文京区での放射能の測定

イメージ 1
 第二回定例会での質疑を報告します。

 各会派からの代表質問では、福島原発事故を受けて、放射線量の測定を求める質問が出されました。

 区内においても幼児を持つ保護者から、幼稚園や保育園の園庭、公園など子どもが遊ぶ場などでの定点測定を求める声が相次いでいます。

 その声を背景に、全ての会派から、測定について質問が出されたものです。

 区長からの放射線の測定についての答弁のポイントは、①東京大学で、3か所での測定を実施している。②3月15日から5月31日までの78日間の積算被ばく量を計算すると、0.292ミリシーベルトになり、この値を1年間に換算すると、1.366ミリシーベルトになる。③本郷地区の地表と宇宙線からの自然放射線量は、地上1mで1年間に0.645ミリシーベルトで、この分を除けば、1年間に0.721ミリシーベルトとなり、国際放射線防護委員会が勧告する、「自然由来を除いた1年間の被ばく量を1ミリシーベルト以下に抑える」という基準を満たしている。④給食についは「(汚染された)食材を使用することはない。

 したがって「区単独で測定する予定はありません」とのことでした。
 放射線量の安全基準の評価、測定には、専門家の間でもさまざまな意見があります。

 また、これまで国や、東京電力が「絶対安全」を繰り返し、原発のトラブルや危険性にフタをしてきました。だから、私たち一般市民は不安を感じているわけです。

 東村山市では30箇所の測定を行うなど、他の自治体では独自の判断で測定が行われています。また、横浜市では給食の食材の測定を行い数値を公表しています。このように、保護者の不安に答えるための努力がなされています。

 ところが、文京区の姿勢は、「数値はHPに公表している」「安全な数値」という理由だけで、区民の不安や疑問に答えていません。

 私は、福島原発事故が終息の兆しが見えない中で、継続してきちんとした計器で定点観測を行うべきだと思います。

 今後、いつ危険な範囲での放射線が流れてくるかもわかりません。
 場合によっては、子どもだけでも集団で避難することも必要になるかも知れません。
 そうした対応も必要になってきます。
 長期にわたる対策に取り組んでいきます。
 
 写真は、63日に行われた第23回反核平和の火リレーです。
 文京区内を走りつなぎ、駒込駅で北区の仲間にバトンタッチしました。
 私も、ランナーとして春日地区を走りました。 

246日目。ニーヨンロクはほぼ3分の2。

1年間を目標にはじめた休煙。
今日で66%がすぎたことになる
のこり33%。
たいしたことないね。
もう全然吸いたいと思わんなあ。
何処にいったんだろうなあ、あのタバコを吸えないときに感じた焦燥感は。

しかし、あっついなあ。

そうそう、こんな記事が。
タバコ増税は成功し、コンビニには追い風 – 大西 宏のマーケティング・エッセンス – BLOGOS(ブロゴス)

自分が止めて(休んで)みて気づいたのは、僕の周囲にはもう割とタバコを必要としている人は少ないということ。


保存修復のメーリング・リスト ConsDistlist に「海水の被害を受けた紙資料の救助」について投稿しました


文化財の保存修復に関わる世界の関係者のためのメーリング・リスト Conservation Distlistに、当社のスタッフが、海水に漬かった紙媒体資料の救助について、Paper damaged by seawater のタイトルで投稿しました。

塩を含んだ紙の問題、その除去法を論じた文献は、保存修復のための文献データベースであるAATA  BCIN を検索しても、皆無です。それほど、今回の津波で被災した書籍、文書等への塩の影響は未知といえるでしょう。そこで弊社のスタッフが、塩を含んだ紙は、含まない紙と比べて、経時したときにどのような違いが出てくるのか、また、紙中から塩を抜くにはどのような方法が有効なのか—-、この2点を問いました。おそらく、以前に Distlist に投稿した「被爆資料の取扱い」に関する時と同じように、多くのコンサーバターや保存科学者が応えてくれると思います。

またこれとは別に国内でも企業あるいは研究機関で、東京文書救援隊の活動をサポートするかたちで、本格的な実験や試験が始まっています。

今後、国内外での情報や成果を公開していきます。


Kaname Shimada : Paper damaged by seawater

雄勝スレート産業復興応援募金のご報告

赤レンガの東京駅を愛する市民の会の多児貞子さんより募金のご報告がありました。 皆様 表記の件、1回目の報告をHPにアップいたしました。 6月16日現在、47名の方から、合計551,652円のお振込みをいただきました。   … Continue reading 関連投稿:
  1. 雄勝天然スレート産業応援募金 / 多児貞子

