チーム ピース チャレンジャー フェアトレードカフェ

2011年11月11(金)

チーム ピース チャレンジャー
フェアトレードカフェ
暑さのため中止

チーム ピース チャレンジャーは、インド、バングラデシュ、ネパールの子どもや女性たちの支援のために、彼らの手作りの商品を日本の方々に紹介しています。彼らの製品を日本で販売し、販売金額の一部を、被災地の方々に寄付していきます。

世界中で
5人に1人が1日1ドル以下の生活をしています。
5秒に1人が飢餓で亡くなっています。
6人に1人が安全な水を飲めないか
          飢えに苦しんでいます。

チーム ピース チャレンジャーとは
世界の子どもたちの幸せと
平和な社会作りのために
このままじっとしていてはいけないと
やむにやまれぬ気持ちで立ち上がり
あらゆる事を見つけて行動している
3人の女性が中心に立ち上げたチームです

東京、千葉、神奈川でフェアトレードカフェを
開催しています。


問い合わせはチーム ピース チャレンジャーまで
よろしくお願いします

電話番号047-332-0706
Emailアドレスchallengerhse1216@divina.co.jp
ホームページURLhttp://peace3hse.com
retweet

水族館劇場来たる!!

3.11以降、この世界は変わってしまった。 友を助けることの出来ない無力さに項垂れ逃げ場のない不安に苛まれ未来を希望として捉えることが出来ない。あの日からずっとそんな閉塞感に覆われたままでいる。 故郷を捨てざるを得ない人びとの群れを見た。小さな子どもたちは保つべき郷愁を失わされていた。彼や彼女らのノスタルジアは本来あるべき姿から遠く離された。 あの日から3ヶ月が経つ頃、東京日暮里で。空梅雨の・・・

[出した本] PERO 伊坂芳太良

伊坂芳太良関連4冊入荷しました。

・・・

f:id:koshohoro:20111108173858g:image:w150:right

f:id:koshohoro:20111108173857g:image:w150:right

タウンゼント館

画 伊坂芳太良

文 日暮真三

みゆき書房 1969年 初版 

カバーなし

見返しに伊坂署名

18.8×26.1cm 101p

f:id:koshohoro:20111108173859g:image:w300

f:id:koshohoro:20111108173900g:image:w300

f:id:koshohoro:20111108173901g:image:w300


・・・


f:id:koshohoro:20111108173904g:image:w250:right

PERO SKETCHBOOK 1969

クレジットなし

13.2×16.6cm 60p






f:id:koshohoro:20111108173905g:image:w300 f:id:koshohoro:20111108173906g:image:w300f:id:koshohoro:20111108173907g:image:w300 f:id:koshohoro:20111108173908g:image:w300


・・・


f:id:koshohoro:20111108173909g:image:w320:right

伊坂芳太良とクラレの新聞広告

制作スタッフ

AD 伊坂芳太良

D 佐藤直行

I 伊坂芳太良

C 日暮真三

発行 クラレ

15.3×14cm 1969.10-1970.8 新聞掲載広告のカード11枚 揃い


f:id:koshohoro:20111108173910g:image:w300 f:id:koshohoro:20111108173911g:image:w300

f:id:koshohoro:20111108173912g:image:w300


・・・


伊坂芳太良遺作展パンフレット

寄稿 土屋耕一、渡辺信一

24.2×24cm(1枚の紙を折りたたんだ状態でのサイズです)


会期:4月2日(金)−7日(水) (記載はありませんが、曜日から推定すると1971年の開催のようです)

会場:西武百貨店渋谷店 A館7階 特設会場

主催:ペロの会

f:id:koshohoro:20111108173902g:image:w360 f:id:koshohoro:20111108173903g:image:w360



