梅山いつき企画展示、早稲田演劇博物館で開催中!

kasetsugekijyo.jpg

「広場をつくる・広場を動かす~日本の仮設劇場の半世紀~展」に水族館劇場も登場!梅山いつき(恋する虜・制作)のライフワークともいえる、60年代末からはじまったアングラ演劇の本質をいままで語られてこなかった視覚から再検証するという試み。反新劇という旗印から遠く離れ、紅テント・黒テントに代表される演劇潮流からはずれた集団にもスポットライトをあてた。水族館劇場ともつながりの深い、曲馬館・白髪小僧(岡崎)・犯罪友の会(大阪)・未知坐小劇場(大阪)・健康相談(博多)などにも言及。見世物の藤平興行社の展示から仮設の意味を前近代への親和というスタンスでにじり寄る。是非ごらんになってください!


会期:~ 2011. 3. 27(日)まで  4.13(水)まで延長

会場:早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 2階 企画展示室

休館日:3. 20(日)・21(月)

10:00 ~ 17:00(火・金は19:00まで)入場無料