【残3席】タナカホンヤ×緑の本棚×ひるねこBOOKS 根津・古本屋大放談

本屋のこれからの話や流通の話ももちろん楽しいけど、いま個人で本屋を営んでいる人たちは、
日々どんなことを考えながらお店に立っているのだろう?そのリアルな話を聞いてみたい!
それも休日ではなく、本屋であっても頑張ればお客さんとして参加できる時間帯で!

というわけで、まずは当店と同じく根津に店を構える〈タナカホンヤ〉〈弥生坂 緑の本棚〉のお二人をお招きして、お話をうかがいます。
古本屋になったきっかけ、どんなお客さんが多いのか、どんな本がよく売れるのか、店をやっていて辛いこと、そもそも古本屋で生活できるの?……などなど、オープン半年のひるねこBOOKS店主が聞いてみたい話をあれこれと。

もちろん客席からの質問・意見も大歓迎!
古本が大好き、いつか本屋になりたい、いま本屋をやっています……どんな方でもご参加いただけます。
本屋をつくりたい方の参考になるお話ができるかはわかりませんが、古本屋の生の声を聞きたい方はぜひご参加ください。小さなスペースですので和気あいあいと古本屋トークに花を咲かせましょう!

※ゲストお二人の「おススメ本・オークション」も行います。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/248626295520681/

●日時:8/25(木) 20:00~21:30

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:1,000円(当日お支払い)
当日、別料金500円でドリンク(ビールorジンジャーエール)を販売します。ご希望の方はどうぞ。

※参加をご希望の方は、Facebookページの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
hirunekobooks@gmail.com
件名「8/25古本屋トークイベント参加希望」


☆ゲスト プロフィール

・田中宏冶 (タナカホンヤ)
1978年生まれ、日本、海外問わず旅をした後、2010年に那覇にて1ヶ月限定の古書店を開き、2012年東京根津に古書&ギャラリー「タナカホンヤ」をオープン。


・綱島則光 (弥生坂 緑の本棚)
1965年生まれ。大学卒業後フローリストとして28年間、 花と植物の魅力を伝えることに注力。 ウエディングをはじめ、様々なシーンでの装花、 植栽、ガーデニングメンテナンスなどに携わる。 2015年12月、前店=古書カフェ「狐白堂」さん内装買取 2016年2月、古本×植物×カフェ「弥生坂 緑の本棚」を開業。 生け込みなど、花の仕事もしながら営業中。


○聞き手

・小張隆 (ひるねこBOOKS)
1984年生まれ。大学時代に書店、取次会社などでアルバイト。卒業後、児童書出版社に就職し、営業職として8年間勤務。2015年3月に退職後、雑貨店、取次会社を経て、2016年1月、台東区谷中にて本屋「ひるねこBOOKS」をオープン。古書をメインに、新刊書や北欧雑貨も扱う。

【残2席】タナカホンヤ×緑の本棚×ひるねこBOOKS 根津・古本屋大放談

本屋のこれからの話や流通の話ももちろん楽しいけど、いま個人で本屋を営んでいる人たちは、
日々どんなことを考えながらお店に立っているのだろう?そのリアルな話を聞いてみたい!
それも休日ではなく、本屋であっても頑張ればお客さんとして参加できる時間帯で!

というわけで、まずは当店と同じく根津に店を構える〈タナカホンヤ〉〈弥生坂 緑の本棚〉のお二人をお招きして、お話をうかがいます。
古本屋になったきっかけ、どんなお客さんが多いのか、どんな本がよく売れるのか、店をやっていて辛いこと、そもそも古本屋で生活できるの?……などなど、オープン半年のひるねこBOOKS店主が聞いてみたい話をあれこれと。

もちろん客席からの質問・意見も大歓迎!
古本が大好き、いつか本屋になりたい、いま本屋をやっています……どんな方でもご参加いただけます。
本屋をつくりたい方の参考になるお話ができるかはわかりませんが、古本屋の生の声を聞きたい方はぜひご参加ください。小さなスペースですので和気あいあいと古本屋トークに花を咲かせましょう!

