BAR「COUZT倶楽部」

COUZT倶楽部。
それは、COUZT CAFEの片隅で
ひっそりと幕が開く ちいさなちいさなBAR。

いつものCAFEからちょっと道草気分で。
さぁ、GLASSをどうぞ。

/// 第3回 COUZT倶楽部 ///
日時:2019年1月26・27日(土日)17:00〜20:00
ゲストマスター:布留川真紀
ジャンル:日本酒
限定お通し:当日をお楽しみに!

 

/// 第4回 COUZT倶楽部 ///
日時:2019年2月・・・日時決まり次第お知らせします
ゲストマスター:布留川真紀
ジャンル:日本酒
限定お通し:当日をお楽しみに!

———————————————————-
< COUZT倶楽部について >
通常営業のなか、コーツトのレジカウンターがバーとして臨時オープンするイベントです。
「ゲストマスターとも話ができる時間、隣のお客様どうしの会話が始まる時間」として、普段のコーツトではなかなかない、そんな関係性を楽しめるひと時となりますように。
まずは、ゲストマスターが用意するドリンクについて、話の花を咲かせてみてはいかがでしょう。

しばらくは、コーツトスタッフでもある布留川真紀がゲストマスターを続ける予定です。
着席2・3席&スタンディングという小さなスペースで、ひっそり不定期開催。
こちらのページにて日時をご連絡いたします。

幕が開きましたら、ぜひお付き合いください。
———————————————————-

 

 

 

〜〜〜今までのCOUZT倶楽部〜〜〜

/// 第1回 COUZT倶楽部 ///
日時:1/20・21(土日)17:00〜20:00
ゲストマスター:布留川真紀
ジャンル:日本酒(”Winter Bomb”岡山・白菊酒造、”大観”茨城・森島酒造、”山形政宗”山形・水戸部酒造)
限定お通し:久美さんのシャキシャキポテトサラダ

 

/// 第2回 COUZT倶楽部 ///
日時:2018年2月17・18日(土日)17:00〜20:00
ゲストマスター:布留川真紀
ジャンル:日本酒
限定お通し:???

SHOP「Mr.PECCARY’s cup & saucer」


ミスターペッカリーのカップ アンド ソーサー
「 Mr.PECCARY’s cup & saucer 」

喫茶店を営んだこともある骨董屋のMr.ペッカリーに、
カップ&ソーサー(時々その他)を種類様々用意してもらいました。

イギリス、イタリア、フランスにノルウェー
はたまた、
どこからやってきたのか分からないものも。

今回は、
「気に入ったカップで珈琲を楽しみ、そのままお持ち帰りいただける」
という企画です。

たまたまこの谷根千の このカフェで
たまたま出会ったそのカップに。
“コーツトの珈琲”という思い出を注いで。

 

—————————————-

< ご注文の仕方 >
1)お気に入りのカップ&ソーサー(時々その他)との出会いを探します。
2)出会います。
 ※カップ底に貼ってある価格が、珈琲を含んだ価格です
3)スタッフまでお申し付けいただき、珈琲の種類もお選びください。
4)あとはゆっくり、お席でお待ちください。
 お選びいただいたカップに珈琲を入れて、お持ちいたします。
5)飲み終わったカップは、そのままお持ち帰りください。

※店内ご利用なく、カップだけの購入は300円引でお買い求めいただけます。

—————————————-

2月末までのショップ企画です。
お楽しみください。
written by tsubaki.



