産業遺産学会より認定書が東京家政大学博物館に贈られました。2021年5月21日

今年3月、東京家政大学博物館(板橋区)に収蔵された「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」に対して、「産業遺産学会  推薦産業遺産  113号」の認定を受けました。

以下が全文です。

Japan Industrial Archaeology Society
産業遺産学会 推薦産業遺産 第113号

・谷中リボン・渡辺四郎コレクション・東京家政大学博物館殿

初の国産リボンにかかわった渡辺四郎が収集した技術図書・リボン見本帳は最大規模の個人コレクションと推定されることを高く評価し産業遺産学会推薦産業遺産に認定する

2021年5月10日 産業遺産学会

会長 天野武弘

谷中のこ屋根会は、谷中ののこぎり屋根およびリボン資料についての調査を、産業遺産学会(旧産業考古学会)に論文にして提出するところから始めました。

有志5人(権上かおる、菊池京子、真鍋雅信、吉田喜一、山﨑範子)による論文「欧化主義の中心地、東京の明治のリボン産業」は『産業考古学 第153号』(2016年3月)に掲載されました。

「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」が多くの方の目に触れ、東京家政大学博物館に収蔵されるに至った端緒は、生まれて初めての論文執筆という難行から始まったように思います。

産業遺産学会 http://sangyo-koukogaku.net/index.html

推薦産業遺産とは http://sangyo-koukogaku.net/suisen.html

論文「欧化主義の中心地、東京の明治のリボン産業」

東京家政大学より「感謝状」をいただきました。 2021年7月26日

今年3月、東京家政大学博物館(板橋区)に収蔵された「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」の寄贈者として、「谷中のこ屋根会」が渡辺学園・東京家政大学・東京家政大学博物館より感謝状をいただきました。

感謝状贈呈式(右から理事長、学長、博物館長)
感謝状贈呈式(右から理事長、学長、博物館長)

以下が全文です。


感謝状
谷中のこ屋根会 殿

 貴会は、谷中のこぎり屋根工場跡地より発見されたリボンの見本帳および書籍について、その保存や調査に惜しみなく力を注ぎ、このたび東京家政大学博物館に寄贈くださいました。
これら「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」は、貴会の普及活動の甲斐あって、新聞紙上を飾り、産業遺産学会推薦産業遺産に認定される等、広く資料的価値が認められることとなりました。
今後、これらの資料を大切に保存し、活用を図りながら教育研究の資として永く世に伝えられるよう努めていく所存です。
ここに、その並々ならぬご尽力とご厚意に対し、深く感謝の意を表します。

令和3年7月26日
学校法人渡辺学園 理事長 菅谷定彦
東京家政大学 学長 井上俊哉
東京家政大学博物館 館長 手嶋尚人


国産リボン発祥の地(千代田リボン製織所跡)プレート

東京家政大学は和洋裁縫伝習所として1881年、建学の祖である渡邉辰五郎先生の自宅(本郷湯島)に開設された、140年の歴史ある学校です。「東京裁縫女学校」と改称されたのが1892年、その2年後の1894年に、今回の「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」の見つかった谷中のリボン工場である千代田リボン製織の前身、「岩橋リボン製織所」が設立しました。
時間を超えて所縁ある博物館に収蔵され、されに研究され、近い将来、博物館で谷中のリボンたちに会える日を心待ちにしたいと思います。
東京家政大学:https://www.tokyo-kasei.ac.jp/

森まゆみ 「のこぎり屋根の工場で見つかった文明開化のリボン」 (『考える人』2017年冬号)

2017年2月発売『考える人』59号(新潮社刊)に森まゆみさんの執筆する「『のこぎり屋根』の工場で見つかった文明開化のリボン」が掲載された。新潮社から許可をいただき、全文をご紹介します。