※ゲストお二人の「おススメ本・オークション」も行います。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/248626295520681/

●日時:8/25(木) 20:00~21:30

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:1,000円(当日お支払い)
当日、別料金500円でドリンク(ビールorジンジャーエール)を販売します。ご希望の方はどうぞ。

※参加をご希望の方は、Facebookページの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
hirunekobooks@gmail.com
件名「8/25古本屋トークイベント参加希望」


☆ゲスト プロフィール

・田中宏冶 (タナカホンヤ)
1978年生まれ、日本、海外問わず旅をした後、2010年に那覇にて1ヶ月限定の古書店を開き、2012年東京根津に古書&ギャラリー「タナカホンヤ」をオープン。


・綱島則光 (弥生坂 緑の本棚)
1965年生まれ。大学卒業後フローリストとして28年間、 花と植物の魅力を伝えることに注力。 ウエディングをはじめ、様々なシーンでの装花、 植栽、ガーデニングメンテナンスなどに携わる。 2015年12月、前店=古書カフェ「狐白堂」さん内装買取 2016年2月、古本×植物×カフェ「弥生坂 緑の本棚」を開業。 生け込みなど、花の仕事もしながら営業中。


○聞き手

・小張隆 (ひるねこBOOKS)
1984年生まれ。大学時代に書店、取次会社などでアルバイト。卒業後、児童書出版社に就職し、営業職として8年間勤務。2015年3月に退職後、雑貨店、取次会社を経て、2016年1月、台東区谷中にて本屋「ひるねこBOOKS」をオープン。古書をメインに、新刊書や北欧雑貨も扱う。

【満員御礼】タナカホンヤ×緑の本棚×ひるねこBOOKS 根津・古本屋大放談


※こちらのイベントは定員に達しましたのでお申し込みを締め切りました。キャンセル待ちをご希望の方は、メールにてご連絡ください。

本屋のこれからの話や流通の話ももちろん楽しいけど、いま個人で本屋を営んでいる人たちは、
日々どんなことを考えながらお店に立っているのだろう?そのリアルな話を聞いてみたい!
それも休日ではなく、本屋であっても頑張ればお客さんとして参加できる時間帯で!

というわけで、まずは当店と同じく根津に店を構える〈タナカホンヤ〉〈弥生坂 緑の本棚〉のお二人をお招きして、お話をうかがいます。
古本屋になったきっかけ、どんなお客さんが多いのか、どんな本がよく売れるのか、店をやっていて辛いこと、そもそも古本屋で生活できるの?……などなど、オープン半年のひるねこBOOKS店主が聞いてみたい話をあれこれと。

もちろん客席からの質問・意見も大歓迎!
古本が大好き、いつか本屋になりたい、いま本屋をやっています……どんな方でもご参加いただけます。
本屋をつくりたい方の参考になるお話ができるかはわかりませんが、古本屋の生の声を聞きたい方はぜひご参加ください。小さなスペースですので和気あいあいと古本屋トークに花を咲かせましょう!

※ゲストお二人の「おススメ本・オークション」も行います。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/248626295520681/

●日時:8/25(木) 20:00~21:30

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:1,000円(当日お支払い)
当日、別料金500円でドリンク(ビールorジンジャーエール)を販売します。ご希望の方はどうぞ。

※参加をご希望の方は、Facebookページの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
hirunekobooks@gmail.com
件名「8/25古本屋トークイベント参加希望」


☆ゲスト プロフィール

・田中宏冶 (タナカホンヤ)
1978年生まれ、日本、海外問わず旅をした後、2010年に那覇にて1ヶ月限定の古書店を開き、2012年東京根津に古書&ギャラリー「タナカホンヤ」をオープン。


・綱島則光 (弥生坂 緑の本棚)
1965年生まれ。大学卒業後フローリストとして28年間、 花と植物の魅力を伝えることに注力。 ウエディングをはじめ、様々なシーンでの装花、 植栽、ガーデニングメンテナンスなどに携わる。 2015年12月、前店=古書カフェ「狐白堂」さん内装買取 2016年2月、古本×植物×カフェ「弥生坂 緑の本棚」を開業。 生け込みなど、花の仕事もしながら営業中。


○聞き手

・小張隆 (ひるねこBOOKS)
1984年生まれ。大学時代に書店、取次会社などでアルバイト。卒業後、児童書出版社に就職し、営業職として8年間勤務。2015年3月に退職後、雑貨店、取次会社を経て、2016年1月、台東区谷中にて本屋「ひるねこBOOKS」をオープン。古書をメインに、新刊書や北欧雑貨も扱う。

『かがり火』刊行記念 北川佳奈さんトークイベント

『かがり火』(ミルブックス)刊行を記念して、著者であり画家の北川佳奈さんをお招きしてお話をうかがいます。

児童書出版社で働きながら、絵本作家としてデビューした北川さん。
『かがり火』についてのお話はもちろん、日常のお仕事の中で関わる絵本の魅力について、また児童書の編集部の様子などについて語っていただきます。

聞き手は店主が務めます。同い年であり、同じく児童書出版社で働いた経験を持つ者として、北川さんのお話は興味津々。お客様からのご質問も受け付けますので、和気あいあいと絵本の話ができればと思います。どうぞお楽しみに!