老舗の雰囲気漂わせる喫茶店。
最近のデザインではないテーブルや椅子に味があり、
少しくたびれた様子に愛着がわきます。
シワがたっぷり彫りこまれ、ヒゲをはやした渋いマスターが立つカウンター。
その無口そうなマスターが、常連さんと言葉を交わす何気ない会話が耳に入ってきます。
その後ろの陳列棚に綺麗に並ぶ、様々なカップ&ソーサー。

それもまた、映画のような、本のような、”憧れのワンシーン”なのです。

2月限定コース「大根1本、まるっと食べきり鍋コース」


今年も始まりました。
冬の季節に嬉しい、温まるお鍋のお食事のご紹介です。

 

「 大根一本、まるっと食べ切り鍋コース 」
コーツトでは有機や自然栽培の野菜をできる限り使用しています。
もちろん大根も。
その、自然体で育った美味しい大根を丸ごと1本食べよう♪というコースです。
見た目や食感を様々に姿を代えた大根が登場いたします。
ぜひ、ご賞味ください。

時期:2月夜限定
価格:¥2,500-/1名様
人数:2〜4名様
予約受付:2日前まで

< お品書き >
◯大根の食前茶
◯ふろふき大根 ブルーチーズ添え
◯大根と干し柿のマリネ
◯みぞれ鍋
具材:豚肉、なめこ、豆苗、揚げ里芋、大根
◯玄米餅のお雑煮 または 玄米ご飯の雑炊

 

ご予約はコーツトカフェ店舗か、電話(03-5815-4660)か、メール(info@couzt.com)にて承っております。
寒い夜に、ポカポカ温まるお鍋はいかがでしょう。
最後のお雑煮がまた、、、たまりません。
written by tsubaki.

期間限定スイーツ「ガレット・デ・ロワ」

フランスで新年に食べるホームパイ菓子「ガレット・デ・ロワ」のご紹介です。

 

“フェーブ”という陶製の人形が入っていた人は、祝福を受け、その1年幸運が続くと言われています。コーツトでは今年も8分の1の確率で”フェーブ”が入っています。2018年の運試し、いかがでしょう。

お味の方は、アーモンドフィリング(アーモンドクリーム)をたっぷりパイ生地の中に詰めて、焼き上げています。コーツトでは今年からマイナーチェンジし、より美味しくなりました。たっぷりポットの紅茶とともに、ぜひお試しください。

こちらも品切れやすいアイテムです、確実にご注文いただきたい場合は取り置きしますのでお電話下さい。

 

どんなフェーブかお楽しみに。。。

2018年、明けましておめでとうございます。


年末年始は例年よりたっぷりお休みをいただき、いよいよ本日から通常営業が始まります。

 

人のいないコーツト店内に向かっても、
年末は「今年もありがとうございました。お世話になりました。」と。
年始は「明けましておめでとうございます。今年もよろしく。」と、声に出します。

昨日の金曜は仕込みのために宇田川とお店へ。
数日ぶりにガチャリと鍵を開けて、中へ入ります。
毎日営業していると、次の日の朝も割と暖かい店内。
数日お休みすると、部屋の壁まで寒さで冷え切って、外と変わらない温度でヒンヤリと冷えています。
年始の挨拶を済ませ、明かりをつけて、掃除をして、暖房をいれる。
“物”たちはいつものところにピタリと収まっていて、去年と同じような様子です。
でも、
年末の大掃除後の、ちょっと綺麗だったり、ちょっとスッキリしていたり、その細やかな違いが気持ちの良い年始です。
オーブンに火が入り、コンロの上の鍋がゴトゴト、そのうち最初のお客様がご来店して、だんだんと温まり始めていく店内。
お店が目を覚ますかのようです。

 

今年もこっそり?、上記イラストの年賀ポストカードを配布しています。
趣味のような感じで毎年続けているのですが、
これを作るたびに、学生の頃の自分の好きだったことなども思い出し、その続きが今から始められるようなワクワクした感覚になるので、好きな行事です。
もし興味がある方がいましたら、スタッフまでお声がけください。
なくなり次第、配布を終了いたします。
(イラストモデル:親戚のお家に2017年やってきた、豆柴のオコゲ)

 

