『戦う姫、働く少女』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

河野真太郎『戦う姫、働く少女』(堀之内出版)



スター・ウォーズやディズニー、ジブリやエヴァンゲリオンの女性たちを通してポストフェミニズムや労働を語ります。

アナとエルサ、魔女宅のキキや千尋。
彼女たちの佇まいから見えるのは、現代社会であり未来の世界。

ポップなカバーイラストや“身近な”登場人物、柔らかな装丁で垣根を低くしながら、語られるその論はあくまで強く、鋭い。「しなやかさ」という言葉がぴったりくるような1冊です。

鏡に映っているのは私たち自身の姿なのかもしれませんし、その目線がどこに向けられているのか、じっくり感じながら読みたいです。

http://hiruneko.thebase.in/items/7586514


●目次(出版社情報より引用)

・はじめに

・第一章 『アナと雪の女王』におけるポストフェミニズムと労働
革命的フェミニスト・テクストとしての『アナと雪の女王』
二人のポストフェミニストの肖像
トップ・ガールズとブリジットたちの和解?
シェリル・サンドバーグは存在しない――グローバル資本主義とその本源的蓄積
労働なき世界と「愛」の共同体

・第二章 無縁な者たちの共同体――『おおかみこどもの雨と雪』と貧困の隠蔽
承認と再分配のジレンマ
『おおかみこどもの雨と雪』と貧困の再生産
ポスト・ビルドゥングスロマンと成長物語の変遷
『ハリー・ポッター』、『わたしを離さないで』と多文化主義
無縁な者たちの共同体
コーダ 現代版『ライ麦畑でつかまえて』としての『僕だけがいない街』

・第三章 『千と千尋の神隠し』は第三波フェミニズムの夢を見たか?―アイデンティティの労働からケア労働へ
フェイスブックという労働
『魔女の宅急便』のポストフェミニズム
『千と千尋の神隠し』は第三波フェミニスト・テクストか?
『逃げるは恥だが役に立つ』?─―依存労働の有償化、特区、家事の外注化

・第四章 母のいないシャカイのユートピア──『新世紀エヴァンゲリオン』から『インターステラー』へ
スーパー家政婦、あらわる
『インターステラー』の母はなぜすでに死んでいるのか?
『インターステラー』の元ネタは『コンタクト』なのか?
『コンタクト』と新自由主義のシャカイ
セカイ系としての『インターステラー』
『エヴァ』とナウシカのポストフェミニズム
コーダ1 AIの文学史の可能性──『ひるね姫』と『エクス・マキナ』
コーダ2 矛盾の回帰?─―『ゴーン・ガール』と『WOMBS』

・第五章 『かぐや姫の物語』、第二の自然、「生きねば」の新自由主義
「生きろ/生きねば」の新自由主義
『風の谷のナウシカ』における自然と技術の脱構築
技術と自然の脱構築と労働の隠蔽
『風の谷のナウシカ』、『寄港地のない船』、(ポスト)冷戦の物語
罪なき罰と箱庭
終章 ポスト新自由主義へ
没落系ポストフェミニストたち
主婦が勝ち組?─―ハウスワイフ2・0から『逃げ恥』へ
セレブ主婦の蜃気楼
貧困女子の奮起
エイミーたちの願いとジンジャーたちの連帯

『戦う姫、働く少女』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

河野真太郎『戦う姫、働く少女』(堀之内出版)



スター・ウォーズやディズニー、ジブリやエヴァンゲリオンの女性たちを通してポストフェミニズムや労働を語ります。

アナとエルサ、魔女宅のキキや千尋。
彼女たちの佇まいから見えるのは、現代社会であり未来の世界。

ポップなカバーイラストや“身近な”登場人物、柔らかな装丁で垣根を低くしながら、語られるその論はあくまで強く、鋭い。「しなやかさ」という言葉がぴったりくるような1冊です。

鏡に映っているのは私たち自身の姿なのかもしれませんし、その目線がどこに向けられているのか、じっくり感じながら読みたいです。

http://hiruneko.thebase.in/items/7586514


●目次(出版社情報より引用)

・はじめに

・第一章 『アナと雪の女王』におけるポストフェミニズムと労働
革命的フェミニスト・テクストとしての『アナと雪の女王』
二人のポストフェミニストの肖像
トップ・ガールズとブリジットたちの和解?
シェリル・サンドバーグは存在しない――グローバル資本主義とその本源的蓄積
労働なき世界と「愛」の共同体

