くまがいのりこ より 9月4日(日) 東日本大震災・復興イベント『いわき発!フラガールズ甲子園』 へのコメント

きょうこさん、コメントありがとうございます。そして差し入れも感激でした。そうそう、ユラユラ揺れながら会場に吸い込まれていった姿も嬉しかったです。Wきくちさんが初顔合わせ、、応援すっぺいわきのなーさん、にしわきさん、ゆりさん、りゅーじさん、そしてこまつざきさんも!皆で裏方手伝え、いわきの方々にもたくさん会え、なにか力がみなぎりました、大会本番には、まめさん、も駆けつけ、会場に入り切れない人垣の最後列、皆で立ちっぱなしで応援、、皆さんの後ろ姿には、故郷への熱い想いをみました。たいへんな規模の初企画だったと思います。にしわきさんが今日、今後の為に、、と全員のコメントを実行委員会にまとめて送ってくれます。いわきの方と一緒に、いわきを盛り上げる企画を考え、携わっていく、ずっと先まで、これが我々の生きるエネルギーになっていくのだ、と感じています。

WordPressテーマ Codium Extend の日本語翻訳ファイル

頼まれてセットアップしたサイトで使ったCodium Extendテーマがシンプルでいいなあと思ったので、ここでも使ってみることにしました。

そのサイトではできるだけ英語は出てきて欲しなくて、日本語の翻訳ファイルを作ったのでここで公開しておきます。

Codium Extend ver.1.0.9用の日本語翻訳ファイル: codium-extend_ja.zip

このzipファイルを解凍して、ja.moファイルをwp-content/themes/codium-extend/languages/に置けば使えるはずです。ja.poファイルの最新版はGist:1205390で公開しておきます。どうぞ自由にお使い下さい。

バージョンアップに追随できるかどうか心配なのでこのサイトは英語にするかも。

菊池京子 より 9月4日(日) 東日本大震災・復興イベント『いわき発!フラガールズ甲子園』 へのコメント

ボランティアに参加されたみなさま、おつかれさまでした。
菊池は前夜祭をちょっと冷やかしただけでしたが、ゆるゆるとしたハワイアンの音が心地よく、手をくらげのようにふらふらさせて会場をゆらゆら歩きまわり、しばしタコかクラゲのようになった気分で楽しかったです。皆様のアロハ姿も、なななかステキでしたよ。いいね、ああいうのも!
台風だったので、みなさん雨に打たれているのでは?と心配していたのですが、会場が立派で、あれなら大丈夫と、安心しました。
成功裡に済んでよかったですね。お疲れ様♪

【舎人公園】 ゆうらら LIVE~劇団どくんご・東京公演プレライブ~

舎人公園,どくんご
 旅するテント芝居「劇団どくんご」2011公演『A Vital Sign -ただちに犬』の巡業復路・東京公演の初日を舎人公園に観にいきました。(2011.9.8) 舎人公園のテニス練習場に近い緑地では、芝居の練習をする劇団員、犬と散歩する人、サッカーの練習をする子供たち。緑地に建つ"犬小屋テント"の向こうには無人モノレール線 日暮里・舎人ライナー「舎人公園駅」が西日を受けて輝いていました。 『A Vital Sign -ただちに犬』の東京公演初日、開演前のオープニングアクトとしてゆうららのアコースティックライブが開かれました。
ゆうららは下北沢を中心に活動されている3ピースバンド。普段はエレキギター、エレクトリックベース、ドラムだそうですが、今回はベースのみエレクトリックで、アコースティックギターとカホンによる編成でした。どくんごの舞台で奏でる3人の声と演奏は、爽やかでとても心地良かったです。 ■ uyulala(ゆうらら)<http://uyulala-fantasy.com/> うえだ まなみ,ゆうらら ゆうらら,すずき ちはる
はらだ かおる,ゆうらら   ■ 東京足立区舎人公園 by うつば(犬の生活) <http://blog.dokungo.com/article/225075478.html>
ゆうらら,uyulala
  本編の「A Vital Sign -ただちに犬-」ですが、はじめ戸惑いましたが面白かったです。 ストーリーはなく、セリフや音楽による短いエピソードがいくつも演じられます。それらはつながりがあるような、ないような...。芝居に意味を探すのを諦めると、特徴ある役者によって演じられる言葉遊びや音楽がとたんに面白く感じ始めました。ことにラストの音楽は良かったなあ。 そして、犬小屋テント。芝居が進行するにつれて少しずつ形を変えていきます。借景をも舞台に変える後半は、舎人公園のだだっ広さと草地が、とても芝居を美しく見せてくれました。 旅するテント芝居、劇団どくんご東京公演<舎人公園>は、9/12(月)まで。 -- ■ 劇団どくんご 公演 第25番「A Vital Sign -ただちに犬-東京(東京舎人)公演~秋は舎人で夕涼みする犬。~ 公演:2011年 9/8(木)~12(月)  時間: 開場 19:00/開演 19:30~ 料金: 前売・予約 ¥3,000/当日 ¥3,300/中高校生 ¥1,500/小学生以下 お気持 場所: 都立 舎人公園 草地広場 住所: 足立区舎人公園 1-1 主催: 劇団どくんご <http://www.dokungo.com/> -- 最終日 9/12(月)は満月です。 舎人公園,どくんご  

