本屋がなくなったら、困るじゃないか

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。『本屋がなくなったら、困るじゃないか 11時間ぐびぐび会議』(西日本新聞社)本屋がなくなったら、困るじゃないか [ ブックオカ ]相次ぐ書店や取次の廃業、情報ソースの多様化による雑誌不況や本離れ、Amazonをはじめとするネット書店の脅威、電子書籍による“紙の本”の減少……。今さ...

今日8/27は宮沢賢治の誕生日!

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。今日8/27は宮沢賢治の誕生日。1896年生まれなので今年は生誕120周年です。一番好きな作家のうちの一人ということもあり、当店には賢治の作品や関連書なども揃っております。独創的なストーリーや個性的な登場人物たちの魅力はもちろんのこと、その根底にある賢治の思想や哲学のようなものに...

8/23はディック・ブルーナさんの誕生日!

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。本日8/23はディック・ブルーナさんのお誕生日。おめでとうございます!彼の描く絵本は、色、かたち、表情、動きなどすべてがシンプル。それはマティスやレジェの絵が、彼自身の心を強く打ったからだとか。絶対に描きすぎてはいけない、複雑にしすぎてはいけない。シンプルでいて、見る人にイマジネ...

『アマミホシゾラフグ 海のミステリーサークルのなぞ』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。昨日、当店では「生き物たちのゆらゆらトーク ~ゾウとボノボとチンアナゴ」を開催しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!ゲストの江口絵理さん、横塚眞己人さんの軽妙なトークであっという間の2時間でした!様々な生き物たちのユニークな生態に触れ、改めて地球の偉大さ、生命の...

服部みれい『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。服部みれい『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)わたしらしく働く! [ 服部みれい ]編集者・文筆家・詩人として多方面で活躍中、「マーマーマガジン」でおなじみの服部みれいさんによる「仕事」や「働くこと」、「生きること」についてのエッセイであり、ヒント集であり、メッセージです。発...

石井ゆかり『選んだ理由。』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。石井ゆかり『選んだ理由。』(ミシマ社)選んだ理由。 [ 石井ゆかり ]Webマガジンである「みんなのミシマガジン」で連載された、「石井ゆかりの闇鍋インタビュー」(2014~2015)をまとめたのが本書。“闇鍋インタビュー”は、インタビュアーである石井さんが取材相手のことを知らされ...

『秋山佳胤のいいかげん人生術』入荷しました!

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。ずっと楽しみに待っていた『秋山佳胤のいいかげん人生術』が入荷しました!ここに綴られた“不食の弁護士”秋山さんの言葉の数々から、自分自身の「いいかげん=良い加減」を見つけられそうな気がします。自由な視点をもち、行動・思考の選択の幅を広げ、今という時代をより軽やかに生きるための1冊で...

へいわってどんなこと?

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。浜田桂子『へいわってどんなこと?』(童心社)へいわってどんなこと? [ 浜田桂子 ]きっとね、へいわって こんなこと。せんそうをしない。ばくだんなんかおとさない。いえや まちを はかいしない。だって、だいすきな ひとに いつも そばにいてほしいから。いやなことは いやだって、ひと...

『子どもの自分に会う魔法』(石井ゆかり)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。石井ゆかり『子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学』(白泉社)子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 [ 石井ゆかり ]星占いの記事などで人気の石井ゆかりさん。絵本雑誌MOEでの連載(2013~15)をまとめたのが本書です。幼い頃から本好きだった石井さ...

『生きるための料理』『腸がよろこぶ料理』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。たなかれいこ『生きるための料理』『腸がよろこぶ料理』(リトルモア)入荷しております。生きるための料理 [ たなかれいこ ]腸がよろこぶ料理 [ たなかれいこ ]食で大切なのは「何に効くか」「健康に良さそうか」よりも、まず身体を温めること。それが結果として旬のものや地元のもの、丁寧...

スイカの日!『スイカくんがね・・』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。今日7/27はスイカの日。縦縞模様を綱にたとえて、27を「つ(2)な(7)」(綱)と読むからだそう。というわけで元気いっぱいの『スイカくんがね・・』(童心社)をどうぞ!すいかくんがね‥ [ とよたかずひこ ]スイカ割りの棒を「ひょひょいのひょい」とかわして「あっかんべ」余裕の表情...

『移動図書館ひまわり号』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。前川恒雄『移動図書館ひまわり号』(夏葉社)移動図書館ひまわり号1988年に筑摩書房より刊行された本書はその後休版状態となり、復刊を望む多くの声がありました。そしてこの度、夏葉社で復刊されることになり、個人的にもとても楽しみにしていました。1965(昭和40)年、それまで図書館のな...

『なきむしこぞう』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。今村葦子・さく 酒井駒子・え『なきむしこぞう』(理論社)なきむしこぞう [ 今村葦子 ]静かな夏の夕方、玄関のドアがそーっと開きます。そこに現れたのはぬいぐるみの、ぞうと、きりんと、らいおんでした。“あのこ”が彼らで鼻をかんだり、首をつかんで投げたりするのに我慢ができずに家出をし...

『まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。今夜は満月ですね。先月に引き続き満月ネタですが、ご紹介するのはこちら。朽木祥・作 片岡まみこ・絵『まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん』(小学館)まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん [ 朽木祥 ]山のねぐらに独りぼっちで暮らすノネコ。もしかしたらお客があるかもしれないと...

海の日!

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。今日7/18は海の日です。というわけで海の日にぴったりの絵本はこちら!『ぐりとぐらのかいすいよく』(福音館書店)ぐりとぐらのかいすいよく [ 中川李枝子 ]おなじみの2人、ぐりとぐらが波打ち際で遊んでいると、海からビンが流れつきました。開けてみると中に入っていたのは、手紙と地図と...

「どーんとやさい」原画展はもうすぐ!『きゃっきゃ キャベツ』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。いわさゆうこさんの絵本シリーズ「どーんとやさい」原画展がいよいよ今週末に迫ってまいりました!「袋づめされた野菜とは違う、畑に生きる野菜の絵本を作りたい」という思いから誕生したこちらのシリーズは現在5作。この秋には新刊も予定されているようです。今回ご紹介するのはシリーズ1作目『きゃ...