方は、500円引きでご参加いただけます。


●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、ご希望の時間帯(第1希望、第2希望)〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「4/11安達茉莉子イラスト企画 参加希望」


☆プロフィール

安達 茉莉子 (mariko adachi)

作家。東京外国語大学英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。政府機関での勤務、限界集落での生活、留学など様々な組織や場所での経験を経て、言葉と絵による作品発表・エッセイ執筆をおこなう。著書に『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』(ビーナイス)、『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』(MARIOBOOKS)、『私の生活改善運動 THIS IS MY LIFE』(本屋・生活綴方出版部)ほか。 初のエッセイ集『毛布 - あなたをくるんでくれるもの』(玄光社)を2022年3月末に刊行。
Web http://mariobooks.com
Twitter: http://twitter.com/andmariobooks
Instagram: http://instagram.com/andmariobooks

【満員御礼】“Here,You Are.”  〜あなたとここにいる〜 Vol.5

*満席となりましたのでお申し込みを締め切りました。
キャンセル待ちご希望の方はご連絡ください。


安達茉莉子さんによる絵と言葉のイベント、第5回を実施します。

Hereyouare_1 (1).png

Hereyouare_2.png

当店のお客様にはお馴染みの安達さん。
過去数回の展示やイベントの他、『何か大切なものをなくしてそして立ちあがった頃の人へ』/『The Feeling When…日常の中に生まれてくるある瞬間について』などのリトルプレスも人気です。

おはなしをしながら、浮かんできた絵と言葉をかいて贈るイベント。今回は久々に対面での開催です。

最近どんな感じです、だったり、こういう絵と言葉を描いてほしい、だったり。お話が苦手な方は、お話ししなくても全くかまいません。
一緒にすわって浮かんできた絵と言葉を描いた原画(ポストカードサイズ)をお渡しします。


●開催日程
2022年4月11日(月)
①13時〜
②14時〜
③16時〜
④17時〜

*各時間帯につき、おひとり様

●所要時間

お一人様 40分程度

●サイズ
ポストカードサイズ

●料金
4,500円(税込)
*同日夜に開催のトークイベントと合わせてお申し込みの方は、500円引きでご参加いただけます。

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、ご希望の時間帯(第1希望、第2希望)〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「4/11安達茉莉子イラスト企画 参加希望」


☆プロフィール

安達 茉莉子 (mariko adachi)

作家。東京外国語大学英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。政府機関での勤務、限界集落での生活、留学など様々な組織や場所での経験を経て、言葉と絵による作品発表・エッセイ執筆をおこなう。著書に『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』(ビーナイス)、『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』(MARIOBOOKS)、『私の生活改善運動 THIS IS MY LIFE』(本屋・生活綴方出版部)ほか。 初のエッセイ集『毛布 - あなたをくるんでくれるもの』(玄光社)を2022年3月末に刊行。
Web http://mariobooks.com
Twitter: http://twitter.com/andmariobooks
Instagram: http://instagram.com/andmariobooks

移転一周年記念「私の本棚 〜My BookShelf〜」展

ひるねこBOOKSは2022年の4月に移転一周年を迎えます。どのような展示が相応しいかと考えた時、書店としてはやはり本にこだわったものにしたいと思いました。

加えて、ここからさらなる広がりを作っていけたらと考え、これまで繋がりがありながら展示の機会の無かった作家の皆様にご参加いただくグループ展を企画しました。

私の本棚DM_本番.jpg
(illustration & design byまつむらまいこ)


絵本作家さん、イラストレーターさん、総勢10名の皆様に、“私の本棚”というワードから思い浮かべる作品の出品を依頼しました。

自身の考える理想の本棚や、想像を膨らませた架空の本棚、自宅や仕事場にある実際の本棚など自由に制作していただいています。

“本棚”に囲まれたギャラリー、その空間をどうぞお楽しみに。

会期:2022/4/1(金)~4/18(月)12時~20時 
(店舗営業時間に準じます) 
*土日は18時半ごろまで
*4/6(水)は18半時まで
*4/11(月)は18時まで
*最終日4/18(月)は16時まで 

