笏のささやき

青山大麓 著 福岡県神社庁 1977年刊 190p 18cm:状態並 並製 少ヤケ : 修祓の作法/他

人間発達の理論

田中昌人 著 青木教育叢書 青木書店 1987年刊 366p 20cm:状態並 初版 カバ 少汚

つみ木と遊びと保育

リシトワン Z.V. 著 ; 国分ミチ子 訳 新読書社 1978年刊 258p 18cm:状態並下 初版 カバ 少赤ペン線引 少汚

『胎児のはなし』(ミシマ社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

最相葉月、増﨑英明
『胎児のはなし』(ミシマ社)


胎児のはなし [ 最相葉月 ]

かつて「見てはならぬもの」だった母胎の世界。
それはやがて見られるものになり、だからこそ一層好奇心を掻き立て、未知の領域は広がる。

「お腹の中で何をしているのか」「なぜ平均3000グラムなのか」など、“密室”の謎に迫る。

胎児がどうやって形成されるのかの論争の歴史や、最新研究についても詳しく。

出産経験の有無、男女関係なく、これは読んでおきたい1冊。


☆WEB SHOP⇨
http://hiruneko.thebase.in/items/16987377

「超ニコライ同盟」いろいろ

開催中の「超ニコライ同盟写真展」昨日から2週目が始まりました。三連休には、寒さをものともせず、ほんとうにたくさんの方々が見に来てくださって賑やかでした。みなさん、どうもありがとうございます。平日は比較的落ち着いて静かですので、写真をじっくり眺めたい方にはおすすめです。さて、2週目はニコンのカメラで撮影・・・といってはいるものの、制作は自由、それぞれ思い思いの撮影をしています。よって、ニコン以外のカメラでの作品もいろいろ・・・。どうぞひとりひとりのいろいろを楽しんでください。先週に比べてカラーが多くなった印象です。出展者は一人だけ入れ替わりました。17日日曜日まで(12時〜19時・最終日17時)。

出展者:井上登志子・岩切浩一・大沼秀璽・黒川友紀子・坂下秀彦

『SFが読みたい2019』ランクイン本

『SFが読みたい2019』ランクイン本が、入り口フェア台のハヤカワ書房の編集者がすすめるミステリフェアに加わりました。 3月の第1週あたりまでの予定です! 海外第1位『折りたたみ北京』がさっそく品切れに! 版元さんでもい […]

第21回 不忍ブックストリート一箱古本市 助っ人さんを募集します!

今年も、助っ人さんを募集します。

不忍ブックストリートでは、事前の準備から当日の運営まで、
できる範囲で「一箱古本市」を手伝ってくださる「助っ人」(ボランティアスタッフ)を

募集します。ふるってご応募ください。

今回で通算21回目の一箱古本市
今年の一箱古本市は、4月28日[日]1日のみの開催になります

告知のために、不忍ブックストリートMAPをはじめ、さまざまなチラシ、
ポスターなどの印刷物の製作・配布を行います。
実行委員会はわずか15人ほどですので、

助っ人の皆さんのお力がなければやっていけません。
助っ人さんには、MAPの配布から一箱古本市当日のスタッフまで
さまざまな機会に助けていただいています。
その労力に対して、われわれはお金で報いることはできません。

しかし、みなさんに「助っ人やってよかったな」と思っていただけるように、
ひとりひとりにとって楽しく、やりがいのある場所にしていきたいと思っています。
お友達やカップル、親子での参加も歓迎します。

助っ人さんは、10代から60代くらいまで、老若男女、年齢も職種も様々。
助っ人さんになった動機も、本好きの人もいれば、
本は興味ないけどイベントの手伝いがしてみたくてとか、ご近所だからとか、
谷根千界隈に興味があったのでとか、ほんとうにいろいろです。

「事前の準備しか手伝えないけど」「当日しか手伝えないけど」…
1日のみの開催ですが「店主と助っ人両方したい」というみなさん大歓迎です。
一箱古本市当日までに、顔合せ会、作業日、