菊池京子 より 駒込谷根千光源寺隊 第10便 いわき応援隊「花火の前夜」 / 菊池京子 へのコメント

石川さま、いつも見ていただいて、コメントいただいて、本当にありがとうございました。
お返事遅くなり、すみませんでした。
お仕事、大変でしょうか? 
火力・・・かなぁ、などと、勝手に想像していますが、違ったらごめんなさい。
ともかく、お仕事、どうかお体にお気をつけ、お励みください。
お目にかかれなかったのは残念でしたが、それ以上に、
「残念ですが、仕事で時間が作れません」とお電話いただけ、
お声が聞けたことが、なによりもうれしくおもいました。
私どもで応援できることがあれば、いつでもどうか、
メールなりおはがきなり、お電話なり、くださいませ。

秋に入りました。海からの風はもう寒い日がありますね。
お二人ともご自愛ください。奥様にもよろしく。
いつかまたお目にかかれる日を待っています。
ありがとうございました。
菊池京子

国立公文書館が12日から宮古市で被災公文書の修復支援事業を開始、東文救システムを導入

国立公文書館は、東日本大震災で被災した岩手県宮古市の公文書等の修復支援事業を12日から開始します。技術指導とスキル・トレーニングに当たる講師や職員を現地に派遣し、宮古市内在住者から作業者を雇用します。技術は東文救復旧システムで、設営とスキル・トレーニングにあたっては東文救が協力し国立公文書館が実施します。

宮古市における被災公文書等の修復支援事業の実施について

9月12日(月)本会議で一般質問

イメージ 1
 9月9日から第3回定例会が始まります。 
 12日(月)本会議で一般質問を行います。
 是非、傍聴に来てください。
 15:30頃からの予定です。

【質問要旨】 

1. 3.11を受けて、原発とエネルギー、放射能汚染について
(1) 区長の原発への態度とエネルギー戦略について
(2) 原発・エネルギー戦略に対する教育方針について
(3) 原発事故・放射能汚染に対する情報伝達について
(4) 給食に使用する食材の安全性について
(5) 放射能に対する不安の解消と危機管理について

2. 地域防災計画の見直しに関連して

3. 災害支援に関連して
(1) 被災している子どもたちの支援について
(2) 被災者の住宅支援について
(3) 支援に関する区の業務について

4. 地域福祉計画の見直しについて
(1) 高齢者・介護保険事業計画について
(2) 障害者計画と精神疾患について

5. 文京区の歴史・文化の記録を映像で保存・活用する事業について

8月28日 文京区総合防災訓練が関口台町小学校で近隣町会方々が訓練に参加のもとで開催されました。
 直下型地震、都市型水害などを想定しての訓練です。

 避難所運営訓練などは、見学に来ていた汐見町連の方から「自分たちもやってみよう」と、熱心に見入っていました。重要な課題です。

 私は、災害対策調査特別委員会に所属しています。
 地域防災計画の見直しとあわせて取り組んでいきます。 

国会図書館メールマガジンで遠野の東文救文書復旧システムが紹介されています

2011年9月8日付け『カレントアウェアネス-E』200号、「E1210 - 被災地支援活動紹介(2)遠野文化研究センター」の記事において東京文書救援隊の文書復旧システムの導入とその効果が紹介されています。同センターが進めている三陸文化復興プロジェクト(文化財レスキュー活動、献本活動など)について、同センターの菊池信代学芸員へのインタビュー記事の中です。





