北欧ヴィンテージ絵本展Ⅱ デンマーク、スウェーデン、フィンランドの懐かしくて素敵な絵本たち with 北欧ねこの絵本

北欧のヴィンテージ絵本やビジュアルブックなどを紹介している ELäMä booksさんのご協力のもと、昨年に引き続いて北欧絵本の企画を開催します。

北欧ビンテージ絵本展Ⅱ_横.jpg

本業がデザイン事務所である ELäMä booksさんは、これまで数多くの北欧絵本やデザインの優れた本などを収集してきました。

「北欧ヴィンテージ絵本展Ⅱ」では、1940〜70年代のヴィンテージ絵本の展示、関連書籍を販売します。

さらに今回は、特別に「ねこ」をテーマにした北欧の絵本、絵本シートなどもご用意します。

実際に手にとってご覧いただける貴重な機会です。入手困難なものも多いですので、どうぞお楽しみに。

絵本の情報は随時お知らせいたします。

*お支払いは現金のみとなります。ご了承ください。

●会期:4/25(木)~ 5/16(木)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
※最終日は16時まで
毎週火曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料


《展示・販売予定の絵本作家・イラストレーター》

販売予定本_02.jpg

販売予定本_05.jpg

販売予定本_04.jpg

販売予定本_01.jpg

販売予定本_03.jpg

販売予定本_06.jpg


・フィンランド

Oili Tanninen – オイリ・タンニネン(絵本作家、イラストレーター)
  ヌンヌ シリーズ など
Aleksander Lindeberg – アレキサンダー・リンドベリ(画家、イラストレーター)
  カレワラ、ヨリヨ・コッコの羽根をなくした妖精 など
Heljä Liukko-Sundström – ヘルヤ・リウッコ=スンドストロム(陶芸家)
  陶版の作品を使用した絵本 など
Maija Karma – マイヤ・カルマ(イラストレーター)
  オンネリとアンネリ シリーズ など
Tove Jansson – トーベ・ヤンソン(作家、イラストレーター)
  児童書、絵本 など


・デンマーク

Egon Mathiesen – エゴン・マチーセン(絵本作家、イラストレーター)
  絵本など
Ib Spang Olsen – イブ・スパング・オルセン(絵本作家、イラストレーター)
  絵本など
Jørgen Clevin - イェアン・クレヴィン(絵本作家、イラストレーター)
  絵本など


・スウェーデン

Elsa Beskow – エルサ・ベスコフ(絵本作家、イラストレーター)
  ヴィンテージの大型本 など
Ylva Källström-Eklund - イルバ・ シェルストレーム=エクランド(イラストレーター)
  楽譜の本 など


☆ELäMä book
http://elama.jp/


石井ゆかりさん「メッセージ入りサインカード」企画【2019】

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

今年もこの企画が帰ってきました!
昨年に引き続き、「12星座シリーズ」などで知られる
石井ゆかりさんの「一言メッセージ入りサインカード」をプレゼントいたします。

IMG_4822.jpg

昨年は「一言おみくじ+サイン入り本」が早々に完売し、それを受けて石井さんのお心遣いでカードを送っていただきました。
どちらも大変好評で、多くの方に喜んでいただくことができました。

今回は、店頭で以下の書籍をお買い上げの方に、サインカードを差し上げます。

『美人の条件』
『愛する人に。新装版』
『愛する力。』
(いずれも幻冬舎)







『12星座』
『星をさがす』
(いずれもWAVE出版)





以上の5点です。

冊数に限りがありますので、「お一人様一冊限り」とさせていただきます。
またタイミングによっては、ご希望のタイトルが品切れの場合もございます。
ご了承ください。

また上記の書籍に加え、店内の新刊書籍を一冊以上お買い上げの方に、
嬉しい特典もご用意しております。

(先着6名様限定!)


3/29(金)12時より販売スタートします。
それまで楽しみにお待ちくださいね。

*3/31(日)までにご来店いただける方のみ、お取り置きを承ります。
Twitter @hirunekobooks に「お名前とご希望の書籍名」を添えてDMをお送りください。
(ただし、限定特典の6名様にはカウントされません)



4月から新年度がスタート。
新しい環境での生活が始まる方も多いかもしれませんね。

いつも私たちを導いてくださる石井ゆかりさんが、
きっとあなたの背中を押してくれることでしょう。
ぜひその言葉に触れてみてください。


☆石井ゆかりさん

https://star.cocoloni.jp/t.cgi?t=f/top&zspid=w999999999&cpno=1300765488&z_rand_page=c
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/
Twitter:@ishiiyukari