毎週火曜+第二水曜定休の他、休業や営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS〈台東区谷中2-5-22-101〉
地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料

出展作家(五十音順)

〇オオノ・マユミ
〇大桃洋祐
〇亀井英里
〇川添むつみ
〇小林マキ
〇今野志保
〇さとうゆうすけ
〇そのだえり
〇まつむらまいこ
〇山口法子


※展示作品は、会期終了後のお渡しとなります。着払いでの郵送、もしくは店頭での受け取りとなります。

※作品ご購入の際のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。


以下、作家さんのプロフィールです。
(画像はイメージです。出品作品とは限りません)


〇オオノ・マユミ
イラストレーター
セツ・モードセミナー卒業。2017年ボローニャ国際絵本原画展入選をきっかけに
国内外の出版社とノンフィクション絵本やアクティビティブックをつくりはじめる。
著書に『誕生花で楽しむ、和の伝統色ブック』パイインターナショナル刊がある。
https://o-ono.jp/

MayumiOono_image.jpg


〇大桃洋祐
1985年生まれ。千葉県出身。東京藝術大学デザイン科卒業、同学科大学院修了。 大学院修了後フリーランスのアニメーション作家・イラストレーターとして活動中。 2020年11月に初めての絵本『ぼくらのまちにおいでよ』が小学館より、2021年10月には2冊めの絵本『ハムおじさん』が徳間書店より発売された。最近の仕事に NHK「みんなのうた」にて「キミの笑顔」( 歌・広末涼子 作詞 / 作曲・竹内 まりや ) のアニメーション制作や、読売新聞で連載された小説「おしゃべりな部屋」( 作・ 川村元気、近藤麻理恵 ) の挿絵担当、第一生命の「しあわせ だ・い・い・ちプロジェクト」のビジュアルイラスト制作などがある。
http://omomoyosuke.com/

大桃おまわりさん.jpg

大桃本棚#3.jpg


〇亀井英里
イラストレーター
兵庫県出身、東京都在住。武蔵野美術大学デザイン情報学科卒。
動植物や空想上の生き物、人々の日々の暮らしを水彩絵の具やデジタルなど様々な手法で描く。
パターンデザインも手がけ、広告、書籍、雑貨等の幅広い分野で活動中。
https://erikamei.com/

kamei_img1.jpeg

kamei_img2.jpeg


〇川添むつみ
2006年からイラストレーター として活動。
猫と生活しはじめた2018年ごろからパーソナルワークとして猫の作品を制作。
長毛猫のふわふわにつつまれる幸せを中心に表現したいと思っています。
保護施設出身の3匹の猫と暮らしています。
保護猫に関するチャリティグッズも展開中。
https://www.instagram.com/ka_wa_mu/
https://k-mutsumi.com/

mutsumikawazoe1.png

mutsumikawazoe2.png


〇小林マキ
武蔵野美術大学日本画科卒業。
フリーランスイラストレーターとして雑誌、書籍、広告などで幅広いフィールドで活動中。
イラスト担当著書に、絵本「はじまりは たき火」(まつむらゆりこ著・福音館書店)等がある。
2010年から2013年まで、ドイツのデュッセルドルフに滞在。東京都在住
http://www.kobayashimaki.com/

小林little_tree_green (1).jpg

小林kiosk2 (1).jpg


〇今野志保
1992年宮城県生まれ。山形の東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科卒業。
デザイン制作会社の営業を経て株式会社ダイコンのグラフィックデザイナーとして入社。
2021年に退社しフリーとなり、現在に至る。
https://www.shihokonno.com/

今野.jpeg


〇さとうゆうすけ
2008年に初の個展を開催して以降、美しく細密な画風で注目される。2019年に初の絵本作品『ノロウェイの黒牛』(BL出版)を出版。挿画作品『夜の妖精フローリー』(学研プラス)、絵本作品『こねこのウィンクルとクリスマスツリー』(福音館書店)がある。昔話や童話をモチーフにした作品の制作や、木彫り、針金、陶器などの立体作品も手掛けている。
https://iussuque-satoh.tumblr.com/