特別企画 「のこぎり屋根」の工場で見つかった文明開化のリボン文:森まゆみ 撮影: 菅野健児協力:山﨑範子、谷中のこ屋根会

東京下谷・本郷に広大な土地を持っていた実業家・九代目渡辺治右衛門の四男、渡辺四郎が、明治の終わり頃から大正にかけて谷中で営んでいた「千代田リボン製織」。その工場の解体にあたり、四郎が欧米で集めてきた華麗なリボンと、東洋一をめざした国産リボンの「見本帳」が見つかった。明治大正期の日本の欧化の歩みを示す貴重な資料でもある谷中のリボンと渡辺四郎について、谷中・根津・千駄木の歴史と今を書き続けてきた森まゆみさんが解説する。 

2016年11月19日(土) 研究会 「町の記憶を記録して、はじめての『産業考古学』―東京台東区谷中のリボン工場を調べて」

2016年11月19日(土) 研究会 「町の記憶を記録して、はじめての『産業考古学』―東京台東区谷中のリボン工場を調べて」
参加費1,000円
時 間:15:00~16:30
場 所:物流博物館 港区高輪4-7-15 
JR・京浜急行「品川」駅徒歩7分 03-3280-1616
講師:権上かおる 氏(㈱アグネ技術センター、谷中のこ屋根会)
山﨑範子氏(谷根千工房・谷中のこ屋根会代表)
http://tias3.web.fc2.com/yotei.htm

「谷中と、リボンと、ある男」展後半に突入しました。

最終日の9/12(月)は20時より撤収作業を行います。展示をご覧になる方はこの時間までにおいでください。

また、谷中のこ屋根会のメンバーがいる時間は展示されているページ以外の見本帳もご覧いただけます。下記の時間にいる予定です。

9/8(木)17:00-22:00
9/9(金)17:00-22:00
9/10(土)12:00-22:00
9/11(日)12:00-14:00 19:00-20:00 *トークイベントのため途中はご覧いただけない時間があります。
9/12(月)18:00-20:00

image1

image2

2016年9月2日(金)-12日(日) 「谷中と、リボンと、ある男」展 ~のこぎり屋根で発見‼ 渡辺四郎コレクション~

谷中は国産リボンの発祥地
明治半ばに建てられた「のこぎり屋根」は織物工場
壊した跡から出てきたものは、文明開化のリボンの記録

華麗な舶来リボンの見本帳、紳士の帽子の洒落リボン
研究ノートに洋書のたぐい、リボンの織方設計図
さてさて、そこから分かったことは……。

リボンも記録も谷中の遺産、そのことまるごと町の宝
どうか見てって、明治のロマン
町の記憶を留めたい、谷中とリボンの物語

日時:2016年9月2日(金)~12日(日)水曜日定休日
   月~土 12:00 ~ 23:00/日・祝 12:00 ~ 20:00
場所:古書ほうろう(文京区千駄木3-25-5)電話:03-3824-3388 http://horo.bz/

主催:谷中のこ屋根会 http://nokoyane.com/(月刊「のこぎり屋根」準備サイト)
協賛:古書ほうろう、たてもの応援団、たいとう歴史都市研究会 谷根千工房

2016年9月5日(日)午後より明治のリボンにまつわるトークイベントを企画しています。

お問い合わせ E-mail:nokoyane@yanesen.com tel:080-6670-0142(やまさき)

PDFファイル / 20160902 谷中と、リボンと、ある男 チラシ

欧化主義の中心地、東京の明治のリボン産業

IMG_0010
このたび調査の結果を産業考古学会論文集に投稿し、審査の上、受理されました。

のこぎり屋根工場の解体時に譲り受けた部材と文献資料を調査しました。共同研究者は5人(権上かおる、山﨑範子、菊池京子、真鍋雅信、吉田喜一)です。

今回の調査・執筆には、部材を預かっていただいている澁澤倉庫の真鍋さん、そもそも執筆を勧めてくれた東京都立産業高専の吉田さんの協力のもと、地元の千駄木や根津に在住して、在りし日の鋸屋根工場を長いこと町のランドマークとして愛おしく思ってきた女性3人があたりました。とにかく、慣れないことで四苦八苦、難産の末の成果です。