※当店へのアクセスなどは、HPをご覧ください。
https://www.hirunekobooks.com/

※販売状況などは、Twitter @hirunekobooks にてお知らせします。

「絵で紡ぐみち」プロジェクト

伊藤文子「絵で紡ぐみち」プロジェクト

IMG_3647.jpg

今年11月に、当店で3度目の個展を開催予定の伊藤文子さん。
昨年、一昨年と、北欧ノルウェーにインスピレーションを受けた布の絵本や布作品を制作し、好評でした。

・2017年 伊藤文子個展 - えほんノリーカ 布 展 -
http://hirunekodou.seesaa.net/article/453465985.html?1552895556

・2018年 伊藤文子 布展2 絵本とファブリックプロダクト「ノリーカ」
http://hirunekodou.seesaa.net/article/462194098.html?1552895600


「今年はどんな展示にしようか」そんな会話から、一つのプロジェクトが生まれました。
ひるねこBOOKSとしても新たな、そして意味があると思える試みを始めます。


端的に言えば、展示に関わる費用を、作家自身の制作活動で事前に生み出し、賄うこと。
そして展示に至る過程をお客様と一緒に楽しみ、共有し、一緒に作り上げてゆくということです。

作家さんがギャラリーなどで展示をする場合、スペースの利用料や画材・資材の調達、DM製作費、その他諸々などで、数万円から、場所によっては数十万円〜の費用が必要になります。

そのための別の仕事で得たお金をそこに充てたり、あるいは展示のためにアルバイトを増やしたりする方もいらっしゃいます。そのこと自体は珍しいことではなく、「発表の場」と考えればむしろ普通のことかもしれません。

ただ、伊藤さんがかつて暮らし、制作を行っていたノルウェーでは、「何かを作る時には、とにかく助成金を申請する」という意識があり、またそれが日本よりも認められやすい文化があったそうです。もちろん課題もたくさんあるようですが、芸術にお金をかけないと言われる日本に比べ、一歩を踏み出しやすいという面は確かにあるように思います。

公的な助成金は難しくとも、作品を制作する作家、場所を提供するお店、そしてお客様、それぞれが幸せになるような形はないだろうか。それを伊藤さんと考えた結果、とりあえず今回のような形を始めてみることにしました。


お客様とお話ししながら、1枚のイラストを描く。
そこでいただいたお金を元にして、展示の準備を進め、開催する。
そして同時に、会期までに描いたイラストを、何かの形で展示の場で発表する。


シンプルでありながら、それぞれが持てるものを提供しあい、空間と世界を作り上げてゆく。
これが実現すれば、とても豊かなものが出来上がると思うのです。

クラウドファンディングのように直接的に資金を集めるのではなく、あくまでも作家さんとの時間、出来上がる作品に対してお金をいただき、なおかつ展示までの日々を楽しんでいただく。
ひるねこBOOKSとしても、こういった取り組みを続けていくことで、作家さん、そしてお客様に喜びを提供できる場所でありたいと思っています。


今回の目標は15名様/15枚です。
どうか一緒に、伊藤さんの3度目の個展を作り上げてみませんか?


「あったカード」- Hjerte varme


お客さまとのお話の中から出てきたアイディアを絵の形にします。
思い出や好きな食べ物、動物など、その時の感覚で描いていきます。
(その場では下書きと方向性を決め、後日、完成したイラストをお届けいたします)

IMG_4462.jpg

IMG_3703.jpg


〜伊藤さんより〜
「あったカード」で出来ること


ノルウェーという国を通して今までいろいろな経験をしました。 その結果、人の心が暖かくなる根本的な要素はノルウェーでも日本でもどこにいても森羅万象共通しているように感じます。 それを言葉にすると「心のゆたかさ美しさ」、「自然回帰の世界」、「人間が失ってしまった世界」と言ったちょっぴり神秘的なものです。 言葉で説明するととても不思議な世界になります。
ただ私自身そういうものに触れると、 胸がフワッとあったかくなります。これは私が物作りにおいて、ずっと大切にしている感覚で、私の作ったものに触れた人があったかい気持ちになってくれればそれが私自身の幸せです。ノルウェーではそれをHjerte varmeと表現していました。英語にするとHeart warmです。

IMG_3149.jpg

IMG_3896.jpg


●開催日
以下の通り、月に2日(平日1、休日1)在廊し、店頭で絵を描きます。
基本的に13〜16時ですが、ご希望がありましたらお知らせください。
またこれ以外の日でも対応可能ですので、ご希望の日程がございましたらご連絡いただければ幸いです。


4/14(日)
4/26(金)
5/11(土)
5/22(水)
6/9(日)
6/20(木)
7/14(日)
7/26(金)
8/3(土)
8/21(水)
9/8(日)
9/19(木)
10/12(土)
10/23(水)

