ひるねこBOOKS 展示ご利用案内

展示期間

原則として12日間 (営業日に準ずる)
12時〜20時 *土日祝18時半まで(営業時間に準ずる。最終日は16時もしくは18時から搬出)


展示場所

店内入口がギャラリースペースとなります。
白壁、原則としてピクチャーレール利用。

IMG_4162.jpg

・右側:縦200×横270cm
(カウンターを販売スペースとしてご利用いただけます)
IMG_4163.jpg

・正面:縦200×横110cm
(ご希望であれば3段の棚をご利用いただけます)
IMG_4165.jpg

・左側:縦200×横75+120cm
(売り場への入り口を挟んで2面)
IMG_4167.jpg

利用料金

12日間で35,000円(2022年春までは30,000円)
搬入時に現金にてお支払いください。


申し込み方法

お名前、ご連絡先(tel/mail)、展示内容、ご希望の日程を明記の上、
作品資料を添えて郵送、メールをいただくか、直接ご来店ください。

いずれにしましても展示前には一度ご来店いただき、壁面を見ながら実際の展示方法など打ち合わせをさせてください。


販売

展示のみではなく、作品、グッズの販売をお願いいたします。販売業務は当店が行います。

特殊な包装資材、値札、キャプション、プロフィール、芳名帳等はご用意ください。
ピクチャーレール、ワイヤー、フックはありますが、その他展示に必要と思われるものもご準備をお願いいたします。
(若干のクギと画鋲、金槌はご用意できます)


販売手数料

原則として販売金額の30%
展示最終日に在庫をチェックし、手数料を除いた売上金を後日振込いたします。


宣伝、告知

当店はSNSやブログ他にて宣伝、告知いたします。
DMは出展者様にてご用意ください(店のロゴ、地図データは提供いたします)。
店頭・近隣店舗で配布しますので、当店へも納品をお願いいたします(200〜300枚程度)。


搬入/搬出

搬入:展示開始前日の17時頃〜、もしくは18時頃~
/ 搬出:最終日の16時〜、もしくは18時〜
(前後の展示スケジュールによって若干変更する場合がございます。)

専用駐車場はございませんので、作業が長時間にわたる場合は近隣のコインパーキングをご利用ください。

作品・グッズの納品書を印刷してお持ちください。
(後日、Excelデータも別途お送りください)


作品管理

店主が常に店内にいる状態での展示となりますが、原則として作品管理は出展者様の責任となります。
火災等による不慮の事故、作品の変質・変色などの責任は負いかねます。


その他

・搬入の際の箱や袋などは、原則としてお持ち帰りいただきます。
事前郵送の場合の箱、商品ストック用の箱などは店内でお預かりします。

・基本的に日程決定後のキャンセルはお断りしますが、
万が一止むを得ない事情でキャンセルなさる場合には、
会期の2ヶ月前まで 20,000円 / 会期の2ヶ月前以降 35,000円
のキャンセル料を申し受けます。



☆ひるねこBOOKS展示・イベント一覧
http://hirunekodou.seesaa.net/article/441421985.html

【お問い合わせ先】

ひるねこBOOKS 小張隆(こばりたかし)
〒110-0001東京都台東区谷中2-5-22-101
tel:070-3107-6169
mail:hirunekobooks@gmail.com

https://www.hirunekobooks.com/
https://twitter.com/hirunekobooks
https://www.facebook.com/hirunekobooks/
https://www.instagram.com/hirunekobooks/?hl=ja


“Here, you are. – あなたとここにいる” vol.4

安達茉莉子さんのイラスト企画第4弾を実施します。

IMG_0132.jpg

当店のお客様にはお馴染みの安達さん。『何か大切なものをなくしてそして立ちあがった頃の人へ』/『The Feeling When…日常の中に生まれてくるある瞬間について』などのリトルプレスも人気です。

第4回目となった、おはなしをしながら、浮かんできた絵と言葉をかいて贈るイベント。
今回もオンラインで開催です。
最近どんな感じです、だったり、こういう絵と言葉を描いてほしい、だったり。お話が苦手な方は、お話ししなくても全くかまいません。空間を隔てながらもその時間「一緒に」いて、こちらに浮かんできた絵と言葉を描いた原画(ポストカードサイズ)をお渡しします。

kqx0HelP

93yPPD0i

QlZNJgWm


●後日郵送
1週間程度でお届けする予定です

●金額
5000円(税込)+送料300円

●日時 5/2(日)
①14:00-
②15:00-
③17:00-
④18:00-

*所要時間 30〜40分程度
*各時間帯につき、おひとり様のみ


●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、ご希望の時間帯(第1希望、第2希望)〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「5/2 安達茉莉子イラスト企画 参加希望」


