『暗がりで本を読む』(本の雑誌社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

徳永圭子
『暗がりで本を読む』(本の雑誌社)


暗がりで本を読む [ 徳永圭子 ]

一冊分の隙間、棚の匂い、読み返す本。

日々書店の店頭に立つ著者が綴る心持ちと、厳選された書評。

「恐れているのは、誰もが長い文章を読まなくなること。書かなくなること。それが気づかないうちに進むことだ。」

「役に立とうが立つまいが、おそらく編まれた書を読む姿は尊い。」

「誰かの体験や物語があるというだけで、安らぎや慰めになるだろう。」

営業時代、徳永さんに一度だけお目にかかったのはいつ頃の事だったでしょうか。

あれからも彼女はずっと、変わらずに本を売っている。

静謐な文章と本への真っ直ぐな眼差しに、背筋が伸びるような気がします。

https://hiruneko.thebase.in/items/35510021

『白野真澄はしょうがない』(東京創元社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

奥田亜希子
『白野真澄はしょうがない』(東京創元社)


白野真澄はしょうがない [ 奥田 亜希子 ]

助産師、女子大生、イラストレーター、主婦、小学生。
5人の「白野真澄」の、五者五様のわだかまりと秘密。

名前が同じでも、こんなにも違う人生。生きていくには不器用で、辛いことも苦しいこともあるけれど、毎日は不思議で、愛おしい。どんな人生も悪くない。

魅力的な装画は、唯一無二のイラストが人気の三好愛。
「しょうがなさ」を見守る、優しい眼差し。

https://hiruneko.thebase.in/items/35336309

『世界で読み継がれる子どもの本100』(原書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

コリン・ソルター 著/ 金原瑞人、安納令奈 訳
『世界で読み継がれる子どもの本100』(原書房)


世界で読み継がれる子どもの本100 [ コリン・ソルター ]

グリム童話、若草物語、クマのプーさん、ホビットの冒険、床下の小人たち、ハリー・ポッター……。

19世紀に刊行された古典的作品から、長く読み継がれてきた童話、映画化されたヤングアダルト小説まで、将来に残したい本100点を紹介する。

絵本や児童書のガイドブックは数多あるが、これは珍しい。
何しろ著者が児童書の研究者でも愛好家でもなく、ヒストリー・ライター/歴史作家なのだから。

客観的、科学的な部分を押さえた上で、読み物として面白く書くのはお手の物。

本書も一般的な内容紹介ではなく、児童書としての価値、時代背景や作者自身のエピソード、後の児童書への影響などが書かれており、ひとつひとつがエッセイのようだ。

初版本の書影も嬉しく、たまらない。

好きな作品の魅力を更に深く知り、未知の作品とは内容を読む以前に変わったプローチで出会わせてくれる。

いつでも手元に置いておきたい。稀有な本。

☆WEBSHOP〓️
https://hiruneko.thebase.in/items/35336394

『虹いろ図書館のひなとゆん』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

櫻井とりお
『虹いろ図書館のひなとゆん』(河出書房新社)


虹いろ図書館のひなとゆん (5分シリーズ+) [ 櫻井 とりお ]

小学4年生のひなは、病気のせいでなかなか学校に馴染めません。
しばらく休んでいたので友だちもできず、体を疲れさせてはいけないので、体育や水泳は見学です。

午前中の授業だけで早引けするので、帰る時はいつも一人。
校庭を横断していると、砂漠の真ん中を横断している気持ちになります。

そんな彼女のオアシスは、つぶれかけの会社みたいな古い図書館。
下校途中で図書館に寄り、本を読んだり司書のイヌガミさんと話すと、
ぽかんとした風船みたいな気持ちが消えていくようです。

ある日、不思議な少女ゆんと出会いました。
世界中を巡ってきたゆんは、ひなに色々な話をしてくれます。

ずっと友だちでいたい。そう思っていたのに……。


当店でも大人気だった「虹いろ図書館」シリーズ第2弾。
図書館では今日も、奇跡が起きるでしょうか。

https://hiruneko.thebase.in/items/35336269



『病と障害と、傍らにあった本。』(里山社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『病と障害と、傍らにあった本。』(里山社)


病と障害と、傍らにあった本。 [ 齋藤 陽道 ]

体が痛い時、心が苦しい時、孤独が辛い時。
私たちは本の一節や一文、たった一つの言葉に救われる事がある。

もしも今、当事者あるいは介護者になったら、どんな本に寄り添っていてほしいだろうか。

誰とも分かち合えない時間、本は外の世界と自分を繋ぐ「窓」となる。

12人それぞれの病と障害。本と生きることにまつわるエッセイ集。
-
-

目次

【本を知る】
齋藤陽道  母の絵日記 
頭木弘樹  本嫌いが病気をして本好きになるまで 
岩崎航   病をふくめた姿で 

【本が導く】
三角みづ紀 物語に導かれて 
田代一倫  写真と生活 
和島香太郎 てんかんと、ありきたりな日常 

【本が読めない】
坂口恭平  ごめん、ベケット 
鈴木大介  本が読めない。 

【本と病と暮らしと】
與那覇潤  リワークと私―ブックトークがあった日々 
森まゆみ  体の中で内戦が起こった。―原田病と足るを知る暮らし― 

【本と、傍らに】
丸山正樹  常にそこにあるもの 
川口有美子 それは、ただ生きて在ること
---


☆WEBSHOP〓️
https://hiruneko.thebase.in/items/35205518


『アネモネ戦争』(BL出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

上村亮太
『アネモネ戦争』(BL出版)