紙を安全に洗うためのクリーニング・ポケット法、東日本大震災での被災資料復旧に特許を無償提供


 

紙を洗う—これは紙資料の保存修復処置における最も重要な処置の一つである。変色や染みなどが軽減されるほか、経年や利用によって紙の中に生成され、それ自体が劣化の原因にもなる水溶性の酸性物質が流れ出る。また、乾燥時に新たな水素結合が生じることで、紙の強度が戻るなどの効果もある。紙の「洗濯」は、紙の見た目を綺麗にするばかりでなく、紙の劣化に関わる根本的な問題への対処とも言える。

このように、洗浄は様々な利点を有しているが、処置におけるリスクもある。その一つとして、水を含んだ紙は極端に強度が低下し、不用意に扱うと破れや歪みが生じてしまうことが挙げられる。そこで、洗浄を行う場合、資料をポリエステルやセルロース系の不織布、またはナイロン製のネットなどのサポート材に挟んで処置するのが一般的である。しかし、この方法を用いたとしても、資料を安心して洗浄できるほどしっかりとした保護にはならず、取り扱いには細心の注意を払う必要がある。また、酸性劣化やカビの影響で紙力が著しく低下した紙や、図面・ポスターなどの大型資料に対しては、取り扱いの難しさから、洗浄処置を行えないこともあった。

上記の問題を解決し、安全かつ効果的な洗浄方法を実現するため、東京文書救援隊のメンバーである株式会社資料保存器材では「クリーニング・ポケット法」を開発し特許を得ている(特許第4721042号)。上記の写真のように、大量の紙媒体の汚れを、水中で「洗濯」するように、安全に除去することができる。この特許を、今回の東文救の活動のために、非営利目的での使用であれば、クレジットを明示する条件で、無償提供することにした。公的機関における使用は勿論のこと、今回の東日本大震災によって津波などの被害を受けた被災資料のうち、この方法が適用可能なものには、洗浄法の一つとして有効活用していただきたい。詳細は以下に。




[イベント][出した本]仙台に持って行く本 その2

仙台の一箱古本市では、「一箱古本市の箱」に本を並べます!

で、「一箱古本市の箱の中に箱の本シリーズ」を、4冊だけで、秘かに、小さく展開します!

「箱」といってもいろいろですが、今回は「夏休みの工作で空き箱にセロファンを貼って作った水族館」という、子どものとき上手く作れなかったわりには、未だにそのわくわくするイメージを引きずっている、別世界の窓口、のような箱をイメージして選んだ4冊をご紹介します。

すみません、値段を控え忘れて送ってしまいました。。。店頭での価格より、お安くしています。

・・・・・

f:id:koshohoro:20110623174007j:image:medium:right

おかえりなさい。ミヤケマイ作品集

2005 版画廊

額と箱との中間みたいな縁ですが、キャンディーを置いたり、格子をはめたりしていることで、不思議な立体感がある独特の絵に更なる奥行きが出て、向うっかわの世界も確実に時を刻んでいます。

写真はクリックすると大きくなります。

f:id:koshohoro:20110623174009j:image:medium f:id:koshohoro:20110623174008j:image:medium f:id:koshohoro:20110623174010j:image:medium

・・・・・

f:id:koshohoro:20110623174011j:image:medium:right

ANDRE FRANCOIS作品集

北海道帯広美術館/編・発行 1995

アンドレ・フランソワのコラージュ作品です。夏休みの工作っぽい。あ、失礼ですね。ごめんなさい。


f:id:koshohoro:20110623174012j:image:medium f:id:koshohoro:20110623174013j:image:medium f:id:koshohoro:20110623174014j:image:medium

・・・・・

f:id:koshohoro:20110623174015j:image:medium:right

Optisches Spielzeug oder Wie die Bilder laufen lernten

Georg Fusslin 1993 ドイツ語

アニメーションのルーツや種類、装置についての本ですが、写真図版が多く、とくに装置としての箱に胸躍ります。

f:id:koshohoro:20110623174019j:image:medium f:id:koshohoro:20110623174017j:image:medium f:id:koshohoro:20110623174016j:image:medium f:id:koshohoro:20110623174018j:image:medium

・・・・・

f:id:koshohoro:20101214211833j:image:medium:right

Jake Tilson

京都書院 ART RANDOM 45

1991 2刷

こちらは別世界へのやや大きめ入口。

以前アップした日々録をご覧ください。

他にも特集に繋がったり繋がらなかったり、いろいろお持ちします!

