「上野で何をしているの?」外国人旅行客に聞いてみた

近年、日本の観光地では、中国人をはじめとしたアジア人の「爆買い」が話題となっている。2012年以降外国人観光客数が年々増加しており、2014年には約1,340万人が訪れた。これは東京の人口(2015年8月1日時点 約1,348万人)に匹敵する。上野では、2015年の春に多くの中国人が上野恩賜公園の桜並木でのいわゆる「爆花見」が話題となった。花見の時期以外でも広域上野圏では多くの外国人観光客を見かけるが、彼らは何をしに上野に来ているのか調査した。