林なつこ『ねこのおひめさま』原画展

hayashinatsuko_main.jpg

2021年11月にあかね書房より刊行されたグリム童話『ねこのおひめさま』(竹下文子・文/林なつこ・絵)の挿絵原画を展示します。

hayashinatsuko01.jpg

ねこのおひめさま1.jpg

ねこのおひめさま2.jpg

ねこのおひめさま5.jpg

他にも、猫を中心とした動物たちの描きおろし作品、オリジナルグッズを販売いたします。

本書の原画展はこれが初めてということで、間近でご覧いただける貴重な機会です。
もちろんサイン本もたっぷりご用意する予定。

どうぞお楽しみに。

hayashinatsuko03.jpg

hayashinatsuko04.jpg

hayashinatsuko05.jpg

●会期:2022年6月17日(金)〜6月30日(木)【12時~20時】
(店舗営業時間に準じます) 

*土日は18時半ごろまで
*6/26(日)は17時まで
*最終日6/30(木)は16時まで

・火曜定休の他、臨時休業/営業時間変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●入場無料

*感染拡大防止のため、店内の人数制限を設けています。
4名さま以上のグループでのご来店はご遠慮ください。

*マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

*手提げのビニール袋は有料です。
ショッピングバッグのご持参をお願いします。

*作品代金のお支払いは原則として現金、またはお振込となります。

本の詳細は↓
https://www.akaneshobo.co.jp/search/info.php?isbn=9784251042514

☆プロフィール

林なつこ

絵本作家・イラストレーター。出版関係を中心に、広告や商品パッケージなど幅広く活動している。おもな絵本作品に『しましまかしてください』(教育画劇)、『おかしなめんどり』(鈴木出版)、『マスク』(童心社)など。

【満員御礼】『毛布 – あなたをくるんでくれるもの』刊行トークイベント

*満席となりましたのでお申し込みを締め切りました。
キャンセル待ちご希望の方はご連絡ください。

『毛布 – あなたをくるんでくれるもの』(玄光社)の刊行を記念し、著者の安達茉莉子さんをお招きしてイベントを開催します。

00.jpg


これまで言葉と絵で「物語」を表現してきた作家、安達茉莉子の初エッセイ集。

日々の出来事や感情を丁寧に瑞々しく掬い上げた文章と、心に明かりを灯すようなイラストレーションで確実にファンを増やし続けてきた彼女が満を持して送り出す本書。

きっと多くの人に自分自身を真っ直ぐ見つめるきっかけを生み出す、毛布のようにあたたかな1冊です。

(『毛布 – あなたをくるんでくれるもの』概要より)

今回は店主が聞き手となり、新刊のお話を中心に、これまでの歩みや日々の創作のことなどを伺いたいと思います。

久々の店内イベントということもあり、まずは少人数での開催となりますが、だからこその特別な空間になるかと思います。

お申し込みお待ちしております。

*書籍のご購入、ご予約は⇨https://hiruneko.thebase.in/items/59179395

●日時:2022年4月11日(月)19:00~20:30(開場18:50)

●場所:ひるねこBOOKS
〈台東区谷中2-5-22-101〉地下鉄「根津」「千駄木」駅より徒歩約7分

●定員:7名

●参加費:1,500円(事前振込制)

※参加をご希望の方は、下記メールアドレスまで、
〈お名前、TEL、参加人数〉をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「4/11『毛布』トークイベント参加希望」

☆プロフィール

安達 茉莉子 (mariko adachi)

作家。東京外国語大学英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。政府機関での勤務、限界集落での生活、留学など様々な組織や場所での経験を経て、言葉と絵による作品発表・エッセイ執筆をおこなう。著書に『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』(ビーナイス)、『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』(MARIOBOOKS)、『私の生活改善運動 THIS IS MY LIFE』(本屋・生活綴方出版部)ほか。 初のエッセイ集『毛布 – あなたをくるんでくれるもの』(玄光社)を2022年3月末に刊行。
Web http://mariobooks.com
Twitter: http://twitter.com/andmariobooks
Instagram: http://instagram.com/andmariobooks

2021年タナカホンヤの終わり。

どうも、タナカホンヤの田中です。
2021年が終わりますね。
年内の営業は本日で終了しました。
すっかり自分の生活も変わり、諸々考えさせられる1年でした。
それでも無事に来年を迎えられるのは、皆さんが気にかけてくれたおかげです。
ありがとうございます。