(*上記の日程は変更になる可能性がございます)


●サイズ
ハガキサイズ

●料金
2,500円(税込)

●所要時間

40分程度

●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先のTEL、ご希望の日時〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com
件名「あったカード希望」



☆プロフィール

伊藤文子(いとうあやこ)

ノルウェーに縁があり、その経験上「ノリーカ」と「月と太陽の指輪」という絵本を作りました。オリジナルデザインの布で、布小物を作って販売しています。絵やデザインができます。努力すれば大抵のことはできるかも知れないと楽観的です。

文化女子大学で染織を専攻。卒業展で学長賞受賞。
卒業後数年を経て、京都西陣の草木染め婦人服ブランドで染色に従事。
2011年に藍染めTシャツや草木染めスカーフの展示販売活動を始める。
2013年、兼ねてから親交のあったノルウェー人染織作家Kristi Skintveit氏の尽力もあり、ノルウェー留学を果たす。
ノルウェーではHardanger Kunstskuleで地域に根ざしたアートや、伝統織物にふれる。
2015年スカンジナビア・ニッポンササカワ財団とJondal kommune(日本で言う市町村のような行政区画)の助成金を得、KristiAneVevより絵本出版と同時に帰国。
2017年えほんを基にしたオリジナルファブリックの小物展示販売をを開始。
2018年朗読劇なかがわ・なかがわ衣装・コラボグッズデザイン担当。
夏にノルウェーへ再渡航しKristi Skintveit氏のアシスタントを務める。

https://noli-ka.blogspot.com
https://www.facebook.com/684948071609068/


=展覧会=
2011  トークイベント『私の好きなノルウェー』コルンボード、市ヶ谷
2012  個 展             『Jondanl こころのふるさと2012』カフェハイファミリア、三鷹
                                  『期間限定ショップNoli-ka Skinsand』BASE南青山、南青山
2013  グループ展        『HAKU No,1』Storeteigen, Øystese
2014  グループ展        『A Haku!』Galleri Puls, Norheimsund 
2015  グループ展        『Avgangsutstilling 2015』Galleri Puls, Norheimsund 
2016  個 展              『ノリーカ 販売会』森晴事務所内、青山
                        『えほんノリーカ 原画展』赤羽、豆電Coffee
2017 個 展               『えほんノリーカ 布展』ひるねこBOOKS、谷中
2015  グループ展  『1to1 Bookseller』えほんのがっこう、武蔵関
2018 ワークショップ『Origami og Kumihimo』Viketunet, Jondal ノルウェー
                                  『Teikning - Mønster til Viketuntrøya / Jondalskofta 』Viketunet, Jondal ノルウェー
2018 個 展               『布展2 絵本とファブリックプロダクト「ノリーカ」』ひるねこBOOKS、谷中

『ねこのミシェル』刊行トークイベント

『ねこのミシェル』(DU BOOKS)の刊行を記念し、
本書翻訳者の鵜野孝紀さんをお招きしてイベントを開催します。

ねこのミシェル_obiari.jpg


ボクら飼いねこが幸せに生きる秘訣とは……
一、手段を選ばず、とにかく腹を満たすべし。
二、飼い主にひと泡吹かせて爽快感と自信を得る。
三、小言はすべて聞き流すこと。(だってぜーんぶ遺伝子のせい)
四、日々の手入れを大切に、美しい毛並みを保とう

ガマンなんて必要なし!
ワガママに生きるからこそ、
ボクらは心から愛される!
――ミシェル


『ねこのミシェル』は、猫による、猫のための啓発エッセイ。
猫としてより良く生きるための指南書です。


今回は新刊のお話を軸に「フランスの猫コミックについて」をメインのテーマとしながら、本書の著者であるレスリー・プレ氏のことや、フランスなどの地域の漫画である“バンド・デシネ”について、じっくりお話いただく予定です。


貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。
お申し込みお待ちしております。


*事前または当日に、当店で書籍をお求めいただいた方を対象に、終了後サイン会を実施いたします。

*書籍のご購入は⇨http://hiruneko.thebase.in/items/17727325


●日時:4/3(水)19:00~20:30(開場18:45)

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:当日お支払い
チケットA. 参加のみ1,500円
チケットB. 本書を当店でお求めの方は、200円引きの1,300円でご参加いただけます。

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数、チケットのご希望 A or B 〉
をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「4/3『ねこのミシェル』イベント参加希望」


☆プロフィール

うのたかのり(鵜野孝紀)