☆プロフィール

安達茉莉子

作家。言葉とイラストで「物語」を表現する。大分県日田市出身。東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。
政府機関での勤務、兵庫県・篠山の限界集落での生活、イギリスの大学院留学など様々な組織や場所での経験をする中で、人間が人間であるための「言葉」を拠り所として制作を続けている。
2015年から、東京都内でセルフパブリッシングレーベル”MARIOBOOKS”を開始。2019年に『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』『The Feeling When…日常の中に生まれてくるある瞬間について』リソグラフ特装版を刊行(制作協力ビーナイス)。
2020年11月に初の商業出版となる『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』を刊行(ビーナイス)。
書籍の仕事に、『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(タバブックス)装画、『エトセトラvol.1』(エトセトラブックス)イラストエッセイなどがある。

Web http://mariobooks.com
Twitter: http://twitter.com/andmariobooks
Instagram: http://instagram.com/andmariobooks


明日4/22(木)、移転オープンいたします。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

当店は明日4/22(木)に、新しい場所での営業をスタートします。

hirunekoKEY_simple.jpg

何度かお伝えしている通り、以前の店舗から徒歩1分、同じ谷中キッテ通り沿いのマンションの1階です。地元の方には谷中郵便局の2軒隣、classicoさんの並びと言えばわかるでしょうか。

明日から始まる「ねこの一筆箋まつり」のために、ここ数日は出展作家さんたちが入れ替わり立ち替わり設営に来てくださったのですが、皆さん口を揃えて「もうすっかりひるねこさんですね」「最初からここにあるみたい」と仰います。

もちろん以前の場所にも愛着はありますし、ひるねこBOOKSのスタートは間違いなくあの5坪少々の空間で、これからもあの日々を一生忘れることはないでしょう。ただ、今こうして新たな場所で本に囲まれていると、やはりここに辿り着くのはあらかじめ決まっていたような、とてもしっくりくる感じがします。

これまで様々なお店が営業をしてきたこの空間で、ひるねこBOOKS第2章の幕が上がります。明日からまたどんな物語が紡がれていくでしょうか。

「緊急事態」という言葉を日常的に耳にする今、あえて環境を変えるのはとても勇気がいる事です。賃料が1.6倍になるのなら、売り上げも利益も、それに見合ったものを上げなければなりません。今までと同じやり方で大丈夫なのでしょうか。思い切って変えるべきところもあるのでは?この不透明な状況でそれを考え始めると、やはり焦りも不安も生じます。

ただ5年前のオープン時と違うのは、これまでに関わってくださった作家の皆さんや、取引先の皆さん、そしてお客さまがたくさんいらっしゃる事です。日頃の支えとご縁に本当に感謝しています。怖くはあるが、恐れは無い、そんなところでしょうか。

今のソワソワした気持ちも、明日になれば一気に楽しみと期待に変わるでしょう。そんな良い1日になればと思います。

キービジュアルを、いつもお世話になっているイラストレーター・やまぐちまりこさんに描いていただきました。
一言では表せないほどの勇気と力をいただきました。希望が満ち溢れています。きっと次のひるねこBOOKSにも良い風が吹くでしょう。

新しい始まりの場所で、皆さまのお越しをお待ちしております。

ひるねこBOOKS
小張隆


【新住所】
〒110-0001
東京都台東区谷中2-5-22
山岡ビル101

坂口友佳子・のだかおり二人展「Five いままでと これからと」

新店舗第2弾となる展示は、ご縁の深いこのお二人の展示となりました。

告知_DM表.jpg

共に「ひるねこBOOKSレーベル」の作家でもある、坂口さんとのださん。
個展の度に新しい作品を見せていただいていますが、ふと「出会う前はどんな作品を描いていたのだろう」と気になりました。

様々な絵の仕事をされているお二方ですが、実はあまり多くの人の目に触れていない作品もあるかもしれない。今の活躍につながる、「原石」のような作品がどこかにあるのではないだろうか。5周年を迎えて始まる新しい場所で、あえて過去を振り返ってみたいという思いもあり、彼女たちの旧作を中心とした展示を企画しました。

ここでしか出会えない、とっておきの作品が待っているかもしれません。とは言え、もちろん新しい作品も用意していただいています。以前の画風と見比べてみるのも楽しいかもしれません。

過去と現在、そして未来。特別な展示をぜひお楽しみください。

DM_-02.jpg

—-
イラストレーター坂口友佳子・のだかおりの2名による、いままでと これからの作品展。
過去5年のふたりの足跡をあつめました。

原画の他に、各種グッズ(ポストカード・缶バッチなど)の販売を行います。

タンスに眠る作品たちが、気に入ってくれる誰かと巡り合いますように。
—-


*イベントの詳細や、在廊予定日は随時お知らせします。


●会期:5/14(金)〜5/30(日)12:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
*土日は18時半ごろまで