・第二章 無縁な者たちの共同体――『おおかみこどもの雨と雪』と貧困の隠蔽
承認と再分配のジレンマ
『おおかみこどもの雨と雪』と貧困の再生産
ポスト・ビルドゥングスロマンと成長物語の変遷
『ハリー・ポッター』、『わたしを離さないで』と多文化主義
無縁な者たちの共同体
コーダ 現代版『ライ麦畑でつかまえて』としての『僕だけがいない街』

・第三章 『千と千尋の神隠し』は第三波フェミニズムの夢を見たか?―アイデンティティの労働からケア労働へ
フェイスブックという労働
『魔女の宅急便』のポストフェミニズム
『千と千尋の神隠し』は第三波フェミニスト・テクストか?
『逃げるは恥だが役に立つ』?─―依存労働の有償化、特区、家事の外注化

・第四章 母のいないシャカイのユートピア──『新世紀エヴァンゲリオン』から『インターステラー』へ
スーパー家政婦、あらわる
『インターステラー』の母はなぜすでに死んでいるのか?
『インターステラー』の元ネタは『コンタクト』なのか?
『コンタクト』と新自由主義のシャカイ
セカイ系としての『インターステラー』
『エヴァ』とナウシカのポストフェミニズム
コーダ1 AIの文学史の可能性──『ひるね姫』と『エクス・マキナ』
コーダ2 矛盾の回帰?─―『ゴーン・ガール』と『WOMBS』

・第五章 『かぐや姫の物語』、第二の自然、「生きねば」の新自由主義
「生きろ/生きねば」の新自由主義
『風の谷のナウシカ』における自然と技術の脱構築
技術と自然の脱構築と労働の隠蔽
『風の谷のナウシカ』、『寄港地のない船』、(ポスト)冷戦の物語
罪なき罰と箱庭
終章 ポスト新自由主義へ
没落系ポストフェミニストたち
主婦が勝ち組?─―ハウスワイフ2・0から『逃げ恥』へ
セレブ主婦の蜃気楼
貧困女子の奮起
エイミーたちの願いとジンジャーたちの連帯

“生きる”を探るトラベルマガジン『WYP(ワイプ)』入荷しました。

東京・谷中のひるねこBOOKSです。

“生きる”を探るトラベルマガジン『WYP(ワイプ)』、3年ぶりの最新号はデンマーク。

IMG_2788.jpg

正しい生き方も、間違った生き方もありません。
「世界幸福度ランキング」で常に上位であり続けるデンマーク。
そこで暮らす8人の声を通して見えるのはどんな風景でしょう。
何を選び、何を選ばないのか。私たちはきっと、思っているよりずっと自由です。

IMG_2791.jpg

IMG_2790.jpg

IMG_2789.jpg

100人以上の老若男女が暮らし、“現代のユートピア”とも言える共同体「スヴァンホルム」、各国から学生が集まる“世界一刺激的なビジネススクール”「カオスパイロット」、教師と生徒が互いに学び合う、成人教育機関「フォルケホイスコーレ」など、興味深い場所、そして人々が次々に登場します。

当店で売らずにどうするのかというリトルプレス。
デンマーク、そして北欧に興味のある方は必読です。

webショップでも取り扱っています。
http://hiruneko.thebase.in/items/7551271


あわせて、バックナンバー「Vol.0 働きながらインドを探る」、「Vol.0.5 働きながら日本を探る」も並べました。こちらもぜひ。

IMG_2792.jpg

“生きる”を探るトラベルマガジン『WYP(ワイプ)』入荷しました。

東京・谷中のひるねこBOOKSです。

“生きる”を探るトラベルマガジン『WYP(ワイプ)』、3年ぶりの最新号はデンマーク。

IMG_2788.jpg

正しい生き方も、間違った生き方もありません。
「世界幸福度ランキング」で常に上位であり続けるデンマーク。
そこで暮らす8人の声を通して見えるのはどんな風景でしょう。
何を選び、何を選ばないのか。私たちはきっと、思っているよりずっと自由です。

IMG_2791.jpg

IMG_2790.jpg

IMG_2789.jpg

100人以上の老若男女が暮らし、“現代のユートピア”とも言える共同体「スヴァンホルム」、各国から学生が集まる“世界一刺激的なビジネススクール”「カオスパイロット」、教師と生徒が互いに学び合う、成人教育機関「フォルケホイスコーレ」など、興味深い場所、そして人々が次々に登場します。