日仏翻訳・通訳、漫画コーディネーター。
1995年~2013年までパリの日本漫画出版社・トンカム社にてコーディネーターを務めた後、放送翻訳・通訳、また日仏双方向で漫画やバンド・デシネの出版企画に携わる。
フランス版訳書に萩尾望都『トーマの心臓』(共訳)、滝沢聖峰『東京物語』(共役)、日本版訳書にミロ・マナラ『ガリバリアーナ』(パイ・インターナショナル)、ユング『はちみつ色のユン』(DU BOOKS)などがある。※すべて「鵜野孝紀」名義。
Twitter:@unason

ハクモクレン個展「Museum of plants」

ボタニカルブランド「ハクモクレン」さんの個展を開催します。

preview.jpg

ハクモクレンさんと出会ったのは、手創り市に出店した際のこと。
植物を使った可愛らしいアクセサリーに目が留まり、思わず声をかけたのが始まりでした。
その後も顔を合わせる中で、ぜひひるねこBOOKSで展示していただきたいと思うように。
ついにその思いが実現しました。

各地のイベントへの出店で大活躍の彼女。
今回は初めての個展ということで、どのような空間になるのか楽しみです。
ぜひご期待ください。

〜〜
鮮やかな花色
密かで官能的な香り
自然がつくり出す質感と姿かたち
その謂れと花言葉
Museum of plants -植物の美術館- 
をコンセプトに
植物の持つ本来の美しさを
感性で楽しむボタニカルブランドです。

姿かたちが個性的な植物を樹脂に閉じ込めたドライプランツアクセサリーや
春を感じるドライフラワーアレンジメントの製作、
ボタニカルグッズのワークショップを行っています。

まるで美術鑑賞をしているような、
そんなハクモクレンの世界観をお楽しみください。
〜〜

https://www.instagram.com/hakumokuren_/

https://hakumokuren.shopinfo.jp/


●会期:4/10(水)〜4/22(月)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
※最終日は18時まで
毎週火曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料


IMG_1526.jpg

IMG_9420.jpg

IMG_1262.jpg

IMG_1105.jpg

IMG_0948.jpg

IMG_1719.jpg

IMG_1008.jpg

IMG_9432.jpg

【展示】ハクモクレン個展「Museum of plants」

ボタニカルブランド「ハクモクレン」さんの個展を開催します。

preview.jpg

ハクモクレンさんと出会ったのは、手創り市に出店した際のこと。
植物を使った可愛らしいアクセサリーに目が留まり、思わず声をかけたのが始まりでした。
その後も顔を合わせる中で、ぜひひるねこBOOKSで展示していただきたいと思うように。
ついにその思いが実現しました。

各地のイベントへの出店で大活躍の彼女。
今回は初めての個展ということで、どのような空間になるのか楽しみです。
ぜひご期待ください。

〜〜
鮮やかな花色
密かで官能的な香り
自然がつくり出す質感と姿かたち
その謂れと花言葉
Museum of plants -植物の美術館- 
をコンセプトに
植物の持つ本来の美しさを
感性で楽しむボタニカルブランドです。

姿かたちが個性的な植物を樹脂に閉じ込めたドライプランツアクセサリーや
春を感じるドライフラワーアレンジメントの製作、
ボタニカルグッズのワークショップを行っています。

まるで美術鑑賞をしているような、
そんなハクモクレンの世界観をお楽しみください。
〜〜

https://www.instagram.com/hakumokuren_/

https://hakumokuren.shopinfo.jp/


●会期:4/10(水)〜4/22(月)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
※最終日は18時まで
毎週火曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料


IMG_1526.jpg

IMG_9420.jpg

IMG_1262.jpg

IMG_1105.jpg

IMG_0948.jpg

IMG_1719.jpg

IMG_1008.jpg

IMG_9432.jpg

【展示】Rucca個展 Paradise Amulet

昨年夏に2日間限りの個展「Summer Forest」を開催したRuccaさん。
天然石を使ったアクセサリーが人気の作家さんです。

DM.Rucca.jpeg

前回は「夏の森」をテーマにした爽やかなアイテムが並びましたが、今回は春、新たなことが始まる季節ということで、お花やお守りをイメージした展示になるよう。

どんなアクセサリーたちが並ぶのか、どうぞお楽しみに。


パラダイスに咲きほこる花たち
その花びら一つ一つがわかれて地上で石となった
そんな物語が聞こえてきそうな石たちをあつめて
お守りのようなアクセサリーを作りました



ブレス1.Rucca.jpg

ピアス.Rucca.jpg

ブレス2.Rucca.jpg


●会期:3/23(土)〜4/6(土)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
※最終日は18時まで
毎週火曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料