5/22(土)17時まで
5/26(水)18時半まで
5/30(日)16時まで【最終日】

・火曜定休
臨時休業、営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料


☆プロフィール

◆坂口友佳子
イラストレーター TIS会員
1989年 大阪府生まれ 東京都在住
京都造形芸術大学 キャラクターデザイン学科卒
MJイラストレーションズ19期、卒業。
2017年第15回TIS公募銀賞、南伸坊「わたしの一枚」選。
広告会社勤務を経て、フリーランスのイラストレーターに。
装画や雑誌の挿絵・広告など、様々な分野で活動中。
https://pike0e0y0.wixsite.com/yukako-sakaguchi

◆のだかおり
イラストレーター
1989年 長野県生まれ 東京都在住
女子栄養大学 食文化栄養学科卒
テレビ制作会社勤務を経て、フリーランスのイラストレーターに。
雑誌や児童書の挿絵の他、
似顔絵イベントやライブペイント、ライブ配信などのパフォーマンス分野でも活動・発信を行う。
Instagram(アカウント:rioka_dn)では1日1絵を投稿。
ラジオ(stand.fm)も配信中*
https://fantist.com/artists/rioka_dn/links

移転オープン記念 ねこの一筆箋まつり

この春、ひるねこBOOKSは、今と同じ「谷中キッテ通り」沿いの新たな場所に移る事になりました。郵便局の二軒隣、まさに“キッテ通り”の名にふさわしい立地だなと嬉しく思っています。

手軽にメッセージを誰かに送ることができる「一筆箋」をメインにして、移転後最初のお祝い展示を開催します。ひるねこBOOKSと縁の深い、総勢9名の作家が参加し、記念の一筆箋の販売、原画の展示販売をおこなう豪華な企画です。

neko1.png

一年目の頃からずっとお世話になっている作家・安達茉莉子さんが立案してくださり、また企画進行も全て彼女に担当していただきました。

お忙しいなか時間を割いてくださった作家の皆さんに心からの感謝を。始まる前から既に胸がいっぱいです。

カラフルな一筆箋がいろどる、新しいはじまりの場所。思い出に残る、楽しい時間になればと思います。ご来場、お待ちしております。

neko2.png


■参加作家(50音順)
安達茉莉子
坂口友佳子
佐々木未来
サユリ・ミナガワ
田中チズコ
のだかおり
はんことことば(あまのさくや)
松田奈那子
やまぐちまりこ

*各作家さんによるイベントの詳細や、在廊予定日は随時お知らせします。


●会期:4/22(木)〜5/10(月)12:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
*土日は18時半ごろまで
*最終日5/10は18時まで

・火曜(4/27、5/4)定休
臨時休業、営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料

北岸由美さん『ねこねこほいくえん おさんぽカー』サイン会

4月発売の新刊『ねこねこほいくえん おさんぽカー』(文:石崎 洋司/講談社)の刊行にあわせ、絵を担当された北岸由美さんのサイン会を開催します。

ねこねこほいくえん_カバー+オビ0225_page-0001.jpg

北岸さんにはこれまで2度にわたり個展を開催していただいた他、日頃から何かとお世話になっています。もちろん店主自身もファンの一人です。

その北岸さんの絵本デビューとなる本作。ちょうど発売と当店の移転オープンの時期が重なることもあり、めでたく新店舗最初のイベントとして開催できることになりました。

完全予約制となりますので、くれぐれもお気を付けください。
皆様のお申し込みをお待ちしております!

oADaK9AF

●日時:4/29(木・祝)13:00~15:00

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●定員:20名


*参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで〈お名前、電話番号〉をご連絡下さい。
折り返し、ご来店いただく時間の目安をお知らせいたします。

その際に、下記よりご購入希望の「タイトル」と「冊数」をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「4/29 北岸由美さん サイン会」

『ねこねこほいくえん おさんぽカー』(文:石崎 洋司/講談社)【NEW!!】
本体価格:1,300円+税
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784065230176


『366日のちいさな物語』(主婦の友社)
本体価格:1,600円+税
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784074211388



*店内が密状態になるのを避けるため、混み合った際は外でお待ちいただきます。また、お連れ様のご入店はできません。複数名でお越しになる場合は、お申し込み時にお知らせください。

*ギフトラッピングは承りかねます。また、手提げ袋が必要な場合には有料となります。

*お会計は現金のみです。クレジットカードなどはご利用になれません。

*マスクの着用、手指のアルコール消毒にご協力ください。


☆プロフィール

北岸 由美(きたぎし ゆみ)
イラストレーター、東京都内で愛猫とともに暮らす。作家として個展やSNSで作品を発表するほか、幼児・児童向けの媒体、広告や製品デザインなど、幅広いジャンルでイラストを手がける。著書に『366日のちいさな物語』(主婦の友社)がある。