伊坂芳太良(いさかよしたろう)略歴

1928 神奈川県鶴見に生まれる

1946 阿佐ヶ谷洋画研究所に入る

1956 新制作展に油絵で初入選

1957 ライトパブリシティ入社

    東レのTVCM制作、出演 コピーライターの土屋耕一と組み「三楽」の広告を制作

1958 シエルデザイン賞

    新制作展入選、会員となる

1959 「ゴールデン・ゲイト・カルテット」ポスターにより日宣美特選、日宣美会員となる

1960 「マツヤの新聞広告試作」により毎日広告特別賞

1961 ADC銅賞

1962 ADC銀賞

1963 ADCキャンペーン賞

1964 ADC銅賞

1966 ファッションブランド「エドワーズ」のためのイラストレーションを描きはじめる

1967 ADC特別賞

    東京イラストレーターズクラブ年度賞

1968 ビッグコミックスの表紙を創刊号から手がける

1969 みゆき書房から『タウンゼント館』

    学研から絵本『ヘンゼルとグレーテル』を出版

    日本画廊で個展開催

    世界一周旅行

1970 9月8日午後2時5分、頭部くも膜下出血により逝去。享年42歳

    没後、クラレの新聞広告シリーズにより日経広告部門賞を受ける

以上『伊坂芳太郎とクラレの新聞広告』、遺作展パンフレットを参考に書きました。

古道具DUO フクメン

♪ どこの誰かは知らないけれど 誰もがみんな知っている、古道具DUO フクメンでございます。(2011.11.8、9) お総菜&食堂「檸檬の実」2Fで開催ています「柚木恵介 げいじゅつWeek !!」のオープニング企画として、二日間限定・骨董市が開催されました。千駄木の古道具「Negla[ネグラ]」のカジさんと、骨董市などで露天商をしているノダ ヨシミさんによる、その名も古道具DUO フクメン。 クマの置物がやけにたくさんある古道具屋でした。
フクメン
古道具DUO フクメン <
http://negla.jugem.jp/?eid=350> 会期: 2011年 11/8(火)、9(水) *『柚木恵介 げいじゅつWeek!!』(2011.11.8〜18) カジ ノリコ(古道具 Negla)<http://www.negla.net/> ノダ ヨシミ <http://yoshiminoda.blogspot.com/> 古道具フクメン   --- 『柚木恵介 げいじゅつWeek!!』は、まだまだ続きます。(2011.11.8〜18) ■ 柚木恵介 げいじゅつWeek!! <http://yunoki.petit.cc/banana/20111025144701.html> 会期: 2011年 11/8(火)〜18(金)檸檬の実 2F 詳細: <http://yunoki.petit.cc/lime/> 11/08(火) 骨董市: 12:00-19:00 11/09(水) 骨董市: 12:00-19:00 11/10(木) 三味線の日: 13:00/16:00 11/11(金) 11/12(土) ケルト部の日: 13:00/16:00 11/13(日) 小豆島の日: 11/14(月) お休み 11/15(火) 秋霧の日(フリージャズ): 13:00/16:00 11/16(水) 映画祭: 13:00/16:00 11/17(木) お菓子の日: 12:00-15:00/16:00-19:00 11/18(金) お菓子の日: 12:00-15:00/16:00-19:00 檸檬の実 12:00 - 19:00 月曜定休 住所: 文京区千駄木 2-28-9 主宰: 柚木 恵介[Yunoki Keisuke]<http://yunoki.petit.cc/pineapple1/> 柚木恵介 げいじゅつWeek  

鴻池朋子展


石川県金沢市にあるギャラリー「SLANT」にて

11月23日(水・祝)より12月25日(日)まで

鴻池朋子展 瞬きしている間に、随分遠くに来てしまった。 In the blink of an eye, I have come this far.

が、開催されます。

オープン初日の11月23日(水・祝)15:00からトークイベントも行われます。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.slant.jp/konoike.html



個展開始前日の11月22日(火)18:00より

金沢美術工芸大学内エントランスにて

金沢美術工芸大学主催:公開トークショー
「鴻池朋子の活動から見えてくるもの ー震災とアートの未来ー」が行われます。


詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.slant.jp/konoike_bidai.html


焚書 World of Wonder

焚書 World of Wonder

  • 作者: 鴻池 朋子
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2011/04/28
  • メディア: 単行本



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆《第94回紀伊國屋サザンセミナー》
高山宏 『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント
「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」

一度は酔いたまへ、伝説のライヴ!