☆プロフィール

Rucca

盆栽の名がつく町で秋晴れの日に生まれ、その後5歳までベルギーで育つ。
石が大好きな子ども時代を過ごす。
大人になり、子どもの頃から大好きだった天然石を使い、アクセサリーを作りはじめる。
「身に着けた人が心になにか動きをもたらすことができるお守りのようなアクセサリー」をコンセプトに天然石アクセサリーブランド「Rucca」を設立。
合言葉は「JOY」のもと、オーダーメイド、お店での委託販売、イベント出店、展示会、コラボイベント、などで活動中。

Instagram https://www.instagram.com/rucca_ri/
Twitter https://twitter.com/Rucca_tuushin
Blog「Rucca帳」 https://ruccacyou.exblog.jp/

『幸せの国スウェーデンから』刊行トークイベント

『幸せの国スウェーデンから くまさんと私のおもしろ北欧デイリーライフ』(DU BOOKS)の刊行を記念し、著者のやまだあいこさんをお招きしてイベントを開催します。

190222■幸せの国スウェーデンから_帯あり_軽.jpg


スウェーデン人のくまさんとの事実婚を機に、日本を飛び出したあいこ。
初のヨーロッパ生活、慣れない言語、多国籍の友人に囲まれた語学学校……。
文化の違いに戸惑いながら、徐々に見えてきたスウェーデンの面白さ、日本との意外な共通点。

・お酒を求めて近隣の島へ?
・「フィーカ」はなくてはならない、まったりタイム
・ケージなし!ペットは電車にそのまま乗る
・食事の別会計は当たり前
・時間に正確
・夏は太陽を愛でよう
・効率重視!チューブ調味料
・スキンケア、ファッションはシンプルに!
etc.

スウェーデンでの暮らしをのぞいてみませんか?



9784866470917.PT02.jpg

9784866470917.PT03.jpg


今回はご帰国中のやまださんをお招きし、新刊のお話はもちろん、現地での生活についてや、スウェーデンと日本の違うところ似たところなども伺いたいと思います。

貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。
お申し込みお待ちしております。


*事前または当日に、当店で書籍をお求めいただいた方を対象に、終了後サイン会を実施いたします。


*書籍のご購入、ご予約は⇨http://hiruneko.thebase.in/items/17086323


●日時:2/28(木)19:00~20:30(開場18:45)

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:当日お支払い
チケットA.参加のみ1,500円
チケットB.書籍(税込1,188円)を当店でお求め予定の方は、1,300円でご参加いただけます。

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数、チケットのご希望 A or B 〉
をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「2/28『幸せの国スウェーデンから』イベント参加希望」


☆プロフィール

やまだあいこ

1992年神奈川県出身。インスタグラマー、イラストレーター。
日本で出会ったスウェーデン人パートナー(愛称:くまさん)と暮らすため、2016年3月ストックホルムに移住。初めての北欧生活を描くインスタグラムの投稿が話題に。2018年、スウェーデン大使館より「将来を開くパイオニア」に選出される。イラストレーターとして活躍する傍ら、最近では現地の観光ガイドとして奮闘中。

インスタグラム:@aiko_doodle


9784866470917.PT04.jpg

9784866470917.PT05.jpg


【満員御礼】『幸せの国スウェーデンから』刊行トークイベント

*定員に達したため、お申し込みを締め切りました。
キャンセル待ちをご希望の方は、メールにてご連絡ください。
その際、何日まででしたらお待ちいただけるか、あわせてお知らせください。


『幸せの国スウェーデンから くまさんと私のおもしろ北欧デイリーライフ』(DU BOOKS)の刊行を記念し、著者のやまだあいこさんをお招きしてイベントを開催します。

190222■幸せの国スウェーデンから_帯あり_軽.jpg


スウェーデン人のくまさんとの事実婚を機に、日本を飛び出したあいこ。
初のヨーロッパ生活、慣れない言語、多国籍の友人に囲まれた語学学校……。
文化の違いに戸惑いながら、徐々に見えてきたスウェーデンの面白さ、日本との意外な共通点。

・お酒を求めて近隣の島へ?
・「フィーカ」はなくてはならない、まったりタイム
・ケージなし!ペットは電車にそのまま乗る
・食事の別会計は当たり前
・時間に正確
・夏は太陽を愛でよう
・効率重視!チューブ調味料
・スキンケア、ファッションはシンプルに!
etc.

スウェーデンでの暮らしをのぞいてみませんか?