『かがり火』をご持参の方、当日会場にてお買い求めいただいた方は、終了後サイン会にご参加いただけます。

『かがり火』については⇒
http://www.millebooks.net/catalog.html

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1735845086696547/

13239922_1028675890543167_6343958700198940661_n.jpg

●日時:8/27(土) 18:30~20:00

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:8名

●参加費:500円(当日お支払い)

話し手 北川佳奈さん
聞き手 小張隆(ひるねこBOOKS店主)

※参加をご希望の方は、Facebookページの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
hirunekobooks@gmail.com
件名「かがり火トークイベント参加希望」

※8/20~910の期間、原画展も開催いたします。
https://www.facebook.com/events/1569144920048606/

☆北川佳奈さんプロフィール

画家、イラストレーター。1984年東京生まれ。セツ・モードセミナー卒。母親が沖縄県出身で、幼少のころ、夏の多くの時間を名護市で過ごした。その体験から、沖縄在住の音楽家・青柳拓次に、沖縄を舞台にした話を依頼し、自身初の絵本となる本作が完成した。

エムエムブックス「冷えとり茶話会」&「出張リアルショップ」

※冷えとり茶話会は【満員御礼】となりました。ありがとうございます。

当店にて「マーマーなブックスアンドソックス 1日限定! 出張リアルショップ」
を開催いたします!

岐阜県の美濃からエムエムブックスさんにお越しいただき、
1日限定のリアルショップを開いていただきます。

書籍はもちろん取り揃えておりますが、今回は冷えとりグッズはじめ、天然素材のインナーやからだにもこころにもやさしい衣服まで、ウェブサイトに掲載されているアイテムをたくさんお持ちいただきます!

実際に手に取ってご覧いただける機会ですので、ぜひお越しくださいませ。

※営業時間(11:00〜20:00)のうち、
11:30〜13:00
17:00〜18:30
の間は、冷えとり茶話会開催のため、閉店とさせていただきます。
ご了承ください。


詳細はこちら☆
http://murmurmagazine.com/shop/4124/

絵本『かがり火』原画展

絵本『かがり火』(mille books)の刊行を記念して、原画展を開催いたします。

本作が絵本デビュー作となる北川佳奈さん。北川さんの描くイラストは、生命への優しい愛情にあふれながらも、思わず息をのむほどの圧倒的な力をもっています。ぜひご覧ください。

『かがり火』は先日より当店でも販売しております。まずは絵本でその魅力に触れてみてください。

『かがり火』については⇒
http://www.millebooks.net/catalog.html

Facebookページ
https://www.facebook.com/events/1569144920048606/

kagaribi1.jpg

kagaribip2.jpg

●会期:8/20(土)~ 9/10(土)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS(東京都台東区谷中2-1-14-101)

●入場無料

※8/27(土)にトークイベントを予定しております。詳細は追ってお知らせいたします。

☆北川佳奈さんプロフィール

画家、イラストレーター。1984年東京生まれ。セツ・モードセミナー卒。母親が沖縄県出身で、幼少のころ、夏の多くの時間を名護市で過ごした。その体験から、沖縄在住の音楽家・青柳拓次に、沖縄を舞台にした話を依頼し、自身初の絵本となる本作が完成した。


かがり火 [ 青柳拓次 ]

【残2席】生き物たちのゆらゆらトーク ~ゾウとボノボとチンアナゴ

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)など、生き物の不思議な魅力に迫る数々の本を出されている、
江口絵理さんと横塚眞己人さんのトークイベントです。

水族館で大人気!チンアナゴの不思議な生態や『ゆらゆらチンアナゴ』のウラ話はもちろん、
イリオモテヤマネコやボノボ、ボルネオのゾウや、海底にミステリーサークルを作るなぞの生き物「アマミホシゾラフグ」の話など、このお二人ならではの濃い生き物話が満載の2時間です。
ぜひご期待ください!