さとうProfile.jpeg


〇そのだえり
絵本作家。昭和女子大学にて住居建築学を学んだ後、 東洋美術学校グラフィック・デザイン科を卒業。 2007年、ボローニャ国際絵本原画展入選。主な作品に「ちいさなりすのエメラルド」シリーズ、「みならいサンタ」(ともに文溪堂)、「いじわるアイザック」(Discover21)、「SERVICE DE NUIT」(仏・Lirabelle)など。
どうぶつ好きで、とりわけ猫好き。現ねこのなまえは、たいちゃん。趣味はコーヒーのハンドドリップと、謎解き(初心者)。
http://erie-sonoda.com/

そのだ1.jpeg

そのだ0.jpeg


〇まつむらまいこ
絵本作家。奈良生まれ、都内在住。現在は娘ふたり子育てしながら絵本制作をしています。
「おやすみてんし」(絵本塾出版)「あなたはせかいのこども」(ほるぷ出版)
「わたしはしらない」(えほんやるすばんばんするかいしゃ)等。自費出版も多数。
2022年3月 挿絵を手掛けた愛蔵版「絵のない絵本」(岩波書店)が刊行。
www.mayko88.com
https://twitter.com/mayko88

まつむら本小人_web.jpg

まつむら本棚1_web.jpg

〇山口法子
レコードショップや花屋などを経て、絵を描くことを一番大切にしたいという思いに至り、2018年から展示を中心に活動しています。文芸のイラストレーションなど、今後広げて行きたいです。
https://www.instagram.com/noriko_yama

山口image_6483441.JPG



森本ナオコ 個展「メメント・モリ -いまをたのしめ-」

当店では2度目となる、森本ナオコさんの個展を開催します。
1.jpg

中世の絵画やタロット、トランプなどからヒントを得て制作している新作絵画やグッズなどを展示販売します。
こもんじゅ工芸さんの古材額縁とのコラボなど、古材を使ったワクワクする作品も展示予定です。

光と影はなぜか仲良しです。
暗いから光を感じるように、終わりを見つめると現在が開けてきます。
今を楽しく遊ぼうという明るいメッセージを
絵を通じて皆様に受け取って頂けましたら幸いです。

2.jpg

3.jpg

4.jpg


●会期:2022年3月17日(木)〜3月30日(水)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*最終日3/30(水)は15時まで

・火曜定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。

*作品代金のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。




☆プロフィール

森本ナオコ/あそびトランプ堂

アパレルからイベントのビジュアルまで幅広く活躍する画家・イラストレーターの森本ナオコが運営。
日常の中で気軽にアートや遊びに触れて欲しい気持ちから、絵画でトランプやタロットを制作しています。

昔の童画のような不思議で可愛く、ちょっぴりダークな作風を得意としています。
https://www.asotora.com

プロフィール写真.jpg

あそびトランプ堂 個展「メメント・モリ -いまをたのしめ-」

当店では2度目となる、森本ナオコさん(あそびトランプ堂)の個展を開催します。
1.jpg

中世の絵画やタロット、トランプなどからヒントを得て制作している新作絵画やグッズなどを展示販売します。
こもんじゅ工芸さんの古材額縁とのコラボなど、古材を使ったワクワクする作品も展示予定です。

光と影はなぜか仲良しです。
暗いから光を感じるように、終わりを見つめると現在が開けてきます。
今を楽しく遊ぼうという明るいメッセージを
絵を通じて皆様に受け取って頂けましたら幸いです。

2.jpg

3.jpg

4.jpg


●会期:2022年3月17日(木)〜3月30日(水)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*最終日3/30(水)は15時まで

・火曜定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。

*作品代金のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。




☆プロフィール

あそびトランプ堂

アパレルからイベントのビジュアルまで幅広く活躍する画家・イラストレーターの森本ナオコが運営。
日常の中で気軽にアートや遊びに触れて欲しい気持ちから、絵画でトランプやタロットを制作しています。

昔の童画のような不思議で可愛く、ちょっぴりダークな作風を得意としています。
https://www.asotora.com

プロフィール写真.jpg

「うさぎ展」-扉の奥の森で-

キエピノコさん、しらとあきこさん、松尾ミユキさん。
人気のイラストレーター3名による、うさぎ愛に溢れた展示を開催します。

omote.jpg


~~
こころゆたかな暮らしを送るために
私たちの生活を潤してくれる楽しみのひとつ " 本 "