一箱古本市当日の手伝いの為の集まりが3回くらいあります。
こちらも出られる範囲で参加していただけば大丈夫です。

とくに4月に入ってからはいろいろな雑務があれこれ押し寄せてくるので、
1日だけでも手を貸していただけると大変助かります。
まだ予定が決まってないという段階でも結構ですので、
そんな「助っ人」として一肌脱いでやろうという方は、

下記の要領でメールにてお申込みください。

メールをいただいてから、お返事まで、2,3日お時間をいただくことがあります。
ご了承ください。

どうぞよろしくお願いします。


《助っ人参加申し込み》

【あて先】 suketto@yanesen.org
【件名】 「助っ人」参加希望


* お名前
* 助っ人用のメーリングリスト登録可能なメールアドレス
 (いつでも登録解除できます。長文でのご連絡も多く、

  添付資料を添えてのご連絡もありますので、長文メール、

  添付資料を受け取れるアドレスをお知らせください)
* 電話番号(差し支えなければで結構です。急な呼びかけが生じる場合があります)
* 4月28日[日]の古本市当日に、スタッフとして参加可能かどうか
  わかる範囲でかまいませんので、お書き添えください。

また、今年も「助っ人顔合せ会」の開催が決定しています。
顔合わせ会は、最初の集まりになります。
助っ人さんの活動、不忍ブックストリートのことなどを説明させていただきます。
そのあとざっくばらんにお話できるように居酒屋で飲み会があります。
こちらは希望者のみの参加になります。

「助っ人として、一箱古本市に参加したい」「助っ人に興味はあるけど、

わからないこともあるので直接話を訊いてみたい」
「いきなり店主とてしての参加はハードルが高いので、

まずは助っ人さんからしてみようかな」あるいは「実行委員と飲んでみたい」など、

ちょっとでも一箱古本市に興味をお持ちでしたら、どなたでも参加できます。


第21回 一箱古本市「助っ人顔合わせ会」
日時:3月10日[日]15時30分~
場所:汐見地域交流センターA室(本郷図書館 2階)
   文京区千駄木3-2-6
https://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/chiiki/shiomi.html

会費:なし

  (17時より、近所の居酒屋に場所を移しますが、そちらは割り勘となります)
* 当日、突然いらっしゃっても大丈夫ですが、

  なるべくメールにてお申し込みください。

【あて先】 suketto@yanesen.org
【件名】「助っ人顔合わせ会」参加希望
お名前、飲み会への参加の可否をお書き添えください。
15時30分からの「助っ人顔合わせ会」には都合がつかないけど
17時からの飲み会には出られそうという方も歓迎です。

「飲み会のみ出席」と書き添えてください。

今年も一緒に一箱古本市を楽しみつつ、

成功させましょう!

不忍ブックストリート公式サイト https://sbs.yanesen.org
不忍ブックストリート公式ブログ  https://shinobazukun.hatenablog.jp
Twitter  https://twitter.com/hitohako
Facebook  https://www.facebook.com/shinobazubookstreet/

 

第62回湯島天神梅まつり

イメージ 1













62回湯島天神梅まつりが開催されています。
28日(金)~38日(金)です。
是非、足を運んで下さい。

寒波が到来していますが、もう春ですね。
きれいに梅が咲いていて、香りが素晴らしいです。
湯島天神には300本の梅の木が植わっているそうです。
 
文京区一般会計予算案は1,020億円と報告されました。

2月定例議会が始まりました。
文京区の予算案が1千億円を超えるのは初めてです。
2018年度当初予算966億円から(+5.3%54億円増えることになります。
区民の声を届けるために議会活動に全力で取り組みます。

『こんとん』(偕成社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

夢枕獏 文/松本大洋 絵
『こんとん』(偕成社)


こんとん [ 夢枕 獏 ]

犬のようで、熊のようでもある。
耳はあるけど聞こえない。
目はあるけど見えない。
足は六本、つばさは六枚あるらしい。

謎めいていて、いとおしい、ものいわぬもの、こんとん。

中国神話をもとに、夢枕獏が語り、松本大洋が描く。

幻を見ているよう。鳥肌。

http://hiruneko.thebase.in/items/16987158



IMG_4088.jpg

IMG_4090.jpg

IMG_4091.jpg


第21回「不忍ブックストリートの一箱古本市」助っ人さん募集

今年も、助っ人さんを募集します。

 