谷中、よみせ通りにあったのこぎり屋根工場は、明治27年(1894)築でありました。そして、日本で最初の洋式動力による絹のリボンは、この場所で織られたのです。今回の調査で、いままで東京都や台東区の歴史資料等では触れられていない、近代製織産業の胎動から黎明期の一端に迫ることができました。

ご興味のある方には、ぜひお読みいただき、ご感想、ご批判をいただければ幸いです。

◎論文の抜き刷りを実費160円+送料140円=300円でお送りします(+カンパも大歓迎です)。
◎また、しばらくの間、冊子『谷中の「のこぎり屋根』―藍染川ファクトリーライフ」(1,000円送料込)をお買い上げの方には付録として抜き刷りを同封します。

ご希望の方はE-mail:nokoyane@yanesen.com でお申し込みの上、切手または下記のゆうちょ銀行口座にお振込をお願いいたします。

振込先: ゆうちょ銀行 記号 10130 番号 73820451 口座名 ヤナカノコヤネカイ

今回の成果をもとに、リボン見本帳とリボン現品に焦点を当て、最終回(3回目)となる「谷中のこ屋根展—国産リボン発祥の地から」(仮題)を企画しております。

部材については限りある保存期間、また劣化しやすい絹リボンの現品や見本帖、渡辺四郎ノートなども、保存環境を早急に整える必要に迫られております。引き続き、歴史の証人とも言える部材及び資料の保存・活用に向けた活動への、ご支援ご協力いただけますよう、お願いいたします。

PDF 論文宣伝チラシ 論文宣伝チラシ

PDF 渡辺四郎コレクションから 渡辺四郎コレクションから


*ご支援のお願い:
これまでも多くのご協力をいただきながら、さらなるお願いに恐縮しております。カンパ(小額でも多額でも)は下記へのお振込みいただけましたら大きな力となります。どうぞよろしくお願いいたします。
振込先:ゆうちょ銀行 記号 10130 番号 73820451 口座名 ヤナカノコヤネカイ
(メールアドレスをお知らせください。会計報告をいたします)

問い合わせ 谷中のこ屋根会 E-mail:nokoyane@yanesen.com
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-17-3 谷根千工房内
TEL 03-3822-7623(谷根千工房) 080-6670-0142(やまさき)

のこぎり屋根にあった100年前の資料を調査中。まずは産業考古学会で発表します!

谷中ののこぎり屋根の下で織られていたのは細幅織物(リボン)でした。

広大な敷地の隅に、事務所に使っていた小屋があり、昨秋に小屋を解体した時に、古い書棚の中から100年を遡る織物・染色・養蚕等の資料が見つかりました。英語、独語、仏語、蘭語という洋書と、渡辺四郎氏の手書きのノート、リボンの見本帳です。

全容は2014年11月25日に緊急公開し、玉川寛治さんに解説をお願いしました。玉川さんの、「埋もれさせてはならない!」の声だけを支えに、文献調査チームを結成。ひと冬かけてリスト化した文献資料調査を、このたび、産業考古学会で発表することになりました。

写真は、廃棄を免れた資料の全容と11/25に行われた催し「谷中の織りものー100年前の資料を読み解く」の様子です。

産業考古学会 公式サイト http://jias.o.oo7.jp/
産業考古学会39回総会 2015年5月23日(土)~24日(日)
【第1日】総会・研究発表
2015年5月23日(土) 受付9:30
会場:東京農工大学科学博物館(JR中央線東小金井駅から徒歩15分)
10:00~11:00 総会
11:00~12:00 講演会 玉川寛治氏「(仮)最近の発見・動向から産業考古学の原点を考える」
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~14:30 科学博物館見学(飯野孝治先生ご案内)
14:30~16:50 研究発表(各20分)

