新作絵本おひろめ会 日本語・ノルウェー語 布絵本『月と太陽の指環』が出来るまで

伊藤文子さんの個展にあわせて、今回の布絵本の共作者であり、ノルウェーの民族楽器・ハーディングフェーレ製作者の原圭佑さんをお迎えし、お話を伺います。
また同時に、新作絵本のお披露目と、指輪の受注会を開催します。

42492808_541861246253408_1161047715874865152_n.jpg

お二人のベースであるノルウェーのこと、絵本と指輪の製作について、さらにハーディングフェーレの魅力など、幅広く語っていただきます。

北欧やノルウェーに興味のある方はもちろん、モノづくりに関心のある方にも楽しんでいただけることと思います。

ご希望の方を対象に、布絵本『月と太陽の指環』、原さんの指輪の受注会もありますので、ぜひご参加ください。

IMG_4069.jpg

IMG_4071.jpg

●日時:11/22(木)18:30~19:30(開場18:15)

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:1,000円(当日お支払い)*おみやげ付き

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数〉をご連絡ください。
hirunekobooks@gmail.com 
件名「11/22 ノルウェー布絵本イベント参加希望」



*個展の詳細は⇨http://hirunekodou.seesaa.net/article/462194098.html?1539586438


☆プロフィール

伊藤文子(いとうあやこ)

文化女子大学で染織を専攻。卒業展で学長賞受賞。
卒業後数年を経て、京都西陣の草木染め婦人服ブランドで染色に従事。
2011年に藍染めTシャツや草木染めスカーフの展示販売活動を始める。
2013年、兼ねてから親交のあったノルウェー人染織作家Kristi Skintveit氏の尽力もあり、
ノルウェー留学を果たす。
ノルウェーではHardanger Kunstskuleで地域に根ざしたアートや、伝統織物にふれる。
2015年スカンジナビア・ニッポンササカワ財団とJondal kommune(日本で言う市町村のような行政区画)の助成金を得、KristiAneVevより絵本出版と同時に帰国。
2017年えほんを基にしたオリジナルファブリックの小物展示販売をを開始。
2018年朗読劇なかがわ・なかがわ衣装・コラボグッズデザイン担当。
夏にノルウェー際渡航しKristi Skintveit氏のアシスタントを務める。

https://noli-ka.blogspot.com
https://www.facebook.com/684948071609068/


=展覧会=
2011  トークイベント『私の好きなノルウェー』コルンボード、市ヶ谷
2012  個 展             『Jondanl こころのふるさと2012』カフェハイファミリア、三鷹
                                   『期間限定ショップNoli-ka Skinsand』BASE南青山、南青山
2013  グループ展        『HAKU No,1』Storeteigen, Øystese
2014  グループ展        『A Haku!』Galleri Puls, Norheimsund 
2015  グループ展        『Avgangsutstilling 2015』Galleri Puls, Norheimsund 
2016  個 展              『ノリーカ 販売会』森晴事務所内、青山
                        『えほんノリーカ 原画展』赤羽、豆電Coffee
2017 個 展               『えほんノリーカ 布展』ひるねこBOOKS、谷中
2015  グループ展  『1to1 Bookseller』えほんのがっこう、武蔵関
2018 ワークショップ『Origami og Kumihimo』Viketunet, Jondal ノルウェー
                                  『Teikning - Mønster til Viketuntrøya / Jondalskofta 』Viketunet, Jondal ノルウェー

IMG_4058.JPG

HK3.JPG


原圭佑(はらけいすけ)

