『生きるように働く』(ミシマ社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。ナカムラケンタ『生きるように働く』(ミシマ社)種を蒔き、水をやり、芽が出て、葉が開き、やがて大きな木となってゆく。それは働くこととよく似ている。西村佳哲、宮田識、ナカムラクニオなど、開店前に影響を受けた方たちの名前がズラリと。なんとも贅沢。生きることと働くことは簡単には分けられな...

『ねこです。』(講談社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。北村裕花『ねこです。』(講談社)これは何?ねこです。これも?やっぱりねこです。じゃあこれは?道端に落ちているビニール袋をねこと見間違えた経験のある方なら、ツボにはまること必至。このモフモフ感と憎めない表情がたまりません。実際どうかなんてこの際どうでもいい。大体ほとんど、ねこなん...

『ハイツひなげし』(センジュ出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。古川誠 『ハイツひなげし』(センジュ出版)「小田島さんはみんなの光だった」東京郊外の小さな町にある「ハイツひなげし」は、家賃5万円、6畳の和室と小さなキッチン、トイレ、風呂がついた10室のアパート。そこからほど近い遊園地のヒーローショーで、ヒーロー戦隊の「ブルー」を演じる小田島さ...

『憲法についていま私が考えること』(KADOKAWA)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。日本ペンクラブ 編『憲法についていま私が考えること』(KADOKAWA)創作、エッセイ、戯曲、論文。44名の作家が伝える、戦争のこと、平和のこと、この国の未来。その語り口や視点は様々で、その多様性こそを憲法は守ってきた。憲法について考えることは、私たちの暮らし方、生き方について考...

『文学はおいしい。』(作品社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。 小山鉄郎 著/ハルノ宵子 画『文学はおいしい。』(作品社)『キッチン』のカツ丼、『ノルウェイの森』の海苔巻き、『雁』に登場する鯖の味噌煮。名作と印象的な食のシーンは切り離せない。なんとも味のあるイラストが目を喜ばせ、食欲をそそる。開いたページがその日のメニューになるかも。田辺...

『デンマークで保育士 ―デンマークの子どもたちからもらったステキな時間』(ビネバル出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。遠藤祐太郎・著(ビネバル出版)『デンマークで保育士 ―デンマークの子どもたちからもらったステキな時間』デンマークに憧れ、現地で保育士となった著者。子どもたちに「危ない」ではなく、「気をつけて」と言う。「休憩も仕事」「僕たちは遊ぶことがいちばん大切」といった箇所が印象に残る。“幸福...

MELODY KOGA詩集第2弾『おかし』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。MELODY KOGAによる待望の詩集第2弾『おかし』が入荷しました。数ある作品の中からお菓子をテーマにした詩を44篇収録。短い歌 (30秒から1分程度)を沢山歌うシンガーソングライターだけに、言葉のセンス、リズムが抜群です。ほわほわトロトロ、時にしっとり。溶けてしまいそうな口当...

「petit main」サイト〈9月の絵本〉更新されました。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。子ども服ブランド petit main での絵本紹介、9月分が更新されました。今月は・『しろくまちゃんのほっとけーき』(こぐま社)・『つきのぼうや』(福音館書店)・『ぼくはパン』(Blood Tube Books) の3点です。よろしければご覧ください。⇨http://peti...

『本を贈る』(三輪舎)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。『本を贈る』(三輪舎)以前は本の営業をし、今はたまに絵本の制作を手伝いながら、本屋として本を売っている。だがそれはあくまで、本が辿る道筋の一部でしかない。著者が書き、編集者が編み、校正や装丁、デザインでより確かな、魅力的な本へと仕上げる。紙を選び、印刷をし、製本をする。営業をし、...

『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』(PHP研究所)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。幡野広志『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』(PHP研究所)優しさについて。孤独と友だちについて。仕事やお金、生と死について。ガンで余命3年と宣告された35歳の写真家が、息子に伝え、残す。正解や絶対的な答えは無くとも、その時々で誰かの道を照らし、導くかもしれない。地図や...

『奇跡の本屋をつくりたい』『本の虫の本』『蒐める人 情熱と執着のゆくえ』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。久住邦晴(ミシマ社)●『奇跡の本屋をつくりたい』営業時代、何度もその名を耳にしながらついに伺えなかった札幌・くすみ書房。耳目を集めたフェアや試みの裏に、どれだけの苦悩や痛み、そして思いがあったのか。17年に他界したオヤジが目指した「奇跡の本屋」は、きっとこれから生まれ、町を照らす...

『スウェーデンのアール・ブリュット発掘』(平凡社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。 渡邉芳樹/小林瑞恵『スウェーデンのアール・ブリュット発掘』(平凡社)様々に定義される「アール・ブリュット」。それは専門的美術教育を受けていない者による「生(き)の芸術」。創造の凄味、精神的高揚、解放感を伴った作品はまさに、芸術とは何かを問うてくる。これまで無視され、「存在しない...

『対談集 絵本のこと話そうか』(アノニマ・スタジオ)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。松田素子 編(アノニマ・スタジオ)『対談集 絵本のこと話そうか』長新太×五味太郎、高橋源一郎×谷川俊太郎、岸田今日子×スズキコージ、吉本ばなな×佐野洋子など、絵本作家、小説家、詩人、編集者ら18人の対談が織りなす、絵本の地図。紡がれる言葉と、そこに詰まった思い、情熱は、私たちに様...

『対談集 絵本のこと話そうか』(アノニマ・スタジオ)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。松田素子 編(アノニマ・スタジオ)『対談集 絵本のこと話そうか』長新太×五味太郎、高橋源一郎×谷川俊太郎、岸田今日子×スズキコージ、吉本ばなな×佐野洋子など、絵本作家、小説家、詩人、編集者ら18人の対談が織りなす、絵本の地図。紡がれる言葉と、そこに詰まった思い、情熱は、私たちに様...

やまぐちまりこイラスト企画「ねこくんとねずみくん 一緒にあそぼ」

やまぐちまりこさんの個展にあわせて、イラスト企画を実施いたします。ねこくん&ねずみくんと遊んだり、お出かけしたり。あなたと一緒に楽しく過ごしている絵をお描きします。(ねこくんとねずみくんのみの絵も承ります)・サイズ:A5画用紙・時間:40分程度・料金:3,000円*参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、〈お名前、...

ひるねこBOOKSレーベル第2弾『ねこくんとねずみくん ふたりでおでかけ』

ひるねこBOOKSレーベルの絵本、第2弾!『ねこくんとねずみくん ふたりでおでかけ』(やまぐちまりこ)を刊行いたします。ねこくんとねずみくんはとっても仲良し。お天気の良い午後、ふたりはお出かけの約束をしています。あれあれ?ねこくん、準備が大変そう。そんなに大荷物でどうしたのかな?「ねこくん、こっちこっち!」ねずみくんは...