当店で売らずにどうするのかというリトルプレス。
デンマーク、そして北欧に興味のある方は必読です。

webショップでも取り扱っています。
http://hiruneko.thebase.in/items/7551271


あわせて、バックナンバー「Vol.0 働きながらインドを探る」、「Vol.0.5 働きながら日本を探る」も並べました。こちらもぜひ。

IMG_2792.jpg

『サルくんとお月さま』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『サルくんとお月さま』(文溪堂)


サルくんとお月さま [ 谷口智則 ]

IMG_2758.jpg

IMG_2759.jpg

IMG_2761.jpg

現在『くいしんぼうのクジラ』原画展を開催中、谷口智則さんの原点とも言える1冊です。

他の動物を羨ましがるばかりのサルくん。森の中で泣いているお月さまと出会って……。

言葉のない絵本は、読み手に想像を委ねます。

一昨日のトークイベントの際に「言語も時代も超える普遍的な絵本を作りたい」と仰っていたのが印象的でした。

日本だけでなく海外も含めて、多くの読者に愛される谷口さんの作品。
その理由を垣間見た気がします。

『サルくんとお月さま』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『サルくんとお月さま』(文溪堂)


サルくんとお月さま [ 谷口智則 ]

IMG_2758.jpg

IMG_2759.jpg

IMG_2761.jpg

現在『くいしんぼうのクジラ』原画展を開催中、谷口智則さんの原点とも言える1冊です。

他の動物を羨ましがるばかりのサルくん。森の中で泣いているお月さまと出会って……。

言葉のない絵本は、読み手に想像を委ねます。

一昨日のトークイベントの際に「言語も時代も超える普遍的な絵本を作りたい」と仰っていたのが印象的でした。

日本だけでなく海外も含めて、多くの読者に愛される谷口さんの作品。
その理由を垣間見た気がします。

『だじゃれ世界一周』(理論社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

長谷川義史・作『だじゃれ世界一周』(理論社)


だじゃれ世界一周 [ 長谷川義史 ]

「なんでシュートうたんざにあ!」「えっ!うつべきでしたん?」
「いいかんがえうがんだ!」「いちかばちかんやってみよう」
「いつまでもあいすらんど」「ことばはいらん」

IMG_2654.jpg

IMG_2655.jpg

IMG_2656.jpg


見開きの左右の国同士が手を繋いでいるよう。
ダジャレで対話すれば、世界はきっと平和になりますね。

世界地図がついているので、あまり馴染みのない国でも場所や名産が確認できて助かります。


前作『だじゃれ日本一周』もオススメです。
こちらもあわせてぜひ。


だじゃれ日本一周 [ 長谷川義史 ]

『くだものさがしもの』『海賊めいろブック』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

未だに梅雨明けの声を聞きませんが、気分はもう夏ですね。
夏休みにぴったりの2冊が入荷していますよ♪

●はらぺこめがね・作/絵
『くだものさがしもの』(PHP研究所)


くだものさがしもの (PHPわたしのえほん) [ はらぺこめがね ]

IMG_2642.jpg

IMG_2643.jpg

えっ、ちょっと、これムズカシ。あ〜そんなところにぃっ!
……といった具合で楽しんでます、はい。
暑い日にこのシズル感はたまりません。というかズルイ。
果物とダジャレには目がね〜のでもうこの上ない幸せ。
みかんのへた、まだみっかんないです。はらぺこだ。


●サム スミス・著/宮坂宏美・訳
『海賊めいろブック』(あかね書房)


海賊めいろブック [ サム・スミス ]

IMG_2641.jpg

IMG_2644.jpg

よもや32になって迷路にこれほどハマろうとは。
おとなしい時にはこれをやっていると思ってください。
だって迷路だけでも難しくて楽しいのに、さらにミッションがあるんですよ。
挑まれたらやるしかないじゃないですか。望むところですよ。
よし、海賊王におれはなる!