※原則として大人の方向けのトークイベントとなります。
お子様のご参加も可能ですが、席数に限りがございますため、お1人分の参加費を頂戴します。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1729513533983292/?active_tab=highlights

_C3A2754.jpeg

ゾウ.JPG

フグ2.jpg

フグ3.jpg

ボノボ.JPG

●日時:8/19(金) 19:00~21:00

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:2,000円(事前振込み)
〓キャンセルポリシー〓
前日連絡:50%
当日連絡:100%

※参加をご希望の方は、Facebookの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
折り返し振込み先をお知らせします。
hirunekobooks@gmail.com
件名「チンアナゴトークイベント参加希望」


☆ゲスト プロフィール

◎江口絵理
1973年、新潟県生まれ。出版社勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに。動物や自然環境に関する本作りを手がける。著書に『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)、『高崎山のベンツ: 最後の「ボスザル」』(ポプラ社)、『ヤモリの指から不思議なテープ』(アリス館)など。

◎横塚眞己人
1957年、横浜生まれ。日本写真家協会会員。大学卒業後、雑誌編集者を経て写真家になる。1985年から1994年まで沖縄県の西表島に移り住み、イリオモテヤマネコをメインに、「命のつながり」をテーマとした撮影活動を続ける。1996年から活動を海外に移し、マレーシアのボルネオ島、中米のコスタリカ、インドネシア、ニューギニア島、マダガスカル島などで、熱帯雨林やマングローブ、人々の暮らし、環境問題など幅広い撮影活動を続けている。著書に『ゾウの森とポテトチップス』(そうえん社)、『オランウータンに会いに行く』(偕成社)、他多数。


ゆらゆらチンアナゴ [ 横塚眞己人 ]


高崎山のベンツ [ 江口絵理 ]


ゾウの森とポテトチップス [ 横塚真己人 ]

【満員御礼】生き物たちのゆらゆらトーク ~ゾウとボノボとチンアナゴ

※こちらのイベントは定員に達しましたのでお申し込みを締め切りました。

『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)など、生き物の不思議な魅力に迫る数々の本を出されている、
江口絵理さんと横塚眞己人さんのトークイベントです。

水族館で大人気!チンアナゴの不思議な生態や『ゆらゆらチンアナゴ』のウラ話はもちろん、
イリオモテヤマネコやボノボ、ボルネオのゾウや、海底にミステリーサークルを作るなぞの生き物「アマミホシゾラフグ」の話など、このお二人ならではの濃い生き物話が満載の2時間です。
ぜひご期待ください!

※原則として大人の方向けのトークイベントとなります。
お子様のご参加も可能ですが、席数に限りがございますため、お1人分の参加費を頂戴します。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1729513533983292/?active_tab=highlights

_C3A2754.jpeg

ゾウ.JPG

フグ2.jpg

フグ3.jpg

ボノボ.JPG

●日時:8/19(金) 19:00~21:00

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:2,000円(事前振込み)
〓キャンセルポリシー〓
前日連絡:50%
当日連絡:100%

※参加をご希望の方は、Facebookの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
折り返し振込み先をお知らせします。
hirunekobooks@gmail.com
件名「チンアナゴトークイベント参加希望」


☆ゲスト プロフィール

◎江口絵理
1973年、新潟県生まれ。出版社勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに。動物や自然環境に関する本作りを手がける。著書に『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)、『高崎山のベンツ: 最後の「ボスザル」』(ポプラ社)、『ヤモリの指から不思議なテープ』(アリス館)など。

◎横塚眞己人
1957年、横浜生まれ。日本写真家協会会員。大学卒業後、雑誌編集者を経て写真家になる。1985年から1994年まで沖縄県の西表島に移り住み、イリオモテヤマネコをメインに、「命のつながり」をテーマとした撮影活動を続ける。1996年から活動を海外に移し、マレーシアのボルネオ島、中米のコスタリカ、インドネシア、ニューギニア島、マダガスカル島などで、熱帯雨林やマングローブ、人々の暮らし、環境問題など幅広い撮影活動を続けている。著書に『ゾウの森とポテトチップス』(そうえん社)、『オランウータンに会いに行く』(偕成社)、他多数。


ゆらゆらチンアナゴ [ 横塚眞己人 ]


高崎山のベンツ [ 江口絵理 ]