2017年について。
ここ数年間、家具などの什器”見える部分”に変化が多かったコーツト。
2017年はそれを枠として、より中身に手をつけ始めた1年でした。
コーツトプレートが定着し、珈琲豆が3種に増え、細々としたところを改善・調整などなどなど。
自分たちがワクワクする、作ってみたい、そういう気持ちからスタートし、
お客様にも楽しんでもらう、美味しいと思ってもらう、
さらに、それらを前提に、体に優しいものを提供し、安心して生活の一部にしてもらう。
まだまだ改善の余地ありですが、
適宜情報が更新される世の中なので、これからもずっと学び続け、選択していきたい。
私たちを信頼してくれる方々に対して、
私たちも信頼している原材料等々へともっともっと、向かっていかなければなりません。
作りたいものによって原材料も変わりますが、「これを選んでいる」という意識をもてるように。

2018年。
なんだかんだ2017年もガラスショーケースに本棚2つ新しく仲間入りと、什器が増えています。
3年以上続けてきた店内整理は、本当の本当にいよいよ大詰めです。
春までには、また少しスッキリ?する予定。

本年は、今まで行ってきたことをしっかりと土台に固めてブラッシュアップ。
新しいことを〜というよりは、同じことを繰り返し、安定感を強めることが目標です。

 

*ひるねこBOOKSさんがあること
*近隣のお店の方と繋がれたこと
*”谷中キッテ通り”という愛称がついたこと
*インスタを始めたこと
*コーツトの芯に宇田川が加わったこと
*本の表紙にしてもらえたこと
*街の人たちに受け入れてくれる方々が増えたこと
平日の客数がゼロな日もあった昔から、何が今のコーツトに繋がっているか明確にはわかりません。
(経営者としては、この発言アウト!と言われそうですが…。)
何もかもが小さく影響しあって、この形になっているのだと思います。

少しずつお客様のご利用が多くなり、気にしてくださるかたも増え、嬉しさとありがたさを沁みるほどに感じています。
“ああ、あの方がまた来てくれている、何かが気に入ってくれているんだ。嬉しいなぁ。頑張ろう。もっともっと頑張ろう!”
直接何も言われなくても、再び足を運んでいただけることが、何よりも、何かが気に入って選んでくれた証。
それを信じて、私たちも言葉にせずに(言葉にすることもありますが)お店へと反映していきます。
私は、お礼の言葉だけではもう返せないほど頂いている方々に対して、やはり、良いお店を作り続けることが一番だと、今年も努めて参ります。

 

また、大事なスタッフたちに感謝を、各々の経験・知識・人柄・空気感等々に尊重を。
今年もきっと、またスタッフ募集をかけることがあると思いますが、互いにプラスとなる関係で仕事ができますように。

ただただ追われていた毎日から、
少しホッとする時間や、やってみたいことに手をつける余裕がようやく出てきました。
今年もこの自由な空間を楽しみたいと思います。
個人的な目標は、お酒はお水とともに。リズムある湯船生活。たまには勇気。

本年も引き続きお付き合い、どうぞよろしくお願いいたします。
COUZT CAFE 代表 椿ひとみ

年末年始の営業 & 2018年営業時間変更のお知らせ


<<< 年末年始の営業のお知らせ >>>
12/27(水)通常営業、最終日
12/28(木)COUZT忘年会

12/29(金)〜1/4(木)年末年始休暇

1/5(金)ドリンクのみ簡易営業(11:30〜23:00)
1/6(土)2018年通常営業、初日
※日曜モーニングは21日からスタートします

 

<<< 2018年営業時間変更のお知らせ >>>
2018年1月から、コーツトカフェでは一部営業時間を変更いたします。

*営業時間11:30〜23:00
*日曜のみ9:00〜21:00
(3連休の際は、モーニングは日曜のまま。3連休の最終日のみが〜21:00CLOSEです。)
*木曜定休

日曜のみ、夜の営業時間が短くなりました。
その他の曜日は変わらずに23:00まで営業しています。
2018年も、どうぞよろしくお願いいたします。

written by tsubaki.