====================================
メッセージ
『ねこねこほいくえん おさんぽカー』は
3匹のねこたちがおさんぽカーに乗って冒険する、たのしい絵本です。
いしざき先生からこのお話を聞かせてもらったとき、
わたしはこの3匹のねこたちがすぐに大好きになりました。
いたずら好きで、仲良しの3匹。
ねこねこほいくえんを飛び出してあちこちに登場するねこたちと一緒に
みなさんにも楽しんでもらえるとうれしいです。
====================================

ねこねこほいくえん_本文0225_page-0002.jpg

ねこねこほいくえん_本文0225_page-0007.jpg

きむらゆきさんイラスト企画「あなたの守護妖怪を描きます」

きむらゆきさんの個展「妖怪闇市あきない中」にあわせて、イベントを開催します。

IMG_0104.jpg

(世界にただ一匹の)あなたを守ってくれている妖怪を描き、そのまま飾れる祭壇風スタンドパネルにしてお届けします。
名前と説明のキャプションもセットです。

IMG_0103.jpg

オーダー3.jpg


●料金2800円+送料200円
(祭壇風枠なしの場合300円引)

●サイズ
ほぼB6(128×182mm)ですが、若干個体差が発生します。

●素材
作品:紙/1mm厚イラストボードに貼付
枠とキャプション:両面紙貼り1mm厚スチレンボード

●お申し込み
・会期中に下記メールアドレスまで、質問の回答をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「きむらゆきイラスト企画」

*会期中、店頭に設置された用紙にてお申し込みいただくことも可能です。

●質問
・お名前
・作品送付先ご住所
・好きな動物(1つまで)
・好きなもの(なんでも 2つまで)
・困りごと、お悩みなど(もしあれば)
・その他ご要望(もしあれば)
・Instagramの投稿やグッズに使用しても良いか

お申し込みから1ヶ月以内にお届けします。


*きむらゆきさんの個展「妖怪闇市あきない中」の詳細は⇨
http://hirunekodou.seesaa.net/article/480208383.html



☆プロフィール

きむらゆき
和歌山県生まれ
沖縄県立芸術大学卒業
イラストレーター、温泉ソムリエ、占い師見習い
水木しげるや楳図かずおの作品などを絵本にして育つ。

Instagram:https://www.instagram.com/yokaizukan

安達茉莉子 “Here, you are. – あなたとここにいる” 追加開催

安達茉莉子さんによる絵と言葉のイベント。
先日の個展にあわせて開催しましたが、早々に満席となってしまったため、1日限定で追加開催します。

IMG_0716.JPG

今回も安達さんのご自宅からリモート(ZOOM)で行います。
お顔を見ながらオンラインで自由にお話ができる環境であれば、移動中でも、外出先でもかまいません。
お話が苦手な方は、お話ししなくても全くかまいません。
その時に浮かんできた絵と言葉をかいて贈ります。

IMG_0717.JPG

IMG_1423.JPG


●リモート開催日程

2021年
3月7日(日)

①14:30-
②15:30-
③18:30-
④19:30-
⑤20:30-


*各時間帯につき、おひとり様


●サイズ
ポストカードサイズ (封筒に入れてお渡しします)

●後日郵送
1週間程度でお届けする予定です

●料金 
3,000円(税込)+送料300円

●所要時間
お一人様 20〜30分程度


●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、ご希望の日時(第1希望、第2希望)〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「安達茉莉子さんイベント 参加希望」


☆プロフィール
安達茉莉子

作家。言葉とイラストで「物語」を表現する。大分県日田市出身。東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。
政府機関での勤務、兵庫県・篠山の限界集落での生活、イギリスの大学院留学など様々な組織や場所での経験をする中で、人間が人間であるための「言葉」を拠り所として制作を続けている。
2015年から、東京都内でセルフパブリッシングレーベル”MARIOBOOKS”を開始。2019年に『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』『The Feeling When…日常の中に生まれてくるある瞬間について』リソグラフ特装版を刊行(制作協力ビーナイス)。
2020年11月に初の商業出版となる『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』を刊行(ビーナイス)。
書籍の仕事に、『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(タバブックス)装画、『エトセトラvol.1』(エトセトラブックス)イラストエッセイなどがある。

Web http://mariobooks.com
Twitter: http://twitter.com/andmariobooks
Instagram: http://instagram.com/andmariobooks

IMG_1424.JPG

IMG_1422.JPG

きむらゆき 個展「妖怪闇市あきない中」

イラストレーター・きむらゆきさんの個展を開催します。

DM表.jpg


“商い中” “営業中” などの看板を見ることが減った今、その言葉により力強い希望を感じる。
おそらく妖怪たちには休業や自粛の概念がない。今も其処此処で、誰かを何かに誘っている。


現店舗最後の展示は、なんと「妖怪」。昨年、とある展示に来てくださった事がきっかけで知り合ったのですが、きむらさんの描くなんとも魅力的な妖怪に忽ち夢中になりました。すぐに展示のお誘いをしたのですが、まさかそれがこの場所での最後の展示になろうとは……!