アネモネ戦争 [ 上村亮太 ]

遠いむかしのこと。
人々は野に咲く小さな花に「アネモネ」という名をつけました。

アネモネの種は風にのって旅だち、あちこちで花を咲かせます。そうやってその種類を、少しずつ少しずつ、増やしていきました。

C2D16172-003C-4E91-9BF3-DF39662F6BAA.jpg

人々は、アネモネの花をだんだん好きになり、やがて自分の手もとにおいておきたい、と思うようになったのです。

ついには街中に、新しい種類の、様々な花が咲くようになりました。

そんな中、ある国の欲ばりな王様が、学者を呼んで命じました。

「わが国だけに咲くアネモネを作れ。それだけではない。それは世界でいちばんきれいなアネモネでなくてはいかん。

その花も種も球根も、私だけのもの、わが国だけのものだ。作りかたの秘密は、決して、だれにももらしてはならん」

こうして生まれたアネモネを、王様は誰にも見せず、ひとりだけで楽しんでいました。

3085D697-EDCF-40A7-8F2E-91DB93AB06ED.jpg


ところがある日、強い風が吹き、その種が国境を越えて隣の国まで飛んで行ってしまいます。

「アネモネの秘密を守るための戦争だ!」

人々がよく知らないうちに、突然戦争が始まりました。
でも、誰もどこで何が起こっているかわかりませんでした。
それはすぐには目に見えなかったからです。

そのうち、街のなかからは、少しずつ人がいなくなり、笑い声も少なくなっていきました。

人々は、いつしか、もっと黙るようになっていきました。
そして自分の目で見ようとすることも、戦争について考えることも、やめました。

自分だけが安全だったらいい、と思うようになりました。

……でも、それこそが、「戦争」だったのです。


そんな日々が続いた、ある晴れた日のこと。
どこからか声が聞こえてきました。

誰に、何を呼びかけているのでしょう。

その声は風にのって、遠くへ遠くへと、はこばれていきました……。

82B5B5AE-C9F9-455B-8AE4-4251F374F8F0.jpg


アネモネには「風の娘」という意味があります。

私たちも一輪のアネモネのように、この世界に、風にのせて届けられる言葉がある。
かかげるべき「のろし」がある。

そんな願いと想いを込めて作られた、一冊の絵本。

限定500部だった絵本が、普及版として刊行。
今だからこそ、胸に響くものがある。

☆WEBSHOP〓️
https://hiruneko.thebase.in/items/35090924

『デザイン偉人伝』(左右社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

松田行正
『デザイン偉人伝』(左右社)


デザイン偉人伝 [ 松田行正 ]

携帯できる本をつくったマヌーツィオ、文字を絵として扱ったシェレ、レイアウトに機能美を求めたマラルメ。
デザインという言葉が生まれるずっと前から、世界のあちらこちらで偉業は成されていた。

「本のデザインに関する」偉人たちの、手法や着想のヒント。
これはすごい。

https://hiruneko.thebase.in/items/34933489

「a quiet day ISSUE 2020 October」入荷

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

北欧のクリエイターたちのインタビューを編集した、インディペンデントマガジン「a quiet day」最新号が届きました。

202010_a quiet day 表裏(L) (1).jpg

12号目のテーマは「dialogue(対話)」。彼ら彼女らが考える様々なジャンルや場面での「対話」や、そこから導かれる「本質」について特集しています。

IMG_1391.JPG

IMG_1392.JPG

IMG_1393.JPG



また、日本のクリエイターにフォーカスを当てた「THE COMPASS」では、群馬県桐生市を舞台に一本の糸から薔薇染のニットになるまでを写真とインタビュー、そして言葉で追っています。

☆WEBSHOP〓️
https://hiruneko.thebase.in/items/34934057

『まんぷくよこちょう』(文渓堂)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

なかざわ くみこ
『まんぷくよこちょう』(文渓堂)


まんぷくよこちょう [ なかざわ くみこ ]