日  時|2011年11月12日(土) 19:00開演(18:30開場)
会  場|紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F)
料  金|1,000円(税込・全席指定)
共  催|羽鳥書店・紀伊國屋書店

詳細 ⇒ http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115900.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[台湾のはなし] 集集線の旅 こぼれ話

 
雨を振り切るようにして、台中に帰り着いた私たち。夕食は「香蕉新楽園」というレストランでいただくことにしました。英語にすると、「バナナ・ニューパラダイス」。いったいどんなところなのでしょう。
 
出迎えてくれたのは、青いディーゼル車。日本東急製の車両で、その色から「ドラえもん」の愛称で親しまれているそうです。
 
f:id:seishubu:20110809123111j:image


写真にある「月台」という中国語、もう覚えましたね。そう、プラットホームです。車両内部には、かつて使われていた鉄道関連のグッズや、案内板、ポスターが展示されていました。


f:id:seishubu:20110809123316j:image:w470


名残惜しいですが、バナナ・ニューパラダイスへ入ってみましょう。すると、まあ、なんということでしょう。一瞬にして過去への時間旅行が叶ってしまいました。
 
f:id:seishubu:20110811194948j:image:w430
 

ここに再現されているのは1960〜70年代の台湾の街並み。理髪店、写真館、歯医者など「巴洛克(バロック)」様式の建物がずらりと並び、壮観です。
 
街を飾るホーロー看板やポスターなどのアイテムは、すべて骨董コレクターとして知られるオーナーのコレクションだそうです。つまり実際に街中で使われていたものということですね。
 
日本語で書かれたものもたくさんありました。なんだか懐かしいたたずまい。
 
f:id:seishubu:20110811193806j:image:left:w225 f:id:seishubu:20110811193645j:image:w225 

メニューは国語の「課本(教科書)」風です。
 
f:id:seishubu:20110811183404j:image:h170 f:id:seishubu:20110811183336j:image:h170

 
店の一番奥には、映画館を模したスペースもありました。
この2階で、驚くべき事件が起こります。 
 
f:id:seishubu:20110811194404j:image
 
映画館2階のトイレの前に、大きな一枚の絵が貼ってありました。どうやら映画の一場面を切り取ったもののようです。それを見て、母が一言。
 
「這是我(これ、私よ)!」
 
さてその問題の絵がこちら。
 
f:id:seishubu:20110811194528j:image:w470
 
ふりむく女性がそうかと思えば、さにあらず。あちらをむいて立つ女性3人の先頭が母だと言うのです。むむむ、後姿では検証のしようがありません。
 
f:id:seishubu:20110811194543j:image
 
母曰く、この女性たちは侍女を装ったスパイなのだそうです。そう言われてみれば、たしかに不穏な空気が漂っているような気がしてくるから不思議です。
 
そんなこんなで、私のルーツ探し集集線の旅は、思わぬおまけつきで幕を閉じたのでした。おしまい。
 
(スパイの娘N)

[出した本]李朝の民画

f:id:koshohoro:20111107191730g:image:w300:right

李朝の民画 上・下巻揃い

52,500円(税込み)

講談社 昭和 57年 初版 布装 布装夫婦函 灼けあり 外箱なし 

編集 志和池昭一郎 亀倉雄策

レイアウト・造本 亀倉雄策

目次より抜粋

 上巻 序文 谷川徹三

    図版 花鳥・風俗・魚・長生・日月図編

    李朝民画概論 趙子庸

    李朝の民画について 志和池昭一郎

 下巻 民画の想像力 磯崎新

    図版 虎・龍・狩猟・山水・文房・文字絵編

    李朝民画類別考察 李禹煥


草虫図

f:id:koshohoro:20111107191728g:image:w360


蓮華図

f:id:koshohoro:20111107191727g:image:w360


三国志 張飛と美夫人?

f:id:koshohoro:20111107191731g:image:w360


山水図 パンダ?

f:id:koshohoro:20111107191732g:image:w360


花鳥 魚楽図

f:id:koshohoro:20111107191729g:image:w360


外観 載ってるのはiPhoneです。

f:id:koshohoro:20111107200618g:image:w200

リスの画像を追加しました。⇒ http://f.hatena.ne.jp/koshohoro/t/%E3%83%AA%E3%82%B9

未来世紀ジパング


三瀬夏之介さんがツイッターでつぶやいていた情報によると
http://twitter.com/#!/misenatsunosuke/status/131724756419481600

「テレビ東京の新番組「未来世紀ジパング」の番組セットやります。カンブリア宮殿なんかを手がけたチームで、意識はかなり高く、現代アートをテレビにねじ込む!11月14日スタートです! http://www.youtube.com/watch?v=SzNRc9CBN5k


日経スペシャル 未来世紀ジパング のサイトの背景には三瀬さんの作品が。
⇒ http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

番組は11月14日(月)よる8時スタート。
初回は3時間スペシャルです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆《第94回紀伊國屋サザンセミナー》
高山宏 『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント
「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」

一度は酔いたまへ、伝説のライヴ!