そして本をつくるためには紙が必要です
その紙は森からできています

自然を守るためになにかをすると考えると
難しいことかもしれませんが
ちいさな動物を守る生活をすると考えると
少し簡単にとらえられるのではないでしょうか

そんなちいさな動物 "うさぎ" をテーマに
3人の作家によるそれぞれの"うさぎの森"の絵が展示されます

絵を通して愛おしさや生命力を感じ
日々の暮らしへの意識が変化し
より暮らしやすい穏やかな日々になることへの祈りをこめて

本屋さんの扉の奥のうさぎの森で
お待ちしております
~~


当店では初めてとなる「うさぎ」をメインにした展示。
どんな空間が出来上がるのか、楽しみにお待ちください。


※初日は時間指定・抽選入場となります。
抽選方法や詳細につきましては、1月中旬にSNS @hirunekobooks にてお知らせいたします。
お電話やメールでの、抽選に関する事前・事後のお問い合わせはご遠慮ください。



●会期:2022年2月25日(金)〜3月14日(月)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*最終日3月14日(月)は17時まで

・毎週火曜+第二水曜定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNS @hirunekobooks をご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS〈東京都台東区谷中2-5-22-101〉
地下鉄千代田線「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*作品ご購入の際のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。

*作品は会期終了後にお渡しいたします。郵送(送料着払い)、もしくは店頭でのお引き取りとなります。

*作品・グッズの通販の予定はございませんが、会期後半から対応する場合にはSNSなどでお知らせいたします。

*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。
混み合った際は外でお待ちいただきます。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。



☆プロフィール(五十音順)

キエピノコ
東京都在住のうさぎイラストレーター、絵本作家
あとさき塾31期生

愛うさぎとハーブに救われている日々の想いを
イラスト、文章、テキスタイルデザインなど様々な手法で表現している
主な著書に、エッセイ「千の風になったあなたへ贈る手紙 」(朝日文庫)詩「たった一言で」(ホスピタリティ賞受賞)絵本「バンシルさんのおうち」(ひるねこレーベル)「こいするうさぎの12かげつ」「おうちでオランダ」(doudou mooi) など
HP : https://www.kiepinoko.net/
SNS : https://www.instagram.com/kiepinoko/

kie02.jpg

kie01.jpg



しらとあきこ
神奈川県在住のイラストレーター

うさぎのイラストを中心に、雑貨、雑誌、動物の食餌パッケージ
動物病院の看板イラストなどを手がける。
個展やグループ展でオリジナルの新作を発表。
私生活も2匹のうさぎと暮らすうさぎ好き。
HP : http://akikoshirato.jp/
SNS : https://twitter.com/akipcs

shirato-p1.jpg

shirato-3.jpg



松尾ミユキ 
愛知県在住のイラストレーター

雑誌や書籍、CDジャケットなどのイラストの他、
アパレル企業へのイラスト提供や、和菓子などのお菓子のパッケージも手がけている。
また猫や鳥、うさぎなどの動物と植物のイラストで、食器をはじめとする生活雑貨も
多く制作している。
HP : http://www.matsuomiyuki.com/

miyuki.jpg

miyuki01.jpg


小山泰 動物彫刻の展示販売2022

フィンランドで活躍中の動物彫刻家・小山泰さんの作品を、2019年に続いて再び販売します。

Sopo19.jpg

病院、公園、学校、 図書館などに設置されるパブリックアートのほか、フィンランドでの個展開催も多数。
いま注目を集めるアーティストです。

前回も好評だったセラミック製の小さな動物作品の他、パンダの赤ちゃんの新作や、小さな野菜のガラス彫刻も展示・販売します。

Panda baby 1 -3(2M).jpg

Lasi hedelmat 1.jpg

Munakoiso (1M).jpg

Small tomato (1M) .jpg

日本国内で鑑賞できる機会はなかなかありませんので、どうぞお楽しみに。

*通常の展示スペースとは異なり、店内の棚上に展示します。


●期間:1/19(水)〜1/30(日)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*最終日は16時まで