冬限定”HOT DRINK”

最近めっきり冷え込んできましたね。夜になると0℃近くなる今日この頃、冬限定のあったかいドリンクのご紹介です。

『ジンジャーレモネード』
定番の自家製シロップを混ぜ合わせ、シナモンスティックを贅沢に丸々一本。

『ローズマリー×ココア』
いつものメニューにあるココアを、集中力・記憶力の向上作用があるといわれているローズマリーで風味づけ。

『ホットミントチョコレート』
自家製のミントシロップを使用。濃いチョコと、ふわふわのミルクミントの泡。二層が交わる幸せ。

『モゴリ・ゴゴリ』
東欧のベラルーシ(ポーランドとロシアの間)という国で、極寒到来時に飲まれているドリンク。
卵を使ったとろりとした飲み口。簡単に言うと、レモン味のホットミルクセーキ。

『カフェ・カルダモン』
スパイスの女王”カルダモン”とリキュールで風味づけされた、甘めの珈琲。 ※アルコール含みます。

『グリュー・ワイン』
ドイツのクリスマスマーケットで定番のホットワイン。スパイスしっかり。
今年からさらにおいしくなりました。 ※アルコール含みます。

『ホットバター・ド・ラム・カウ』
ミルク・ラム酒・バターを使った、大人が楽しめるホットドリンク。※アルコール含みます。

ぜひからだを温めにいらしてくださいね。

Written by Madoka.

期間限定スイーツ「林檎のシブースト」

毎年この時期恒例の「林檎のシブースト」のご紹介です。

s-_DSC7878
ざくざくタルト生地に、スポンジ、コトコトとろりと煮た林檎を端まで敷き詰めて。
その上に、カスタードクリームに似たシブーストクリームをたっぷり。
仕上げに表面を焦がします。

毎年恒例、1年で最後の限定スイーツになります。
品切れになりやすいアイテムですのでご了承ください。

cy0v5izxaaavhk8-jpg-large

期間限定ビール「スペシャルエール」

もうすぐクリスマスですね。 この時期にぴったりの期間限定ビール、「スペシャルエール」のご紹介です。

スペシャルエール(クリスマス&ハッピーニューイヤーエール)
アンカー・ブリュワリー/アメリカ・サンフランシスコ

アンカーブリュワリーから、「感謝の気持ちをこめて」届けられる特別限定エール。
シナモン、ナツメグなどのハーブやスパイス類で風味づけされるこのエールは、毎年違うレシピで製造。
そのため、開封するまでその年の味わいを確かめられない面白味があります。

社長自らラベルを手がけ、毎年異なった木々がデザインされており、見た目も味もワクワクさせてくれる一品です。

〜 Christmas market BOX 2017〜 販売スタートしました

毎年恒例になり、事前に予約注文もいただけるようになったクリスマスアイテムの詰め合わせ。
今年も数に限りがございます。
お買い求めはお早めに、、、また、取り置きも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

「 Christmas market BOX 2017 」

*クリスマス・マーケット・ジャム
X’masのフリーマーケットで飲みたいホットワインをイメージした限定の林檎ジャム。
赤ワインやスパイス、ドライイチジクやレモンピールなどなどで仕立てています。
白カビのチーズと相性よし◎
近年コーツトではジャム職人として人気の宇田川が、1瓶1瓶大切に詰め込んでいます。

*冬のオリジナルスコーン
シュトーレンのように、洋酒漬けのMIXドライフルーツやスパイスを生地に混ぜ込み焼き上げて、その上から雪に見立てたアイシングでコーティング。
こちらも、この時期だけの人気のスコーンです。

*ホリデー・ビスコッティ
カリカリとした食感の、硬めのイタリア菓子。
クリスマスをイメージした素材をふんだんに使用しています。

*ココナツとオートミールのサクサククッキー
卵・乳製品不使用で、植物性の材料のみで作った優しいクッキーです。
味はバッチリ美味しくて、ファンが多いこの焼き菓子。
コーツトではこの時期だけ!