不忍ブックストリートでは、事前の準備から当日の運営まで、
できる範囲で「一箱古本市」を手伝ってくださる「助っ人」(ボランティアスタッフ)を募集します。
ふるってご応募ください。

 

今回で通算21回目の一箱古本市。
今年の一箱古本市は、4月28日(日)1日のみの開催になります。

 

告知のために、不忍ブックストリートMAPをはじめ、さまざまなチラシ、
ポスターなどの印刷物の製作・配布を行います。
実行委員会はわずか15人ほどですので、助っ人の皆さんのお力がなければやっていけません。
助っ人さんには、MAPの配布から一箱古本市当日のスタッフまで、
さまざまな機会に助けていただいています。
その労力に対して、われわれはお金で報いることはできません。

 

しかし、みなさんに「助っ人やってよかったな」と思っていただけるように、
ひとりひとりにとって楽しく、やりがいのある場所にしていきたいと思っています。
お友達やカップル、親子での参加も歓迎します。

 

助っ人さんは、10代から60代くらいまで、老若男女、年齢も職種も様々。
助っ人さんになった動機も、本好きの人もいれば、
本は興味ないけどイベントの手伝いがしてみたくてとか、
ご近所だからとか、谷根千界隈に興味があったのでとか、ほんとうにいろいろです。

 

「事前の準備しか手伝えないけど」「当日しか手伝えないけど」…
1日のみの開催ですが「店主と助っ人両方したい」というみなさん大歓迎です。一箱古本市当日までに、顔合せ会、作業日、一箱古本市当日の手伝いの為の集まりが3回くらいあります。
こちらも出られる範囲で参加していただけば大丈夫です。

 

とくに4月に入ってからはいろいろな雑務があれこれ押し寄せてくるので、
1日だけでも手を貸していただけると大変助かります。
まだ予定が決まってないという段階でも結構ですので、
そんな「助っ人」として一肌脱いでやろうという方は、下記の要領でメールにてお申込みください。

 

メールをいただいてから、お返事まで、2,3日お時間をいただくことがあります。
ご了承ください。

 

どうぞよろしくお願いします。


《助っ人参加申し込み》

【あて先】 suketto@yanesen.org
【件名】 「助っ人」参加希望

*お名前
* 助っ人用のメーリングリストに登録可能なメールアドレス
(いつでも登録解除できます。長文でのご連絡も多く、添付資料を添えてのご連絡もありますので、長文メール、添付資料を受け取れるアドレスをお知らせください)
*電話番号(差し支えなければで結構です。急な呼びかけが生じる場合があります)
*4月28日(日)の古本市当日に、スタッフとして参加可能かどうか
わかる範囲でかまいませんので、お書き添えください。

 

また、今年も「助っ人顔合せ会」の開催が決定しています。
顔合わせ会は、最初の集まりになります。
助っ人さんの活動、不忍ブックストリートのことなどを説明させていただきます。
そのあとざっくばらんにお話できるように居酒屋で飲み会があります。
こちらは希望者のみの参加になります。

 

「助っ人として、一箱古本市に参加したい」「助っ人に興味はあるけど、わからないこともあるので直接話を訊いてみたい」「いきなり店主とてしての参加はハードルが高いので、まずは助っ人さんからしてみようかな」
あるいは「実行委員と飲んでみたい」など、ちょっとでも一箱古本市に興味をお持ちでしたら、どなたでも参加できます。

 


《第21回 一箱古本市「助っ人顔合わせ会」》

日時:3月5日(日)15時30分~
日時:3月10日(日)15時30分~
場所:場所:汐見地域交流センターA室(本郷図書館 2階)
文京区千駄木3-2-6
https://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/chiiki/shiomi.html

 

【あて先】 suketto@yanesen.org
【件名】「助っ人顔合わせ会」参加希望
お名前、飲み会への参加の可否をお書き添えください。
15時30分からの「助っ人顔合わせ会」には都合がつかないけど、
17時からの飲み会には出られそうという方も歓迎です。「飲み会のみ出席」と書き添えてください。

 

今年も一緒に一箱古本市を楽しみつつ、成功させましょう!