『いのちのやくそく なんのためにうまれるの?』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。池川明・著/上田サトシ・著『いのちのやくそく なんのためにうまれるの?』(センジュ出版)いのちのやくそく [ 池川明 ]生まれてくる前のあかちゃんとお母さん。その身体は、心は、魂はつながっている。そして支えあっている。たとえそれが目に見えなくても。生まれてきたこと、いまこの世にい...

新刊入荷『ニャンニャンにゃんそろじー』など

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。昨日入荷分の続きです。●『ニャンニャンにゃんそろじー』(講談社)ニャンニャンにゃんそろじー [ 有川 浩 ]」その名の通り、猫をテーマにしたアンソロジーです。〈猫小説〉有川浩 『猫の島』町田康 『諧和会議』真梨幸子 『まりも日記』小松エメル 『黒猫』蛭田亜紗子 『ファントム・ペイ...

5/12新刊入荷

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。GWを挟み、久々に新刊がいろいろ入荷しております。今日はまずこちら。●『幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国でのヒュッゲな1年』(CCCメディアハウス)幸せってなんだっけ? [ ヘレン・ラッセル ]“幸せに”生きるために費やされる多くの時間やお金。「幸せがお金で買えるものでないと...

『銀杏堂』(偕成社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。入荷のお知らせではありませんが、最近読んでいた本の紹介です。橘 春香『銀杏堂』(偕成社)銀杏堂 [ 橘 春香 ]小学1年生のレンちゃんには、いつも気になっているお店がありました。「銀杏堂」という名前のそのお店は、どうやら〈骨董屋さん〉だそう。お店にあるものがなんなのか知りたい、お...

北欧関連本いろいろ入荷しています。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。天候に恵まれたGWも終わり、平穏な日々が戻ってきた谷根千の町です。不忍ブックストリートの一箱古本市や、キッテ通りの「水玉市」、店内での個展「しのばずくんの玉手箱」などで忙しくしており、なかなか本の紹介ができておりません。そんな中でもありがたいことに本の買取が続いていて、様々な本が...

『ひげひげ わたりひげ』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。明日からいよいよGW。きっとゴキゲンにお過ごしな方も多い金曜日、こんなゴキゲンな絵本はいかがでしょうか。酒巻 恵『ひげひげ わたりひげ』(あかね書房)ひげひげ わたりひげ [ 酒巻 恵 ]春がきて暖かくなると、いろいろな命が動き出します。そして、町にはまた「ひげ」の群れが帰ってき...

『Dear, THUMB BOOK PRESS』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。当店でも『Dear, THUMB BOOK PRESS』の取り扱いが始まりました。イラストレーター、銅版画家として活躍するタダジュン初の作品集。架空のプライベート・プレス〈THUMB BOOK PRESS〉主宰のサムが愛した文学作品の装丁を、タダジュンが手がけます。作品一点ずつに...

『暗い時代の人々』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。森まゆみ『暗い時代の人々』(亜紀書房)暗い時代の人々 [ 森 まゆみ ]1930年から45年、満州事変勃発から太平洋戦争終結に至る15年間。その「暗い時代」に、精神の自由を掲げて戦った9人の物語。彼らが点したのは、「ちらちらゆれる、かすかな光」。間違いなく翳に覆われつつある今の時...

『murmur magazine for men 第3号』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。『murmur magazine for men 第3号』(エムエムブックス)最新刊、ついに発売です。どうしようもないほど都市の論理で生きている私たち。特集は「万人直耕」を目指す思想を貫いた革命思想家・中島正。氏は、都市に住む「不耕の民」と、"本当の田舎”に生きる「直耕...

『すべての雑貨』(夏葉社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。三品輝起『すべての雑貨』(夏葉社)「世界がじわじわと雑貨化している気がする。これは豊かになって物の種類が増えたから、ってだけじゃない。それまでは雑貨とみなされてなかった物が、つぎつぎと雑貨に鞍がえしているせいなのだ。」北欧系、乙女系、暮らし系、サブカル系、スピリチュアル系、レトロ...

【4/21新刊入荷 ②】

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。こちらは北欧関係です。●『ありのままのアンデルセン ヨーロッパ独り旅を追う』(晶文社)ありのままのアンデルセン [ マイケル・ブース ]『英国一家、日本を食べる』などで知られるマイケル・ブースのデビュー作。不本意ながらデンマークに移り住んだ当初の「アンデルセンなんか、くそくらえ。...

【4/21新刊入荷 ①】

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。●佐々木 マキ『へろへろおじさん』(福音館書店)へろへろおじさん [ 佐々木マキ ]転んだって、押しつぶされたって、ブタの集団に巻き込まれたって、最後には良いことがある。見ててくれる人がいる。なんて、教訓めいた読み方をしたって面白くない。おじさんの姿とはちゃめちゃな展開に笑えばい...

【4/21新刊入荷 ①】

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。●佐々木 マキ『へろへろおじさん』(福音館書店)へろへろおじさん [ 佐々木マキ ]転んだって、押しつぶされたって、ブタの集団に巻き込まれたって、最後には良いことがある。見ててくれる人がいる。なんて、教訓めいた読み方をしたって面白くない。おじさんの姿とはちゃめちゃな展開に笑えばい...

甲斐みのりさん『ジャーナル』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。新刊というわけではありませんが、甲斐みのりさんの『ジャーナル』が入荷しました。ジャーナル [ 甲斐みのり ]2000年代、「Loure」(ロル)のホームページで綴った、甲斐さんの言葉たち。活字になることも“仕事として書く”ことも意識していなかったというその文章は、だからこそ瑞々し...

『猫町ラプソディ』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。シンガーソングライター・山田稔明さんの最新刊『猫町ラプソディ』が入荷しました。猫町ラプソディ [ 山田 稔明 ]「僕らは猫の可愛らしさに〈慣れる〉ということがない。」の一文にはうんうんと頷くばかり。猫も、それを見つめる私たちも毎日少しずつ変わっていて、いつでも楽しませて、安心させ...