*オーガニックグラノーラ
珍しいグリーンバナナの粉を使用しています。
お砂糖不使用の自然な甘み。

*カカオキッスティー
カカオシェルと紅茶をブレンド。
香りに甘さがあり、寒い冬に嬉しいアイテム。
甘い香りを楽しみつつ、口内は甘くならないストレートも良いですし、
甘い香りに合わせて、少し甘いミルクティーにするのもオススメ!
寒い冬の夜のお供に。

◎オリジナルデザインのボックスとメッセージカードを添えて。
◎全て入って 税込¥2,200- です。

 

 

 

また、クリスマスに向けての特別メニューも店舗にてもう直ぐスタート。
2017年ももう直ぐ終わり、
ご利用お待ちしております。

written by tsubaki.

〜 2017 Christmas supper for everyone 〜


今年のクリスマスはDINNERコースではなく、supper(割と軽めにとる夕食)で、ご利用のしやすいよりカジュアルなフードアソートをご用意しました。
いつもの食事にプラスで、暖かく幸せなクリスマス気分。

期間限定ビールでは、アメリカのアンカー社「クリスマスエール」も揃えています。

「 2017 Christmas supper for everyone 」
¥1,800 / 1名

・予約なしでもご利用できますが、品切れの可能性もあるため、ご予約をオススメいたします。
・1〜4名様のご利用をお願いいたします。
・12月15日(金)〜25日(月)までの限定メニューです。

*** menu ***
本日のスープ
Christmas food assort(クリスマスお食事盛り合わせ)
オリジナル・ベイクドチーズケーキ

——————–
——————–

大切なパートナーとあたたかい食卓を囲みたい方にも、
友達同士の気兼ねないおしゃべりをしたい方にも、
クリスマス関係なくいつも通り仕事をがんばってほっとひと息つきたい方にも。
気軽にご利用できる限定メニューとなっています。

 

< メニュー例 >
◯本日のスープ:ごぼうのポタージュ
◯ Christmas food assort(クリスマスお食事盛り合わせ):ローストビーフ/スモークサーモンと赤玉ねぎのマリネ/ラタトゥイユ/春菊のシーザーサラダ/グラタン・ドフィノワーズ/ポップオーバー
◯オリジナル・ベイクドチーズケーキ

コーツトは、季節ごとのイベントでも基本的にはいつも通り。
そこにプラスで楽しめるものを考えています。
心と手を感じられるクリスマスの雰囲気を。
どうぞよろしくお願いいたします。
written by tsubaki.

2017忘年会について

今年も1年、お疲れ様。
来年もどうぞよろしく。

————————-
2017.12.28(木)
17:30頃 open
18:00 start
19:00 スピーチタイム
*一部による宣伝や紹介、ご挨拶など。当日その場で募ります。どなたでもお気軽に!
22:00頃 close
————————-

★参加費:¥1000
★一人一品お持ち寄りでお願いします。
(フード・ドリンクどちらでもOK!ホームパーティ感覚でどうぞ。)
★予約不要
※気になる方は、スタッフにお声がけください。

 

コーツトは、美味しい食べ物やドリンクとともに、自分の時間を大事にしたり、あの人やこの人との時間をゆっくり過ごすためのカフェ喫茶。
この日は、私共コーツトスタッフも、食べて飲んでのざっくばらんな宴です。
そのため、お店からの料理はほとんどございません。
一人一品持ち寄って、その持ち寄ったものも話題に挙げつつ楽しみます。

あの人もこの人も、いつものコーツトカフェで見たことあるかも。
“いつも本を読まれていますよね、私も本が好きなんです。”
“ああ、あなた、あの時コーツトで展示をしてた人でしょう。”
“あそこにいるのは、コーツトでは いらっしゃいませ、じゃなくて、おかえりって言われている人だ。”
“あそこに置いてあるあのアイテム、あなたの作品なんですね!”
そんな会に、なりつつあります。

様々な方が多く集まる会です。
どうぞよろしくお願いいたします。

また、以前はよく通っていたけれど、近頃あまり足を運べていないと思われているかもしれない、大事なお客様方へ。
飲食店、特にカフェは生活の流れの一部ですので、生活や意識が変われば足の向き方も変わるもの。
けれど私たちお店にとって、その時の感謝の気持ちに変わりはありません。
1年に1度の忘年会には、ワイワイ楽しむ気持ちで、気軽に顔を出してください。
今のかたちになっているのは、通ってくださったその時の皆様がいるからです。
お待ちしております。
Written by tsubaki.