9784866470917.PT02.jpg

9784866470917.PT03.jpg


今回はご帰国中のやまださんをお招きし、新刊のお話はもちろん、現地での生活についてや、スウェーデンと日本の違うところ似たところなども伺いたいと思います。

貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。
お申し込みお待ちしております。


*事前または当日に、当店で書籍をお求めいただいた方を対象に、終了後サイン会を実施いたします。


*書籍のご購入、ご予約は⇨http://hiruneko.thebase.in/items/17086323


●日時:2/28(木)19:00~20:30(開場18:45)

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:当日お支払い
チケットA.参加のみ1,500円
チケットB.書籍(税込1,188円)を当店でお求め予定の方は、1,300円でご参加いただけます。

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数、チケットのご希望 A or B 〉
をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「2/28『幸せの国スウェーデンから』イベント参加希望」


☆プロフィール

やまだあいこ

1992年神奈川県出身。インスタグラマー、イラストレーター。
日本で出会ったスウェーデン人パートナー(愛称:くまさん)と暮らすため、2016年3月ストックホルムに移住。初めての北欧生活を描くインスタグラムの投稿が話題に。2018年、スウェーデン大使館より「将来を開くパイオニア」に選出される。イラストレーターとして活躍する傍ら、最近では現地の観光ガイドとして奮闘中。

インスタグラム:@aiko_doodle


9784866470917.PT04.jpg

9784866470917.PT05.jpg


さこももみさんトークイベント「うさぎの親子と絵本の中へ」

『うさぎでうれしい うさぎはうさぎ』(講談社)原画展にあわせて、作者のさこももみさん、担当編集者の長岡香織さんをお迎えしてお話をうかがいます。

usagi.jpg

なんと、出来上がりまで5年もかかってしまったという本書の創作秘話などをお話しいただけるそう。

貴重な機会ですので、どうぞお楽しみに。

twohappinesses72.jpg

*絵本をご購入いただいた方は、イベント終了後のサイン会にご参加いただけます。


●日時:3/11(月)19:00~20:30(開場18:45)

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:1,500円(おみやげ付き)


※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数〉をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名:3/11「うさぎの親子と絵本の中へ」参加希望

u_cover.jpg

minirafu.jpg

covers4.jpg




*『うさぎでうれしい うさぎはうさぎ』原画展については
http://hirunekodou.seesaa.net/article/464024063.html?1549440324


☆プロフィール

さこももみ

東京生まれ。東京学芸大学美術教育学科卒業。
2年間、私立小学校の教員を勤めた後、イラストレーターになる。絵本の仕事は2005年初版の「ゆっくとすっく」シリーズ(ひかりのくに)から。
近年はテキスタイルデザインや陶器のデザインも手がける。
主な絵本に「うさぎでうれしいうさぎはうさぎ」「さよならようちえん」「おじいちゃんちのたうえ」(講談社)、「だいすき!」「ないしょだよ!」「キツネとぶどう」(岩崎書店)、「かたっぽさんどこですか?」(アリス館)、「すべってころんですりむいた」(絵本塾出版)、「こねこのえんそく はるののはら」「こねこのえんそく あきのもり」(ハッピーオウル社)など多数。
2016年 オハイオ州フィンドレーにある絵本原画美術館Mazza Museumに原画が収蔵される。
2018年 ニューヨークのイラストレーションコンペ 3×3mag. Picture book Show No.15入選

作者ホームページ https://msako.myportfolio.com/

【満員御礼】さこももみさんトークイベント「うさぎの親子と絵本の中へ」

*定員に達したため、お申し込みを締め切りました。
キャンセル待ちご希望の方は、引き続きメールにてご連絡ください。



『うさぎでうれしい うさぎはうさぎ』(講談社)原画展にあわせて、作者のさこももみさん、担当編集者の長岡香織さんをお迎えしてお話をうかがいます。

usagi.jpg

なんと、出来上がりまで5年もかかってしまったという本書の創作秘話などをお話しいただけるそう。

貴重な機会ですので、どうぞお楽しみに。

twohappinesses72.jpg

*絵本をご購入いただいた方は、イベント終了後のサイン会にご参加いただけます。


●日時:3/11(月)19:00~20:30(開場18:45)

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:1,500円(おみやげ付き)


※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数〉をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名:3/11「うさぎの親子と絵本の中へ」参加希望

u_cover.jpg

minirafu.jpg

covers4.jpg




*『うさぎでうれしい うさぎはうさぎ』原画展については
http://hirunekodou.seesaa.net/article/464024063.html?1549440324


☆プロフィール

さこももみ

東京生まれ。東京学芸大学美術教育学科卒業。
2年間、私立小学校の教員を勤めた後、イラストレーターになる。絵本の仕事は2005年初版の「ゆっくとすっく」シリーズ(ひかりのくに)から。
近年はテキスタイルデザインや陶器のデザインも手がける。
主な絵本に「うさぎでうれしいうさぎはうさぎ」「さよならようちえん」「おじいちゃんちのたうえ」(講談社)、「だいすき!」「ないしょだよ!」「キツネとぶどう」(岩崎書店)、「かたっぽさんどこですか?」(アリス館)、「すべってころんですりむいた」(絵本塾出版)、「こねこのえんそく はるののはら」「こねこのえんそく あきのもり」(ハッピーオウル社)など多数。
2016年 オハイオ州フィンドレーにある絵本原画美術館Mazza Museumに原画が収蔵される。
2018年 ニューヨークのイラストレーションコンペ 3×3mag. Picture book Show No.15入選