・火曜定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料



プロフィール

小山泰 (こやま やすし)
フィンランドの首都ヘルシンキの動物彫刻家。アート&デザイン会社SÖPÖ代表。
フィンランド芸術家協会、デザイナー協会会員。
フィンランド国内のアートギャラリーにて多数の展覧会を実施。
手がけたパブリックアートは病院、公園、学校、図書館などに設置、展示されている。

https://www.yasushikoyama.com/

オープン6周年記念「ねこのひるね展」

毎年恒例となった「ねこのひるね展」。今回で6回目の開催です。

DM.png
(illustration & design by柊有花)

“ねこのひるね”は当店のコンセプトである「こころゆたかな暮らし」の象徴であり、ひるねこBOOKSという店名の由来でもあります。

今回もまた、それぞれの作家さんが“ねこのひるね”からイメージする作品たちが一堂に会します。新店舗では初の開催。どうぞお楽しみください。

●会期:2/3(木)~ 2/23(水祝)12時~20時 
(店舗営業時間に準じます) 
*土日は18時半ごろまで
*最終日は17時まで 

毎週火曜+第二水曜定休の他、休業や営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分


●入場無料

出展作家(五十音順)

・北岸由美
・小泉さよ
・ぬまのうまき
・柊有花
・やまぐちまりこ


※作品ご購入の際のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。


以下、作家さんのプロフィールです。
(画像はイメージです。必ずしも出品作品とは限りません)


・北岸 由美

イラストレーター、東京都内で愛猫とともに暮らす。
作家として個展やSNSで作品を発表するほか、
幼児・児童向けの媒体、広告や製品デザインなど、幅広いジャンルでイラストを手がける。
著書に『366日のちいさな物語』(主婦の友社)がある。
2021年に発売した『ねこねこほいくえん おさんぽカー』(石崎洋司 文/講談社)が絵本デビュー作。
https://paumes.com/kitagishi.html

ねこのひるね カステラの上で.jpg

ねこのひるね ウィンナコーヒーの上で.jpg

IMG_1571.jpg



・小泉 さよ

東京都生まれ。東京芸術大学日本画専攻卒業。同大学院修士課程修了。
おもに猫を描くフリーランスイラストレーター。
著書に『猫ぱんち ー二匹の猫との暮らしー』『もっと猫と仲良くなろう!』
『さよなら、ちょうじろう。』『うちの猫を描こう!』など。
共著に『猫のいる家に帰りたい』『これから猫を飼う人に伝えたい11のこと』
(仁尾智・著/小泉さよ・挿画)など。  
本、雑誌などにイラスト掲載多数。カレンダー、ダイアリーなどのイラスト担当。
手ぬぐい、缶バッジのオリジナルグッズも販売中。
http://www.sayokoizumi.com/

3neko_koizumi.jpg

inase_koizumi.jpg

kusaneko_koizumi.jpg



・ぬまのう まき

絵本作家。
女子美術大学芸術学部デザイン学科卒業。
懐かしさを感じるような、動物や人々の暮らしを描く。
2021年2月 私家絵本『わたしのおうちで』を発表後、
えほんや BUMBLE BEE BOOKSとコラボした栞のデザインなども行う。
https://twitter.com/numanomaki_pic
https://makinumano2013.wixsite.com/maki-numano

ねこのひるね展_2022_提出用01.jpg

ねこのひるね展_2022_提出用03.jpg

ねこのひるね展_2022_提出用05.jpg



・柊 有花

イラストレーター、詩人。「見えないものを形にする」をモットーに活動。京都の老舗紙メーカーの紙雑貨、洋菓子のパッケージ、石井ゆかりさんの著書等にイラストを提供。画文集『花と言葉』など、絵とともに言葉の仕事を行う。年に数回国内外での個展も開催する。
https://hiiragiyuka.tumblr.com/