まんぷくよこちょう「ふくのいち」の日。
たあちゃんは、おじいちゃんと一緒にお買い物へ出かけます。

どこかで見たような横丁には美味しそうなものがいっぱい。
食べものはもちろん、人の表情、看板まで細かく描かれていて、隅々まで何度も見たくなります。

今は少なくなりつつある横丁や商店街ですが、町の人々の活気や生活の匂い・音が感じられる貴重な場所ですね。

見返しの「おかいものマップ」や「かったもの」まで含めて、とても丁寧に描かれた絵本。

ちょっぴり懐かしい、でもいつまで古びない1冊ではないでしょうか。

「どなたも いらっしゃい いらっしゃい!」

『文藝別冊・総特集 佐野洋子 増補新版』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『文藝別冊・総特集 佐野洋子』(河出書房新社)


総特集 佐野洋子 増補新版 100万回だってよみがえる (文藝別冊) [ 佐野 洋子 ]

もしも今、佐野洋子が生きていたら何を書くだろう。
「忖度」が蔓延り、本音を語ることにますます臆病になっている世の中に、本質を突いた生の言葉で語りかけてほしい。

没後10年、単行本未収録の発掘エッセイや童話、新規対談を増補して刊行。

100万回だってよみがえる。

https://hiruneko.thebase.in/items/34933232

『一篇の詩に出会った話』(かもがわ出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

Pippo
『一篇の詩に出会った話』(かもがわ出版)


一篇の詩に出会った話 [ Pippo ]

「あなたの好きな詩は?」と聞かれたらなんと答えるだろう。

心の内に仕舞い込んだ言葉、ふとした時に口ずさむ一節。
誰もがきっと、人生のどこかで特別な詩と出会っている。

その詩が連れて行ってくれる場所、見せてくれる風景。
11名それぞれと語る、詩の行方。

https://hiruneko.thebase.in/items/34710321

『英語対訳 ムーミン・コミックス』(筑摩書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

トーベ・ヤンソン、ラルス・ヤンソン 著/冨原眞弓、安達まみ 訳
『英語対訳 ムーミン・コミックス』(筑摩書房)


英語対訳 ムーミン・コミックス [ トーベ・ヤンソン ]

ロンドンの夕刊紙に連載され人気を博したコミックは、童話や絵本とはひと味もふた味も違う、風刺やアイロニー、ユーモアで新たなファンを獲得した。

実はコミックにしか登場しない人気キャラも大勢。
本邦初公開を含む、オリジナルの7作品を収録。

ムーミンの魅力を存分に味わう。

https://hiruneko.thebase.in/items/34710011

『いきもののすべて』(青幻舎)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

フジモトマサル
『いきもののすべて』(青幻舎)


いきもののすべて [ フジモトマサル ]

フジモトマサルの描く、バラバラな個性をもついきものたち。
その日常はちょっぴりシュールで愛おしい。

不揃いな「天アンカット」は彼らの個性をよく表す。
カバーと帯に隠された遊び心とこだわり。
手に取ると何重にも魅力が伝わってくる。

2006年刊行の名作、待望の復刊。

☆WEBSHOP〓️
https://hiruneko.thebase.in/items/34710236

『星ダイアリー2021』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

石井ゆかりさんの『星ダイアリー2021』、入荷しました。

317572C4-60C0-41B7-B294-E7AE9A262A61.jpg

シリーズ15年目、これ1冊で12星座を網羅しています。
星の動きにあわせて、自分の計画を立てるのも良いですよね。

石井さんファン必携のダイアリーです。
そして、今年の表紙はなんと柊有花さん。
これは当店で売らないわけにはまいりませんね〓

というわけで、石井ゆかりさんから直筆のメッセージカードが届きました。
お買い求めのお客様にプレゼントいたします。
まずは通販なしで、限定5冊から。
お取り置き承りますので、ご希望の方はhirunekobooks@gmail.comまでご連絡ください。

(*冊数に達した場合でも、石井さんの他の書籍をお求めの方にはプレゼントいたします)

「petit main」サイト〈10月のおすすめ絵本〉更新されました。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

子ども服ブランド petit main での絵本紹介、10月分が更新されました。

A326A0D9-E061-4DAB-B6A0-9616AAFD919C.jpg

今月は
『だれ だれ?ハロウィン』(白泉社)
『さつまのおいも』(童心社)
『ぼくといっしょに 』(ブロンズ新社)
の3点です。

よろしければご覧ください。

http://petitmain.jp/diaries/10%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e7%b5%b5%e6%9c%ac-2

『失われた「文学」を求めて 文芸時評編』(つかだま書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

仲俣 暁生
『失われた「文学」を求めて 文芸時評編』(つかだま書房)


失われた「文学」を求めて【文芸時評編】 [ 仲俣 暁生 ]

「日本の文芸シーンは現在、まごうことなく沈滞している。だがその沈滞は、小説家が書くべきことを失ったからではない。書くべきことがありながら、そこから目を背けているか、書きうる技能あるいは勇気が欠如しているからだ――。」

その月で最も重要と思えた文学作品を、言葉を尽くして論評する。

政治、震災、難民、コロナ後……。

小説の「現在」と格闘し続けた45カ月。

2010年代を俯瞰し、2020年代の潮流を先読みする文芸時評。

https://hiruneko.thebase.in/items/34614147