作者ホームページ https://msako.myportfolio.com/

さこももみ絵本原画展「うさぎでうれしい うさぎはうさぎ」

昨年刊行された絵本『うさぎでうれしい うさぎはうさぎ』(講談社)の原画展を開催します。

usagi.jpg

こうさぎの伸びやかさ、かあさんうさぎの優しさ、自然の豊かさ、そして自分たちらしくあることの喜び。
可愛らしい画面いっぱいに様々な要素が描かれていて、初めて手に取った時にとても幸せな気持ちになったのを憶えています。

今回は、原画の中から数点を展示するのに加え、さこもももみさんによる描きおろしの小さい作品、さらにグッズも展示販売いたします。

春を迎えるのにぴったりの展示になりそうです。
どうぞお楽しみに。

usagi_2.jpg

3/11(月)に、さこももみさんをお招きしてのトークイベントを開催します。
詳細については⇨


●会期:3/9(土)〜3/22(金)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
※最終日は16時まで
毎週火曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料

*さこさん在廊予定:
3/9(土)13時〜15時
3/10(日)14時〜17時


☆プロフィール

さこももみ

東京生まれ。東京学芸大学美術教育学科卒業。
2年間、私立小学校の教員を勤めた後、イラストレーターになる。絵本の仕事は2005年初版の「ゆっくとすっく」シリーズ(ひかりのくに)から。
近年はテキスタイルデザインや陶器のデザインも手がける。
主な絵本に「うさぎでうれしいうさぎはうさぎ」「さよならようちえん」「おじいちゃんちのたうえ」(講談社)、「だいすき!」「ないしょだよ!」「キツネとぶどう」(岩崎書店)、「かたっぽさんどこですか?」(アリス館)、「すべってころんですりむいた」(絵本塾出版)、「こねこのえんそく はるののはら」「こねこのえんそく あきのもり」(ハッピーオウル社)など多数。
2016年 オハイオ州フィンドレーにある絵本原画美術館Mazza Museumに原画が収蔵される。
2018年 ニューヨークのイラストレーションコンペ 3×3mag. Picture book Show No.15入選

作者ホームページ https://msako.myportfolio.com/

田中チズコ イラスト企画「どうぶつ似顔絵」

あなたをお好きな動物に変身させた「どうぶつ似顔絵」をお描きします。
どうぶつは生き物であれば何でもOKです。
ご予約の際に、お好きな動物をお知らせください。

どうぶつ似顔絵見本2.JPG

どうぶつ似顔絵見本1.JPG


●開催日
2月24日(日)、3月2日(土)、3月3日(日)、3月6日(水)

●時間
13時~、14時~、15時~、16時~、17時~、18時~

●サイズ
ポストカードサイズ

●料金
お一人様 1500円(税別)
1名様追加につき+500円(税別)
※1枚の紙に皆様を入れて描かせていただきます。お渡しする紙は原画の1枚のみとなります。

●所要時間

お一人様30分程度(お二人様以上の場合40~50分程度)

●お申し込み
下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、ご希望の日時(第1希望、第2希望)、お好きな動物〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「どうぶつ似顔絵 参加希望」


*田中チズコ個展「言うなれば、ホーム」については⇨
http://hirunekodou.seesaa.net/article/463873663.html?1548579991

☆プロフィール

田中チズコ

1986年生まれのイラストレーター。 大学卒業後、玩具雑貨メーカーにてキャラクターグッズの企画開発等に携わる。 セツ・モードセミナー、パレットクラブスクールを経て、2015年頃よりフリーランスに。 肩肘張らない素朴なタッチで、ちょっぴりズッコケた親しみやすいイラストを描く。 雑誌や書籍(主に児童書、実用書)、WEBサイト等のイラストレーションを担当。

WEBサイト http://tanakachizuko.com
twitter https://twitter.com/nihon_chizu
instagram
・イラスト https://www.instagram.com/nihon_chizu/
・日常 https://www.instagram.com/sekai_chizu/

田中チズコ個展「言うなれば、ホーム」

イラストレーター、田中チズコさんの個展を開催します。

Q4WE7rA4.jpg

〜〜

ふと思い出すと、気取ったよろいがするりと脱げて やわらかな気持ちになれるもの。
そっと背中を押してくれるもの。
言うなればそれは、心のホーム。
みんなの心にそれぞれのホームがあったらいいな。
そんなことを考えながら、私にとってのホームと空想を集めてみました。
〜〜