作品.png

アイコン.png



・やまぐち まりこ

東京都墨田区両国生まれ、台東区在住。

2016年 セツ・モードセミナー夜間部に通う
2017年 作家活動をスタート 東京を中心に個展・グループ展を開催
2018年・2019年 ひるねこBOOKSレーベルより絵本を刊行
2020年 自身の講師経験をまとめた本「イラスト映えBOOK」(株式会社 翔泳社)を共著で刊行

現在、イラストレーターとして主に本の制作に携わるほか、
映画や音楽のビジュアル制作なども行う。
優しくあたたかな世界観が得意。
仕事では教育書や実用書など、媒体の特性に合わせたさまざまなタッチで制作を行っている。


【WEBサイト】
◇仕事ページ
https://www.oppo-design.com/blog
◇作家ページ
https://marikoyamaguchiil0.wixsite.com/marikoyamaguchi

【SNS】
◇twitter:mariko_y_illust
◇instagram: mariko_y_ehon

Myama01.jpg

Myama02.jpg

Myama03.jpg




田中チズコ イラスト企画「どうぶつ似顔絵 パーティー編」

田中チズコ個展「ハッピーニューユーモア!!」にあわせて、イラスト企画を開催します。

どうぶつ似顔絵サンプル1.JPG

*画像はイメージです。


あなたがお好きなどうぶつに変身した似顔絵を描きます。
今回は年末年始ということで、パーティーグッズを身につけた特別編です。

ご予約の際にご希望のどうぶつを教えてください。


●日時

12/26(日)13時〜、14時〜、15時〜
1/8(土)13時〜、14時〜、15時〜

各時間帯につき、1名様

原則として対面で行いますが、リモート参加(ZOOM使用)をご希望の方は、
申し込み時にその旨をお知らせください。

●サイズ
はがきサイズ

●料金
3,500円(+1名ごとに1,000円 最大3名様まで)
+税
*複数名の場合でも、1枚の紙に皆様を入れてお描きします。お渡しする紙は原画の1枚のみとなります。
*リモート参加の場合、送料を別途頂戴します。

◆所要時間
お一人様 40分程度(複数名の場合は追加でお時間がかかります)


●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、ご希望の日時(第1希望、第2希望)、ご希望のどうぶつ〉をお知らせください。
折り返し、振込先をお知らせいたします。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「どうぶつ似顔絵 参加希望」

*田中チズコ個展「ハッピーニューユーモア!!」については⇨
http://hirunekodou.seesaa.net/article/484424814.html



☆プロフィール

田中チズコ イラストレーター

東京都豊島区育ち。
法政大学現代福祉学部卒業、セツ・モードセミナー、パレットクラブ修了。
玩具メーカーでの商品企画などを経て、フリーに。こども向けからおとな向けまで幅広くイラストレーションに携わる。主なお仕事に『フムフム、がってん!いきものビックリ仰天クイズ』(文藝春秋/篠原かをり著)、絵本『ふたりはいつもはらぺこ』(教育画劇/うえのよし作)など。
ちょっぴりやぼったくてどこか懐かしい世界を描いています。
https://tanakachizuko.com/

ひるねこBOOKS 6周年記念松田奈那子個展「いちにち いちにち」

2022年1月11日、おかげさまで当店は開店6周年を迎えます。
この記念として、絵本作家・松田奈那子さんの個展を開催します。

uraNEW.jpg

omoteNEW.jpg

『ちょうちょ』(文・江國香織/白泉社)、『みつけてくれる?』(あかね書房)、『こびん』(風濤社)、『ねこは すっぽり』(こぐま社)など、数多くの人気絵本を生み出している松田さん。

当店では2017年に『いろがみびりびり ぴったんこ』(アリス館)の原画展とトークイベントを開催。そして2020年1月、4周年記念の展示「猫を描く」では、線画の猫たちが店内を躍動し、多くの方を魅了しました。あの時の感動を覚えている方も多いかもしれません。

6周年にあたり、再び松田さんの個展を開催出来ること、とても嬉しく思っています。

~~
かれらは教えてくれる。

ここはあたたかい
のびるといいきもち
あそぶときはおもいきり
まずはにおいをたしかめる
こうやってやすむといい
そとをみてごらん

そんなふうに、いちにちいちにちを味わうことを。

~~
—松田奈那子


開店からの6年間、時には早足で、またある時は立ち止まったりしながら、まさに「いちにち いちにち」を歩んできました。新店舗になって初めて迎える節目の1月。ここまでの日々の積み重ねを、何かの形で感じ取っていただければ幸いです。