自由で伸びやかで、作家さんの可能性を応援し続けてきた当店だけに、ある意味では“らしい”展示なのかもしれません。どうぞご期待ください。

きむらさんは、普段ご自身のInstagramアカウントでオリジナル妖怪の発表などを行っています。そちらもぜひ覗いてみてください。

今回は画集「妖怪ずかん1~100」をはじめ、原画、ZINE、オリジナルマスキングテープ、しおり、便箋、シール、妖怪みくじなどのグッズを販売します。


妖怪が誘う闇市に、ぜひお運びください。


作品イメージ1.jpg

作品イメージ2.jpeg

妖怪ずかん1-100.jpg


●会期:3/12(金)〜3/28(日)12:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
*土日は18時ごろまで
*最終日3/25は16時まで

・火曜定休
臨時休業、営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉地下鉄「根津」駅より徒歩約6分

●入場無料


*会期中「あなたの守護妖怪」の絵のオーダーを受付けます。
→詳細は追ってご案内します。


☆プロフィール

きむらゆき
和歌山県生まれ
沖縄県立芸術大学卒業
イラストレーター、温泉ソムリエ、占い師見習い
水木しげるや楳図かずおの作品などを絵本にして育つ。

Instagram:https://www.instagram.com/yokaizukan

瀬在恵里さん ペット似顔絵イベント

瀬在恵里さんの個展「ほのぼの動物園」にあわせて、似顔絵イベントを開催します。

ペット似顔絵1.jpg

ペット似顔絵2.jpg

メールにてペットのお写真やプロフィールをお送りください。
通常の4分の1サイズの色紙(136㎜×121㎜)に描いてお届けします。


●料金
1点3,000円+送料300円

(一枚の用紙に1,000円/1匹で追加が可能です。)

●お申し込み
下記メールアドレスまで、以下の内容をお知らせください。
hirunekobooks@gmail.com 
件名「瀬在恵里さんイラスト企画」

---
ペットの
・お名前(ちゃん or くん or 敬称なし)
・性格(簡単で結構です)
・好きなもの
・その他、クセや、その子独自の伝えたいことなどがあれば
・写真(できれば複数枚お送りください)

依頼主さまの
・お名前、作品送付先ご住所
・イラストをSNSで紹介してよいか 可 or 否
---


*お申し込みから一週間程度でお届けします。
ただし個展が始まってからのスタートとなりますので、
2月中にお申し込みの方には、3月中旬ごろお届けします。


*瀬在恵里さんの個展「ほのぼの動物園」の詳細は⇨
http://hirunekodou.seesaa.net/article/479702210.html



☆プロフィール

イラストレーター 
瀬在恵里
多摩美術大学日本画学科卒業
パレットクラブイラストコース17期
バートック絵本塾12期
ロンドン美術大学ブックイラストレーションショートコース修了
図画工作教諭として勤務した後、イラストレーターとして独立。
優しい、ほのぼの、あたたかみのある絵を描きます。
子どもや動物を描くのが好きで、
みた人がほっこりするような作品を目指しています。
ヨガと旅行が趣味で、レポートマンガにも挑戦しています。

製作スタイル、アクリル絵の具、紙、Photoshop、Illustrator

ホームページ→https://eri-sezai.com
Twitter→https://twitter.com/seppon_8
インスタグラム→https://www.instagram.com/seppon0x0

作品1.jpg

瀬在恵里 個展「ほのぼの動物展」

イラストレーター・瀨在恵理さんの個展を開催します。

メインビジュアル.jpg

ちょっと笑える、愉快で可愛い動物達が大集合。絵本から飛び出して来たような動物達と、ほのぼのとした時間をお届けできたら幸いです。

原画に加え、各種グッズ(切手、一筆箋、ポチ袋、ステッカー、ポストカード、キーホルダー、エコバッグ、ミニ冊子など)を販売します。


どうぞお楽しみに。

作品2.JPG

作品3.jpg

グッズ.jpg


●会期:2/25(木)〜3/11(木)12:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
*土日は18時半ごろまで
*最終日3/11は15時まで

・火曜、第二水曜3/10定休
臨時休業、営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉地下鉄「根津」駅より徒歩約6分

●入場無料


*会期中、ペットの似顔絵イベントも予定しております。
→詳細は追ってご案内します。


☆プロフィール

イラストレーター 
瀬在恵里

多摩美術大学日本画学科卒業
パレットクラブイラストコース17期
バートック絵本塾12期
ロンドン美術大学ブックイラストレーションショートコース修了
図画工作教諭として勤務した後、イラストレーターとして独立。
優しい、ほのぼの、あたたかみのある絵を描きます。
子どもや動物を描くのが好きで、
みた人がほっこりするような作品を目指しています。
ヨガと旅行が趣味で、レポートマンガにも挑戦しています。