溝ノ口マルイにて期間限定販売

Web

普段からコーツトの焼き菓子を置いてくれている、エスノースギャラリーさん。
再び溝ノ口のマルイに期間限定で出店です。
今回も、コーツトの焼き菓子をお側においてくれています。
期間:2017/11/16(tue) 〜
場所:マルイファミリー溝口店(正面入り口2Fイベントスペース)

 

< イベントについて >
エスノースギャラリー・EVENTページ
http://ethnorthgallery.com/event/mizonokuchi2/

マルイファミリー溝口店・EVENTページ
https://www.0101.co.jp/078/

谷中の方は遠いな〜という方々、ぜひこの機会にお試しください。
どうぞよろしくお願いいたします。

written by tsubaki.

羊展 yu-yarn 保倉友子 / 2017 Winter

今年もやって参りました、羊の季節…………という言葉が使えるのはコーツトだけですね。
毎年恒例で12月になると、コーツトでは保倉友子さんの展示・受注会が開催されます。
寒くなってきたね。という言葉ともに、もう直ぐ保倉さんの展示の季節だね。という会話が店内で始まります。

羊を自分で刈るところからというブランドコンセプトも素敵ですが、
ものづくりに対しての強く気持ちに触れることが、あたたかく、嬉しい展示・受注会です。
保倉さんのご友人や常連の方も、ものづくり好きの方(やはり羊毛関係の方が多いです)が多く、この時期開催するニットナイトのほっこりなのに熱意ある空間がまたたまりません。

ぜひこの期間、カフェをしながら羊やものづくり、新しいニットものに想いを馳せてみては如何でしょう。
ご来店、ご来場、お待ちしております。

「 2017Winter yu-yarn 保倉友子 羊展 」
うつろう色彩
光の粒のような網目で身体を包み込む空間的ニットを展示・受注をいたします
羊飼いを訪ね、毛刈り・仕入れをした
羊愛溢れるニットのオーダーも承ります

::: 店内展示期間 :::
12/1(金) – 17(日)
カフェ営業中 11:30-23:00 (Sun.-morning open9:00)
※木曜定休
※貸切の日もございます 詳しくはコーツトHPにて

::: オーダー会 :::
12/15(金)・16(土)・17(日)
カフェ営業中ワンスペースにて12:00-18:00

問合 info@yu-yarn.jp( yu-yarn 保倉友子 )

 


yu-yarn企画イベント「Knit Night – ニットナイト -」
2017/12/7(木)
18:30〜
コーツトカフェ定休日を貸切

編みかけのプロジェクトや、編んでみたいけれど、きっかけが欲しい〜!というモヤモヤやワクワクを持ち寄って、各々長夜を楽しみましょう!
yu-yarn の保倉さんが相談にのってくれます♪
※材料、道具、テキスト類はご持参ください。

::: 参加費 :::
ワンドリンクオーダーをお願いします。
予約不要、お気軽にご参加下さい!

::: 糸紡ぎ体験、今年もやります :::
好評の、糸車による糸紡ぎ体験
材料費込30分
初回¥1,000- / 経験者¥500-

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*今までに開催された、コーツトでの保倉友子展示 & 受注会
2015年 羊のまきもの展レポート
2016年 シャツ展 2016 Summer
2016年 羊の着るもの展 2016 Winter
2017年 シャツ展 2017 Summer