日  時|2011年11月12日(土) 19:00開演(18:30開場)
会  場|紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F)
料  金|1,000円(税込・全席指定)
共  催|羽鳥書店・紀伊國屋書店

詳細 ⇒ http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115900.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

冬の夏

冬の夏

  • 作者: 三瀬夏之介
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: 大型本



現代アートの行方 (はとり文庫 2)

現代アートの行方 (はとり文庫 2)

  • 作者: 三瀬 夏之介
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2011/07/04
  • メディア: 文庫


菊池京子 より 10月30日 おそれて、こわがらず / 権上かおる へのコメント

権上さま
いつも丁寧なご報告をありがとうございます。
昨日は、日本テレビの「鉄腕ダッシュ」で、防護服を着て2時間の滞在で、ダッシュ村の除染の模様をやっていました。
ダッシュ村は、高木真三さんが原発事故直後に調査した時点でも現在でも、最も線量の高い「赤宇木」から何キロも離れていない場所です。
山襞を下って雨水が合流する地点の落ち葉溜まりでは40近くの線量を示していました。将来を考えると、愕然とします。
原発輸出にしても、許されない人道にもとる行為と思います。
今後とも大切な情報のご提供、よろしくお願いします。

法政大学サス研の陸前高田文書救援プロジェクトを支援します

東京文書救援隊は法政大学サステイナビリティ研究教育機構が進めている陸前高田文書救援プロジェクト(陸前高田市議会文書の救援保全活動)からの支援要請を受けて、同活動への支援を行うことになりました。

10月14日に当隊の代表である安江明夫が、保全活動を行なっている作業場(東京都八王子市めじろ台)を訪れ、今後の進め方について同プロジェクトの金慶南准教授(サス研環境アーカイブズ・プロジェクトマネージャー)らと打合せ、直ちに正式な要請・受託の文書を取り交わしました。そして11月4日に当隊のスタッフ2名が再訪問、東文救の考え方、活動経緯、そして復旧システムの説明を行いました。




11月14日に復旧システムの設営とスキル・トレーニングを実施します。また、16日には、陸前高田市の市議会議長らもこの作業場を訪問するとのことで、そこでのお披露目も予定されています。






長嶋柊 絵日記100%展 終了しました

長嶋柊 絵日記100%展は、 最終日の今日「柊くん(作家)を囲む会」 をもって無事に終了いたしました。1ヶ月に渡る開催期間中、本当にたくさんの方にお運びいただきました。どうもありがとうございました。柊くんの絵が和やかにゆるやかに人と人をつないで、店にいる自分たちの世界を広げてくれていたようなひと月あまりでした。楽しかった。 開催中つけていた101冊目の絵日記を手に、ところどころ絵の解・・・

[委託品]うさじろうの東北名物カレンダー

絵描きのはとちゃん営む〈ハト商店〉から、2012年のカレンダーが入荷しています!

ひと月一枚、うさじろうが東北名物をご案内。かなりたのしんでいるご様子。(笑)

今年は、プラスチックケースに入れて立て掛けられる仕様ですので、卓上カレンダーとして、うさじろうがより身近な存在に!

そして、当たりも入ってるとか?! きっと縁起物よ。

f:id:koshohoro:20111105161527g:image


うさじろうの東北名物カレンダー 2012   1,260円

表紙  赤べこ/福島県 会津地方

1月  仙台四郎/宮城県 仙台

2月  りんご/青森県

3月  ほっきご飯/福島県 相馬地方

4月  盛岡冷麺/岩手県 盛岡

5月  こけし/宮城県

6月  チャグチャグ馬コ/岩手県 滝沢村

7月  相馬野馬追/福島県 相馬地方

8月  福島わらじまつり/福島県 福島

9月  芋煮会/山形県

10月  イサバのカッチャ/青森県 八戸

11月  蔦温泉旅館/青森県 十和田

12月  なまはげ/秋田県

1月  若松城(鶴ヶ城)/福島県 会津地方


チラ見↓ 半年分だけよ。

f:id:koshohoro:20111105161528g:image


そして11月23日まで、「会津・漆の芸術祭2011」にて、はとちゃんと大勢の人によってぬるぬりされた「漆のこぼしさん」(起上り小法師)の「こぼし村」が開村中だそうです!