製作スタイル、アクリル絵の具、紙、Photoshop、Illustrator

ホームページ→https://eri-sezai.com
Twitter→https://twitter.com/seppon_8
インスタグラム→https://www.instagram.com/seppon0x0

作品1.jpg

“Here, you are. – あなたとここにいる” vol.3

毎年恒例となった、安達茉莉子さんによる絵と言葉のイベント。
第3回目は、安達さんの個展にあわせて開催します。

IMG_0716.JPG

今回は安達さんのご自宅からリモート(ZOOM)でおこなう事になりました。
お顔を見ながらオンラインで自由にお話ができる環境であれば、移動中でも、外出先でもかまいません。
お話が苦手な方は、お話ししなくても全くかまいません。
その時に浮かんできた絵と言葉をかいて贈ります。

IMG_0717.JPG

IMG_1423.JPG

*個展期間中、安達さんが在廊しているタイミングで、対面で実施する可能性もあります。
(店内の混雑状況によりますので、ご予約は承れません)

5周年記念 安達茉莉子 個展 “Because love is love is love!”の詳細、在廊予定については→
http://hirunekodou.seesaa.net/article/479036822.html


●リモート開催日程
2021年1月

18(月)
①14:30-
②15:30-
③18:30-
④19:30-
⑤20:30-

20(水)
①14:30-
②15:30-
③18:30-
④19:30-
⑤20:30-

24(日)
①10:00-
②11:00-

30(土)
①10:00-
②11:00-


*各時間帯につき、おひとり様


●サイズ
ポストカードサイズ (封筒に入れてお渡しします)

●後日郵送
1週間程度でお届けする予定です

●料金 
3,000円(税込)+送料300円

●所要時間
お一人様 20〜30分程度


●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、ご希望の日時(第1希望、第2希望)〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「安達茉莉子さんイベント 参加希望」


☆プロフィール
安達茉莉子

作家。言葉とイラストで「物語」を表現する。大分県日田市出身。東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。
政府機関での勤務、兵庫県・篠山の限界集落での生活、イギリスの大学院留学など様々な組織や場所での経験をする中で、人間が人間であるための「言葉」を拠り所として制作を続けている。
2015年から、東京都内でセルフパブリッシングレーベル”MARIOBOOKS”を開始。2019年に『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』『The Feeling When…日常の中に生まれてくるある瞬間について』リソグラフ特装版を刊行(制作協力ビーナイス)。
2020年11月に初の商業出版となる『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』を刊行(ビーナイス)。
書籍の仕事に、『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(タバブックス)装画、『エトセトラvol.1』(エトセトラブックス)イラストエッセイなどがある。

Web http://mariobooks.com
Twitter: http://twitter.com/andmariobooks
Instagram: http://instagram.com/andmariobooks

IMG_1424.JPG

IMG_1422.JPG

オープン5周年記念「ねこのひるね展」

毎年恒例となった「ねこのひるね展」。今回でついに5回目の開催です。

スクリーンショット 2020-12-02 13.19.24.png
(illustration & design by北岸由美)

“ねこのひるね”は当店のコンセプトである「こころゆたかな暮らし」の象徴であり、ひるねこBOOKSという店名の由来でもあります。

今回もまた、それぞれの作家さんが"ねこのひるね"からイメージする作品たちが一堂に会します。ぜひご覧ください。

●会期:2/3(水)~ 2/22(月)12:00~20:00 
(店舗営業時間に準じます)
*土日は18時半ごろまで
*最終日は17時まで 

毎週火曜+第二水曜定休の他、休業や営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉地下鉄「根津」駅より徒歩約6分


●入場無料

出展作家(五十音順)

・生藤由美
・北岸由美
・小泉さよ
・柊有花
・やまぐちまりこ

※グッズや書籍以外の展示作品は、会期終了後のお渡しとなります。着払いでの郵送、もしくは店頭での受け取りとなります。

※作品ご購入の際のお支払いは現金のみとなります。ご了承ください。



以下、作家さんのプロフィールです。
(画像はイメージです。必ずしも出品作品とは限りません)


○生藤 由美

猫が出てくる作品ばかり描く漫画家
ねこのひるね展には、去年に続いてのお招きに預かりました。
「ねこノート」「ゾッチャの日常」「べいびー・ぞっちゃ」
絵本「スイーツこねこ」
https://twitter.com/ikefujiofficial

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender (1).jpg




○北岸 由美

イラストレーター。
専門学校にてグラフィックデザインを学んだ後、デザイン事務所勤務を経てイラストレーターに。
個展で作品を発表するほか、企業とのコラボレーションも多数。
インスタグラムに投稿してきた日付入りの作品をまとめた著書「366日のちいさな物語」(主婦の友社/ジュウ・ドゥ・ポゥム)も発売中。
https://paumes.com/kitagishi.html