新作絵画のほか、妹の松田真莉子さんと共同制作した小さな陶芸作品も展示販売いたします。

Image2.JPG

また、ギフトとおやつの店「ゆずと月」による「いちにち いちにち」限定のお菓子も販売予定。


特別な時間と空間を、どうぞお楽しみに。


●会期:2022年1月13日(木)〜1月31日(月)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*最終日1/31(月)は18時まで

・火曜定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。

*作品代金のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。


☆会期中のどこかで、前回同様にイラスト企画を予定しております。
→詳細は決まり次第お知らせします。



☆プロフィール

1985年、北海道生まれ。画家。絵本作家。
2012年の第1回白泉社MOE絵本グランプリ受賞をきっかけに『ちょうちょ』(文・江國香織/白泉社 2013年刊)で絵本デビュー。絵本制作のほか、雑誌、広告など様々な媒体で活動。個展、グループ展にて作品を発表し、子ども向けの造形教室やワークショップも開催している。
2020年公開のアニメーション映画『ジョゼと虎と魚たち』では劇中画を手掛けた。
 https://www.nanaco-mazda.net

matsuda.jpg








田中チズコ 個展「ハッピーニューユーモア!!」

当店では二度目となる、田中チズコさんの個展を開催します。

tanakachizuko_koten2021_main.jpg

~~
ハハハと笑えばホホホと返す
笑う門には福来る
ときにはおきらくユーモアで
気持ちをふにゃっとさせましょう

ヘンテコだったりおもしろかったり、懐かしかったり温かかったり。
思わず気持ちが緩んでしまう、ゆかいな作品たちを展示します。
にっこり笑顔で新しい年をお迎えください。
~~

今回も原画作品やグッズの販売をいたします。

見た人みんなが笑顔になるチズコさんの絵。
おきらくゆかいなチズコワールドで、楽しい年末年始にいたしましょう。


*会期中に似顔絵イベントを予定しております。
→詳細は決まり次第お知らせします。

tanakachizuko_koten2021_gazou3.jpg

tanakachizuko_koten2021_gazou1.jpg

tanakachizuko_koten2021_gazou2.jpg


●会期:2021年12月18日(土)〜2022年1月10日(月)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*年末年始休業:12/28(火)〜1/4(火)
*最終日1/10(月)は17時まで

・火曜定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNS @hirunekobooks をご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。



☆プロフィール

田中チズコ イラストレーター

東京都豊島区育ち。
法政大学現代福祉学部卒業、セツ・モードセミナー、パレットクラブ修了。
玩具メーカーでの商品企画などを経て、フリーに。こども向けからおとな向けまで幅広くイラストレーションに携わる。主なお仕事に『フムフム、がってん!いきものビックリ仰天クイズ』(文藝春秋/篠原かをり著)、絵本『ふたりはいつもはらぺこ』(教育画劇/うえのよし作)など。
ちょっぴりやぼったくてどこか懐かしい世界を描いています。
https://tanakachizuko.com/


伊藤文子 個展「ノリーカと癒しの森」

当店では5年連続5回目となる、伊藤文子さんの個展を開催します。

IMG_0161.JPG

—-
昨年から画家としての作品発表を試み、今年も絵を描きました。
絵本ノリーカの世界観を念頭に置き、空想した動物と人が穏やかに過ごす癒やしの世界です。

そして、犬と牛乳配達員を題材にしたミニブック「きみのなまえ」も発表します。
外出することが憚られるなか、自然や動物を想像し、描くことでそれらに触れ合い私自身癒されました。みなさまの心が温まる作品をお届けできれば幸いです。

ミニブック、ポストカード、カレンダー、原画などに加え、今年5回目を迎える展示販売会、【布展】でも、バッグ、ポーチ、くるみボタンアクセサリーなど布小物を販売します。