昨年からなんとなく自分の感情を抑えて、どんどん無感情になっているような気がします。
平穏ではあるかもしれないけど、つまらないひとになっちゃっています。
このままでは様々なことが無関心になりそうでこわいのです。
もっとエネルギッシュに喜怒哀楽曝けだして良くも悪くも生きていこうと思います。
ヘミングウェイの短篇タイトル「何を見ても何かを思いだす」をふと思いだしました。
読んでないですけど、好きなタイトルです。
関係なさそうです。

I guess everything reminds you of something

タナカホンヤのお知らせです。 
12月31日〜1月7日までお正月休暇。
1月11日、12日、17日、 18日、24日、25日、31日、お休みです。

2022年は1月8日(土)から始めます、よろしくお願いします。
1633F6C8-8D32-45F6-B703-EF06BA35791D











6491CD73-5D80-4F9B-A166-5540B13550DE
マトリョーシカ、はまってます。(後ろの絵は、千葉佐記子個展 なぞのダイノ)
 
よいお年を〜 

12月。冬のタナカホンヤ、なぞのダイノ

冬が始まるよ、どうもタナカホンヤです。

電池を買いに。

平日午後6時すぎ、秋葉原。

通路にあるクレープ屋さんの端で、クレープを頬張るサラリーマンが目に止まる。

ひとの行き来が多いけど、誰も気にせず通り過ぎていく。
買ったそばで食べているひとり姿が可愛らしい。

こんな中途半端な時間にクレープ食べちゃって晩御飯どうするんだろう。

このあとも残業なのかな。

でもそんなのは関係ない、好きなようにすればいい。自由だ。
そんな勝手なメッセージを受け取って、ひとり微笑む。

マスクしててよかった。
たまに人の多いところに出ていくのもよい。
いろんなひとたちを見て元気になることもある。
日常のなかの何気にない一瞬をちゃんと捉えていこうと思います。
そういえばクレープを何十年も食べてないけど、クレープ屋さんで買って端で食べるのは美味しそうだったな。

12月の展示が始まります。
千葉 佐記子 個展 「なぞのダイノ」
D2EB6B62-3905-4F0F-B6C2-B8E85E3B38DE

12月4日(土)〜12月30日(木)
12:00〜20:00 (最終日18:00まで)
月曜定休日
タナカホンヤでは初めての展示です。
いろいろなダイノをお楽しみに〜

12月のお休みは、
1日、6日、13日、20日、27日、31日です。 

よろしくお願いします。 

HAGI ART|何もしない日のこと _ 須山 奈津希


HAGI ART企画展
何もしない日のこと _ 須山 奈津希

2020 . 09 . 29 tue _ 10 . 25 sun
open 12:00 – 21:00

 

何もしない日にも目の前に何かがあって
見たり聞いたりして、暖かい、とか、眠い、とか 感じていた
それを描いたり記したりしたつまんない日々が、なんだかとてもおもしろかった
ただ息をしてそこにいるだけなのに、おもしろかった

イラストレーター須山奈津希による、ある視点から日常を綴ったノートを展示します。
突然訪れた新しい日常。その中には、何があったのか。

 

 

須山 奈津希
2006年よりイラストレーターとしての活動を始める。
書籍、雑誌を中心としたイラスト提供の他、近年はスピッツ「ヘビーメロウ」のMVのイラストを担当。「charlie&patrick」「とても良いメガネ」等、しかけのあるzineの制作、展示と連動した漫画作品「all that is beautiful」、「monochrome」など、個人の制作にも力を入れている。

ねこここち展開催中

開催中の写真と陶器の4人展「ねこここち vol.5」は、16日水曜日までです。たくさんの愛すべき猫たち。今日もたくさんの方々が会いに来てくださいました。残り2日間も、お待ちしております。

『梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし』(BL出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

イタロ・カルヴィーノ 再話、関口英子 訳、酒井駒子 絵
『梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし』(BL出版)


梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし (世界のむかしばなし) [ イタロ・カルヴィーノ ]

梨のかごに入れられ王様の宮殿にやってきたペリーナは、召使として働くことになりました。

誰よりもてきぱきと仕事をこなし、同じ年ごろの王子とも仲良くなりますが、ありもしない噂を流されて魔女の宝をとって来ることに。

梨の木の下で、ひとりのおばあさんと出会って……。

理不尽に耐えながら最善を尽くそうとする、ペリーナのひたむきさ。
その機転と持ち前の優しさで次々に困難を乗り越えていきます。
彼女は無事に宝を持ち帰って来られるのでしょうか?