イギリスNEWARKヴァイオリン製作学校卒業。
キプロス共和国にてヴァイオリン製作家Stepan Soultanian氏の下で修行。
日本の弦楽器店にて、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどの修理修復を主に活動。
ノルウェーBø i Telemarkにてノルウェー民族楽器ハーディングフェーレを製作家Ottar Kåsa氏の下で2年間学ぶ。
ノルウェー伝統音楽の世界や文化に触れる。
日本帰国後、神奈川県横浜市にて、ハーディングフェーレ&ヴァイオリン工房Kを設立。
ノルウェーに再び訪れ、ハーディングフェーレの研究を続ける。
今年行われた2年に一度のハーディングフェーレ製作のコンペティションに初出場。
銅賞を取得。

https://www.keisukehara.com/




伊藤文子 布展2 絵本とファブリックプロダクト「ノリーカ」

昨年に続き、伊藤文子さんの個展を開催します。

Nunoten2018-1.jpg

ノルウェーが繋いだ二人、伊藤文子と原圭佑の共作『月と太陽の指輪』
えほん「ノリーカ」シリーズのミニエピソード『フルダの誕生日』
これら2つの新作布絵本の展示販売です。

IMG_4069.jpg

IMG_4071.jpg

今回は、ノルウェーの民族楽器・ハーディングフェーレ製作者の原圭佑との共作記念として、フェーレからおこしたオリジナルファブリックのコラボ品も。

HK2.JPG

また昨年に引き続き、バッグ、がま口、ポーチなどの小物の他、atelier Fuccaとの共作ポーチやオリジナル生地のみの販売をいたします。
さらに、人気の「良いバッグ」は生地を選べる受注販売。

HK5.jpg

IMG_4078.JPG

この1年間、ノルウェーでの様々な出会いや体験を通して、伊藤さんの作品はどのような変化を遂げたのでしょうか?
どうぞお楽しみに。



●会期:11/16(金)〜11/29(木)11:00~20:00
(店舗営業時間に準じます)
最終日は18時まで
営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

・11/19(月)は19時までの営業
・11/20(火)定休日
・11/22(木)は17時までの営業(イベントのため)
・11/27(火)は営業し、翌11/28(水)は振替で休業いたします。

*伊藤さん在店予定:11/16、17、22〜25
*原さん在店予定:11/22、23
細かな時間などは、それぞれのHPなどをご覧ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料


11/22に、新作絵本おひろめ会 日本語・ノルウェー語 布絵本「月と太陽の指環」が出来るまで〉を開催します。
詳細、お申し込みは⇨


☆プロフィール

伊藤文子(いとうあやこ)

文化女子大学で染織を専攻。卒業展で学長賞受賞。
卒業後数年を経て、京都西陣の草木染め婦人服ブランドで染色に従事。
2011年に藍染めTシャツや草木染めスカーフの展示販売活動を始める。
2013年、兼ねてから親交のあったノルウェー人染織作家Kristi Skintveit氏の尽力もあり、
ノルウェー留学を果たす。
ノルウェーではHardanger Kunstskuleで地域に根ざしたアートや、伝統織物にふれる。
2015年スカンジナビア・ニッポンササカワ財団とJondal kommune(日本で言う市町村のような行政区画)の助成金を得、KristiAneVevより絵本出版と同時に帰国。
2017年えほんを基にしたオリジナルファブリックの小物展示販売をを開始。
2018年朗読劇なかがわ・なかがわ衣装・コラボグッズデザイン担当。
夏にノルウェー際渡航しKristi Skintveit氏のアシスタントを務める。

https://noli-ka.blogspot.com
https://www.facebook.com/684948071609068/


=展覧会=
2011  トークイベント『私の好きなノルウェー』コルンボード、市ヶ谷
2012  個 展             『Jondanl こころのふるさと2012』カフェハイファミリア、三鷹
                                  『期間限定ショップNoli-ka Skinsand』BASE南青山、南青山
2013  グループ展        『HAKU No,1』Storeteigen, Øystese
2014  グループ展        『A Haku!』Galleri Puls, Norheimsund 
2015  グループ展        『Avgangsutstilling 2015』Galleri Puls, Norheimsund 
2016  個 展              『ノリーカ 販売会』森晴事務所内、青山
                        『えほんノリーカ 原画展』赤羽、豆電Coffee
2017 個 展               『えほんノリーカ 布展』ひるねこBOOKS、谷中
2015  グループ展  『1to1 Bookseller』えほんのがっこう、武蔵関
2018 ワークショップ『Origami og Kumihimo』Viketunet, Jondal ノルウェー
                                  『Teikning - Mønster til Viketuntrøya / Jondalskofta 』Viketunet, Jondal ノルウェー