創造主と鑑賞者の間はなるべく近い状態が最良と考え、絵、布どちらも出来る限り私ひとりで作りました。

鮮やかな色と動物、そして手作りに癒されてください。
—-

お馴染み、ノルウェー関連の柄を用いた布モノも多数です。
どうぞお楽しみに。

IMG_8148.JPG

IMG_8102.JPG

IMG_7570.JPG

IMG_7328.jpg

A1F30C32-BD0E-4955-9BD2-7CE459C2A29B.JPG

●会期:12/4(土)〜12/16(木)12時~20時
(店舗営業時間に準じます) 
火曜+第2水曜定休の他、営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。
*土日祝は18時半ごろまで
*最終日12/16(木)は17時まで


●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。




☆プロフィール

伊藤文子(いとうあやこ)

画家・テキスタイルアーティスト
絵本とファブリックプロダクトのブランド 「ノリーカ」作り手。

文化女子大学で染織を専攻。卒業展で学長賞受賞。
卒業後数年を経て、京都西陣の草木染め婦人服ブランドで染色に従事。
2011年に藍染めTシャツや草木染めスカーフの展示販売活動を始める。
2013年、兼ねてから親交のあったノルウェー人染織作家Kristi Skintveit氏の尽力もあり、ノルウェー留学を果たす。
ノルウェーではHardanger Kunstskuleで地域に根ざしたアートや、伝統織物にふれる。
2015年スカンジナビア・ニッポンササカワ財団とJondal kommune(日本で言う市町村のような行政区画)の助成金を得、
KristiAneVevより絵本出版と同時に帰国。
2017年えほんを基にしたオリジナルファブリックの小物展示販売をを開始。
2018年朗読劇なかがわ・なかがわ衣装・コラボグッズデザイン担当。
夏にノルウェー際渡航しKristi Skintveit氏のアシスタントを務める。
2019年画家の活動を開始する。
2020年、2021年新型コロナ流行のため展示販売を縮小し、絵の制作に取り組む。

WEB https://noli-ka.com/
Instagram https://www.instagram.com/nolikafabric/
Twitter https://twitter.com/nolikafabric


=展覧会=
2011  トークイベント『私の好きなノルウェー』コルンボード、市ヶ谷
2012  個 展             『Jondanl こころのふるさと2012』カフェハイファミリア、三鷹
                                   『期間限定ショップNoli-ka Skinsand』BASE南青山、南青山
2013  グループ展        『HAKU No,1』Storeteigen, Øystese
2014  グループ展        『A Haku!』Galleri Puls, Norheimsund 
2015  グループ展        『Avgangsutstilling 2015』Galleri Puls, Norheimsund 
2016  個 展              『ノリーカ 販売会』森晴事務所内、青山
                        『えほんノリーカ 原画展』赤羽、豆電Coffee
2017 個 展               『えほんノリーカ 布展』ひるねこBOOKS、谷中
2015  グループ展  『1to1 Bookseller』えほんのがっこう、武蔵関
2018 ワークショップ『Origami og Kumihimo』Viketunet, Jondal ノルウェー
                                  『Teikning - Mønster til Viketuntrøya / Jondalskofta 』Viketunet, Jondal ノルウェー
2018  個 展               『布展2』ひるねこBooks、谷中
2018  グループ展  『1to1 Bookseller』えほんのがっこう、武蔵関

2019  共同企画   『絵で紡ぐみち』プロジェクト ひるねこBooks、谷中
2019  個 展               『布展3』ひるねこBooks、谷中
2020  個 展    『えほんノリーカ原画展 ~ノルウェーの色と音~』cafe & galerie NAJA、土気
2020  グループ展  『空想ユートピア~いのちの地球~展 V』AAA Gallery 元町中華街
2020  公募展    『第76回 現展』入選
2020  個 展               『そらのいろ』ひるねこBooks、谷中
2021 公募展    『第77回 現展』入選
2021現展東京支部展   『東京現展』

=販売=
2018  西武渋谷店「モノをつくるものたち」
2019  ヨコハマハンドメイドマルシェ
2019  絵本フェスタ川口
2020. ハンドメイドインジャパンフェス
2020 万世橋マルシェ