  1. 「東京台東区谷中の細幅織物(リボン)産業関連資料調査」(権上かおる、山﨑範子、真鍋雅信、吉田喜一)
  2. 「芸術家岡本太郎の遺産‐翼型屋根のアトリエ住居」
  3. 「(仮)富岡製糸場見学者の観光動向と絹産業遺産の保存・活性化のあり方」
  4. 「台湾における産業遺産を利用した地域マーケティングの一事例 ~雲林県西螺鎮における醤油産業の事例から~」
  5. 「上海・青島の紡績工場遺産の保全と利活用‐在華紡の事例を中心に」 
  6. 「イコモス第18回国際会議のテーマ報告ISCに見る景観保存の思想と特徴」
  7. 「“文化的考古学”としての産業考古学の可能性についての試論‐産業遺産の真正性の変容に見る社会構造と時代性」

17:30~19:30 懇親会 東小金井駅周辺にて

【第2日】見学会 東京城北・城西地区の産業遺産を歩く
日時:2015年5月24日(日)9:00~16:00
集合:JR京浜東北線王子駅北口改札口を出て右手(東側)バスターミナル
見学先:軍用軽便線遺構-旧醸造試験場・旧鹿島紡績関係遺産-旧軍施設遺構-旧陸軍火薬廠遺構・圧磨機圧輪記念碑など。*全行程徒歩

◎参加費
総会・研究発表:登録費2,000円 学生1,000円 非会員3,000円(予稿集含む)、昼食1,000円、懇親会5,000円
見学会:2,000円(昼食各自)

◎申込み
4/22までに郵便振替表で送金。送金を持って申込み。送金後のキャンセルは予稿集をお送りし返金はしません。
口座番号:00170-1-418882
口座名:産業考古学会

141125-HAGISO_4

141125-HAGISO_5

コレクション全景2

「復活に向けて 谷中のこ屋根展 in HAGISO」打ち上げ懇親会

日 時  2014年12月7日(日)17:30~19:30(17:00開場)

参加費  一般1,500円(ワンドリンク付き) 学生 500円(ワンドリンク付き)
     *飲み物の追加は1杯500円でいくらでも  差し入れ歓迎

会 場  HAGISO 台東区谷中3-10-25 岡倉天心記念公園向かいです。http://hagiso.jp/access/

【打ち上げ懇親会プログラム】
乾杯 17:30
谷中のこぎり屋根報告 18:00~

  1. 活用提案の説明 防災ひろば案ほか 
  2. 各地ののこ屋根活用紹介 
  3. SUMMER CAMPの報告と跡地で実践しようとしているnoco cafeの計画、進行状況
  4. 今後の予定と2分の1トラスの使い方・保管先
  5. 会計報告 
  6. 感想と懇親会

終了 19:30

展示は20:00まで自由にご覧になれます。

2014.11/18-12/7 復活に向けて 谷中のこ屋根展 in HAGISO

HAGISO DM2013年9月に解体された谷中ののこぎり屋根。
それは、明治の末に藍染川流域に生まれた、リボン工場のたてものでした。
残されたオリジナル遺産の活用を考え、町の未来に歴史を織り込む展覧会です。

2014年11/18〔火〕~12/7〔日〕 12/1〔月〕定休日

会場 HAGISO 東京都台東区谷中3-10-25

〔北窓から入る光のなかで〕
 残された明治のオリジナル部材の展示
 谷中のこぎり屋根 誕生から今日までの物語

〔のこぎり屋根はこんなにすてきだ〕
 町に歴史ランドマークを織り込もう! 谷中で活用提案
 働くのこぎり屋根 各地での残し方、使い方

〔谷中のこぎり屋根のあった場所は?〕
 学生たちの未来計画~HAGISO 2014 サマーキャンプ 成果報告

〔みんなでつくる 藍染川流域ファクトリーマップ〕

・・・・
会期中の催し
11/25〔火〕19:00~ 谷中のこ屋根会 座談会「のこぎり屋根のこんな使い方」
12/07〔日〕13:00~16:00 谷中地区まちづくり協議会企画同時開催
17:00~ 懇親会or交流会 (どなたでもご参加いただけます) 参加費実費
・・・・・
問い合わせ:谷中のこ屋根会 080-6670-0142(やまさき)
      nokoyane@yanesen.com http://nokoyane.com

企画・主催:谷中のこ屋根会+HAGISO
HAGISO DM裏

谷中のこ屋根展 ご来場ありがとうございました。

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2014年 2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2
終了しました。