イタリアを代表する作家イタロ・カルヴィーノが各地を巡って集めた民話の中から、「梨といっしょに売られた女の子」を絵本に。

酒井駒子の描く幻想的で美しい絵に、思わず吐息が。

https://hiruneko.thebase.in/items/33569940

『生きる はたらく つくる』(つるとはな)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

皆川明 著
『生きる はたらく つくる』(つるとはな)


生きるはたらくつくる [ 皆川明 ]

初の直営店をスタートさせた時、残高は5万円、借金は500万円だった。

「ミナ ペルホネン」というブランドは如何にして生まれ、ここまで愛されたのか。

スポーツに夢中の子ども時代、フィンランドとの出会い、独立。

自分自身を重ねながら読み進めた。

ゼロから何かを生み出すことの難しさ。
そして「つくること」「はたらくこと」の価値。

生きることの喜び。

「お客さまとのシーズンごとに終わる緊張関係ではなく、いつまでも変わらない、安定した親密な関係を結びたいと考えたのだ」。

https://hiruneko.thebase.in/items/31186284

『ちょこっと、つまみ』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『ちょこっと、つまみ』(河出書房新社)


ちょこっと、つまみ おいしい文藝 [ 伊丹 十三 ]

どんなつまみがあるかによって、酒の時間は格段に変わる。

料理屋の味、安い肴、自分でさっと作る一品。
そのどれもが愛おしい。

ポテトフライ、干物、シウマイ弁当……。
呑兵衛たちのアンソロジーを読めば、自然とグラスに手が伸びる。

「酒がすすんで困ります」。

酒井絵美さんミニ演奏会

当店は、2020年1月11日に開店4周年を迎えます。
それを記念して、日頃からお世話になっている演奏家・酒井絵美さんのミニ演奏会を開催します。

79951574_1377679705743678_8939634741955526656_n.jpg
プロフィール写真 〓Ayane Shindo

酒井さんと言えば、ノルウェーの民俗楽器・ハーディングフェーレ
当店でも過去に2度ほど、北欧関連の展示の際に演奏会を催していただきました。

今回は、北欧神話を題材としたノルウェーの伝統曲などを披露してくださるそう。
北欧の雄大な自然が目に浮かぶような、美しい音色。
日曜の朝、どうぞお楽しみください。

●開催日程
2020年1月19日(日)
11時〜12時(演奏時間 約50分)

*終了後、売り場を復旧いたします。

●参加費
1,200円(税込)

●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「1/19 酒井絵美さんミニ演奏会 参加希望」

☆プロフィール

酒井絵美 / emy sakai
ハーディングフェーレ、フィドル、ヴァイオリン奏者

東京藝術大学音楽学部楽理科卒、同大学院音楽研究科音楽文化学専攻(音楽民族学)修了。
大学院在学中アントニン大学(レバノン)に留学。修了後はノルウェーに定期的に滞在し、演奏会・国営テレビに出演、レコーディングに参加する。2019年はマイアミに行くなど、地域を広げフィドル奏法の調査・研究・演奏を行っている。著書に『中東世界の音楽文化〜うまれかわる伝統』等。近年はゲーム音楽やCM音楽のレコーディングも多数手がけている。
ノルウェー音楽デュオ「ノルカルTOKYO」、北欧音楽トリオ「3 Tolker」アイリッシュ音楽ユニット「きゃめる」「tipsipúca」等に参加。
http://www.emysakai.com/

ビアパブイシイ店舗移転のおしらせ

このたびビアパブイシイは2017年10月初旬より下記に移転することになりました。
新店舗は同じくよみせ通り文京区側、日頃より大変お世話になっている「リカーズのだや様」のお隣りとなります。

なお、現店舗での営業は2017年9月23日(土)までとなります。

これまで永らくご愛顧くださいましたお客様に厚く御礼申し上げますとともに、引続き新店舗にもご来店くださいますよう 心よりお待ち申し上げております。

 

【新住所】

郵便番号113-0022 東京都文京区千駄木3-45-8

【電話番号】
03-3828-7300(変更なし)