これすっごいす。マジで!⇒ http://hatopo.mo-blog.jp/blog/2011/10/post_1086.html

お近くの方いらっしゃいましたら、ぜひお出掛けください!

水族館劇場


水族館劇場の公演があります。


公然たる敵 -ロストノスタルジア-

作演出 桃山邑

この旅に終わりはない

地上はすでにはるかなる睡りに誘われた
重いまぶたがまなざしを塞ぐ
それでも瞬くことをあきらめない星星へ連帯の挨拶を送る!
テアトロの月のぼる宵闇
帰るべき場所をもたない棄郷者たちが奏でる忘れられたララバイを聴け!




11月23日(水・祝日)

会場 ヒグラシ文庫(逗子)

時間 昏くなるまで待って

芝居 公然たる敵 -ロストノスタルジア- 水族館劇場

対論 <仮題>ストリートの思想 毛利嘉孝 VS 桃山邑 司会 淺野幸彦



24日(木)

会場 古書信天翁(日暮里)

時間 宵闇19時

芝居 公然たる敵 -ロストノスタルジア- 水族館劇場

故郷喪失展 KUMA☆山田しげる☆鈴木遊のまなざし(11/20~11/26)
      宮井雅仁☆杉澤靖昭☆入方勇の呼ぶ声(11/20~11/26)
      山本紗由の紅い糸(11/20~11/26)

26日(土)

会場 古書ほうろう(千駄木)

時間 黄昏16時

芝居 公然たる敵 -ロストノスタルジア- 水族館劇場

坐談 水の劇場をいろどる千里眼たち 梅山いつき+津田三朗+近藤ちはる+中原蒼二

鉱石の夢展 中原蒼二の見た幻(11/26~12/3)
      津田三朗の技(11/26~12/3)
      もうひとつの近藤ちはる(11/26~12/3)

価格 当日のみ 2,000円
   三日間通し券 3,000円

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://suizokukangekijou.com/information/


水族館劇場は昨年、駒込大観音(光源寺)の公演の時に高山宏先生が役者として出演した劇団です。

学魔 高山宏の怪演!!(水族館劇場ホームページ)
⇒ http://suizokukangekijou.com/news/2010/06/post-45.html

客演・奇想の学魔(ブログ・谷根千ウロウロ)
⇒ http://yanesen-urouro.bakyung.com/2010/05/post10051603.html


高山先生が役者をされたときの模様は
【紀伊國屋画廊】 高山宏 「学問はアルス・コンビナトリアというアート」展 (2011年11月10日~15日)にて展示いたします。

12日のトークイベントとあわせて、是非、足をお運びください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆《第94回紀伊國屋サザンセミナー》
高山宏 『新人文感覚』全2巻完結記念トークイベント
「知の風神・学の雷神 脳にいい人文学」

一度は酔いたまへ、伝説のライヴ!

日  時|2011年11月12日(土) 19:00開演(18:30開場)
会  場|紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F)
料  金|1,000円(税込・全席指定)
共  催|羽鳥書店・紀伊國屋書店

詳細 ⇒ http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110930115900.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

新人文感覚1 風神の袋 (新人文感覚 1)

新人文感覚1 風神の袋 (新人文感覚 1)

  • 作者: 高山 宏
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2011/08/10
  • メディア: 単行本



新人文感覚2 雷神の撥

新人文感覚2 雷神の撥

  • 作者: 高山 宏
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2011/11/22
  • メディア: 単行本


【表参道】nido Lamps collection 〜夕暮れ〜

nido Lamp
nido Lamps collectionGalerie doux dimanche exposition) <http://www.2dimanche.com/exposition/more/186nido/186nido.html>   ■ nido Lamps collection <http://nido.txt-nifty.com/blog/2011/10/nido-lamps-coll.html> contemporary glass nido[ニド]<http://homepage3.nifty.com/nido/> 会期: 2011年 11/1(火)〜6(日) 時間: 12:00 - 19:00 場所: Galerie doux dimanche[ギャラリー・ドゥ-・ディマンシュ]<http://www.2dimanche.com/> 青山店(地図)<http://www.2dimanche.com/shop_info/dd_info.html> 住所: 渋谷区神宮前 3-5-6