IMG_8525.jpg

IMG_6011.jpg




○小泉 さよ

東京都生まれ。東京芸術大学絵画科日本画専攻卒業、同大学院美術研究科修士課程修了。
おもに猫を描くフリーイラストレーター。著書に『さよなら、ちょうじろう。』『もっと猫と仲良くなろう!』『うちの猫を描こう!』など。共著に『猫のいる家に帰りたい』(仁尾智・著/小泉さよ・イラスト)など。
その他、書籍や雑誌等にイラスト掲載多数。個展等開催多数。
http://www.sayokoizumi.com/

sayokoizumi01.jpg

sayokoizumi02.jpg

sayokoizumi04.jpg




○柊 有花

法政大学社会学部卒業。保育士職、幼児教育用教材の編集職ののち、独立。見えないものを形にし、誰かに何かを届けるをモットーに活動。石井ゆかりさん『星ダイアリー』、瀬尾まいこさん『優しい音楽』などの装画、手紙社「花と手芸をこよなく愛して」や、台湾の雑貨イベント「雑貨女子博」のメインビジュアル、京都・cozyca productsとコラボした紙雑貨や生活小物のデザインなどを中心に活動。日本や台湾での個展も行う。
https://hiiragiyuka.tumblr.com/

cat.jpg

day01.jpg

night01.jpg




○やまぐち まりこ

東京都墨田区両国生まれ、台東区在住。
グラフィックデザイナーとして広告業界で約10年従事

2016年 セツ・モードセミナー夜間部に通う
2017年 作家活動をスタート 
     東京を中心に個展・グループ展を開催
2018年・2019年 ひるねこBOOKSレーベルより絵本を出版
2020年 自身の講師経験をまとめた本「イラスト映えBOOK」を刊行(株式会社 翔泳社)

現在もイラストレーターとして、広く本の世界に携わる。
水彩画の優しくあたたかな世界観が得意。
仕事では教育書や実用書など、媒体の特性に合わせたさまざまなタッチで制作を行っている。

作品のテーマは、やさしくほっとする世界。
表情が豊かで、心温まる作風を大切にしています。

【WEBサイト】
◇仕事ページ
https://www.oppo-design.com/blog

◇作家ページ
https://marikoyamaguchiil0.wixsite.com/marikoyamaguchi

【SNS】
◇twitter:mariko_y_illust
◇instagram: mariko_y_ehon

Myama03.jpg

Myama02.jpg

Myama01.jpg

5周年記念 安達茉莉子 個展 “Because love is love is love!”

2021年1月11日、おかげさまで当店は開店5周年を迎えます。
この記念として、5年間を共に歩んできた作家の一人である、安達茉莉子さんの個展を開催します。

loveisloveis_main.jpg

「私はあの子のことが好き。」
「それは何も間違ってない。」
「だって、愛は愛で、愛だから。」

オープン5周年となるひるねこBOOKSで、活動スタート5周年を記念しておくる、安達茉莉子による「愛」についての新作展示です。

「愛」について描いた新作原画数点と言葉、複製原画を販売するほか、今回の個展にあわせた作品集や新刊詩集、ZINE、グッズの販売も。

さらに5周年を記念したハンカチを新たに販売いたします。

どうぞお楽しみに。

〜〜
私はあの子のことが好き。
私は私のことが好き。
私はあなたのことが好きだった。

私は踊ることが好き。
私は歌うことが好き。
私は何もしないことが好き。
私は本当にそれが好きだった。

誰が誰を愛していても、何を愛していても、どんなふうに愛していても、おかしいことなんてない。
だって、愛は愛で、愛なのだから。



「光」と共に、「愛」についてずっと考えていました。
絵と言葉の世界をご覧いただける日を心待ちにしております。
〜〜


●会期:1/16(土)〜1/31(日)12:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
*土日は18時半ごろまで
*最終日1/31は18時まで

毎週火曜定休
臨時休業、営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉地下鉄「根津」駅より徒歩約6分

●入場無料


*安達さん在廊日
16(土)、17(日)、23(土)、24(日)、29(金)、30(土)、31(日)
それぞれ 15時〜18時 (あくまで予定です。SNSをご確認ください。)

* 1/27(水)20:30〜 朗読ライブ配信を予定しています。

*在廊日に絵と言葉をおくるイベント「”Here, you are- "あなたとここにいる”」の開催を予定しています(予約制)。
→詳細は追ってご案内します。




☆プロフィール
安達茉莉子

作家。言葉とイラストで「物語」を表現する。大分県日田市出身。東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。
政府機関での勤務、兵庫県・篠山の限界集落での生活、イギリスの大学院留学など様々な組織や場所での経験をする中で、人間が人間であるための「言葉」を拠り所として制作を続けている。
2015年から、東京都内でセルフパブリッシングレーベル”MARIOBOOKS”を開始。2019年に『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』『The Feeling When…日常の中に生まれてくるある瞬間について』リソグラフ特装版を刊行(制作協力ビーナイス)。
2020年11月に初の商業出版となる『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』を刊行(ビーナイス)。
書籍の仕事に、『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(タバブックス)装画、『エトセトラvol.1』(エトセトラブックス)イラストエッセイなどがある。