IMG_4056.jpg

「版画日和」終了しました

上野銅好会の展示会「版画日和 vol.5」は、本日無事に終了いたしました。見に来てくださったみなさん、どうもありがとうございました。楽しんでいただけてよかったです。何かを作るってやはり楽しいと、再認識させていただける版画展でした。また二年後の開催を目標に活動していくと思います。また作品を拝見できるときを楽しみにしております。明日、15日月曜日はお休みです。16日火曜日から21日日曜日までは、熊猫屋ぱんだ個展「パッチワーク横町の雑貨屋さん」を開催します(12時〜19時・最終日17時)。どうぞ遊びに来てください。

版画日和 vol.5 14日まで

上野銅好会のみなさんによる銅版画展「版画日和 vol.5」は、明日14日日曜日までです。明日は最終日につき、12時〜17時の開催となります。どうぞご了承ください。小さな画面の中にたくさんのそれぞれの何かが詰まった作品群をどうぞご覧ください。気候は急に秋が深まって涼しくなりましたね。みなさん、どうぞ風邪などひかぬように、少し暖かくしてお出かけください。町中が展覧会場「芸工展」も近隣一帯で開催中です。

『戦争なんか大きらい! 絵描きたちのメッセージ』(大月書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『戦争なんか大きらい! 絵描きたちのメッセージ』
子どもの本・九条の会 (大月書店)




“平和”という言葉は抽象的でイメージしづらく、だからこそ具体的なアクションが難しいのだ、という論があります。
だからこそ統一的なイメージを作る必要があるのだと。

それは確かにその通りで、戦争という言葉がもたらす強烈なイメージを前に、私たちは何かを失いたくないという受け身、恐怖から行動を起こさざるを得ません。

そうではなく、もっと積極的に、能動的に、平和をイメージすることはできないでしょうか。
大切な存在、町の風景、憧れの人、贔屓のチーム、将来び夢や宝物、思い出。

私の、私たちの大好きなものが、ただそこにある。
それってとても尊いことだと思うのです。


この本に登場するのは、日本を代表する絵本作家たち。
彼らの描く絵、そしてここに添えられた日本の憲法の条文には、確かに平和の姿があります。

今という時代を平和と感じるか、そうではないと捉えるかは人それぞれですが、
少なくともこれらのメッセージを守ることが、即ち平和を守り、繋ぎ、築くことであるのは間違いないでしょう。

各作家による巻末の言葉も本当に真っ直ぐ。
それは真摯で公正で、迷いなど一切ありません。

戦争も改憲も絶対に反対です。

『うさぎたちとふしぎなこうじょう』(好学社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

アダム・グリーン さく
レナード・ワイスガード え
こみやゆう やく
『うさぎたちとふしぎなこうじょう』(好学社)



今は誰もいなくなってしまった大きな工場。6本の煙突が、ただぽつんと立っています。

ある夜、そこに2ひきのうさぎがやって来ると、たちまち大勢のうさぎたちが暮らし始めました。

いっぴきの「しりたがりうさぎ」が、あちこちのボタンを押したら工場に音が響き渡り……。

ワイスガードの描くうさぎたちの表情が個性的で、愛くるしい1冊。

銅版画を楽しむ

上野銅好会のみなさんによる銅版画展を開催中です。月に2回ほど集まって、少しずつ制作をしているグループです。構想を練るだけの日も、絵を描く日も、刷ってみる日もそれぞれにいろいろ、楽しみながら作っています。そんな、好きだからやっているという様子が作品からも伝わってきます。見ていて和やかになる作品展です。どうぞ遊びに来てください。14日日曜日まで(12時〜19時・最終日17時)。