この展示は、ギャラリーTENさま、澁澤倉庫さまの協賛により可能になりました。深くお礼申し上げます。

たくさんの示唆に富む提案をいただきましたが、いまだ具体的か活用先は見つかっておりません。ふたたび、バージョンアップして谷中のこ屋根展開催の予定です。活用のアイデア、活用先としての受け入れ、展示の助っ人など募集しています。声をかけてください。>> nokoyane@yanesen.com


MVI_4316.MOV.Still001

MVI_4328.MOV.Still001

MVI_4329.MOV.Still002

MVI_4336.MOV.Still001

MVI_4336.MOV.Still006最後のミニトークが3/8(土)に行われました。

「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」高山医療機械製作所・高山隆志さん
医療機器を作る谷中で4代目の若社長です。

医療界の最先端である脳外科医が、自分の手にフィットする手術道具を手に入れるための要求をかなえる。何を求め、何を目指すのか・・・それを知るための努力と楽しさを語ってくれました。

いま谷中でつくられた医療機器が海外に輸出されています。ドイツ製しかなかった脳外科用のハサミ、いまでは国産・谷中産でなければ…と言われているそうです。

日本人の丁寧で器用な仕事、本郷・下谷の地場産業でもある医療機器の生産は「伝統工芸」でした。

のこ屋根展開催報告(PDF版)

3月7日(金)東京都議会議員、服部ゆくおさんのミニトークが行なわれました。

_MG_4271谷中のこぎり屋根のすぐ隣にお住いの服部さん。解体の様子もずっと見ていらっしゃいました。

MVI_4275.MOV.Still002

MVI_4286.MOV.Still001

MVI_4302.MOV.Still003町で積み重ねられた暮らしや産業、建物を、これからの町に「生かす」意義と方法を語ってくださいました。町ぐるみで谷根千らしさ、歴史的建物を守るために必要なことは何か…。

服部さんのお話に、谷中まちづくり協議会の松田さんや、消防団の佐藤さんからの発言もありました。

この日、立命館大学歴史都市防災研究センターで、京都の町家の防災政策を担った益田兼房さんが、谷根千の町でもできる防災について、京都を参考にしたミニレクチャーも行われました。

いよいよ展示は3/9まで。
今晩もミニトークが行われます。
【ミニトーク】
◎3/8(土)18:30~19:30  高山医療機械製作所・高山隆志さん
 「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2

3月4日(火)に丁子屋主人、村田庄司さんのミニトークが開催されました。

MVI_4227.MOV.Still001明治からのお仕事のこと、町の移り変わり、改築を決心されたときのこと、解体のお知らせを出した後の保存を願う有志とのやり取り、文京区教育委員会に提出した区指定文化財への要望、新築となった建物のことなど・・・・・・

村田さんのお話を受けて、会場からもたくさんの方にご発言いただきました。

_MG_4225町にとって大切なもの残すには、「この風景はすてきだ」「この建物はすばらしい」と伝えること、これがいちばん大切だと知った晩でした。

谷中ののこ屋根展は3/9(日)まで開催中です。
会場:ギャラリーTEN http://galleryten.org/ten/

【ミニトーク】
◎3/7(金)18:30~19:30 都議・服部ゆくおさん
「地産地生(ちさんちしょう)」をよしとする ~谷中らしいまちづくり  

◎3/8(土)18:30~19:30  高山医療機械製作所・高山隆志さん
 「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2

3月1日に谷中ののこ屋根展のレセプションが行われました

Exif_JPEG_PICTURE3/1 レセプションが行われました。たくさんの方のご来場、ありがとうございました。

なぜ、のこぎり屋根を残したいのか。椎原晶子さんの挨拶を採録します。

【のこぎり屋根を谷中に残すことの意義】
谷中や谷根千地区は、今や下町風情や歴史文化を楽しむ方が増え、観光地的なにぎわいを見せていますが、本来、店や工房併用住宅や町中の工場などで人々が働き暮らすまちです。そのものづくりは懐しいものや伝統的なものだけではなく、その都度の時代の先端を開く先進的なものでもありました。