保倉友子 HP

期間限定スイーツ「ヘーゼルナッツのヌガーグラッセ」

期間限定スイーツのご紹介です。

ヘーゼルナッツのヌガーグラッセ

ヘーゼルナッツをオーブンでローストしてからキャラメリゼ(ヌガー/Nougat)して砕き、

イタリアンメレンゲとホイップクリームを合わせた生地に混ぜ込んで冷やし固めたアイスデザート(グラッセ/Glacé)。

“木の実の香ばしさ”と”砂糖を焦がした香ばしさ”の二重奏を

口当たりの軽いアイスの中に感じてください。

温かいコーヒーや紅茶のお供にどうぞ。

お酒を嗜まれる方には、ラムやアマレットのロックとのペアリングもおすすめです。

是非ご賞味くださいませ。

詩人・菅原敏による「夜の読書館」2nd シーズン

菅原敏が館長を務める「夜の読書館」が、
2016年、東京ミッドタウンから谷中「COUZT CAFE」に場所を移しました。
2017年も引き続きCOUZT CAFEで開館いたします。
声のない読書舘として、これからもあなたをお待ちしております。
 
館長である詩人・菅原敏は、
場所にしばられず、ひとつどころに留まらず。
ふらりとどこかへ出かけることもあるようです。
(かと思えば、いつもの様にさり気なく現れて、皆さんと共に夜の読書館で本をめくっているかもしれません。)
  
谷根千の書店さんとのコラボも続きます。
どんな本が並ぶのか、コーツトでゆっくりしながら楽しんでくださいね。

 
第2シーズン、開館時間は変わらず19:00〜23:00です。
館長不在の日はカフェスタッフが判子を捺します。

logotype_all04

「 夜の読書館 / The Night Library 」

当館は、声のない場所です。
スマートフォンの電源を落とし、心静かに本の世界に潜り込むひととき。
ソファに深く腰掛けて、かすかに聞こえるのはアナログレコードの調べと、ページをめくる音だけ。
この日はCafeスタッフも声を失くしていますので、目配せにてオーダー(キャッシュオン)をお願いします。
珈琲やお酒と共に、声なき読書の時間を、どうぞお楽しみください。

『夜の読書館』館長 菅原敏

 

【 夜の読書館、7つの覚え書き 】

1)当館では、ひととき声が失われます(私語はお控えください)。
2)当館ではスマホに奪われていた魂が身体に戻ります(携帯はOFFに)。
3)お気に入りの本を一冊お持ち下さい(電子書籍は没収となります)。
4)開館時間内のお好きな時間に来て、お好きな時間にお帰りください。
5)仕事のこと、家庭のこと、恋人のことも(ひととき)忘れましょう。
6)読書に疲れたら、目を閉じてレコードの調べに耳を澄ましましょう。
7)読書カードにスタッフが印を捺します。たまると特典があるかもしれません。

logotype_all

『夜の読書館』2ndシーズン @COUZT CAFE
開館日: 毎月第4木曜
次回の開館日:2019年1月24日(木)、2月28日(木)、3月28日(木)………
※2018年の12月27日は年末のためお休みいたします。
開館時間:19:00〜23:00

会場:COUZT CAFE
館長:菅原敏(詩人)
【夜の読書館、楽しみ方】http://www.couzt.com/archives/5825
【夜の読書館 1st シーズン @COUZT】http://www.couzt.com/archives/5275

※こだわりの珈琲やお茶などの豊富なドリンク、お食事もいくつかご用意いたします
※カウンターにて、キャッシュオンでオーダーください
※カフェの定休日を利用して開館いたします
※館内での私語はお控えください
※お席に限りがございます(全21席)
※開館時間内の出入りは自由です

【Facebook】https://www.facebook.com/thenightlibrary
【Twitter】https://twitter.com/dokushokan

1
sugawara
菅原敏(すがわらびん)
http://sugawarabin.com/
詩人。
アメリカの出版社PRE/POSTより詩集『裸でベランダ/ウサギと女たち』で逆輸入デビュー。
新聞や雑誌への寄稿・執筆のかたわら、スターバックスやビームスなど異業種とのコラボレーション、ラジオやテレビでの朗読、デパートの館内放送ジャックなど、幅広く詩を表現。
Superflyへの作詞提供、メディアプロジェクト『詩人天気予報』、美術館でのインスタレーションなど、アートや音楽との接点も多い。
雑誌『BRUTUS』で連載中の「詩人と暮らし」ほか、WEBメディアでも連載多数。