今年もよろしくお願い申し上げます。

今年も航海を続けられますよう、ウィンドウを柳原良平に替えて新年を迎えました。 柳原良平『船の本』全5巻(至誠堂/ ¥5,000+税/少々難あり)、『船キチの航跡』(海事プレス社/¥1.500+税)、『「客船史」を散歩する […]

根津神社例大祭

夏の終わりを告げる8月末のお諏方さま、9月に入ると天祖神社、そしてこの9月15日(土)、16日(日)、17日(祝)が根津神社はお祭りでした。 今年は4年に一度の神幸祭の年で、昨日は渡御行列を見ることができました。

本棚を作りたくなる季節。なのか?

ビバホームでベニヤ板を裁断もらったら、どうしても片側は裏面が表に出てしまうことに気づいて、やる気を失いそのままにしていた本棚製作を再開。ようやく組み立てました。 前回作ったのはいつだっけ?とツイッターを遡ったら、ちょうど […]

古書組合に入りました

 4月9日付けで、東京古書組合に加入しました。  1998年に古書ほうろうを始めてからちょうど20年、その間、組合に入らず、この店で買った本だけをこの町で売ってきました。おそらくあまり例のないことで、にもかかわらずそれが […]

音の台所&春畑セロリ『ゼツメツキグシュノオト』絵本、CD、楽譜が入荷しました。

“「絶滅危惧種」も「生物多様性」も、実は、われわれ生物学者が創った言葉だ。仕方がなかった。生き物のことを頭で考える人が多くなったから、難しい言葉を使って理詰めで説明しなければならなかった。でも生き物を想うときに必要なのは […]

ウインドウを替えました。今回は、ささめやゆきさんです。

ささやかに集めていた、ささめやゆきさんの本、装画、挿し絵を書かれている本を並べました。既にお買い上げ戴いた本もありますが、ひとまずパチリと記念撮影。 こうして並べてみると、微妙な色づかいのなかでもグリーンが印象的です。さ […]

平野甲賀リトグラフのミニ展示

ウインドウを入れ替えました。 ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催中の「平野甲賀と晶文社展」にはみなさまもうお出かけになりましたか? 遅ればせながら水曜の定休日にやっと観に行ってきました。 表情豊かな文字たち、甲賀さん […]

宮里千里 録音『久高島 イザイホー』と宮里綾羽 著『本日の栄町市場と、旅する小書店』

 年末に大竹昭子さんから、ほうろうに合うと思うのよ〜と、音源集CD『琉球弧の祭祀 久高島 イザイホー』を戴きました。  いつの間にかがんじがらめの重たい衣が一気に剥がされ、魂に一直線に飛び込んでくる祈り、歓び、詞、息遣い […]

トークイベントに行ってきた!

 近所の往来堂書店がトークイベントを開催するようになりました。本日はその2回目、「南陀楼綾繁と金井真紀がえらぶ人人本フェア」に合わせてのトークでした。  客としてトークベントに行くのはいつ以来かしら。いやぁたのしみました […]

明けましておめでとうございます。

みなさまはどのような新年を迎えられたでしょうか。 わたしたちは双方の両親といつもと変わらぬ穏やかなお正月を過ごしました。偶然にもそれぞれの親の生い立ち、来し方をじっくり聞く機会に恵まれ、50年間も子でありながら初めての話 […]

やっと天井が張り替え工事完了!

4月の漏水以来やっと天井の張替え工事が行われました。併せて昨年9月の漏水のままにしていた帳場付近の天井も塞いでいただきました。 さらに大工さんにお願いして、100Wの長い蛍光灯用の古い器具を撤去し、チリに移住した知人から […]

水族館劇場、横浜寿町興行いよいよです!

 水族館劇場を観るようになって、何年になるだろう。  自転車で通り過ぎるいつもの風景、近所のお寺の境内に、ある日突然巨大で異様なあばら建造物が出現した。日に晒され色褪せはためく幟には水族館劇場。足を踏み入れたら最後戻って […]