ゾウの森とポテトチップス [ 横塚真己人 ]

生き物たちのゆらゆらトーク ~ゾウとボノボとチンアナゴ

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)など、生き物の不思議な魅力に迫る数々の本を出されている、
江口絵理さんと横塚眞己人さんのトークイベントです。

水族館で大人気!チンアナゴの不思議な生態や『ゆらゆらチンアナゴ』のウラ話はもちろん、
イリオモテヤマネコやボノボ、ボルネオのゾウや、海底にミステリーサークルを作るなぞの生き物「アマミホシゾラフグ」の話など、このお二人ならではの濃い生き物話が満載の2時間です。
ぜひご期待ください!

※原則として大人の方向けのトークイベントとなります。
お子様のご参加も可能ですが、席数に限りがございますため、お1人分の参加費を頂戴します。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1729513533983292/?active_tab=highlights

_C3A2754.jpeg

ゾウ.JPG

フグ2.jpg

フグ3.jpg

ボノボ.JPG

●日時:8/19(金) 19:00~21:00

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:2,000円(事前振込み)
〓キャンセルポリシー〓
前日連絡:50%
当日連絡:100%

※参加をご希望の方は、Facebookの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
折り返し振込み先をお知らせします。
hirunekobooks@gmail.com
件名「チンアナゴトークイベント参加希望」


☆ゲスト プロフィール

◎江口絵理
1973年、新潟県生まれ。出版社勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに。動物や自然環境に関する本作りを手がける。著書に『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)、『高崎山のベンツ: 最後の「ボスザル」』(ポプラ社)、『ヤモリの指から不思議なテープ』(アリス館)など。

◎横塚眞己人
1957年、横浜生まれ。日本写真家協会会員。大学卒業後、雑誌編集者を経て写真家になる。1985年から1994年まで沖縄県の西表島に移り住み、イリオモテヤマネコをメインに、「命のつながり」をテーマとした撮影活動を続ける。1996年から活動を海外に移し、マレーシアのボルネオ島、中米のコスタリカ、インドネシア、ニューギニア島、マダガスカル島などで、熱帯雨林やマングローブ、人々の暮らし、環境問題など幅広い撮影活動を続けている。著書に『ゾウの森とポテトチップス』(そうえん社)、『オランウータンに会いに行く』(偕成社)、他多数。


ゆらゆらチンアナゴ [ 横塚眞己人 ]


高崎山のベンツ [ 江口絵理 ]


ゾウの森とポテトチップス [ 横塚真己人 ]

【残5席】生き物たちのゆらゆらトーク ~ゾウとボノボとチンアナゴ

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)など、生き物の不思議な魅力に迫る数々の本を出されている、
江口絵理さんと横塚眞己人さんのトークイベントです。

水族館で大人気!チンアナゴの不思議な生態や『ゆらゆらチンアナゴ』のウラ話はもちろん、
イリオモテヤマネコやボノボ、ボルネオのゾウや、海底にミステリーサークルを作るなぞの生き物「アマミホシゾラフグ」の話など、このお二人ならではの濃い生き物話が満載の2時間です。
ぜひご期待ください!

※原則として大人の方向けのトークイベントとなります。
お子様のご参加も可能ですが、席数に限りがございますため、お1人分の参加費を頂戴します。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1729513533983292/?active_tab=highlights

_C3A2754.jpeg

ゾウ.JPG

フグ2.jpg

フグ3.jpg

ボノボ.JPG

●日時:8/19(金) 19:00~21:00

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:2,000円(事前振込み)
〓キャンセルポリシー〓
前日連絡:50%
当日連絡:100%

※参加をご希望の方は、Facebookの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
折り返し振込み先をお知らせします。
hirunekobooks@gmail.com
件名「チンアナゴトークイベント参加希望」


☆ゲスト プロフィール

◎江口絵理
1973年、新潟県生まれ。出版社勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに。動物や自然環境に関する本作りを手がける。著書に『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)、『高崎山のベンツ: 最後の「ボスザル」』(ポプラ社)、『ヤモリの指から不思議なテープ』(アリス館)など。