Web http://mariobooks.com
Twitter: http://twitter.com/andmariobooks
Instagram: http://instagram.com/andmariobooks


消えそうな_表紙.jpg

フェミニズムZINE.JPG.JPG のコピー

何か大切なものを.JPG.JPG のコピー

The Feeling When.jpg

言葉をなくしたように.jpg

坂口友佳子さんイラスト企画「けだまちゃんといっしょ 似顔絵」

坂口友佳子さんの絵本出版記念個展にあわせて、似顔絵企画を開催します。

似顔絵イベント-02.jpg

名称未設定-3+_アートボード 1.jpg

●開催日程
・12/20(日)①12時半〜 ②13時半〜 ③14時半〜 ④15時半〜 ⑤16時半〜
・12/26(土)①12時半〜 ②13時半〜 ③14時半〜 ④15時半〜 ⑤16時半〜
・12/27(日)①12時半〜 ②13時半〜 ③14時半〜 ④15時半〜 ⑤16時半〜
・1/9(土)①12時半〜 ②13時半〜 ③14時半〜 ④15時半〜 ⑤16時半〜
・1/10(日)①12時半〜 ②13時半〜 ③14時半〜 ④15時半〜 ⑤16時半〜

*各時間帯につき、1組様

●所要時間

30〜40分程度

●サイズ
ポストカードサイズ

●料金
2,500円(税込)
(1枚の紙に2名以上描く場合、【+1000円/人数】頂戴します。)


●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、ご希望の日時(第1希望、第2希望、第3希望)〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「坂口友佳子さんイラスト企画」


*予約が空いている場合は、当日飛び込みでも受け付けます。
事前にご予約いただくと確実です。

*メールで写真を送っていただく「リモート似顔絵」も承ります(送料別途)。
ご希望の方は上記アドレスにご連絡ください。


坂口友佳子 絵本出版記念個展「どこどこけだまちゃん」の詳細は⇨
http://hirunekodou.seesaa.net/article/478685459.html



☆プロフィール

坂口友佳子
イラストレーター TIS会員
1989年 大阪府生まれ 東京都在住
京都造形芸術大学 キャラクターデザイン学科卒
MJイラストレーションズ19期、卒業。
2017年第15回TIS公募銀賞、南伸坊「わたしの一枚」選。
広告会社勤務を経て、フリーランスのイラストレーターに。
装画や雑誌の挿絵・広告など、様々な分野で活動中。
https://pike0e0y0.wixsite.com/yukako-sakaguchi

坂口友佳子 絵本出版記念個展「どこどこけだまちゃん」

ひるねこBOOKSレーベル第6弾の刊行を記念して、作者・坂口友佳子さんの個展を開催します。

SNS_アートボード 1.jpg

絵本『どこどこけだまちゃん』の原画展示のほか、描き下ろしのイラストやグッズも展示販売します。

どうぞお楽しみに!

DDK+++-04.jpg

DDK+++-09.jpg


*会期中、似顔絵イベントを開催いたします。
詳しくは改めてお知らせします。



●会期:2020年12月19日(土)〜2021年1月14日(木)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日祝は18時半ごろまで
*年末年始休業:12/29(火)〜1/3(日)
*最終日1/14(木)は18時まで

営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料


*WEBSHOPでの販売につきましては、後日お知らせします。
当面は店頭のみの優先販売となります。


☆プロフィール

坂口友佳子
イラストレーター TIS会員
1989年 大阪府生まれ 東京都在住
京都造形芸術大学 キャラクターデザイン学科卒
MJイラストレーションズ19期、卒業。
2017年第15回TIS公募銀賞、南伸坊「わたしの一枚」選。
広告会社勤務を経て、フリーランスのイラストレーターに。
装画や雑誌の挿絵・広告など、様々な分野で活動中。
https://pike0e0y0.wixsite.com/yukako-sakaguchi

〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎
この絵本の舞台は、フィンランドの首都ヘルシンキ。
2年前、はじめてヘルシンキを旅しました。
寒い冬でした。
見知らぬ街の冒険は、寒さを忘れるほど、ドキドキとワクワクで溢れていました。
サウナのあと、冷たい海に飛び込む人たち。
白くて、美しい教会。
乱雑なようで、調和の取れた市場。
シナモンロールの甘い香りが漂うカフェ。
料理を彩る可愛いらしい食器たち。
街に魅せられたわたしは、次の冬、またヘルシンキを訪れました。そして何度でも行きたいと願っています。
読者の方には、女の子といっしょにけだまちゃんを探しながら、ヘルシンキの町を楽しんでもらいたいです。
〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎

表紙.jpg