国立国会図書館カレントアウェアネス:E1210 - 被災地支援活動紹介(2)遠野文化研究センター

遠野文化研究センターへの東文救文書復旧システム導入報告

久ノ浜花火大会・グラビア

「谷根千・駒込・光源寺隊」と「ふくしま・いわき・応援団」が記録した「久ノ浜奉奠花火大会」の模様と前後の様子は、谷根千震災字報と、YOU-TUBE〈ekomatsuzaki〉でお届けしていますが、震災字報のレポートに、以下の写真を添えます。 写真は小松崎栄一さんの動画より、切り取ったもので、簡単なグラビアを構成しました。(写真構成/菊池京子・レポート本文中の「じゃんがら」の写真は、菊池京子撮影です) 1. 花火大会! 2. 午後、会場にいろいろな年代の方々が集まってきます 3. 夕暮れ、「じゃんがら念仏踊り」が始まれば、地元の老若男女は敬虔な表情に… 4. 久ノ浜の夜空に大輪の花火が上がった! 5. 数十年ぶり、津波に浚われた久ノ浜に上がった大花火が、みんなの顔を照らす 6. 長くて短かく、短くて長かった、春、そして夏。浜には秋の宵風が吹く…

2か月連続1位

先月に引き続き、東大生協本郷書籍部の売上ランキング(法律・政治部門)で

木村草太『憲法の急所』が1位になりました。

⇒ http://www.utcoop.or.jp/HB/?page=8aa2eb2fe4282757a0cea1b98bc08ae7

東大生協ベストセラー201108.jpg

2011年08月11日更新の情報ですが、
辰已法律研究所 書籍出版グループのサイトの
「他社商品売上ランキング」でも

木村草太『憲法の急所』が1位になっています。

⇒ http://blog.livedoor.jp/accstatsumi/archives/4202399.html



憲法の急所―権利論を組み立てる

憲法の急所―権利論を組み立てる

  • 作者: 木村 草太
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: 単行本


[養]原宿でつかまる

f:id:mampuku-tei:20110908024041j:image:medium:right

  • ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展 〜映画とその周辺〜

  @ラフォーレミュージアム

  • 『サヴァイヴィング ライフ −夢は第二の人生−』

  @イメージフォーラム

シュヴァンクマイエルマーケットで泳いだ感はあったけど、見といてよかった。

展覧会は、作品数、内容ともに圧巻でした。前向いて歩いていたら、横から出てきた鰐にかぶりつかれてかっさらわれた気分。

K'sシネマともうひとつの展覧会「魔術的、錬金術」も行けたら行ってみようかな。

http://www.svankmajerjp.com/

【舎人公園】 旅するテント芝居 劇団どくんご

舎人公園,どくんご
 谷根千界隈から最寄りの日暮里駅、もしくは西日暮里駅。舎人ライナーで約15分、北上しますと舎人公園駅(東京都足立区)があります。この場所に旅するテント芝居「劇団どくんご」が巡業に訪れています。(2011.9.8~12) 劇団どくんごは、1983年に埼玉県で立ち上げられた劇団ですが、2009年に拠点を鹿児島県に移して全国を巡業しています。今年は約7ヶ月かけて全国を縦断、約40カ所で公演をされるそうです。 九州から巡業を続けながら北上、東京は6月に井の頭公園で(2011.6.16~20)公演が開催されました。その後、被災地から北海道を折り返し、再び東京へ。復路の東京巡業の地が舎人公園です。
どくんご   ■ 劇団どくんご 公演第25番「A Vital Sign -ただちに犬-東京(東京舎人)公演~秋は舎人で夕涼みする犬。~ 公演:2011年 9/8(木)~12(月)  時間: 開場 19:00/開演 19:30~ 料金: 前売・予約 ¥3,000/当日 ¥3,300/中高校生 ¥1,500/小学生以下 お気持 場所: 都立 舎人公園 草地広場 住所: 足立区舎人公園 1-1 主催: 劇団どくんご <http://www.dokungo.com/>  
舎人公園,どくんご

メルコマ開始しました。

羽鳥書店の刊行物と関連情報をメールで配信する

メルマガならぬ「メルコマ(メールコマーシャル)」を開始いたしました。

月に1~2回程度配信を予定しております。


配信をご希望の方は、mcm@hatorishoten.co.jp まで、
メールアドレスとお名前をお送りください。
登録確認とあわせて、最新号をお届けいたします。

8月29日に配信した 「1号 風神フェア篇」 はこちらで見ることができます。
⇒ http://www.hatorishoten.co.jp/mcm.html

※ 「1号 風神フェア篇」 では
◎三省堂書店 神保町本店 4F
「高山宏の世界」 7/31~8/31(予定)とありますが、
好評によりフェア期間延長となっております。