明治期に谷中に立てられたノコギリ屋根工場は、当時のフランスの最先端のデザインや技術を導入して紳士淑女の帽子を飾るリボンを織る工場でした。その建物は三角トラスの小屋組を並べて北側天窓から光をとりいれ、安定した自然光で織物の色調や織り具合を見るのに適したモダンで合理的な空間でした。骨組みや天井は白く塗られ、明るい自然光が満ちていたはずです。

のこぎり屋根の建物をこれからも地域で活かせれば、先代の方々が築いたモダンなものづくりの町としての谷中や愛染川流域のまちの姿を、今生きている人々やこれから住む人々にも実感を通して伝えていくことができます。

このたび、持ち主様や多くの方々のご協力により、オリジナルの部材をできる範囲で取り外して保管し、図面や写真、聞き取りなどでのこぎり屋根工場の建物や織物業の全体を伝えられるよう記録をとらせて頂くことができました。

保管された三角トラスの骨組みや柱、野地板、ガラスなどのオリジナル部材は、元の建物の材料、色彩、採光の具合、大工さんや織工さんの技術、当時の人々の生活を物語る確かな「証」、まちの遺伝子です。この部材や図面から読み解けることがまだまだ沢山あります。博物的に保管される「資料」としてだけでなく、これらを元に、東京の歴史ある生活文化が生きるまち、ものづくりの人々が働き暮らす町を今後も引き継ぎたいと願っています。

Exif_JPEG_PICTURE
乾杯の後は、谷中ののこぎり屋根の昨年9月の解体の様子、根津の丁子屋ご主人の村田庄司さんのインタビュー映像を見ていただきました。

そして後半はノコギリ音楽。

まずは地元で演奏活動を行っている仰木亮彦さん、谷中のノコギリ弾き森田文哉さん。
Exif_JPEG_PICTURE

そして千駄木に生まれ育ったという東京のこ音クラブ会長の木本誠二さん。服部明子さん。
Exif_JPEG_PICTURE

なんとも贅沢な晩でした。

谷中ののこ屋根展は3/9まで開催中です。
会場:ギャラリーTEN http://galleryten.org/ten/

【ミニトーク】
◎3/4(火)18:30~19:30 丁子屋・村田庄司さん
「建物の記憶を記録に ~残せなかった明治28年の店のこと」  

◎3/7(金)18:30~19:30 都議・服部ゆくおさん
「地産地生(ちさんちしょう)」をよしとする ~谷中らしいまちづくり  

◎3/8(土)18:30~19:30  高山医療機械製作所・高山隆志さん
 「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2

谷中のこ屋根展が始まりました

image_3昨日から谷中のこ屋根展が始まりました。
初日の完成度は90%ほど。日々、進化していこうと思います。

今朝、模型が到着しました。
まだまだ未完成ですが、構造や今回保存した場所がわかります。

パネルではみんなで作る「藍染川流域のファクトリー紹介」。
点準備に並行しての取材なので、こちらも未完成、というか、続けて取材・パネル作製すれば楽しくなる企画です。興味のある方、ご参加ください。
藍染川流域の大好きなものづくりをしている方にお話しをうかがい200字ほどにまとめ写真を添える作業です。同じフォーマットで作製して、展示・冊子化を目指します。

谷中ののこぎり屋根工場については、ずいぶん調べました。
パネルをご覧の上、さらにご存知のことがあれば教えていただきたいです。
会場にノートやポストイットを用意していますので、感想とともにご存知のことも書いてください。

image

image_2

image_13月1日19時からのレセプションに、森田文也さん、仰木亮彦さんの二人が演奏をしてくれることになりました。森田さんの楽器はノコギリだそうです。楽しみです。
おもに協力者らによる交流会ですが、どなたでも参加できます。

来週のミニトークも含め、ぜひいらしてください。
そして、資金調達のために作ったとはいえ、美味しくて大評判ののこ屋根クッキーをおみとめいただければ幸せです。