よろしくお願いいたします!

(ミカコ)

写真集 the Lines of My Hand/Robert Frank ほか

[ ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで ] ・the Lines of My Hand Robert Frank          pantheon books 1989年¥15750    テキスト英語 寸法33×26×2 フランス国立写真センター展示刊行シリーズの「フォトポシェ」から2冊、テキストは仏語です。 ・Agustin V. Ca・・・

不忍ブックストリーム 第21回「牧野伊三夫とゆかいな仲間たち」

6月22日(水)22:00からスタート。

テーマは、「牧野伊三夫とゆかいな仲間たち」。
酔っぱらいトークが好評だった前回に続き、画家の牧野伊三夫さんをゲストに迎え、四月と十月文庫、『キツツキ』、『小石川植物園スケッチ会』などの出版活動について、それぞれの関係者をまじえてお話を伺います。

また、完成間近の「谷根千おしょくじ」小冊子の告知もあります。お見逃しなく。

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream

仙台ブックイベント参加と店の営業変更のお知らせ

6月25日(土) 11〜17時 Sendai Book Market 2011に参加します! 古書信天翁はわめぞの古本市「出張わめぞ」内に出店いたします。よろしくお願いいたします。 詳細 → Book! Book! Sendai 2011       わめぞblog  出張わめぞ参加にともなって、店の営業を変更いたします。 6月24日(金)休/6月25日(土)12時~20時 ・・・

[不忍ブックストリーム]第21回のゲストは牧野伊左夫さん

★ 第21回 不忍ブックストリーム

6月22日(水)22:00〜の不忍ブックストリーム、第21回のテーマは、「牧野伊三夫とゆかいな仲間たち」。酔っぱらいトークが好評だった前回に続き、画家の牧野伊三夫さんをゲストに迎え、四月と十月文庫、『キツツキ』、『小石川植物園スケッチ会』などの出版活動について、それぞれの関係者をまじえてお話を伺います。

また、完成間近の「谷根千おしょくじ」小冊子の告知もあります。

お見逃しなく。

不忍ブックストリーム ⇒ http://www.ustream.tv/channel/shinobazubookstream

駱駝の向こう・・・

夕やけだんだんの下に移転してから初めて入った中東料理店「ZAKURO[ザクロ]」で、とうとう民族衣装を着せられてしまいました。疲労でボルテージの下がったアリさんも初めて見ました。それでも客が入り出すと、客いじりを始め出すエンターテイメント魂には恐れ入りました。 「食べきれないコース(お1人 ¥2,000)」は相変わらず食べきれず。TVの取材クルーが現れる前に、デザートは食べずに退散です。異国情緒満載な、食のアミューズメント・パークは健在でありました。(楽しいけどシンドいわ・・・) ザクロ   ■ ZAKURO[ザクロ] <http://zakuro.oops.jp/> 住所: 荒川区西日暮里3-13-2

戸田 彩 器展

戸田 彩 器展 古道具「Negla[ねぐら]」にて『戸田 彩 器展』が開催されています。(2011.6.19〜26) 古道具「Negla」店主・カジさんの十代の頃からの友人でもある戸田 彩さんは、千葉県の、海の見えるアトリエで作陶を続けられています。 「Negla」店主・カジさんが紹介されているように、茶碗、コーヒーカップ、一輪挿しなど、どれも規定のサイズから"絶妙に外れた"大きさの陶器でした。直に手にしてみて、ありそうでなさそうな大きさですが、戸田さんに伺うと、もっともな理由があってのサイズなのでした。奇を衒わず、理にかなった色や形。・・・という訳なので、実際に足をお運び、手にしてみて下さい。持っていて損はない、そんな器です。
戸田彩 陶展 toda aya,ceramic   戸田彩 陶展 戸田彩 うつわ展   ■ 戸田 彩 器展 <http://blog.negla.net/?eid=297> 開催期間: 2011年 6/19(日)〜26(日) *期間中、無休 営業時間: 13:00 - 19:00 戸田 彩[Toda Aya]在店: 6/19(日)、20(月)、23(木)〜26(日) 場所: 古道具 Negla[ネグラ]<http://www.negla.net/> 住所: 文京区千駄木 2-39-5   Negla,戸田彩