◎横塚眞己人
1957年、横浜生まれ。日本写真家協会会員。大学卒業後、雑誌編集者を経て写真家になる。1985年から1994年まで沖縄県の西表島に移り住み、イリオモテヤマネコをメインに、「命のつながり」をテーマとした撮影活動を続ける。1996年から活動を海外に移し、マレーシアのボルネオ島、中米のコスタリカ、インドネシア、ニューギニア島、マダガスカル島などで、熱帯雨林やマングローブ、人々の暮らし、環境問題など幅広い撮影活動を続けている。著書に『ゾウの森とポテトチップス』(そうえん社)、『オランウータンに会いに行く』(偕成社)、他多数。


ゆらゆらチンアナゴ [ 横塚眞己人 ]


高崎山のベンツ [ 江口絵理 ]


ゾウの森とポテトチップス [ 横塚真己人 ]

【残4席】生き物たちのゆらゆらトーク ~ゾウとボノボとチンアナゴ

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)など、生き物の不思議な魅力に迫る数々の本を出されている、
江口絵理さんと横塚眞己人さんのトークイベントです。

水族館で大人気!チンアナゴの不思議な生態や『ゆらゆらチンアナゴ』のウラ話はもちろん、
イリオモテヤマネコやボノボ、ボルネオのゾウや、海底にミステリーサークルを作るなぞの生き物「アマミホシゾラフグ」の話など、このお二人ならではの濃い生き物話が満載の2時間です。
ぜひご期待ください!

※原則として大人の方向けのトークイベントとなります。
お子様のご参加も可能ですが、席数に限りがございますため、お1人分の参加費を頂戴します。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1729513533983292/?active_tab=highlights

_C3A2754.jpeg

ゾウ.JPG

フグ2.jpg

フグ3.jpg

ボノボ.JPG

●日時:8/19(金) 19:00~21:00

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:2,000円(事前振込み)
〓キャンセルポリシー〓
前日連絡:50%
当日連絡:100%

※参加をご希望の方は、Facebookの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
折り返し振込み先をお知らせします。
hirunekobooks@gmail.com
件名「チンアナゴトークイベント参加希望」


☆ゲスト プロフィール

◎江口絵理
1973年、新潟県生まれ。出版社勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに。動物や自然環境に関する本作りを手がける。著書に『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)、『高崎山のベンツ: 最後の「ボスザル」』(ポプラ社)、『ヤモリの指から不思議なテープ』(アリス館)など。

◎横塚眞己人
1957年、横浜生まれ。日本写真家協会会員。大学卒業後、雑誌編集者を経て写真家になる。1985年から1994年まで沖縄県の西表島に移り住み、イリオモテヤマネコをメインに、「命のつながり」をテーマとした撮影活動を続ける。1996年から活動を海外に移し、マレーシアのボルネオ島、中米のコスタリカ、インドネシア、ニューギニア島、マダガスカル島などで、熱帯雨林やマングローブ、人々の暮らし、環境問題など幅広い撮影活動を続けている。著書に『ゾウの森とポテトチップス』(そうえん社)、『オランウータンに会いに行く』(偕成社)、他多数。


ゆらゆらチンアナゴ [ 横塚眞己人 ]


高崎山のベンツ [ 江口絵理 ]


ゾウの森とポテトチップス [ 横塚真己人 ]

【残3席】生き物たちのゆらゆらトーク ~ゾウとボノボとチンアナゴ

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)など、生き物の不思議な魅力に迫る数々の本を出されている、
江口絵理さんと横塚眞己人さんのトークイベントです。

水族館で大人気!チンアナゴの不思議な生態や『ゆらゆらチンアナゴ』のウラ話はもちろん、
イリオモテヤマネコやボノボ、ボルネオのゾウや、海底にミステリーサークルを作るなぞの生き物「アマミホシゾラフグ」の話など、このお二人ならではの濃い生き物話が満載の2時間です。
ぜひご期待ください!

※原則として大人の方向けのトークイベントとなります。
お子様のご参加も可能ですが、席数に限りがございますため、お1人分の参加費を頂戴します。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1729513533983292/?active_tab=highlights

_C3A2754.jpeg

ゾウ.JPG

フグ2.jpg

フグ3.jpg

ボノボ.JPG

●日時:8/19(金) 19:00~21:00

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:2,000円(事前振込み)
〓キャンセルポリシー〓
前日連絡:50%
当日連絡:100%

※参加をご希望の方は、Facebookの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
折り返し振込み先をお知らせします。
hirunekobooks@gmail.com
件名「チンアナゴトークイベント参加希望」