見る人すべての心をほっこりさせ、温めてくれる田中さんのイラスト。
ちょっとヌケたような、独特のユーモラスな画風に、初めて見たとき虜になりました。
穏やかで平和で誰もがくつろげる場所。
今回の展示、そしてひるねこBOOKSという場所が、皆さまにとっての「ホーム」になりますように。

イメージ2.jpg

イメージ3.jpg

*会期中、イラスト企画「どうぶつ似顔絵」を開催いたします。
詳細については⇨http://hirunekodou.seesaa.net/article/463873778.html?1548580636


●会期:2/22(金)〜3/7(木)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
※最終日は18時まで
毎週火曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料



☆プロフィール

田中チズコ

1986年生まれのイラストレーター。 大学卒業後、玩具雑貨メーカーにてキャラクターグッズの企画開発等に携わる。 セツ・モードセミナー、パレットクラブスクールを経て、2015年頃よりフリーランスに。 肩肘張らない素朴なタッチで、ちょっぴりズッコケた親しみやすいイラストを描く。 雑誌や書籍(主に児童書、実用書)、WEBサイト等のイラストレーションを担当。
WEBサイト http://tanakachizuko.com
twitter https://twitter.com/nihon_chizu
instagram
・イラスト https://www.instagram.com/nihon_chizu/
・日常 https://www.instagram.com/sekai_chizu/

ねこのひるね展 お絵描き企画「ねこくんからのラブレター」

昨年の9月に刊行した、ひるねこBOOKSレーベル第2弾
『ねこくんとねずみくん ふたりでおでかけ』
その“ねこくん”、実は昨年の「ねこのひるね展」で生まれたことをご存知でしょうか?

ちょうど1歳のお誕生日にあたる今回のグループ展。
これにあわせて、作者のやまぐちまりこさんによるお絵描き企画を開催します。

ねこくんからのラブレター_01_アートボード 1.jpg

〜〜〜
2月1日は、ねこくんのお誕生日。
そして2月14日はバレンタインデー。


ねこくんは、大好きなあなたに「好き」と「ありがとう」の気持ちを伝えようと
一生懸命、準備しています。

- - - - - - - - - - - - - - - - -

ねこくんが、あなたに「好き」を伝える瞬間を描きます。
あなたの好きなお花を差し出すところ。
一緒に船にのっているところ。
手をつないでダンスしているところ。
照れちゃったり、くねっとしちゃったり、一緒に踊っちゃったり。

あなたの好きなシチュエーションや
憧れの告白があれば、ねこくんにお任せください!

- - - - - - - - - - - - - - - - -

●ポストカードサイズ(カラー)

●金額 3,000円(郵送をご希望の場合 +送料200円)

●3月中旬ごろお届け

●人数は、ねこくんをいれてスリーショットまで。(ねずみくんはおまけ)
*人数が増える場合は別途ご相談ください。
*描いてほしい方(人でも、どうぶつさんでも、モノでもOKです)の、お写真をお送りください。

●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、描いてほしいイメージ〉をお知らせください。
(郵送をご希望の場合は、ご住所もあわせて)

⇒hirunekobooks@gmail.com
件名「ねこくんからのラブレター」

【受付期間:1月24日(木)〜2月21日(木)】


☆ねこのひるね展については
http://hirunekodou.seesaa.net/article/463179279.html

nekohiru_dm.jpg

*やまぐちさんの在廊時間に限らず、店頭でのご予約も可能です。その場合にはお写真をお持ちください。
また在廊時間に直接のご予約を希望される方は、やまぐちさんのSNSをご確認の上、お越しください。

【イラスト企画】ミケとマイク〜旅のお便り〜


『みけねこてんちょう』のミケとマイクが、お店をお休みして旅に出ました!
さて、彼らはどこに行ったのでしょうか?

あなたの思い出の場所、もしくは行ってみたい場所を教えてください。
ミケとマイクがその土地を訪れて、あなたにステキな旅のお便りを届けてくれます。

mike_vacation_event_fin.jpg

ご予約期間:原画展会期中の1/11(金)から1/30(水)まで
サイズ:ハガキサイズ
料金:1500円

〓︎ご希望の方は、下記メールアドレスまで

1 お名前
2 ご連絡先のTEL、メールアドレス
3 お便りお届け先のご住所
4 思い出の場所、もしくは行ってみたい場所
(海外、国内どちらでも大丈夫です)


をご連絡ください。

⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「ミケとマイク〜旅のお便り〜」

*折り返し、振込先をお知らせします。


お便りは2月中旬ごろに、お知らせいただいたご住所にお届けします。
どうぞ楽しみにお待ちください!