『猫の文学館』『星とくらす』『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

●和田博文・編『猫の文学館』(ちくま文庫)


猫の文学館1 世界は今、猫のものになる (ちくま文庫) [ 和田 博文 ]
猫の文学館2 この世界の境界を越える猫 (ちくま文庫) [ 和田 博文 ]

猫ブームなんて言葉もあるけれど、猫はいつの時代も変わらずに
ただ人間の傍にいたりいなかったりするだけです。
生まれる瞬間の猫、狂おしいほど愛される猫、旅立つ猫、化けて出る猫。
各々距離は様々で、愛の深さも様々で。でも見つめる目は皆優しい。
猫に関するエッセイ集や短編集は数あれど、ここまでの充実ぶりはなかなかありません。
猫文学界に輝くアンソロジー。


●田中美穂・著/木下綾乃・絵『星とくらす』(WAVE出版)


星とくらす [ 田中美穂 ]

夜空を見るのは好きなのに、宇宙の話はそのスケールのせいかどうにも頭に入らず、
覚えるのも苦手でした。
「星好きと宇宙好きは違う」という一説に、付き合い方は様々なのだと納得。
優しく易しく導いてくれる、空の地図のような案内書。
夜空に「知り合い」ができるかもしれません。
倉敷の古書店「蟲文庫」店主による、苔・亀に続くシリーズ3冊目。


●川添愛・著/ 花松あゆみ ・絵
『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』(朝日出版社)


働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」 [ 川添愛 ]

小難しい専門書かと思いきや、序盤で笑ってしまいました。
言葉を聞き取ること/話せることと、その意味を理解していることは全く別物。
言葉がわかるってどういうこと?
「批判は全く当たらない」「印象操作」などと言っている人たちに、
心の底からオススメします。
この本はすごい。この衝撃度は今年一番かも。

『ネコのなまえは』『おじいちゃんとパン』『つまんない つまんない』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

●枡野浩一・ぶん/目黒雅也・え『ネコのなまえは』(絵本館)


ネコのなまえは [ 枡野浩一 ]

かつて「名前はまだ無い」と言ったネコもいたけれど、このネコの名はずばり〈ネコ〉。
でも、すくすく育ってますます育って。おまえは本当にネコなのかい?

もしかしてあのコたちも実はネコじゃなかったり?
そうして今はまぁるくなって、雨の日に空から降ってくるのかもしれないね。
いつの日にか、また会えますように。


●たな・作『おじいちゃんとパン』( パイインターナショナル)


おじいちゃんとパン [ たな ]

子どもの頃、マヨネーズ乗せトーストが好きでした。ケチャップは失敗しました。
バターにあんこ、ジャムにマシュマロ…食パンはどんな風にも変身するから不思議です。

店を始めてからは町のパン屋さんで買うことが増えて、それは満たされた気持ちになるけれど、一人で食べるのは少し寂しい。甘くて甘いパン、やっぱり誰かと一緒に頬張りたい。


●ヨシタケシンスケ・作『つまんない つまんない』(白泉社)


つまんない つまんない [ ヨシタケシンスケ ]

学生の頃を振り返ると「つまんねぇ」と言っていたのはポーズだけのことも多かったです。
あの感情、なんだったんでしょうね。
とはいえ、確かにそう言いたいだけのこともありますが、子どもだろうが大人だろうが何もかも面白くないこともありますね。

そんな時はこの本いかがでしょう。きっと少しだけ楽しくなりますよ。

と、つまんない紹介をしてごめんなさい。

「petit main」サイト〈7月の絵本〉更新されました。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

子ども服ブランド「petit main」のサイトでの絵本紹介、7月分がアップされました。

今月選んだのはこちらの3点。

『きんぎょがにげた』(福音館書店)


きんぎょがにげた (福音館の幼児絵本) [ 五味太郎 ]


『リサとガスパール とうきょうへいく』(ブロンズ新社)


リサとガスパールとうきょうへいく (リサとガスパールシリーズ) [ アン・グットマン ]


『ぶた』(文溪堂)


ぶた [ ユリア・ヴォリ ]


気に入っていただけると嬉しいです。
よろしければご覧ください。

petitmain.jp

『くだもの おばけやしき』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

昨日の午後は『ひげひげわたりひげ』の作者、酒巻恵さんが在ねこしてくださいました。

IMG_2560.jpg

お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

さてこちらは、その酒巻さんのデビュー作となった『くだもの おばけやしき』(ひかりのくに)。


くだもの おばけやしき [ 酒巻恵 ]

隣の空き地にある日突然現れた家。そこに住みついたのは、なんと果物のお化けたちでした。バナナやブドウ、イチゴにキウイ。次々登場するお化けたちが最高に愉快です。

IMG_2567.jpg

ちょっぴり怖くてたっぷり笑える。これからの季節にぴったりです。
サイン本も作っていただきましたので、ぜひお早めにお求めくださいね。
買って欲しいなっしー!