☆ゲスト プロフィール

◎江口絵理
1973年、新潟県生まれ。出版社勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに。動物や自然環境に関する本作りを手がける。著書に『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)、『高崎山のベンツ: 最後の「ボスザル」』(ポプラ社)、『ヤモリの指から不思議なテープ』(アリス館)など。

◎横塚眞己人
1957年、横浜生まれ。日本写真家協会会員。大学卒業後、雑誌編集者を経て写真家になる。1985年から1994年まで沖縄県の西表島に移り住み、イリオモテヤマネコをメインに、「命のつながり」をテーマとした撮影活動を続ける。1996年から活動を海外に移し、マレーシアのボルネオ島、中米のコスタリカ、インドネシア、ニューギニア島、マダガスカル島などで、熱帯雨林やマングローブ、人々の暮らし、環境問題など幅広い撮影活動を続けている。著書に『ゾウの森とポテトチップス』(そうえん社)、『オランウータンに会いに行く』(偕成社)、他多数。


ゆらゆらチンアナゴ [ 横塚眞己人 ]


高崎山のベンツ [ 江口絵理 ]


ゾウの森とポテトチップス [ 横塚真己人 ]

「どーんと語ろう!絵本と野菜のこと」トークイベント

「どーんと やさい」シリーズ(童心社)の原画展(7/17~8/6)にあわせて、
著者のいわさゆうこさんをお招きして、絵本や野菜の魅力について語っていただきます。

いわさゆうこさんのご著書を当日(もしくは当日前)に当店にてお買い求めいただいた方は、
サイン会にご参加いただけます。

※原則として大人の方向けのトークイベントとなります。
お子様のご参加も可能ですが、席数に限りがございますため、お1人分の参加費を頂戴します。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1735845086696547/

2_縺、繧・▲縺、繧・↑縺・9.jpeg

●日時:7/31(日) 11:00~12:30
          (12:30~13:00はサイン会)

●ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:8名

●参加費:1,500円(事前振込み)
〓キャンセルポリシー〓
前日連絡:50%
当日連絡:100%

※参加をご希望の方は、Facebookページの「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。折り返し振込み先をお知らせします。
hirunekobooks@gmail.com 
件名「いわさゆうこさんイベント参加希望」

☆いわさゆうこさん プロフィール

宮城県生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。主な作品に『どんぐりノート』『まつぼっくりノート』『野の草なまえノート』(以上文化出版局)『うみにあいに』『コロコロどんぐりみゅーじあむ』(以上アリス館)『どんぐり見聞録』(山と渓谷社)「どーんと やさい」シリーズ(童心社)などがある。
「どーんとやさいシリーズ」については童心社HPをご覧ください。










「どーんと やさい」原画展

絵本作家・いわさゆうこさんの人気シリーズ「どーんと やさい」(童心社)の原画展を開催いたします。

いわささんの描くみずみずしい野菜たちは、まさに畑で育ったそのままの姿!
土や風、太陽の匂いまでも感じられそうな、とびきりの生命力にあふれています。

暑い夏にぴったり!元気いっぱいの野菜たちのはじける姿をぜひご覧ください。

また会期中は「どーんとやさい」はもちろん、関連書籍の販売をいたしますので、
こちらもあわせてご覧ください。

Facebookページ
https://www.facebook.com/events/1641334649521849/

※以下の画像はイメージです。展示作品ではございません。

6811bc2f-0962-4cee-80c0-b447c2c4aa8e.jpe

1_縺阪c縺」縺阪c繧ュ繝」繝倥y繝・3.jpg

2_縺、繧・▲縺、繧・↑縺・7.jpeg

5_縺セ縺」縺九▲縺九ヨ繝槭ヨ-8.jpeg

●会期:7/17(日)~8/6(土)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)

●場所:ひるねこBOOKS(東京都台東区谷中2-1-14-101)

●入場料:無料

※いわささんご本人は在店しません。

※7/31(日)にトークイベントを予定しております。詳細は追ってお知らせいたします。

☆いわさゆうこさん プロフィール

宮城県生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。主な作品に『どんぐりノート』『まつぼっくりノート』『野の草なまえノート』(以上文化出版局)『うみにあいに』『コロコロどんぐりみゅーじあむ』(以上アリス館)『どんぐり見聞録』(山と渓谷社)「どーんと やさい」シリーズ(童心社)などがある。

「どーんとやさいシリーズ」については童心社HPをご覧ください。⇒
http://www.doshinsha.co.jp/search/series.php?isbn=D9784494001613

『絵本といっしょに まっすぐまっすぐ』刊行記念 鈴木潤さんトークイベント

6月初旬の『絵本といっしょに まっすぐまっすぐ』(アノニマ・スタジオ)刊行を記念して、
著者であり、〈メリーゴーランド京都〉店長の鈴木潤さんをお招きしてお話をうかがいます。
おススメの絵本の紹介や朗読などを交えながら、絵本の魅力について語っていただきます。

『絵本といっしょに まっすぐまっすぐ』をご持参の方、当日会場にてお買い求めいただいた方は、
サイン会にご参加いただけます。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1556466844658120/

邨オ譛ャ縺ィ縺・▲縺励g縺ォ邏譚・邨オ譛ャ縺ィ縺・▲縺励g縺ォ.jpg

●日時:7/29(金)18:30~20:00
           (20:00~20:30はサイン会)

 話し手 鈴木潤さん(メリーゴーランド京都店店長)
 聞き手 小張隆(ひるねこBOOKS店主)

●定員:10名

●参加費:1,500円(事前振込み)
〓️キャンセルポリシー〓️
前日連絡:50%
当日連絡:100%

※参加をご希望の方は、「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、
お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
折り返し振込み先をお知らせします。
hirunekobooks@gmail.com 
件名「鈴木潤さんトークイベント参加希望」


☆ゲスト:鈴木潤さん

子どもの本専門店メリーゴーランド京都店長。1972年三重県四日市市生まれ。二人の男の子の母。少林寺拳法弐段。四日市市のメリーゴーランドで企画を担当し、国内外の作家や子どもの施設を訪ねるツアーや子どもキャンプなどを手がける。2007年、京都店の出店と共に京都に移住し、店長を務める。雑誌、ラジオ、テレビなどでの絵本の紹介、子育てにまつわるエッセイの執筆、講演会など、多方面で活躍。また、子育て中の友人と3人で、親子でさまざまな体験ができるイベント「ちっちゃいパレード」を主催。
メリーゴーランドホームページ http://www.merry-go-round.co.jp/

【満員御礼】『絵本といっしょに まっすぐまっすぐ』刊行記念 鈴木潤さんトークイベント


※こちらのイベントは定員に達しましたのでお申し込みを締め切りました。

6月初旬の『絵本といっしょに まっすぐまっすぐ』(アノニマ・スタジオ)刊行を記念して、
著者であり、〈メリーゴーランド京都〉店長の鈴木潤さんをお招きしてお話をうかがいます。
おススメの絵本の紹介や朗読などを交えながら、絵本の魅力について語っていただきます。

『絵本といっしょに まっすぐまっすぐ』をご持参の方、当日会場にてお買い求めいただいた方は、
サイン会にご参加いただけます。

話し手 鈴木潤さん(メリーゴーランド京都店店長)
聞き手 小張隆(ひるねこBOOKS店主)

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1556466844658120/

邨オ譛ャ縺ィ縺・▲縺励g縺ォ邏譚・邨オ譛ャ縺ィ縺・▲縺励g縺ォ.jpg

●日時:7/29(金)18:30~20:00
           (20:00~20:30はサイン会)

●場所:ひるねこBOOKS〈台東区谷中2-1-14〉

●定員:10名

●参加費:1,500円(事前振込み)
〓️キャンセルポリシー〓️
前日連絡:50%
当日連絡:100%

※参加をご希望の方は、「参加ボタン」だけでなく、必ず下記メールアドレスまで、
お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
折り返し振込み先をお知らせします。
hirunekobooks@gmail.com 
件名「鈴木潤さんトークイベント参加希望」


☆ゲスト:鈴木潤さん

子どもの本専門店メリーゴーランド京都店長。1972年三重県四日市市生まれ。二人の男の子の母。少林寺拳法弐段。四日市市のメリーゴーランドで企画を担当し、国内外の作家や子どもの施設を訪ねるツアーや子どもキャンプなどを手がける。2007年、京都店の出店と共に京都に移住し、店長を務める。雑誌、ラジオ、テレビなどでの絵本の紹介、子育てにまつわるエッセイの執筆、講演会など、多方面で活躍。また、子育て中の友人と3人で、親子でさまざまな体験ができるイベント「ちっちゃいパレード」を主催。
メリーゴーランドホームページ http://www.merry-go-round.co.jp/