IMG_2566.jpg
IMG_2563.jpg

『楽しい縮小社会』『これからの地域再生』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

7/2は都議会議員選挙。
首都・東京、そして日本という国の今後が占われる大切な選挙となりそうです。
後悔のない選択をしたいですね。
というわけで新刊2点です。

●森まゆみ/松久寛 『楽しい縮小社会』(筑摩選書)


楽しい縮小社会 「小さな日本」でいいじゃないか (筑摩選書) [ 森 まゆみ ]

「経済成長がないとやっていけない」というのは、もはやただの暗示に過ぎません。
ムダ使いしない、省エネ、人との繋がり。「縮小」は決して暗いことでも難しいことでもありません。
量的成長を止め、質的成長へ。「後ろ向きに前進する」必要性を考えます。

谷根千の小さな暮らしについても、もちろん言及されています。


●飯田泰之 編『これからの地域再生』(晶文社)


これからの地域再生 [ 飯田泰之 ]

この国の未来の為に、東京一極集中ではなく地方の活性化が求められています。
ただ「地方都市」という漠然とした括りで見るのではなく、〈中心地人口10万人、周辺人口20万人〉の「中規模都市」に焦点を当て、具体的なモノやサービスを取り上げます。

どの都市にも確かに埋まっている魅力。それを掘り起こすこと。

『東京に出会う一番素敵な方法:本屋巡り』掲載のお知らせ

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

韓国のトラベルライター、ヤン ・ミソクさんの『東京に出会う一番素敵な方法:本屋巡り』に当店も掲載していただきました!

IMG_2347.jpg

谷根千はもちろん、神保町や渋谷、原宿、中央線沿線といった、13の「本の町」を紹介しています。

IMG_2349.jpg

日本と同じく、韓国も今や空前の本屋ブーム。
本書の刊行元は小さな出版社ですが、数年前に韓国の本屋を紹介する本を刊行し、そのブームのきっかけを作った出版社でもあります。

出版業界は不況だけれど、小さな本屋や出版社が増えているのは日本と同じ。
東京の本屋に興味のある方も多いようで、今回のヤンさんの日本行きにも十数名が同行し、様々な本屋を巡りました。

IMG_2350.jpg

IMG_2351.jpg

IMG_2352.jpg

ひるねこBOOKSは「女性の人生を応援します」という見出しでご紹介いただきました。
韓国では今、フェミニズム熱が大変に高まっているそう。
当店は女性向けに特化しているわけではありませんが、気持ちを汲んでいただけて嬉しいです。

コンセプトや品揃えについても丁寧に取材いただきました。
安達茉莉子さんの詩集や、北欧雑貨についても触れていただいています。

「谷根千は大好きな町。だけど韓国ではまだ知られていない」とのこと。
この本を通じてたくさんの出会いがありますように!


『도쿄를 만나는 가장 멋진 방법: 책방 탐사』
ヤンミソク 著
ISBN 9791185823157
http://book.daum.net/detail/book.do?bookid=KOR9791185823157

『空をつくる』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

村尾亘『空をつくる』(小さい書房)


空をつくる[本/雑誌] / 村尾亘/著

もっと上に。もっと高く。

競い合うように建てられた家々が空を隠します。
翳に覆われながらも欲望することをやめない人々が次に考えたのは、「空をつくる」こと。

白羽の矢が立ったのは絵を描くのが大好きなサル。
建物に美しい青色を塗ると、そこには確かに空が広がりますが……。

都合の良いものをつくり出すことは、都合の悪いものを見えないようにすること。
虚飾と誤魔化しにまみれた社会。
こんな社会、どこかにもあります。

甲斐みのり『お菓子の包み紙』(グラフィック社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

甲斐みのり『お菓子の包み紙』(グラフィック社)


お菓子の包み紙 [ 甲斐みのり ]

お菓子の楽しみは、包み紙を開くところから始まります。
自分のために買ったもの、誰かから貰ったもの。
包み紙にはその甘やかな記憶と香り、幸せが染みついています。

甲斐みのりさんが20年にわたり集め続けた、愛おしき記録。
作家別コレクションは圧巻です。
この本に包まれたい。

IMG_2286.jpg

IMG_2288.jpg

IMG_2289.jpg



千駄木・養源寺で明日6/25開催の「&SCENE手創り市」でも販売いたします。
晴れますように。